虫の声を楽しむ会〜広瀬の巻〜開催レポート

様々な美しい虫の声を親子で楽しむ「虫の声を楽しむ会」。
9/7に広瀬市民センターにて開催しました、「虫の声を楽しむ会〜広瀬の巻〜」の様子をお知らせします!
今回は、講師の先生が連れてきてくれたスズムシの鳴き声をBGMにスタート。スペシャルゲストの松尾芭蕉さんも、「スズムシの鳴き声はいいですね。今日も他にどんな虫の声が聞こえるか楽しみにしています!」と気合十分。

ここからは、宮城野区にある岩切市民センターでスズムシを育てたり皆さんに配布する活動をしている「すずむしの里づくり実行委員会」の森さん、鎌田さんにバトンタッチ。「仙台市の虫は何でしょう?」といきなりクイズです。参加者の皆さんはわかるかな?・・・そう、スズムシなんです。昭和46年に、仙台市の虫、木、花、鳥を、市民からの投票で決めたんだって。

「すずむしの里づくり実行委員会」では、そんな仙台市の虫であるスズムシを、一年をかけて卵から育てています。ふ化したばかりのスズムシは、上の写真のように体の色が白く、30~40分経つと体液で黒くなるんだって。他にも、スズムシの一生は1年であること、鳴いているのはオスで、2枚の羽根をこすり合わせて音を出していることなど、色々教えてもらいました。

すっかりスズムシに詳しくなったところで、講師は太白山自然観察の森の姉妹施設、青葉の森緑地の近藤館長、黒川さん、河合さんに代わります。これからみんなで外に出て、虫の声を聞いてみましょう。

まず、今日、聞こえそうな虫の声を先生から教えてもらいます。その声をよく頭に入れて、出発します。

市民センター前の草むらに移動しました。ここでは何種類もの虫の声がきこえます。鳴く虫、鳴かない虫を次々見つけ、カゴに入れていきます。

隣の田んぼ側の草むらからも虫の声が聞こえます。よく見てみると・・・なんとカエルを発見!

続いて、市民センターと総合支所の間の植え込みを覗きます。虫の声は聞こえますが、なかなか姿は見えません。

更に道路を歩いて、近くの観音公園を目指します。公園には、事前にすずむしの里づくり実行委員会の方がスズムシを放虫しているとのことですが、スズムシは今日も鳴いているでしょうか・・・

スズムシ以外にも色々な虫の声が聞こえます。少し薄暗くなってきたため、みんな、懐中電灯を使いながら虫を探します。

「これ、スズムシじゃない?」耳を澄ましてスズムシに近づき、何人かの参加者は捕まえることもできました!

市民センターの敷地内に戻り、センター裏側を歩きます。ちょっとした草むらからも、様々な虫の声が聞こえてきて、みんなで探しました。

部屋に戻って、みんなでどんな虫を捕まえたか、どんな虫の声が聞こえたか、おさらいしました。
エンマコオロギ、ハラオカメコオロギ、シバスズ、スズムシ・・・
虫かごいっぱいの虫を捕まえた参加者もいました!

最後に、「すずむしの里づくり実行委員会」から、スズムシがプレゼントされました!飼うときのポイントなど、詳しく説明をしてもらった後、みんな、持ってきた虫かごにスズムシを入れてもらいました。家でもスズムシの声を楽しんでね。

参加者からは、「スズムシの生態について知ることができて良かった」「捕った虫が鳴いている姿を間近で見れて面白かった」などの感想が寄せられました。次回は、9月14日に若林区の六郷市民センターで開催予定です!色々な虫の声が聞こえるといいな。

【虫の声を楽しむ会(広瀬の巻)で観察した鳴く虫たち】
エンマコオロギ、ハラオカメコオロギ、シバスズ、マダラスズ、ヒメクサキリ、スズムシ、ショウリョウバッタ、セスジツユムシ、ツヅレサセコオロギ、ササキリ(10種類)

カテゴリー: 生きものこぼればなし パーマリンク