海のゴミを無くそう!海ごみゼロウィークで、七ヶ浜町表浜(外人浜)の清掃をしたよ。

今日は海洋ゴミの話だよ。
ここのところ話題になっているよね。海岸に打ち上げられたクジラの胃袋の中から大量のプラスチックが出てきたとか。目に見えないマイクロプラスチックとか。砂浜にもゴミゴミゴミ。ビニールとかペットボトルとか全部まとめて「プラスチックゴミ」なんて呼ばれてます。

子供の頃に「プラスチックは散らかしたら、ず〜〜〜〜っと消えないからポイ捨てはダメ」って言われてたはずなのに、なんだか海岸に打ち上がるゴミを見てると虚しくなる。。。ということで、みんなで汚れてしまった海岸を「綺麗に掃除するぞ!」って集まってきましたのは、仙台を拠点にSUP(スタンドアップパドルボート)のレースなど主催しているNorth Shore SUP CLUBの皆さん。
「近年はマイクロプラスチックも深刻な問題となってます。環境省主体の「海ごみゼロウィーク」が5月27日から実施されるのに合わせて皆さんと海岸清掃を行おうと思います。」と、代表白土さん。

ドッと一直線に海岸へ向かう行動力はシーマンシップだねぇ〜。
海の人たちはちょっとの迷いが転覆につながるんで、グズグズしません。ゴミ袋を片手に拾うひろう。

この「海ごみゼロウィーク」では、日本中で1300の団体が清掃活動を行なっています。実際のところ、海岸に打ち寄せられるゴミってのは海に直接捨てたものではなく、陸の上の人がその辺にポイって捨てたものが、風に乗って側溝に落ちて川に入って、延々と流れてここにやって来るそうな。

こんな小さなヒモでも、ぷかぷか浮くと紫外線で分解されマイクロプラスチックになる。
海上の汚染物質は大半は石油由来だから石油製品と親和性が良く、その汚染されたプラスチックを魚が食べ、それを人間が食べ。。。冗談では無いんですよ。世界中で作られた海水由来の食塩を詳細に調べたら、プラスチックの入っていないものがなかったそうな。。。

なので、環境に散らかったゴミは、人の手で丁寧に取り除くしか無いんですよ。
でも、新品のタイヤまであったのは、なぜ???

こうやって集められたプラスチックは、いろんなものが付着しているからリサイクルが出来ないんです。きちんと分ければ資源だというのに。。。ちなみに七ヶ浜町ではあらかじめ町役場に相談すると、清掃したゴミは後日に回収してくれるのです。なので、思い立ったらまず役場に相談!

さて、清掃が終わったら、遊ぶに決まってるじゃ〜ん♬
大好きな海だから、綺麗に気持ちよく遊べるようにしたいんだよね。
じゃね〜。

カテゴリー: 未分類, 取材, 役立つ話, アウトドア, 環境, たまきさんブログ パーマリンク