一番町四丁目商店会 竹灯りを訪れました。

灯が入る前です。
東京の武蔵野台地で生まれ育った僕には、どうもお盆という概念が無くて、この年で苦労しています。
先祖の霊を迎い入れて、送り盆で帰っていただくのですか。インターネットで調べると、いろいろ出てきますが、大変申し訳ないほどに僕の家では、地域でもなんにも無かった。
これは一種の寂しさもあったりするんですよ。なので、仙台に越してきてからというもの。季節によって様々な行事があって、改めて勉強になります。


灯りがともってますね。
そして、今日は迎え盆だそうで。
僕の親戚や、親族で近年亡くなった方は、たしかに何人かいらっしゃったなぁ。
そういえば、僕の親友も山で遭難死してから数えで3年ぐらいになる。あいつも戻ってきている訳だ。たぶん2001年のエンディングに出てきたスターチャイルドのように宇宙を飛び回っていることだろう。
ということで、今日は日中は打ち水週間のキックオフイベントで大騒ぎの写真を撮ってきたけど、夜はしんみりと、竹灯りのイベントを取材させてもらいます。


ひとつひとつ手で灯します。
このイベントは今年で9回目。
七夕まつりで使われた竹を、再利用して三越前から東映ビルまでの四丁目商店会全体で灯りをともします。


ロウソクの明かり
背景には、僕のようにお盆を知らない世代にも、先祖を敬う心と、地域に根ずく風習を復活させようという意思があるそうです。
主催は『一番町四丁目商店街振興組合・仙台竹灯り実行委員会』の皆さん。


いい時間です。

もう。
細かい説明は不要ですね。
写真だけは、いつものようにいっぱい撮ってます。


灯り。


売店も出てますね。

食べのもの出店もあるし、ライブもやってます。
仙台って小さなイベントが多くて、散歩が楽しい街です。


徐々に増えていきます。


ハート!


静かです。


みんな写真を撮っています。

みんな、ハートの竹灯りに集まってきています。


夏休みのいい思い出では?


仙台はいいとこです。


ハートをみんなで見ている。


いいですね。竹灯り。
夜。10時少し前に雷とともに豪雨がありました。
家に戻ってからも、竹灯りは大丈夫だったのかなぁ?と、少々心配になりました。
仙台はいい街ですね。

カテゴリー: 取材, 日々の話, たまきさんブログ パーマリンク