たまきさんサロン新着図書情報

今年の節分は2月3日。昔の人は、季節の変わり目には邪気が生じると考えており、豆には病気や災難を追いはらう力があると考えていました。そこで、季節の変わり目の節分に豆をまいて、私たちに害をおよぼす「鬼」を追いはらおうとしたのだそうです。

今年の恵方は『西南西やや右』、恵方巻は「縁を切らない」という意味で切らずに食べるそうです。
願い事を頭に思い浮かべながら黙って食べることで願いが叶うと言われています。
西南西のもうちょっと西よりを向いて、だまって、ゆっくり、丸かじり!!
年の数+1個のお豆を食べながら、ゆっくり読書などいかがですか~~~

新着図書のご案内です。

・「からだの中の自然とつながる心地よい暮らし」(青春出版社 前田けいこ)
・「自然セラピーの科学―予防医学的効果の検証と解明―」(朝倉書店 宮崎良文)
・「おいでよ森へ 空と水と大地をめぐる命の話」(ダイヤモンド社 「おいでよ森へ」プロジェクト)
・「あの日から或る日の絵とことば 3.11と子どもの本の作家たち」(創元社 筒井大介)
・「ほら、ここにいるよ このちきゅうでくらすためのメモ」(ほるぷ出版 オリヴァー・ジェファーズ/tupera tupera)
・「ポケモン空想科学読本4」(オーバーラップ 柳田理科雄/姫野かげまる)
・「しろくまのパンツ」(ブロンズ新社 tupera tupera)
・「名探偵コナン推理ファイル 地図の謎」(小学館 青山剛昌/阿部ゆたか他)
・「100万回生きたねこ クリスマス仕様」(講談社 佐野洋子)
・「星の王子さま 愛蔵版」(岩波書店 サン=テグジュペリ/内藤濯)
・「このは 生きもの好きの自然ガイド NO.9 世界のフクロウがわかる本 とっておきの100種」(文一総合出版 柴田佳秀)
・「このは 生きもの好きの自然ガイド NO.10 光る生きものはなぜ光る?ホタル・クラゲからミミズ・クモヒトデまで」(文一総合出版 大場裕一)
・「このは 生きもの好きの自然ガイド NO.11 きのこの世界はなぞだらけ 採る人も見る人も、まずはきのこを知るところから」(文一総合出版 このは編集部)
・「このは 生きもの好きの自然ガイド NO.12 散歩で出会う道草入門 道ばたの草花がわかる!」(文一総合出版 佐々木知幸/このは編集部)
・「このは 生きもの好きの自然ガイド NO.13 観察から識別まですべてがわかる!変形菌入門! きのこでもカビでもない、粘菌とも呼ばれる不思議な生物」(文一総合出版 川上新一/新井文彦/高野丈)
・「BIOSTORY Vol.29 人と自然の新しい物語 ミュージアムと生き物文化」(誠文堂新光社 BIOSTORY編集委員会)
・「BIOSTORY Vol.30 人と自然の新しい物語 北海道における人と鳥獣」(誠文堂新光社 BIOSTORY編集委員会)
・「BIOSTORY Vol.31 人と自然の新しい物語 イノシシと人」(誠文堂新光社 BIOSTORY編集委員会)
・「BIOSTORY Vol.32 人と自然の新しい物語 日本の野菜」(誠文堂新光社 BIOSTORY編集委員会)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。
ごみのお持ち帰りをしていただければ飲食可能なスペースです。
ぜひぜひ、たまきさんサロンへ足をお運びください。
皆様のお越しをお待ちしております。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 新着図書, 環境, たまきさんブログ パーマリンク