仙台市環境Webサイトたまきさん

環境という字をひっくり返すと‥境環?さかいたまき?
遊び心から生まれた謎のキャラ 環境好き「たまきさん」がブログを書く仙台市の環境Webサイトです。肩肘張らず、楽しみながら環境を考えるヒントがいっぱい詰まっています。

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

たまきさんサロン

〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
TEL 022-214-1233
FAX 022-393-5038

たまきさんブログ

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その20-最終回-

今年は、去年よりひと月遅れの6月3日からの開始となりました。
様々な形でご協力いただいた皆さん、関心を持って見に来てくれた皆さん、このブログで見守ってくれた皆さん、本当にありがとうございました。
最後のレポートは、プレイバック写真展です。 たまきさんサロンの緑のカーテンは、本来の目的である日射遮蔽の効果だけではなく、ここに集まる昆虫の生態を知り、植物の不思議とたくましさを学び、生き物を育てることの大変さや楽しみにも気づかせてくれました。
5か月間にわたって、本当の意味での「自由研究」をさせてもらったと思っています。
自分の頭と手を使って何かに挑戦して手に入れたものは、大切な思い出としてずっと残る気がします。 来年の夏は、皆さんもぜひご家庭で緑のカーテンの育成に挑戦してみてはいかがでしょう。
たまきさんサロンでは、春にはまた種を用意して皆様方のご来館をお待ちしております! ―「今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦」プレイバック写真展 ― 6/2事前準備6/3種まき種まきから3日でアサガオが発芽!種まきから10日でゴーヤが発芽!6/9アサガオ双葉6/14ゴーヤ子葉6/19アサガオのツル6/20ゴーヤのツル7/7定植7/17縄張り7/21ツルが絡み始めました!8/5ぐんぐん伸びてきました8/12摘心8/23ミニゴーヤ発見!受粉(トラマルハナバチ)9/4ゴーヤ収穫9/5ようやくアサガオが咲いた!ピンクのアサガオもキレイでした緑のカーテン完成9/8効果測定10/30撤収(左)ゴーヤの種、(右)朝顔の種アサガオのツルでリース作り おしまい・・・ *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

たまきさんブログ

仙台市「泉ヶ丘エコクラブ」の壁新聞が、「壁新聞道場!」のコーナーに掲載されました。

子どもたちが地域の中で環境活動や環境学習を行っている「こどもエコクラブ事業」(公益財団法人日本環境協会)は、仙台市も地域事務局として支援しています。 昨年度の「こどもエコクラブ」主催の「エコ活コンクール」に応募していただいた仙台市「泉ヶ丘エコクラブ」の壁新聞が、「壁新聞道場!」のコーナーに掲載されましたので、たまきさんブログでもご紹介いたします。
道場の「師範」からの温かい「ゴシドウ」も掲載されていますよ。 なお、「こどもエコクラブ」Webサイトでの掲載先は、以下のURLをご参照ください。
http://www.j-ecoclub.jp/kabe/202011040403.html
泉ヶ丘エコクラブのみなさんへ 師範から一言! 主な3つの活動を分かりやすくまとめた新聞ができましたね!記事タイトルの色づかいがとてもきれいです。活動によって枠線の色を変えているのもいいですね。カラフルですし、記事のまとまりをわかりやすくする効果もありそうです。 「エコポスター」「地域清掃」「サンちゃんまつり」それぞれの主な活動内容を紹介するとともに、メンバーの感想や意見を書いてくれているのがいいですね。みんながいろいろなことを考えて、エコ活動をしたことがよくわかります。とくにエコポスターからは、それぞれのアイディアや個性が伝わってきて感心しました。 またどの活動も、自分たちだけでやるのではなく、地域と一緒になってやっていることがすばらしいですよね。クラブの活動を、たくさんのひとに知ってもらえたと思います。地域の人たちも、活動を通じてみなさんと交流ができ、うれしかったと思いますよ。
とっておきのゴシドウ★ 写真をたくさん使ってくれており、活動の様子がとてもよくわかります。いっぽう、写真によっては小さかったり、内容がちょっと見えにくかったりするものがあるようです。思い切って大きな写真を使う、写真をとるときに、新聞で使いやすい写真になるよう意識して撮影する、など工夫してみるといいかもしれません。 今回の新聞では実際の活動内容を記事にしてくれましたね。今までの活動をふまえて、これからやってみたい活動などはありますか?これからやってみたいことや今後の目標などがあれば、そのことも記事に入れてみてはどうでしょう。
みなさんのやる気がより伝わるかと思いました。 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

たまきさんブログ

新着図書のご案内です。

たまきさんサロンスタッフです。
11月19日の日暮れから早い時間帯、南西の空で月齢4の細い月と木星と土星が接近して見えるそうです。 木星と土星は、9月頃から徐々に近づいて最も接近する12月21日から22日にかけて、見かけ上大接近します。 木星は約12年、土星は約30年の周期で太陽の周りをまわっているため、約20年に一度、空で接近することになるのですが、今回ほどの「大」接近となるのは、1623年以来397年ぶりなんだそうです。 12月22日午前3時頃が最も接近するのですが、日本ではすでに地平線の下・・・みえなくなってしまっているため、その瞬間を観察することはできません。
21日か22日の夕方に観察するのがおすすめだそうです。 暖かい格好で、温かい飲み物を持って、少しの時間おうちの電気を消して、星空を見てみませんか?
それでは、新着図書のご案内です。 ・「そらごとの月」(303 BOOKS 長田真作)
・「図解でわかる14歳から知る気候変動」(太田出版 インフォビジュアル研究所)
・「消滅絶景 もう見られない世界の美しい自然」(日経ナショナルジオグラフィック社 ナショナルジオグラフィック/吉田正人)
・「森の文学館 緑の記憶の物語」(筑摩書房 和田博文)
・「新しい呼吸の教科書 – 【最新】理論とエクササイズ -」(ワニ・プラス 森本貴義/近藤拓人)
・「自然ぐすり 植物や食べものの手当てでからだとこころの不調をととのえる(正しく暮らすシリーズ)」(ワニブックス 森田敦子)
・「マンガで読む発酵の世界 微生物たちが作り出すおいしさと健康の科学」(緑書房 黒沼真由美/舘博)
・「発酵おやつ 砂糖不使用、発酵食品を使って作る。」(グラフィック社 山田奈美)
・「ニッポン神様ごはん 全国の神饌と信仰を訪ねて」(青弓社 吉野りり花)
・「グリーン・グリーン2 新米教師二年目の試練」(徳間書店 あさのあつこ)
・「罠ガール 1」(KADOKAWA 緑山のぶひろ)
・「も~っとわけあって絶滅しました。世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑」(ダイヤモンド社 丸山貴文/今泉忠明/サトウマサノリ)
・「DOG SIGNAL 2 (BRIDGE COMICS)」(KADOKAWA みやうち沙矢)
・「ヤービの深い秋(Tales of Madguide Water)」(福音館書店 梨木香歩/小沢さかえ)
・「ぱんつさん」(ポプラ社 たなかひかる) 図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。 【ご利用にあたってのお願い】
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。
○館内での飲食はお控えください。熱中症予防ための水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
○サロンスペースの机・椅子は当面の間利用休止とさせていただきます。
〇換気のため出入口ドアと窓を開放しております。暖かい格好でサロンをご利用ください。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

たまきさんサロン サロン講座 自然科学や工学技術、歴史、民俗学、食文化などと環境の関わりを、各分野の専門家が講師となり分かりやすく解説します。

講座スケジュール一覧

募集中

12月6日(日)13時30分~16時00分
手製本を学ぶ - 絵本を仕立ててみよう!-
カレンダーの絵の部分を使って、絵本の製本(仕立て方)を学びます。



■開催日時
12月6日(日)13時30分~16時00分 ■講座タイトル
手製本を学ぶ - 絵本を仕立ててみよう!- ■講師
和綴じ製本作家 永澤 裕子 氏 ■講座概要
カレンダーの絵の部分を使って、絵本の製本(仕立て方)を学びます。 ■募集人数/対象
10名(中学生以上) ※抽選(当選者にのみ11月28日までご連絡) ■参加費
600円(税込) ■持ち物
絵本に仕立てたいお気に入りの絵や写真の12枚の月めくりカレンダー
※紙幅(画面だけではなく、余白があれば余白を含む)を最大で縦35cm×横45cm以内のもの
※作業に適した服装でご参加ください。 ■申込締切
11月25日(水) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加希望者全員の氏名・フリガナ・年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

募集中

11月28日(土)13時30分~15時30分 ※雨天決行
石は語る!~歴史的建造物をつくった石材を探る~
明治時代以降の歴史的建造物が、まだ数多く残されている東北大学片平キャンパス内を巡り、建造物に使われている石材の種類や産地、由来などについて探る。



■開催日時
11月28日(土)13時30分~15時30分 ■講座タイトル
石は語る!~歴史的建造物をつくった石材を探る~ ■講師
東北大学 名誉教授 蟹澤 聰史 氏
東北大学 施設部 キャンパスデザイン室 専門職員 内山 隆弘 氏 ■講座概要
明治時代以降の歴史的建造物が、まだ数多く残されている東北大学片平キャンパス内を巡り、建造物に使われている石材の種類や産地、由来などについて探る。 ■募集人数/対象
15名 ※抽選(当選者にのみ11月21日までご連絡) ■申込締切
11月18日(水) ■会場
東北大学片平キャンパス内 (仙台市青葉区片平2-1-1)※現地集合・現地解散 ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用になるか、近隣のコインパーキングをご利用ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

募集中

10月31日(土)13時30分~15時30分
だれ一人取り残されないために=僕の国キリバスからのメッセージ=
人為的要因による気候変動が原因とも指摘される様々な自然災害が今年も発生しています。この気候変動により存亡の危機にある中央太平洋のキリバス共和国。
日本人として初めて同国に帰化し、宮城県ストップ温暖化大賞受賞第一号である講師が『グローバルに考えてローカルに活動する』ことで、誰一人取り残されない世界を作る必要性を伝えます。



■開催日時
10月31日(土)13時30分~15時30分 ■講座タイトル
だれ一人取り残されないために=僕の国キリバスからのメッセージ= ■講師
一般社団法人日本キリバス協会 代表理事 ケンタロ・オノ 氏 ■講座概要
人為的要因による気候変動が原因とも指摘される様々な自然災害が今年も発生しています。この気候変動により存亡の危機にある中央太平洋のキリバス共和国。
日本人として初めて同国に帰化し、宮城県ストップ温暖化大賞受賞第一号である講師が『グローバルに考えてローカルに活動する』ことで、誰一人取り残されない世界を作る必要性を伝えます。 ■募集人数/対象
15名 ※抽選(当選者にのみ10月24日までご連絡) ■申込締切
10月21日(水) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

募集中

10月18日(日)10時00分~11時30分
草原であそぼう~♪自然って面白い!
青葉の森のレンジャーさんに森の楽しさを教えてもらいます。
木や花や葉っぱや虫などの生きもの、気がつけばまわりには自然を感じられる生きものたちがたくさんいます。
たまきさんサロンの周辺を探検してみましょう。



■開催日時
10月18日(日)10時00分~11時30分 ■講座タイトル
草原であそぼう~♪自然って面白い! ■講師
仙台市青葉の森緑地 レンジャー さん ■講座概要 青葉の森のレンジャーさんに森の楽しさを教えてもらいます。
木や花や葉っぱや虫などの生きもの、気がつけばまわりには自然を感じられる生きものたちがたくさんいます。
たまきさんサロンの周辺を探検してみましょう。 ■募集人数/対象
15名 ※抽選(当選者にのみ10月10日までご連絡) ■申込締切
10月7日(水) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

募集中

9月26日(土)13時30分~15時15分
週末♪おふろの愉しみ ちいさな暮らし方
日々の疲れを癒す、お風呂の時間。自然素材の重曹やクエン酸、身近なハーブ達の色や香りの力を借りて心地よく心豊かに暮らす方法。
かわいい入浴剤を手づくりしながら、ハーブの活用術や肌と環境にやさしい「おうち愉しむ」暮らしのヒントとコツを伺います。



■開催日時
9月26日(土)13時30分~15時15分 ■講座タイトル
週末♪おふろの愉しみ ちいさな暮らし方 ■講師
エコ家事プランナー 川村 康子 氏 ■講座概要
日々の疲れを癒す、お風呂の時間。自然素材の重曹やクエン酸、身近なハーブ達の色や香りの力を借りて心地よく心豊かに暮らす方法。
かわいい入浴剤を手づくりしながら、ハーブの活用術や肌と環境にやさしい「おうち愉しむ」暮らしのヒントとコツを伺います。 ■参加費用
550円(税込) ■募集人数/対象
15 名 ※抽選(当選者にのみ9月19日までご連絡) ■申込締切
9月16日(水) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

募集中

9月12日(土)14時00分~15時30分
クマ対策講座~生態を正しく学び被害を未然に防ごう~
近年、山林だけでなく、住宅地近くでもクマが目撃されており、クマによる人身被害の発生等が懸念されています。クマの生態について正しく学び、被害を未然に防ぐ方法を知りましょう。



■開催日時
9月12日(土)14時00分~15時30分 ■講座タイトル
クマ対策講座~生態を正しく学び被害を未然に防ごう~ ■講師
(株)地域環境計画 小野 晋 氏 ■講座概要
近年、山林だけでなく、住宅地近くでもクマが目撃されており、クマによる人身被害の発生等が懸念されています。クマの生態について正しく学び、被害を未然に防ぐ方法を知りましょう。 ■募集人数/対象
20人 ※抽選(当選者にのみ9月5日までご連絡) ■申込締切
9月2日(水) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038 ■関連企画
同会場にて、9月3日(木)~9月16日(水)にパネル展示「仙台とクマ展」を開催します。
「クマってどんな動物?大きさは…?体重は…?何を食べているの…?」意外と知られていないクマのあれこれを、写真やパネルで紹介しますので、ぜひご覧ください。

募集中

8月29日(土)13時30分~15時00分
泥のリサイクル~お花を植える土に変えよう~
浄水場でろ過した際に発生する「泥土」を「園芸用の土」にリサイクルする方法を教わります。リサイクルした土は、その場でお花を植えてお持ち帰りいただきます。



■開催日時
8月29日(土)13時30分~15時00分 ■講座タイトル
泥のリサイクル~お花を植える土に変えよう~ ■講師
東北大学大学院環境科学研究科 教授 高橋 弘氏 ■講座概要
浄水場でろ過した際に発生する「泥土」を「園芸用の土」にリサイクルする方法を教わります。リサイクルした土は、その場でお花を植えてお持ち帰りいただきます。 ■募集人数/対象
15名 ※抽選(当選者にのみ8月22日までご連絡) ■申込締切
8月19日(水) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者氏名、フリガナ、年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

生物多様性

虫の声を楽しむ会(六郷市民センター)開催レポート

虫の声を楽しむ会(六郷市民センター)開催レポート 六郷市民センターで開催した虫の声を楽しむ会の様子をお伝えします。
今回は、六郷お月見会の中の、1プログラムとして行いました。A、B、Cの3グループに分かれ、月の観察、工作、虫の観察の3グループを順番に回り、体験します。 ちなみに今日は、講師として、青葉の森緑地の黒川さん、高松さん、太白山自然観察の森の近藤さん、木田さんに来ていただきました。
最初のグループが公園に到着しました。先生にレクチャーを受け、虫を探しましょう。 懐中電灯を持って、捜索です。 今日は、1グループが20分程と、虫を探す時間がとても短いです。あっという間に、終わりの時間が来てしまいました。
みなさん、虫を見つけられたでしょうか?
時間が短かったので、ちょっと難しかったかもしれませんね。 2グループ目が公園に到着しました。先生が持っているのは、エンマコオロギです。
公園で見つけられるといいですね。 虫探しの開始です。
みんな一生懸命に虫を探します。 虫を発見!エンマコオロギのようです。
大きな獲物に、一同大盛り上がりです。
この後、悪戦苦闘しましたが、虫を捕まえることができました。 2番目のグループが虫取りを開始したあたりから、雨がぽつぽつと降っていたのですが、雨脚が強くなってきました。残念ですが、ここで虫取りは断念して、センターに戻ります。 3番目のグループは、雨のため、急遽予定を変更し、屋内で講座を行います。
エンマコオロギや、カマキリなどを、皆さんに回覧して見てもらいました。
エンマコオロギは、顔がエンマ大王に似ているため、エンマコオロギという名前になったそうです。
ハラオカメコオロギの顔は、ペッちゃんこで、おかめのような顔をしていることから、ハラオカメコオロギという名前になったそうです。 カマキリの鎌の付け根が黄色のものはオオカマキリ、オレンジ色のものはチョウセンカマキリだそう
です。
この後、いきもの缶バッジづくりを行いました。
筆者も缶バッジづくりに熱中してしまったため、写真を撮り忘れてしまいましたが、とても盛り上がっていましたよ!
今回参加した六郷お月見会ですが、小さいお子さんから、お年寄りの方まで、様々な世代の方が参加しておられました。地域や世代間の交流が減っている現在、このようなイベントが続いているのはとても素晴らしいことだと感じました。
来年度も、六郷市民センターで虫の声を楽しむ会を実施する予定なので、ぜひ参加してくださいね!

生物多様性

虫の声を楽しむ会(三本松 市民センター )開催レポート

今回は三本松市民センターで開催した、虫の声を楽しむ会の様子を紹介します。今年度 5 か所目の開催です。
はじめに、参加者の皆さんに、何の虫が好きか聞いてみましょう。
トノサマバッタ、カブトムシ、ミンミンゼミ、ミヤマクワガタ、カメムシ、カマキリ、バッタなど、様々な虫の名前が挙がりました。今日いろいろな虫を見つけられるといいですね。 今日は、スペシャルゲストにもお越しいただきました。
伊達武将隊の松尾芭蕉さんです!
芭蕉さんは、毎年虫の声を楽しむ会に参加していますが、三本松市民センターは初めてだそうです。場所によって環境が違うため、出会える虫も様々だそうで、どんな虫を見つけられるか楽しみにしているとのことでした。 今日は講師に、青葉の森緑地の黒川さん、高松さん、太白山自然観察の森の近藤さん、菅原さんにお越しいただきました。よろしくお願いします! 最初に、先生に鳴く虫について教えてもらいましょう。
まずは、エンマコオロギ。日本で一番大きいコオロギです。今日見つけられそうだとのお話しです。
鳴き声も覚えやすいので、ぜひ最初に覚えてみましょう。
シバスズは、1cm もない、とても小さなコオロギです。でも体の大きさの割に、鳴き声は大きいです。
カンタンは、鳴く虫の女王と呼ばれています(鳴くのはオスですが)。今日見つけられそうとのことです。
カネタタキという虫は、高いところで鳴くことが多く、鳴いては移動してを繰り返します。鳴き声を聞くことができても、探すのは難しいそうです。
ヒメクサキリは、緑色と、茶色のタイプがいるそうです。 先生に教えてもらったら、実際に虫を探しに行ってみましょう。 虫のいる緑地まで、少し歩きます。 先生が指さす方で、虫が鳴いているようです。
ここまで来る途中、カネタタキも鳴いていましたよ。 さあ、虫取りの開始です。みんな思い思いに虫を探します。 虫を発見! こちらでは、茂みの上の方で、虫が鳴いているようです。 たくさん捕まえられたかな? 残念ですが、終わりの時間が近づいてきました。奥の細道を通って、センターに戻ります。 何の虫かな? 体育館に戻ったら、捕まえた虫を並べて、見てみましょう。
先生に解説してもらいます。 今日見つけた虫は、アシグロツユムシ、セスジツユムシ、ハヤシノウマオイ、コバネヒメギス、クビキリギス、クサキリ、ササキリ、カンタン、カネタタキ、アオマツムシ、シバスズ、ハラオカメコオロギ、クルマバッタモドキ、(オンブバッタ・鳴かない虫)の全 14 種類でした。たくさん見つかりましたね! 最後に、アンケートを書いてもらったので、少し内容を紹介したいと思います。
まずは子どもたちの感想からです。
「カマキリのたまごをみつけたよ!」との感想がありました。なかなか貴重な体験ですよね。
「たのしかった」との感想も多かったです。
大人からは、「子どもがすこしびくびくしながらも頑張って虫を捕まえていて、成長を感じました」「こんなに虫に注目したことは今までありませんでした。このような環境がいつまでも続いてほしいと思いました」「また参加したい」などの感想をいただきました。
スタッフとしても、イベントを通して、身近な生きものや環境に関心を持ってくれる人が増えると、とてもうれしいです。
ぜひこれからも、身近な虫を探しにいってみてくださいね!

お問い合わせ
仙台市環境局環境共生課
〒980-8671 
仙台市青葉区二日町6番12号 
MSビル二日町 
TEL:022-214-0007