虫の声を楽しむ会~たまきさんサロンの巻~開催レポート


今年もこの季節がやってきました♪
身近にいるさまざまな美しい虫の声を親子で楽しんでいただく「虫の声を楽しむ会」!
昨年度大好評だったイベントですが、今年度も市内6ヶ所で開催します。
一ヶ所目は8月24日に、青葉山のたまきさんサロンで開催しました。



今年も参加してくれました、みんなの人気者「松尾芭蕉」さん!
「みなさんと秋の夜長に虫の声」と、思わず5・7・5が飛び出すぐらい、芭蕉さんもこのイベントを大好きとのこと。
市内6カ所、全ての回に参加予定です。



最初は、すずむしの里づくり実行委員会の森さんと鎌田さんによる「これで君もスズムシ博士!?仙台市の虫スズムシにまつわるエトセトラ」のお話。
なんと、仙台のスズムシは「七振り鳴く宮城野の鈴虫」といわれるぐらい、その美しい鳴き声が全国的に有名で、江戸時代には、仙台藩から江戸の将軍にも献上されたそう。
でも現在では、県内で野生のスズムシはほとんど見つからないみたい。そのため、実行委員の皆さんは、スズムシの飼育や普及活動に取り組んでいるんだって。



また、スズムシの豆知識として、スズムシは1匹のメスが3,000個近い卵を産むけれど、外敵に食べられるなどして最終的に生き残れるのはせいぜい1匹か2匹くらいなんだって!さらに、鳴くのはオスだけで、メスとの見分け方は、お尻の産卵管がないことなどを教えてもらったよ。

実行委員のみなさんが飼育しているスズムシを持ってきてくれました♪
リーンリーンとすっごく綺麗な音色に、みんな興味津々!(^^)
さすが、全国ブランドのスズムシだね!




お話をきいた後は、生きものを調べるプロ!株式会社エコリスの沓澤さんと細見さんと一緒に、虫の声を探しに外の緑地へお散歩です。
青葉山のたまきさんサロンの近くでは、一体どんな虫の声がきこえるかな?




早速バッタを捕まえたよ!先生に聞いてみたら「ショウリョウバッタ」って名前なんだって!
でも残念ながらこのバッタは鳴かないみたい。
遠くのほうから綺麗な音で鳴いている虫がいるようだから捕まえに行ってみよう♪




捕まえた!これは「ジーーーーン」と力強く鳴く「クサキリ」っていうキリギリスの仲間だよ!
時間が経って、周りが少しずつ暗くなってくると、聞こえてくる虫の声も変わってくるみたい。




先生達は虫取りのプロ!
だけど、子ども達の虫かごには、もっとたくさんの虫!これには先生もびっくり(笑)
大人も子供もみんな虫探しに夢中!




部屋に戻ってからは、先生から今日聞けた虫の声のおさらいと、他にどんな虫の声が聞こえるか教えてもらったよ!




参加者のみなさんにアンケートを書いてもらいました。大人も子どもも、楽しい時間を過ごすことができたようです。たくさんの方が「色々な虫の綺麗な音をたくさん聞くことができて良かった」と書いてくれました!
次回は9月1日に寺岡市民センターで開催するよ!どんな音が聞こえるか楽しみだね!!



♪虫の声を楽しむ会(たまきさんサロンの巻)で観察した虫たち♪
ハヤシノウマオイ、クサキリ、カンタン、ハラオカメコオロギ、エンマコオロギ、シバスズ、ショウリョウバッタ、クルマバッタモドキ、コバネイナゴ、オンブバッタ、ハラヒシバッタ(11種類)

カテゴリー: 生きものこぼればなし パーマリンク