ヤマネコ店長のGreenな日常 ベゴニアの花〈2〉

ベゴニアは一つの株に形の違う雄花と雌花が、分枝にそれぞれ咲きます。
八重咲きのものが雄花、一重咲きのものが雌花で5枚の花びらをつけます。

半年も経たない内に、次第に茎が伸びてバランスが崩れ、形が乱れてくるので、5月中旬~6月中旬頃に花が一段落したら、脇芽のついた節の上で半分位の丈まで短く切り戻しします。

枯れた葉や花を切り、余分な脇芽も切り形を整えます。
前後左右から見て形を整え、半分位の背丈に切り戻していくのがコツです。
古い下葉も取って、土が見えるくらい風通しをよくしてあげます。
切るのが惜しくて、なかなか切り戻せないという方が多くいらっしゃいますが、植物のためにもそこは思い切りましょう!
切り戻した後は、水と肥料をあげて、日当たりの良い場所に置きます。
夜間の寒さには、まだ注意してあげてください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: Greenな日常, 日々の話, たまきさんブログ パーマリンク