新着図書のご案内です。

青葉山の木々もうっすらと色づいてきました。秋ですね・・・。
「栗ご飯」と「豚汁」と「サンマの塩焼き」デザートに「焼き芋」、スタッフが幸せを感じるメニューです。
ですが、今年の「サンマ」心配です。


それでは、新着図書のご案内です。

・「ほんとうの星」(303 BOOKS 長田真作)
・「森の絵本」(講談社 長田弘/荒井良二)
・「きょうはそらにまるいつき」(偕成社 荒井良二)
・「DOG SIGNAL 1 (BRIDGE COMICS)」(KADOKAWA みやうち沙矢)
・「とりぱん大図鑑」(講談社 とりのなん子/とりぱん研究会)
・「野食ハンターの七転八倒日記」(平凡社 茸本朗)
・「日本の伝統 発酵の科学 微生物が生み出す「旨さ」の秘密 (ブルーバックス)」(講談社 中島春紫)
・「無肥料栽培を実現する本」(マガジンランド 岡本よりたか)
・「大根はエライ」(福音館書店 久住昌之)
・「[新版]科学の実験 DVDつき あそび・工作・手品(小学館の図鑑・NEO 17)」(小学館 ガリレオ工房/伊知地国夫ほか)
・「なぜ学ぶのか 科学者からの手紙」(仮説社 板倉聖宣/奥まほみ)
・「モヤモヤそうだんクリニック」(NHK出版 池谷裕二/ヨシタケシンスケ)
・「買いものは投票なんだ EARTHおじさんが教えてくれたこと」(三五館シンシャ ほう(法生)/ 藤原ひろのぶ)
・「洪水と水害をとらえなおす 自然観の転換と川との共生」(農山漁村文化協会 大熊孝)
・「日本俗信辞典 植物編(文庫本)」(KADOKAWA 鈴木棠三)
・「日本俗信辞典 動物編(文庫本)」(KADOKAWA 鈴木棠三)
・「仙台萩 古文書で読む城下の地誌」(かわうち古文書村)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予
防対策をとりながらご利用ください。
○館内での飲食はお控えください。熱中症予防ための水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
○サロンスペースの机・椅子は当面の間利用休止とさせていただきます。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 新着図書, 環境, たまきさんブログ パーマリンク