緑のカーテンを片付けました。

ここまで育った。

夏の間、しっかり我が家のリビングを日射しから守ってくれた緑のカーテンも、10月になったから片付けていい頃かなぁと思っていまして、本日は緑のカーテンおしまいのレポートです。


ずいぶん育った。

今年のゴーヤは。。。一応2階まで育ったけど、いまいち葉っぱに勢いがなくって、実の成りも小さかったなぁ。
それはどこで聞いても同じ。雨が少ないとそんなものなのか?


根っこを切ります。

さてさて、可哀想だけど根っこを切ります。
化繊のネットの場合は、根っこを切ってしばらく乾燥させると、ネットに絡み付いている枝ツルが綺麗に乾いて、引っぱるだけで簡単に外れるようになります。


ザックリですね。

初めのうちは、ちょっと可愛そうだなぁと思って切ってました。なんせ毎日2回、丹念にお水をあげて丁寧にめんどうを見てきたんですから。
だけど2本目から大胆になってきて、バッサバッサと切っていきます。


取り外したカーテン

今年は柳沼さんに教わった方法も試します。
シュロ縄をメッシュ替わりに使ったんですよね。この方法だと、丸ごと堆肥にできるとか。
切って降ろしてきたら、ずいぶんと大きなものだなぁ。


ザクザク切ります。

降ろしてきた緑のカーテンを、キッチンばさみのようなしっかりしたハサミで細かく刻みます。


パーツになって終り。

小さくして、これをコンポストに投入です。
確かにこの方法だと、解くてまもなくて堆肥も増えて得ですね。

今年はカーテンの出来は今イチでしたが、種は回収してあります。また来年も種から育ててみよう。

カテゴリー: 省エネ, 役立つ話, 日々の話, 環境, たまきさんブログ パーマリンク