刈田岳。今年一回目。


やぁ〜冬ですね。
たまきさん山岳部は冬が活動時期。このブログも「登山ブログなんじゃないの?」って言われるのを恐れて、テキトーに省いて、テキトーに紹介してますけど、澄川スキー場もオープンして、とうとうバックカントリーの季節がやってきました。


って、登山相棒君。何で君はサポートなのに日帰り登山でそんなに背負っておるのだね。
聞けば訓練中だそうだ。


仙台平野は晴れてるんだよね〜。
こういう日は上空に強い気流の流れがあって、あ。。。右側が雲が多い。
これから指輪を捨てに行くみたいだなぁ〜。


今日は初回なので手抜きをしてスキー場を登ります。
ここ。ゲレンデのてっぺん。ちゃんと営業時間前にここまで来ましたよ〜。
一番右の奴、自転車用のカバン背負ってないかい?Timbuk2 classicだよ。何故?


大黒天まで来ました。Blogだとあっという間だなぁ〜。
ここから気象は一気に激しくなる。どうやらここ数日は、刈田への直登尾根で、敗退がいっぱい出ているようだ。ここ、難しいんだよ〜。


さぁ、たまきさん山岳部。初のアイテム登場。
Grivel G12登頂用の12本爪アイゼンだ!
これは登るぜ〜。今日はまだシーズン初めだから雪が少なくスノーシューでは無理なのだよ。
もはや自治体Blogの登山部レベルではないなぁ。


凍っているね〜。厳しいよ。
風速は15メートル越え。氷点下10°ってとこかな?厳しいじゃん。


やぁ〜よく喰いつく。
本当はもうひとつ秘密兵器。ダブル仕様のゴーグルも使っているのだ。だから吹雪でも視界がクリアだ。


“あっち”側は崖だよ〜。
雪庇になってるのかな?風の強さもあるから、近寄らないのが一番。


聞くとこによると、蔵王の冬は南極並に厳しいそうだ。
なんせ過冷却水がバンバン吹き付けてくる。刈田岳はけっこう大変な山なんだよ。


お。山頂非難小屋に到着。
ここまで3時間。だから大変なんだって。脳天気な僕が書いてると、全然そう見えないけど。


小屋で休もうかと思ったら、天候がどんどん悪化してくる。
こりゃダメだ。下りてからメシにしようと思ったら、小屋の扉が開きっぱなしじゃん。
凍り付いていたんで、超〜寒いなか、必死の想いで氷を叩き割って扉を閉じてきました。


さぁ下山。
下りは快調に下りすぎて相棒君がアイゼンを片方落としてきた。
半べそ状態なので僕が登り返して拾ってきたよってのは、内緒にしておいてあげよう。


ここで。既に下界に下りてきた感があるなぁ。
初回なのに厳しい山でした。お陰さまで多くの敗退が出ているようだけど、僕たちは完了!


エコーライン。凍ってるよ。
春にはここを、また自転車で上るんだろうな〜。


まぁ今期初にしてはいい登山だったのでは?
駐車している車の、右や左ではなく土手の上からハッチ側に下りてきました。
ハイブリットカーって寒いとこ大丈夫なのか?意外に大丈夫なんだよね〜。
ただ、燃料つかわないから、なかなかエンジンがあったまんなくて、ヒーターが効かないんだよね。ま、しょうがないか。

カテゴリー: 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ パーマリンク