荒町の子供向け環境講座の2回目は緑のカーテンの巻きです。

20150728荒町環境講座01

こんにちは。荒町毘沙門天王祭の稚児行列に参加する子供たちに環境のことを事前に学んでもらおう!という講座も本日は二回目。今日も商店街振興組合の米谷さんの挨拶から始まりました。
「みんな。前回のお話わかったかな?季節の野菜などを食べると体も冷やしてくれて環境にも良い。一石二鳥なんだよ。」


20150728荒町環境講座02

そして本日の講座の講師をしてくださるのは、シンプルアンドスローライフの会の柳沼さんです。
「みなさん。こんにちは。先週のお勉強で学んだ季節の食べ物。何があったかな?」


20150728荒町環境講座03

「は〜い。キュウリ」
「ナス」
「トマト」
「白菜」え?白菜はお鍋に入れるから、夏ではないな。。。


20150728荒町環境講座04

そして今日は、荒町小学校に植えた緑のカーテンを勉強します。
柳沼さんたちは、3年前から荒町小学校に緑のカーテンを植えています。今年の緑のカーテンは、植えてからちょうど35日が経ちました。
この35日でどんな変化があったかを、これから観察に行きます。


20150728荒町環境講座05

そして、ゴーヤの観察もあわせてみんなにして欲しいのですが、これ見てみてください。ツルがどんな感じに伸びるのか?
アサガオはくねくねと捻れてネットに沿って伸びますが、ゴーヤはツルを出します。こんな感じで捻れも途中で逆向きに変わったりします。その様子を観察してください。

20150728荒町環境講座06

そして、ゴーヤには実がなる雌花と、実のつかない雄花があります。雌花は花の中央が緑色。雄花はオレンジ色をしています。
この違いも観察してください。


20150728荒町環境講座07

そして、これが肝心。
今日はみんなに放射温度計という道具を使ってもらいます。この温度計は、触らなくてもビームの当たっているところの温度が測ることができます。
でも気をつけてね。このレーザー光線は目にあたると目が見えなくなったりします。だから人の目に当てたりしないようにね。


20150728荒町環境講座08

そして、測った数値は、このレポートの紙に書き込んでください。
木陰の温度、日向の温度、地面の温度など、いっぱい測るところがありますので、注意して記入してください。


20150728荒町環境講座09

なるほど。小学生下級生にはちょっと難しいかな???って思ったら、デジタルネイティブな今の子供達って、すぐに触れちゃうんですね〜。
では荒町小学校へ出発!


20150728荒町環境講座10

まぁ、お隣なんで、あっという間に着いちゃいます。そして、6月に植えたときは手の平におさまるぐらいだったゴーヤが、見上げるよう。ほとんどが二階に辿り着いています。


20150728荒町環境講座11

お!変なもの発見。
こちらはお化けカボチャですな。


20150728荒町環境講座12

では、葉っぱの表面を計測。なんと30度。外気温は今日は34度なので、ちょっと涼しいですね。


20150728荒町環境講座13

では、地面を。。。42度!
やっぱり熱いよ。


20150728荒町環境講座14

表と裏側を順当に測っていったら、こんな感じ。日陰の方がやっぱり涼しいですね。これぞ緑のカーテンの威力。


20150728荒町環境講座15

そこで、ちょっと思いついたことがあったので、やってみました。
「打ち水の前と後では、温度ってどんなに違うの?」
まずは、焼けたコンクリートは。。。34度とか、37度!


20150728荒町環境講座16

そこに水をかけてみましょう。
放射温度計だから、水の温度も直接測ってしまう。
18度。


20150728荒町環境講座17

打ち水後は。。。。26度。なんと10度も下がった。
打ち水はこんなに温度を下げる効果があるんですね。ただ、気温の高いときは撒いた水が一瞬のうちに蒸発して湿度を上げてしまい、不快になってしまう。。。なので、打ち水は少し日差しが弱くなった3〜4時ごろにすると、水も長く地面に留まって効果が長続きするそうです。


20150728荒町環境講座18

お。緑のカーテンには、ゴーヤが実り始めていますね。


20150728荒町環境講座19

そしてお約束の観察。なんと、ツルーが一回伸びて紐に巻いていたのだけれど、途中から逆向きに巻き始めている。面白いですね。


20150728荒町環境講座20

そしてお花。
どういうわけか雌花はもうなかったなぁ。大半が実になってしまった後なのか。。。


20150728荒町環境講座21

そんなこんなで、学校で調べてきた緑のカーテンの温度の差。
なんとカーテンの外と中では、6〜10度も温度が違いました。この差は大きい。お部屋の中が涼しく感じられるんですね。
そして他に熱いものはというと。。。。鉄棒の下の部分。60度。柳沼さんの緑の車。38度。
鉄や色の濃いものは、光を吸収して、うんと暑くなるんですね。


20150728荒町環境講座22

っと、いうことで、環境学習終了。打ち水の前に勉強しておくと、お祭りの日に柄杓で撒いている水が街を冷やしているって、よく理解できますね。
では、毘沙門天王祭の当日。よろしくね。

カテゴリー: 取材, 役立つ話, 環境, E-Action, 環境講座, たまきさんブログ パーマリンク