ジンギスカンでエンデューロ。第一回ジンデューロに参加してきたよ。

まぁ〜、のどかな看板だこと。
何故ならここは牧場だから。場所は福島県猪苗代湖畔、磐梯南ヶ丘牧場です。
ここ南ヶ丘牧場では2年前からマウンテンバイクの定期戦が組まれていまして、レース後には牧場らしくジンギスカンが食べられる名物レースのジンギスCUPなるものが開催されています。だけどそれは短距離のクロスカントリーレース。
そしてそのコースを利用した耐久レースも開催しようということになり、とうとう3時間でタイムを競う第一回目、ジンギスカップのエンデューロ=ジンデューロの開催に繋がったわけなのです。



「なになに〜レースだってぇ〜?」
いやいや、人間のレースです。



さぁ〜スタート!
牧場なんで場所がたくさんある。
スタート直後はいきなりの登りです。先頭のライダーひとり、とび出して飛ばすなぁ〜。
僕?
僕は、前回の川西ダリア園の時に変態クラスなんて言いましたけど、3時間一人で走るソロクラスにエントリーです。やっぱソロはソロで、ストイックさが楽しいんだよね〜。



オラオラオラ〜!ガレ場をゴリゴリで走ってます。でも試走の時に思いきりコケまして。。。ただいま左膝負傷中なんです。


「い〜い。。。あ〜いうバカな大人になってはいけませんよ。」
「はーい。ケガしたら、ちゃんとお医者さんに見せま〜す。」




けっこうこれでも順位を気にして走ってまして、3時間耐久レースとはいえ前後には実力の近いライダーが集まってくるんです。
そこを牽制し合って、抜いたら逃げる。抜かれたら追いつく。3時間というのは、ぎりぎりスプリント色のある耐久レースなんで、その場その場での対応次第で順位はけっこう変わってくるんですよ。



そんないい訳ばっか言っても実力だべ。
歯嚙みしたってちっとも速くならんぞ〜。



連日の雨でウェットレースの重馬場になると想像してたら、意外に水はけのいい黒土でして、樹の根っこがスベルスベル。
中盤からは気温も上がってきて辛い辛い。
なんせ3時間。特に中盤以降の減速を抑えたかったから、残り1時間が大変でした。



おいら泥は大好きだよ。



暑いしお腹もすいてくるし。。。
補給もそろそろ考えなきゃいけないけど、あと。。。30分なら無理やり走ってしまうか。。。
本当はスタート3周目でも珍しく逆バンクにフロントタイヤをとられてコケている。コケたあとが左足に残ってますね〜。



そしてゴール。
走ってる時は痛みは無かったけど、降りたら痛いのなんの。左膝がグラグラになってました。


はい。そういうときは、サッサと帰って寝なさい。

表彰式。こちらはチームクラスの表彰です。
チーム優勝は、川西に続いてまたもやAIBE。
今回はチームじゃないのかって?ボーイは期末試験でした。そっか。学生はそういう問題もあるのか。



そして親子クラス。
あ〜こちらもまん中はチームAIBEだ!



そして変。。。おっとソロクラス。
僕は18周に入る直前で終わっちゃったから、ほぼ2ラップされたのかぁ〜。



39人出走で、9位だから悪くはないけど。。。トップ20周で僕17周。あと1分早ければ18周に入れたんだけど。
あそこでコケタの。。。終盤に力が出なかったの。。。まぁ色々あるさ。



ってことで、よくも悪くもない微妙な結果のレースだったけど、最後のジャンケン大会で勝ってしまい、お土産だけは充実したレースでした。


さいごに、インフォメーション。
山形県川西町ではダリア園の夏の7時間耐久、ジンギスカップもクロカンレースと、マウンテンバイクイベントはこのあともメジロ押しです。
詳しくは東北マウンテンバイクネットワークでね。

カテゴリー: 自転車, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ パーマリンク