せんだい環境学習館 たまきさんサロン

サロン講座の開催

地球温暖化をはじめとする環境問題の解決には、私たち人間が地球環境へ様々な負荷をかけていることに気づき、一人一人が環境を考えた暮らしを実践する必要があります。誰もが自由に集い、学び合うことで、交流の環(わ)を広げることを目的に、サロン講座を開講します。私たちの暮らしを取り巻いている「環境」と「暮しとの関わり」を、様々な角度から学んでみましょう。

サロン講座の開催予定

サロン講座の詳細情報はこちら > 7月4日(日)10時00分~12時00分
仙台七夕の由来と再生紙~8万羽の折り鶴のゆくえ~
仙台七夕まつりの由来や、東日本大震災以降に市内商店街の中心に飾られる様になった【伝説の飾り】と言われる仙台市立の小中学校の児童生徒による故郷復興プロジェクトの折り鶴吹き流し飾りが、再生紙に生まれ変わる過程を教わります。
七夕飾りに込められた願いを学びながらの「ミニ七夕飾りづくり」も行います。



■開催日時
7月4日(日)10時00分~12時00分 ■講座タイトル
仙台七夕の由来と再生紙~8万羽の折り鶴のゆくえ~ ■講師
鳴海屋紙商事株式会社 鳴海 幸一郎 氏 ■講座概要
仙台七夕まつりの由来や、東日本大震災以降に市内商店街の中心に飾られる様になった【伝説の飾り】と言われる仙台市立の小中学校の児童生徒による故郷復興プロジェクトの折り鶴吹き流し飾りが、再生紙に生まれ変わる過程を教わります。
七夕飾りに込められた願いを学びながらの「ミニ七夕飾りづくり」も行います。 ■募集人数/対象
小学生と保護者のペア 8組16名 ※抽選(当選者にのみ6月26日までご連絡) ■申込締切
6月23日(水) ■会場
せんだい環境学習館たまきさんサロン
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 東北大学大学院環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者全員の氏名・フリガナ・年齢、住所、電話番号、申込キット数 ■費用・持ち物
1,100円(税込)/ミニ七夕飾りキット費(1セット)
ホチキス ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

サロン講座の詳細情報はこちら > 6月26日(土)13時30分~15時00分 
廃泥土のリサイクル~お花を植える土に変えよう~
日々の生活に欠かせない水。浄水場で水をろ過した際、不要な泥がたくさん発生しています。そんな「泥土」を「園芸用の土」としてリサイクルすることで環境について考えます。
リサイクルした土は、お花を植えてお持ち帰りいただけます。



■開催日時
6月26日(土)13時30分~15時00分 ■講座タイトル
廃泥土のリサイクル~お花を植える土に変えよう~ ■講師
東北大学大学院環境科学研究科 高橋 弘 教授 ■講座概要
日々の生活に欠かせない水。浄水場で水をろ過した際、不要な泥がたくさん発生しています。そんな「泥土」を「園芸用の土」としてリサイクルすることで環境について考えます。
リサイクルした土は、お花を植えてお持ち帰りいただけます。 ■募集人数/対象
小学4年生以上の親子のペア 8組16名 ※抽選(当選者にのみご連絡) ■申込締切
6月19日(土) ■会場
せんだい環境学習館たまきさんサロン
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 東北大学大学院環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者全員の氏名・フリガナ・年齢、住所、電話番号
ダストアレルギーの有無(土を再生させる際に紙くずを使うため、多少粉じんが舞うことがあります。) ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

サロン講座の詳細情報はこちら > 3月21日(日)13時30分~15時00分
杜の都を潤した水の道“四ツ谷用水”を知ろう!
杜の都を潤した水の道“四ツ谷用水”の歴史や環境面での役割について学びます。また、新たな取組として360°カメラの映像を使ったVR映像の活用等について紹介します。



■開催日時
3月21日(日)13時30分~15時00分 ■講座タイトル
杜の都を潤した水の道“四ツ谷用水”を知ろう! ■講師
「四ツ谷の水を街並みに!」市民の会 副会長 村上英寛 氏 ■講座概要
杜の都を潤した水の道“四ツ谷用水”の歴史や環境面での役割について学びます。また、新たな取組として360°カメラの映像を使ったVR映像の活用等について紹介します。 ■募集人数/対象
15名 ※抽選(当選者にのみご連絡) ■申込締切
3月11日(木) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加希望者全員の氏名・フリガナ・年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

サロン講座の詳細情報はこちら > 2月28日(日)10時30分~12時00分
耳の記憶/音の記録 荒浜の宝を探して
若林区荒浜地区で暮らしてきた人々が聞いていた、暮らしにまつわるさまざまな音の世界を手がかりに、次世代に残していきたい沿岸部の環境資源について考えます。



■開催日時
2月28日(日)10時30分~12時00分 ■講座タイトル
耳の記憶/音の記録 荒浜の宝を探して ■講師
福島大学 教授 永幡幸司 氏
写真家     佐藤 豊 氏
音楽家     佐藤 那美 氏 ■講座概要
皆さんは、暮らしの中にある音に耳を澄ましたことはありますか?
連続講座「耳の記憶/音の記録」は、自然の中の音、日々の営みが紡ぐ音、生き物たちの鳴き声、遊びが生み出す歓声など、さまざまな「音」が織りなす世界を手掛かりに、次世代に残していきたい仙台の宝物(環境資源)について考える講座です。
今回は、若林区荒浜地区の方々が暮らしの中で聞いていた「音」に注目します。海辺のまちにはどんな音が溢れていたのでしょうか。
荒浜の風土が生み出す、ここにしかない宝物について、暮らしてきた方々のお話に耳を傾けてみたいと思います。 ■募集人数/対象
20名 ※抽選(当選者にのみご連絡) ■申込締切
2月17日(水) ■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館) ■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加希望者全員の氏名・フリガナ・年齢、住所、電話番号 ※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。 ※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。 ■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

サロン講座の受講申し込み

eメール(tamaki3salon@city.sendai.jp)、FAX、はがきでの申込ができます。応募多数の場合は抽選となります。

◯FAX・はがきでの申し込み先

必要事項(講座タイトル、日時、氏名、住所、連絡先)を記入の上、下記までお送りください。親子講座の場合は、参加されるお子さんの学年・氏名も記入してください。

FAX番号/
022-393-5038
郵送先/
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
仙台環境学習館たまきさんサロン

サロン講座には仙台市が企画する講座と、市民の方が企画する講座とがあります。
市民が企画する講座の開催方法は、こちらのリンクからご確認下さい。

仙台市企画講座

自然科学や工学技術、歴史、民俗学、食文化などと環境の関わりを、各分野の専門家が講師となり分かりやすく解説します。

オープンサロン講座

環境に関する知識や技術をたくさんの人に伝えたい方を講師として募集し、講座を実施していただきます。

※実施する講座はあくまで講師の知識及び技術に基づくものであり、内容につき市が保証するものではありません。

終了したサロン講座