虫の声を楽しむ会~山田の巻~開催レポート


あちこちから甘い金木犀の香りが漂い、秋の訪れを感じさせる季節になりました。9月30日、今年度最後の虫の声を楽しむ会を太白区の山田市民センターと共催で開催しました。



今回の先生は、9月9日の「虫の声を楽しむ会~片平の巻~」に引き続き、野外で虫を調べるプロ、伊東さん(のり先生)&斉藤さん(ゆうじ先生)ペアです。「好きな虫は、ハエです!」という、のり先生の自己紹介にみんなびっくり。


まず初めに、「知ったら(もっと)虫が好きになる!?こぼれ話集」というテーマで、のり先生にお話してもらいました。明治時代には、エンマコオロギやスズムシ、カンタンなど、沢山の鳴く虫が売られていたとのこと。虫の種類によって値段も違っていて、カンタンは、エンマコオロギの約4倍のお値段!



お話を聞いた後は、虫の声を聞きに出かけます。6時前だけれど、外はすっかり暗くなって、気温も、ぐっと下がりました。向かう先は、山田市民センターの隣の臨時駐車場~鈎取球場野球場の周辺です。公園でなくても、草や木があれば、そこは虫たちのすみか!
懐中電灯の明かりだけが頼りだけど、虫は見つけられるかな?


ゆうじ先生からのアドバイス!「側溝の、草刈りした後の草がたまっている所をガサガサ探すと、見つけやすいかも!」いるかな~?鳴き声は沢山聞こえるけれど、姿を見つけるのは、なかなか大変!




みつけた!
懐中電灯で片手がふさがっているので、虫を捕まえるのは、なかなか難しい。素早く、さっと手をのばさないと、ぴょんぴょん逃げちゃうよ~。




「ここにもいるよ!!」
きれいな声で鳴くエンマコオロギもいたけれど、大きなナメクジもいたよ~。うねうね。他の穴には何がいるかな?




つかまえた!つかまえたら、カゴの中に入れて、じっくり観察してみよう!エンマコオロギの顔は宇宙人みたいで、可愛いかも…?そしてオスのオカメコオロギ(オス)の顔は、のっぺり平らでお面みたい!



部屋に戻ったら、見つけた虫のおさらい。観察会では行かなかったけれど、すぐ近くの山田ふれあい公園には、カネタタキやハヤシノウマオイも鳴いていたよ!



帰る前に、捕まえた虫たちをもう一回観察。カゴの中でも、たまに鳴いているね。
今日も沢山の虫の声を聞くことができました!



アンケートでは、みんなに気に入った虫を書いてもらいました。鳴き声がきれいで可愛いからエンマコオロギと答えた人や、鳴く虫の女王と呼ばれるカンタンと答えた人、他にも、マダラスズやセスツユムシと答えた人もいて、みんなそれぞれにお気に入りの虫を見つけられたようです。
これから秋が深まって気温が涼しくなってくると、夜より昼間の方が虫の声を聞きやすくなるようです。家の近くでもきっと沢山の虫が鳴いていると思うので、耳をすませてみてね!


♪虫の声を楽しむ会(山田の巻)で観察した虫たち♪
エンマコオロギ、モリオカメコオロギ、ハラオカメコオロギ、ツヅレサセコオロギ、シバスズ、マダラスズ、ショウリョウバッタ、クサキリ、セスジツユムシ、カンタン、カネタタキ、ハヤシノウマオイ(12種類)

カテゴリー: 生きものこぼればなし パーマリンク