トレンチャー先生の講座の最終回「海洋プラスチック廃棄物の問題」環境科学がよくわかるディスカッション

とうとう、この日が来てしまいましたね。。。連続講座で環境のことを深く深く考える「環境科学がよくわかるディスカッション」本日が最終回です。地球温暖化に、肉食、エネルギーと原発に続きまして、僕がこの4回の連続講座を追っかけて取材しよう!って決めたのは、本日の議題に前々から大変に興味があったからなんです。

 

本日のタイトルは「海洋プラスチック廃棄物の問題」
このタイトルを聞いて「あ〜海に行くと海岸に流れ着いているあのゴミのことね」って思うのは、解答へのまだ序の口です。その先には深い深い恐ろしい世界の話が待っているんです。ホントですよ。
では、講座の始まりです。
「皆様。今日も時間通りにお集まりいただき感謝します。とうとう最終回が来ました。今日は海洋プラスチック問題についてディスカッションしていこうと思います。でもその前に、この一週間に気になったニュースなどありましたらどうぞ。」

 

5月から化石燃料を使用しない発電に対して証書を発行することになったそうで、電力が市場で取引され消費者が購入するときの目安になるそうです。

 

電力の自由化が導入されて、ケータイ電話のように、消費者がどこの事業者の電力を買うかを判断する時の目安になるんですが、おそらく原子力発電も化石燃料を使わない発電に入りますね。。。そこをどうやって見分けるか注意も必要ですね。
貴重なお話でした。
では本日の講座です。

 

私はひじょうに海が好きでして、若い頃にグラフィックデザインの学校を出たあと、しばらく漁師の船に乗っていました。

 

オーストラリアの東北部で、だいたい二週間ぐらい沖合で働いて、陸に戻るというサイクルで仕事をしていて、とても楽しい日々でした。
ケアンズから出航し、500キロほど北に向かい、船の上で暮らして働いていました。

 

ダイビングで30メートルぐらいの海に潜って、伊勢海老やナマコを獲っていたんです。
陸地から200キロぐらいの沖合いです。

 

これらは中国へ向けて輸出されていました。
(それより先生若い!)

 

海での暮らしはとても楽しく、このまま漁師になるという選択もありました。

 

サメを捕まえるとフカヒレも獲りました。いま考えると残酷な話ですが。
そしてここまで大きなサメだと、釣り上げるのも危険です。

 

ヒレも中国へ向けて輸出してました。

 

場所でいうとオーストラリアの北部、もう少しでインドネシアのあたりです。

 

ヨーク岬といいまして、世界でも最も辺鄙な地域の一つです。

 

そして、人が住んでいないので、とても美しい地域です。
2週間ぶりに陸に上がると足がフラフラして不思議な感じがしました。そして陸に上がると色々と探索しました。

 

ですが、こんな人の住んでいない地域にもプラスチックゴミがあります。
陸に上がるときはビーチサンダルがなくても、そのうち一個ずつ見つかるから左右色違いが履けると同僚と冗談で話していました。

 

そこで、世界で生産されたプラスチックのその後を追ったチャートがこちらです。
使用後4割は埋め立てられ、14%は焼却されて熱エネルギーに。8%はカスケードリサイクルと言って、元の製品ではなくダウングレードされ、他の製品に加工されます。2%が、やっと元と同じ用途に使われています。
そして、32%は、環境へと放出されています。

 

これは世界の数値ですから、リサイクルの進んだ日本は少し数字がいいですが、仙台市では包装容器は工業製品を運んだりするパレットに加工されていますから、カスケード(階段状)リサイクルなのです。

パレット製造の様子はこちら>>市内の学生さんが、ワケルバスに乗って廃棄物処理の工程を見学したよ。

 


世界で生産量の1/3が環境に放出されていますが、その量を見てみると、アジアが多いです。
一見中国が多く感じますが、中国は人口が多いので、比較するとアジア南部がとても多い。
では、なぜプラスチックを環境中に放出してしまうかというと、ゴミ回収などの行政サービスが整っていないからなんです。

 

海などに放出されたプラスチックはそのあとどうなるのだろうか?
まずはいくらか沈んでしまいます。これはまた問題です。海の底は変化が少ないので、ずっと残ります。
海面に浮かんだものは紫外線の力でもろくなります。
そして波などの力で割れていきます。
塩などの化学変化でも弱くなります。

 

細かく細かくなったプラスチックは、5ミリ以下のサイズになるとマイクロプラスチックと呼ばれます。
もともとは石油由来なのですが、完全に分解され二酸化炭素や水などに分解されるには数百年はかかるだろうと言われています。

 

ということは。。。プラスチックが量産されはじめて80年。第二次世界大戦のあたりからです。初期のプラスチックでも焼却されない限り、今まで人類が作ったプラスチックは何らかの形で残っているということです。
そして海を漂うプラスチックは、海流の渦に囚われて、どんどん特定の場所に集まってきます。

 

これが、Garbage Patchと呼ばれる、海洋ゴミベルトと呼ばれているものです。
>>僕はこの存在を2005年頃のモーリーロバートソンのラジオで知ったんですよね。海洋に巨大な何百キロもあるプラスチックのスープみたいなものが浮いているのを海洋冒険家が目にした!との話。にわか信じられなかったです。それからずいぶん調べましたが、当時は情報がどこにもなかったんですよね。

世界には、気圧の関係で大きく回転する海流がいくつもあり、そのどこにでもプラスチックは集まってきます。

 

ちなみに、この写真は後日世界に向けて発表されたときの現地の写真です。
見た目ではそんなにゴミが浮いているように見えないのは。

 

すでにプラスチックが細かくなって、海水中に漂っているからなんです。
>>ちなみに、プラスチックと呼んでますが、ビニールも当然含まれます。コンビニ袋のことを海外ではPlastic bagなんて呼びますし。区別していないんです。

 

さて、このゴミを実際に網ですくって調べてみましょう。
こんな、エイやナマズみたいな形をした網で調べます。
これは海面から数十センチのあたりを行ったり来たりして採取するための工夫なんですね。

 

そのときの様子が、こちらのドキュメンタリーで報告されています。

Addicted to plastic(英語)

 

この先生が、初めてこの問題を論文でとりあげて、世界中の研究者は驚きました。
まさか太平洋のど真ん中に、プラスチックのゴミベルトがあったなんて!
こちらの方は、たぶん研究者のチャールズ・モアさんですね。

 

なんで知っているかって?ぼくこの本読んで衝撃を受けたんですよ。
プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する
海洋探査の仕事の最中にとんでもないゴミを発見し、アルガリータ海洋調査財団をおこしてアルギータ号で今も海洋汚染の調査活動をしているとのこと。

 

なんせ、地図ではあっという間の距離ですが、実際は8000キロ?
その海に薄くても大量のプラスチックがあるということは。。。

 

現地調査では、1キロの動物プランクトンに対して、6キロのプラスチック片が見つかっています!
考えられますか?魚の餌になるプランクトンより、プラスチックの方が多い!
しかも人間が全くいない海域での話です。

 

そして、もっと恐ろしい予測が出ています。
今は石油の消費量に対して6%がプラスチックに加工されていますが、経済が豊かになると包装材などでプラスチックを多用するようになる。2050年には20%がプラスチックになるだろうと予測されています。

 

その頃には、海に暮らす魚類の総重量より、海にあるプラスチックの方が多くなるのではないかと。

 

そこでディスカッションの時間です。
「そのうち、プラスチックを分解できる微生物なども研究すれば出てくるのじゃないですか?」
今のところ、見つかっていないです。ですが、大学院で生命化学を研究している学生は、そのうちマイクロプラスチックを体の構成要素のひとつにする生き物が生まれるのではと、恐ろしい予想を話してました。

 

釣りの餌にしたりするミルワームが発泡スチロールを食べて消化ができるというニュースがあり、共生菌の研究が必要なんて言ってましたけど、それを海でどうやって育てる?バラまいていいの?無理な話ですよね。

 

生分解性のプラスチックというのも聞いたことがあるけど。
「実用化はしているけど、コストの問題で選択されていないんです」
最後は経済性が問題となるのですね。

 

では続いてスライドの紹介です。
こちら、インターネットのニュースサイトに掲載されて記憶の方が多いかも。世界的リゾートのバリ島で、砂浜に漂着するプラスチックのゴミが大変な量になっていて、観光どころではないとのこと。

 

先生自身がとった写真も。
バリ島に出かけたとき、ここは風光明媚な場所として有名ということで人が集まってきて、近くには食品を提供するお店もある。そして足元にはプラスチックゴミです。

 

ここはバリ島にある、とても神聖な場所だそうです。

 

そして近くの水路にプラスチック。

 

ゴミ問題は海外の話ではなく、日本のビーチにも押し寄せてきています。
沖縄の「どこか」と、座間味諸島の「どこか」です。

 

そして海岸に落ちているプラスチック片を海鳥が食べてしまうと、消化ができず、さらにお腹は満腹感があるので栄養失調に陥って死んでしまいます。問題は、死んだ鳥の死骸が腐敗したあとに、さらにお腹から出てきたプラスチックを他の鳥が食べ、連鎖的な死をよびます。

 

食べるだけではなく、体に引っかかったプラスチックが生き物の成長を阻害することもあります。
小さい頃にビールを留めておくビニール(6パックの語源です)が体に絡んだり、喉元に引っかかったまま成長した生き物は、やがて無理がたたって死んでしまいます。

 

海に捨てられた漁網も、サンゴに引っかかって殺してしまいます。
そして問題なのは、サンゴを殺した漁網はいつまでたっても分解しないので、さらに次のサンゴを殺してしまいます。

 

では、プラスチックゴミについて、身近に見たり聞いたりしたお話はありますか?
「海岸の清掃ボランティアをしていましたが、日本だけではなくアジア圏のゴミも多く見ました」
「カメがビニールをクラゲと間違えて食べてしまう事例を聞いたことがあります」
「海水から精製した塩にもプラスチックが入っているそうです」
よく知っていますね。特に塩の問題はこれから取り上げるところでした。

 

例えば、プラスチックは製造過程で強度を上げたり、柔らかくしたり、防炎のために様々な化学薬品が入ります。
さらに環境に放出されたプラスチックは、同じ石油由来ということで他の有害物質と親和性が高く、スポンジみたいに吸収してしまいます。そしてその有害物質が、食物連鎖で濃縮されます。

 

先ほどのお話にあった、食用塩の話です。

 

サイエンス誌と同じく、査読付きのレポートを発表する専門誌から。
世界中で収集した食用塩を調べたところ、ニュージーランドで作られた製品以外からは、全てプラスチックが出てきたそうです。
これは、量としてはとても微量ですが、問題は大きいです。

 

ここで、またビデオを見てもらいましょう。
[ScienceNews2016]海洋プラスチック汚染  心配な生物への影響(2016年10月5日配信)
海洋プラスチックの研究をされている東京農工大学 高田先生のお話です。
石油から作られたプラスチックが、いかに汚染物質を吸収しやすいかなど。恐ろしい話です。

 

そして、アジアで一般的に食べられている魚を集めて調べると、120匹中36匹からプラスチックが出てきたということです。

>>こちらは僕が読んだ別の本の話ですけど。海中の魚の多い場所で海水サンプルをとって調べると、プラスチック片の中でも植物プランクトンと同じ色をした破片が特に少なかったという。。。魚がプラスチックを誤食している証拠だというものでした。

 

ということで、我々はどうすればいいのでしょう?
排出源に取り組むべき?(上流)
問題が現れている現場で取り組むべき?(下流)
そこで、僕がちびっとお話。
「歯磨き粉とかに、粒子が壊れて歯をキレイに磨くってのありますよね。あれも磨き粉はプラスチックなのです。
僕はそのことを知って色々調べまして、磨き粉(スクラブ)が、汚水処理場では濾過しきれず海に流れている実態を知り、このことを友人にも教え、SNSでも「なんでこんなものを売っている会社があるんだ?」って問題提議しました。」だけどそれぐらいしか市民にはできないんですよね。

 

先生も。いまでは、靴のソールにもプラスチック。洋服にもプラスチック(化学繊維)。
プラスチック問題は、僕らはどうやっても避けられないですとのこと。

 

中国は燃料や製造原料としてプラスチックを積極的に受け入れてた時期がありましたが、もう他国のハイプラスチックは引き受けないと方針を変えたそうです。

 

ここで最後に、こんな取り組みもありますことを、紹介させてください。
Ocean Clean Up(Webサイト)
こちらは、海洋ゴミ問題を解決することができるかと、期待されているプロジェクトです。

 

もともとは、オランダの大学生が発案したものです。
海に全長が何キロにもなる水に浮く壁を作って、その壁を錨を利用してV字状に設置するんです。

Vの口が開いている方向を海流の流れてくる方に向けると、海に浮かぶゴミは自然とVの狭い部分に集まります。
魚は、浮体の水深が浅いので、潜って通り抜けることができます。
そして一番狭い部分には、太陽光で動く水車を置いて、ゴミをすくって、大型のゴミ箱に入れます。
船は時々やってきて、このゴミを回収するというわけです。

 

>>これ、初期の頃に対馬海峡が最適地だって、見たことがあるよ。
Ocean Clean Up(youtube公式動画)

あと、川で水流を使って浮いているゴミを回収する仕組みも見たことある。
Water Wheel operating in a rain storm (Baltimore, MD)

 

彼らはプロジェクトの実現のために、企業の募金などで活動しているそうです。
早く1個目が設置されるといいなぁ。

 

では、みなさんいかがでした?環境化学がよくわかるディスカッション。4回の講座はこれで終了です。
せっかくなので皆さん感想をどうぞ。(念のため>>回答と写真は合っていません)

「4回聞いて、4回とも目からウロコでした」

 

「特に肉食の回が、ショックでした」
「私は製薬業にいたのですが、薬というのも、本当はものすごく環境負荷が高いのです」

 

「ポイ捨て。誰かが回収しなければいけない。だけど、製品を作るときは経済優先になるし」
「環境問題ってのは昔からあったんだろうけど、改めて、考えていかないといけない段階に来ているなと、思いました。」

 

最後になります。
まずは皆様に御礼申し上げます。毎回時間通りにお越しいただきましたし、一生懸命私の話を聞いてくださったので、私も自分らしく楽しく講座ができたと思います。

 

みなさま、どこかでまたお会いできることがありましたら、と願います。
どうもありがとうございました。

 

あらら。。。終わってしまった。
過去のブログを読み直すと、一つの問題も、他の側面と対峙すると解決法としないといけなかったり、他に選択肢がなかったりと、ものごと判断が簡単につかないものなのだなぁと、しみじみ思いました。
トレンチャー先生の講座が、また開催されたらいいですね。
ではまた!

カテゴリー: 取材, 環境, 環境講座, たまきさんブログ パーマリンク