打ち水前の環境講座。今日は連坊小路の「れいんぼうはうす」から

20160728連坊小路01

さてさて。暑いですね。
暑いはずだよ、関東地方ではとうとう梅雨明け。もうこっちも夏本番が間近ですよ。最近では日なたで頭がクラクラしてくる。今年は観測史上最高の暑い夏になると言われているから(2番目は去年)、もうどうやって暑いさをしのぐかで大変です。


20160728連坊小路04

ではでは。本日も若林区の毘沙門天王祭に合わせて稚児行列が荒町商店街に打ち水を行うイベントに向けたプレ環境勉強会。若林区連坊小路の放課後児童クラブ「れいぼうはうす」さんからのレポートです。


20160728連坊小路05

講師の先生は、シンプルアンドスローライフの会の柳沼さんです。
みなさんこんにちは〜。今日はみなさんに緑のカーテンを勉強してもらいますが、この施設がちょうど一般の家みたいなので温度計も使っておうちの環境の事も学んでもらおうと思います。


20160728連坊小路06

みんな緑のカーテンって、聞いた事ある?
「緑の布が、カーテンにかけてある?」
う〜ん。違うかなぁ。
「植物を育てて外の光を遮っている」
正解です。


20160728連坊小路07

では、緑のカーテンにはどんな種類があるかというと
「あさがお!」
それも正解だね。


20160728連坊小路08

だけど他にもゴーヤやヒョウタン。ヘチマなんかも緑のカーテンになります。
これらはみんなツル性の植物です。


20160728連坊小路09

ツル性の植物と言ってもアサガオは脇目も振らずに天に向かって一直線に伸びていきますが、他の植物はところどころ左右にツルを伸ばして絡みつくように伸びていきます。バネみたいです。途中でツルの巻き方が逆転したりしてますので、あとで外でよく観察してくださいね。


20160728連坊小路10

あと、ヒョウタンの花には雄花、雌花と言って実のなる花と、ならない花があります。ヒョウタンの雌花は花の付け根に小さなヒョウタンが付いています。ただ、雌花は朝に咲いて、雄花は夕方に咲きます。どうやって受粉するの?ってなるでしょ。
普通は昆虫とかが受粉するんだけど、ここはマンションの4階なので虫が来ません。みんなで受粉作業をしてあげてください。


20160728連坊小路13

さて。ここでコーナーを模様替え。
400年前にタイムスリップをしてみよう!


20160728連坊小路11

400年前というと江戸時代ですね。昔は便利な道具とかはありませんでした。
では、今はあるけど過去になかったものを考えてみましょう。


20160728連坊小路12

テレビ。3DS。パソコン。カメラ。ラジオ。
車。バイク。
非常口。洋服。


20160728連坊小路14

いま書き出したものを分類すると
テレビ。3DS。パソコン。カメラ。ラジオ。>>>電気
車。バイク。>>>ガソリン
非常口。洋服。>>>???それでも過去には無かった。非常口も電灯が灯いているかな。
こんな感じかな?エネルギーに頼っていたものは、まったく無いですね。


20160728連坊小路15

こんなに何もない時代に涼むとしたら、みんなだったらどうする?想像してみて。
「うちわで扇ぐ」
「水を浴びる」
「山のそばに引っ越す」
なかなか実用的。
「馬で走る」
これは強引だな。。。馬も大変。


20160728連坊小路16

他に、こんなものもありますね。
風鈴です。
音を聞いていると、涼しく感じるでしょう〜。「チリーン」日本人って器用ですね。


20160728連坊小路17

エネルギーを使わないで涼む方法を400年前の人は知っていたんですね。みんなも工夫してみましょう。
では、今日は他に放射温度計を持ってきています。これを使って屋外や部屋の中のいろいろなところの温度を測ってみましょう。


20160728連坊小路18

さっそく計測。日陰だけど、何度?


20160728連坊小路19

35℃。。。。もうほとんど体温。


20160728連坊小路20

それに比べると、トマトの葉っぱの表面は31℃と低いんですね。


20160728連坊小路21

あ。これがヒョウタンのツルです。ネジレが途中から反対向きに切り替わってますね。面白い。


20160728連坊小路22

ええ!セミの抜け殻見つけたって!!
なんだなんだ。柳沼さんが持ってきたプランターの中からかぁ。


20160728連坊小路23

さてさて。子供たちが各所で測ってきた温度を書き出していきます。
扇風機/29℃
タイル/29℃
ダンボール/27℃
電球/68℃


20160728連坊小路24

水筒の中は、29℃。ほとんどお湯だなぁ。


20160728連坊小路25

カーテンの影は。34℃。


20160728連坊小路26

暑いね〜。でも、どこかとどこかを繋げると、温度の差がわかってきます。
例えば外のトマトの土。32℃もあったのが、水をあげると24℃に下がった。
ベランダの床もコンクリートだから42℃もあったのに、日陰の床は26℃でした。
こんなに太陽の当たるところって暑いんですね。


20160728連坊小路27

例えば400年前の錦絵を見てみると。
暑い日中は涼しい場所で’ゆっくり休んで、日が陰ってから動き出すとか。
これ、マリさんはインドに行った時も一緒でした。昼は暑いから動かない。


20160728連坊小路28

あ。それ、こないだ行ってきたスペインも一緒で、午後はシェスタ(昼寝)の時間で、2時から5時まで店はやってませんでした。
そして江戸の人は、暑い日中に水を温めておいて夕方から行水したり。涼しい川べりに出かけたりして涼をとっています。


20160728連坊小路29

電気なんかないから、うちわで涼むとか。右の錦絵は、うちわにハンドルつけて、みんなで涼んでいますね。


20160728連坊小路30

みんな工夫をすれば、暑い夏を気持ち良くやり過ごすことができます。
どうでした?今日の講座楽しかった?
「楽しい!」
では、来週の打ち水を楽しみにしていてね。


20160728連坊小路31

児童さんから今日の感想です。
「今日はいろんな場所の温度がわかって楽しかったです」
「江戸の話も面白かったです」


20160728連坊小路32

来週は、伊達武将隊もやってきますよ。おたのしみに!

カテゴリー: 取材, E-Action, 環境講座, イベント, たまきさんブログ パーマリンク