ポーちゃんのボロが、大変身!ボロってなんだ?

や。西川さんちのポーちゃんです。
相変わらず元気ですね〜。遊びに行きましたら“モクモクモクモク”葉っぱを食べてる。馬ってご飯に困らなくていいなぁ〜。

この、ポーちゃんのボロが「バラを育てているんだよ〜」って、話を聞きつけ取材に行ってきたんですよ。その前にボロってなに???
ポーちゃんのウン●と、寝床に使ってるおがくずとか、まぁ色々ですな。
ウ●コって、馬糞のこと!?
そうなんです。

ってことでやってきました、中山市民センター。
建物の写真ではなく。。。

チラッて開けてみましょう。
おお〜!葉っぱが山のように詰まっている!!!

こちら、今回お世話してくれるボランティアの中川さんです。
なんと、ポ〜ちゃんのボロが、堆肥に使えませんか?って問い合わせたのは中川さんなんだって。

右手のかわいい女性は?センター職員の方で、この堆肥事業というか、さらに堆肥を使った環境循環プログラムの担当の方だそう。
この葉っぱは、近隣の中学校、町内会、地域団体が平成25年から、街に吹き溜まりのできてしまう枯葉を、地域ボランティア活動として集めてきたものなんだって。

キノコが生えてますね。。。中は、菌類がすっごく活発に活動してて、虫とかも居心地が良くて集まってくるんだって。

温度を測ると。上の方は25度です。

これが中心部分を測ると31度!
これだけ暖かいと、分解も早く進むそうで。

いやいや。初めの頃は60度(!)になるんですよ。そんな温度だと、虫も寄り付きません。
この堆肥作りは、生ごみリサイクルネットワークの技術支援を受け、1〜2年かかって独立できるようになったんだって。そういえば僕らも取材したなぁ。

原材料はですね。ポーちゃんのボロに、米ぬかと枯葉と土を混ぜて、上の方からギューギュー圧縮して、さらに水を加えるそうです。
でも、それだけではなく、1ヶ月に一回ぐらい切り返しをして撹拌してあげないといけないそうな。なので、前は2山作ってたけど、さすがに労力がかかるので、今は一個。

菌ですな。
最初の頃は方線菌とかが活躍して、ものすごく熱くなる。で、次に糸状菌とかが活躍を始めると、黴とかキノコが出てきて良い感じになるそうな。生命って不思議ですね。

でね。面白い話としては、このあたりはネズミが多かったんだって。
ところが、ポーちゃんの馬糞が混じるようになったら、なんか居心地悪くなったのかネズミが消えちゃった。大きな生き物の気配には、ネズミも警戒するんですね。

これ。混ぜるのに使った米ぬか。これも郊外をよく探すとタダでもらってこられるそうな。でもちゃ〜んと貰えるところを探さないとダメだよ〜。
なので、ヒントも秘密。

この空き地は?
なんと、ここで隣の児童館の子育て支援クラブと共催で、5月頃になると里芋を植えるそう。今年は700個も収穫できた!それをみんなで芋煮にして食べた!!!
だから、環境循環講座だそうで。これは取材しないといけないなぁ〜。いやいや芋煮目当てでなく。

で、ポーちゃん堆肥で育ったバラはというと。。。チョット今は季節がハズレでしたね。

これ。まだ形の残ってる●ンコ。でも、匂いもぜんぜんない。
ポーちゃんは良質な草を食べているので、牛糞鶏糞と違って匂いが全然しない。それが今回の事業のきっかけなんだって。

お!咲いてるバラ見つけた。

綺麗ですね〜。

これは色が違う!

って思ったら、この株はフランスの人たちが東日本大震災の仙台に「何かできませんか?」って、支援のために商品化できるバラを送ってくれたんだって。
その名も「絆」。いい話だなぁ。

ってことで急にお話は戻ってきて、河原のポーちゃん。
競技用の馬は飼い葉の他に体を強くするものをいっぱい食べるらしいんだけど、ポーちゃんは草をモグモグ。そして家に帰ると干し草をモグモグ。

起きているあいだは、ほとんど草を食べているそうな。
ポーちゃんいい子だね〜。

おら、いい子だ!
いまでも近隣の子供達を乗せて、パカパカ歩いているんだって。

でも、人にするともう30歳ぐらいなんだって。そうやって考えると、このブログとポーちゃんの付き合いも、長いね〜。
ご飯も食べたし。じゃ、家に帰りましょう。

って、ここ仙台市のど真ん中なんだけどね。
いつ見ても良い光景です。ではまた!

カテゴリー: 取材, 日々の話, 発酵, たまきさんブログ パーマリンク