アフガニスタンにランドセルを贈ることにしました。の話。

20150401ランドセル01

とりあえず。学校は今日まで2014年度なんですよね。なぜなら1月1日に生まれた子は、同じ1月1日がやってきたときは、生まれてからちょうど1年。2年目に入るのは2日からって関係らしいんだけど。。。まぁいいか。


20150401ランドセル02

世の中卒業式はひととおり終わりまして、我が家でも無事に小学校卒業。
そうすると〜もう要らなくなっちゃうものがありますね。そう。それは。。。。


20150401ランドセル03

ランドセル!
思い出が詰まったランドセルも、まぁ〜そのテンションが残っているのは夏ぐらいまでかな?だいたい部屋の隅で埃をかぶっているような気が。。。
そんなランドセルだけど、世界には「中古でもいい。ランドセルが欲しい!」って地域があるんですよ。
そして世界へ向けてランドセルを送る活動しているのが、こちら公益財団法人のジョイセフ。こちら、ながく内戦で勉強どころではなかったアフガニスタンへ、使い終わったランドセルを日本中から集めて送る活動をしているんです。

思い出のランドセルギフト

ではでは、我が家でも聞いてみました。
「ね〜このランドセル。アフガニスタンに送っていいかい?」
「いいよ〜。」
現地ではランドセルを机のようにして勉強しているそうな。なんでかわかります?机もないから。
こちら紹介のムービー見ていると、涙が出てきます。



20150401ランドセル05

実際にアフガニスタンでは長いこと女性が勉強する必要はないと学校に行かせてもらえなく、家庭で暴力を振るわれても言い返す方法がなかったそうです。。。
ところが文字が読めるようになって家にあったコーランを読んだらびっくり!コーランには人に優しくしなさいとしか書かれてなかった!
「あんた、私のことを殴るけど、神様はそんなことを教えていないわよ!!」
女性がそれが話せるようになっただけでも大きな前進だそうです。———これ全部聞いた話ではありますが。



20150401ランドセル04

なので、アフガニスタンにランドセルを送るなら、ついでにダ○ソーでいっぱい文具買ってきて詰め込んで送ってあげましょう!なんと僕らの国、日本のノートや鉛筆には可愛い絵がいっぱい描いてあって、海外の人にはビックリなのだとか。
この思い出のランドセルギフトは5月中旬まで受け付けているから、送る気持ちが芽生えた人も大急ぎで用意しなくても大丈夫だよ〜。ちなみに宗教上豚革のランドセルは贈れません。
そしてうちには卒業生はいないけど文房具だけでも送りたい!って人は、実施しているのは同じグループなんだけどこちらのラジオ局へ。
インターFM フラッシュポイント

なんかAmazonで文具大量に買って送ってきた人がいるんだって〜確かに。送料って結構バカにならないもんね。
地球は繋がっている。隣の隣の人も、その先ずっと先まで同じ地球に暮らしているんだから協力し合おう!
ではでは。

カテゴリー: 日々の話, たまきさんブログ パーマリンク