ポーちゃんだ!今日は蹄を切ります。

や。この愛くるしい顔を無視できるかい!ポーちゃん再登場。


やぁ〜。
「ポーちゃんが脚の蹄切るから、観に来ない?」って誘われたのは、これが2回目。前回は直前に予定変更になって遊びに来れなかったんですよ。


さ。厩舎(立派な小屋)から曳き出されて「ボクどこに行くのやら」
パッカパッカ♪


はい。まず蹄のそうじね。これか“オサレ”に切って。もとい!整えてもらうんだから。


え〜ボク。ちょっとネイル伸ばしてたとこなんだけどな。


ほら。こんな感じ!
コレ。切る前です。


そこに!やって来ました八丸さん。
この方。東松島に美馬森八丸牧場を起業された方です。
さっきまで東北大の馬術部のお馬の蹄切って、山を降りてここでまた切ると。


その牧場は、また次の次の次ぐらいで紹介するね。
プロの用品降臨。


「さ。おいで」
ポーちゃんは、脚をマゲマゲ。何かをアピールしてます。


この、強力なヤットコで、切ってくぞ〜。

ポキポキ。
見てるとドキドキしますね。ポキポキです。


巨大なファイル(英語で鉄ヤスリ)でゴ〜リゴリ削ります。


飛び散る切り粉を、見よ!



半逆光も相まって、ステージのような職場だなぁ。
美しいなぁ。


蹄叉(真ん中のとんがった黒いとこ)も削ります。
いや、コレはむしろ、切るというべきか!


この道具も、自前加工だそうです。


後脚だ。さあ、脚を出して。


はい。パチパチ。


ここでもう一回見てみよう。


ヤットコで、大まかに切り落とす。


蹄叉を切り落とす。


さらに形を整える。


ほんとにスムーズな作業でしたね。


アタシじゃ〜、あ〜はいかないわ!


すっごいヤスリですね。専用品ですか?


愛知のホームセンター買いました。


え!?


要は使えれば、道具は選ばずですね。
おお〜。


ところで、馬は切ってもらって、気持ちいいんですかね?


わかりません。そこは延々に謎です。


そっか〜。馬ってしょせん人間が取捨選択して作り出した生き物だしなぁ。
理解しようとしても、そこは馬の世界だ。
ちなみに、この切った蹄はワンちゃんが大好物だそう。



オサレ美人になりました。(男前だけど)


カンケーないけど。表札に「馬」。


や。満足満足。
ちなみに、ご主人のいうことしか聞かないそうですよ。ヒソヒソ。

そしてこれより、ポーちゃんが芸をご披露します。


あれ?今日来た時、「育てかた間違った〜」って言ってませんでしたっけ?


じゃ、はりきって行ってみよう〜。


西川ポーちゃんです。


よろしく。。。


ね♡♡♡


なんだぁ!この可愛さ〜〜!!!


じゃ。ポー〜ちゃ〜ん。バックバック。(写真だと伝わらんなぁ)


ポーちゃん。おまわり〜。


グルッとね。


ポ〜ちゃん。お手。


はい。笑って〜〜〜〜!


あの。。。まるでHRギガーのエイリアンみたいなのは。。。心の奥にしまっておこう。(ウマだから)


すっごいのはココから。
はいチャック〜。


ギギーって。


上手に下げちゃった。


馬って口が柔らかいから「出来るんじゃない?」って思いついたんだって。
はい。立ち上がって〜。


ご褒美のニンジンね。


はい、みなさん。ありがとうございました。


ぽーちゃん。手袋とって〜。


メリメリメリ。
さっすが6歳。


西川さんポーちゃんが「可愛くてしょうがない」んだって。


だけど八丸さん曰く。もっともっと愛情が深くなると尊敬につながってくるんだって。へぇ〜。
ちなみに、庭で寝てたネコちゃんです。


飼っているというより、このネコちゃんは地域ネコなんです。


ネコって放っておくとドンドン増えちゃうから、ちゃんと去勢して、その代わりに命を大切に、地域で暮らしてもらおうって考え方です。
このお話は、また別枠で取り上げないといけないなぁ。


さてさて。ポーちゃんはご飯です。
草をよく食べてくれるから、河川課から感謝されているんだって。よい話だなぁ〜。じゃね。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ パーマリンク