なんたって16才♡ まどかカップ3時間エンデューロ

まどかカップ 3時間エンデューロ

ゴールデンウィークも後半なか日。たまきさん自転車部は、山形県の川西町にある「川西ダリヤ園 浴浴センターまどか」までやってきました。
川西ダリヤ園>>

ことの発端は僕のFBにたまきさん自転車部のボーイが書き込んだメッセージ
「たまきさん〜ゴールデンウィークに、川西町のまどかカップ3時間耐久に出ませんか〜?」
の一言だった。

ふむふむ。東北では割と活発にレースをやってる川西町のレースは、チョット興味があったんだよなぁ〜。出てみるか!
ってんで「OK出るよ〜。よろしくね〜。」って返事出しといた。


大変だ!16才だぞ。

そして暫くして。。。ん?東松島のボーイは、確か高校生だったよなぁ〜。
おい。年18だったっけ?
「い〜え。16です!」
ええ〜!!!!16歳とチーム組むのかい!
僕45だから、年の差29才!年齢差3倍のレーシングチームが出来てしまった!


選手宣誓!

ってことでレース当日、こちらは選手宣誓に急遽選ばれた、川西町小学生のポイントチャンピオンを狙うエースです。
「えっえ〜僕たち〜選手一同は・・・・・何にも考えてなかった。」
やぁ〜ゆるゆるの「まどかカップ」は、川西町の全面協力で、シリーズ戦まで組まれているという、日本の中でも珍しいぐらいにマウンテンバイクに活気のあるレースシリーズなのです。


ねんねこ

一番始めのクラスは、補助輪クラス!
見てみて!!!密かにスタートを見送る右端のお父さんの“ねんねこ”には、乳児が寝ているぞ!
このクラスには、さらに下位クラスのポイント対象外「みそっかす」がひとり参加していて、ペダルなしのキックキックでそれでもコースを一周まわってました。


キッズクラス

さぁ行くぞ〜。幼児補助輪無しクラス。
こんなクラスが成立してしまう、川西町の恐ろしさ。


女子頑張る

小学1・2年クラス。
あれ?この女の子、シクロクロスに来てなかったっけ?ハナちゃんだ!


子どもクラスもバカに出来ない

小学3・4年生クラス。
こちらも同じウェアーの福島県のチームAIBE
僕らもこのあと、さんざん苦しめられた強豪だったのだね。


小学生高学年クラス

小学5・6年クラス。
しっかし、このクラス分けの細かさ。そして参加者の多さ。
小学高学年クラスでは、大人がレースの周回先導を拒否。追い抜かれる可能性がありました。


そしてオープンカテゴリー

そして本日のメインレース、オープンカテゴリーの3時間耐久がスタートしました。
僕?スタートループが苦手なので、2番手スタートにしました。
最初の周回は、みんな体力が有り余っていて相当に飛ばすから、オーバーペースに陥りがちなんですよ。そうしてハートレート(心拍数)は最大値になってしまう。40半ばのオッサンレーサーには辛いのですよ。


シクロクロス車も出走

だんごスタートだなぁ〜。
ん?この集団の先頭にはシクロクロス車両が。東北シクロクロスプロジェクトの菅田さんが、コースの下見にシクロクロス車両持ち込んで、テストしていたのでした。
こののち、菅田さんは得意な登りで僕のことをホイって追い抜いて怒りを買い、終盤に血で血を洗うデットヒートを繰り広げるはめに。。。クワバラクワバラ。


ボーイのステアケース下り

ボーイのステアケース(登りがないから、正確には違うけど)下り。
なかなかこういうとこの処理も難しいんだよ。ハードテール(リアサスペンション無し)らしい、綺麗な下りだね。


ひとターン終了

ひとターン終了。僕が飛び出していった後、ピースするボーイ。
序盤3周は、さすがにオーバーペースで引っぱらなくてはいけない第一ライダーの大役です。ほとんど無酸素運動。ご苦労様。


僕の走りです。

さぁ〜飛び出していった僕の走りは、相変わらずだなぁ〜。
割と視界を大切に、ご慎重に走るタイプだから、常に上体がガッチリ立ち上がっているんだよね。


腰高めだなぁ〜。

そして鋭いターン前です。
腰が高めなのも僕のクセ。このままくるんと回ってきます。


ボーイ混戦

混戦中のボーイ。
僕は割と他と絡みそうになるとサッサと無理してでも抜いちゃうんです。
下りが得意だから、絡めば絡むほど、僕の持ち味がスポイルされてしまう。それが解っているとメンドクサクなる前に処理しちゃう。
さすが年の功。“亀の甲より年の功”な訳なのです。


うわ!僕っぽい下り。

僕のステア下り。
面白いでしょ、ボーイと全然違うのは僕がダブルサス(前後サスペンション)の車体を愛用しているから。
頭から突っ込んで行ってもキレイに姿勢が変えられるから、下りを推力に替えているんです。


最終週へ。

交代回数を少なく、ラップタイムを上げ目で。。。
3(ボーイ)、5(僕)、4(ボーイ)、3(僕)で繋いで、残り3周は走れる余裕は残した。
でもさすがに3ターン目のボーイは疲労が貯まっているようだ。頑張れ高校生!


集計ボードと美女

集計ボードとお嬢さん。
年齢が3倍なら、速度も3倍(赤い彗星)出るという訳ではなく。。。10分平均で周回を重ねて、どうやら僕らはカテゴリー上位にいるようです。
よいね〜。上位にいるってのは。


ボーイ、ゴール

そしてボーイが3周きっちり廻ってゴール。
しかも最終周回にずいぶん抜いて帰ってきたのは偉い。さてさて。。。レースは終わりまして、集計開始。


おめでと〜。

表彰式はカテゴリーがいっぱいあるから、小学生クラスで一番元気のいいバンザ〜イ写真だけ。
賞品はお菓子の詰め合わせです。よかったね〜。


ソロクラス。

続いてオープンカテゴリーのソロ。
別名は変態クラス。たったひとりで3時間を走りきる、本当に苦しく、大変にタフなクラスです。僕ももともとはソロクラス専門でした。

ところで、僕たち。。。どうやら表彰台に登れそうですよ。。。3位以上は確定のようですよ。。。。ボーイはなんだかワクワクが止められない様で。


2位だぜ〜。

いやいやこういうのは、コールがかかってようやく確定だからと、さすがは、ヌカ喜びで痛い目にいっぱいあってきた中年の慎重さ。
ところが、「2位は〜たまきさん連合」
お〜〜〜〜オレ達だぁ〜!!!



そして僕ら。

やぁ〜表彰台からの眺めは、やっぱりいいねぇ〜。
賞品は、お米、お酒の詰め合せ。ビールの中から、上位から好きなものを選べる仕組み。
え!米を穫られちゃったけど、僕らチームメイトが未成年だよ!
ってことで、ビールはボーイの父親が持ってきました。

悔しいのは、トップと一周回の差をつけられていること。
でもしょうがね〜か。あっちは3人で僕ら2人だよ。
ちなみに優勝はチームAIBE
やられたなぁ〜。


他の自治体まで出かけて。。。

よっし。次は1位だね。やっぱ。

っということで、自治体ホームページのおまけにくっついた自転車部で、他の自治体に出かけて行って表彰台を荒らしてきた、たまきさんレーシングチームでした。

カテゴリー: 自転車, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ パーマリンク