せんだいE-Action 照明で節電モニターを、取材してきました。

20141224節電モニター27

こんにちは。せんだいE-Action実行委員会メンバーのアイリスオーヤマさん協力で「せんだいE-Action 照明で節電モニター」を11月に募集しまして、当選された方のお宅に節電用の照明を取り付けることになりました。
そして照明設置にあたって、まずは当選された各家庭がどれぐらい二酸化炭素の排出をしているかを把握してもらおうと、これまた実行委員会メンバーであるMELONさんのうちエコ診断を受けてもらうことになりました。まずは宮城野区のYさん宅に、うちエコ診断士の佐藤さんと訪問です。


20141224節電モニター26

Yさんは分譲マンションにお住まいとのことで、窓の断熱などお部屋の密閉性は高め。高層階なので風通しも良いということですが、リビングに西日が当たるのがちょっと困りもので、外出から帰った時などは窓を開け、空気を入れ替えたのちにエアコンを使用するなど、省エネには気を使われているそうです。


20141224節電モニター25

そうなると。。。やはりお家での節電には窓がキーワードですね。
一般的なお宅では、夏は71%の熱が入ってきて、冬は48%の熱が逃げてしまうそうです。でしたら、夏には緑のカーテンを設置して直射日光を妨げて、冬は窓のカーテンのほかに寒気が入ってこないように窓の下側に衝立を設置すると良いですね。


20141224節電モニター24
そして、一つ問題になってくるのがちょっと古くなってしまったエアコン。10年ほど前のエアコンだそうですが、やはり家電製品は年とともに節電性能が向上しているので、そろそろ替え時かもしれない。この、家電製品の交換は、少々ジレンマになるんですよね。
エアコンを交換すると、新しい機器の製造時に温室効果ガスが排出される。だけれど、交換しないと余計に電気を使い続けてしまう。ジレンマですね。
なので、機器の交換にはカタログなどをよく調べて、いったいどれぐらい電気を使っているかを詳細に調べたほうが良いそうです。
Yさん宅は一旦これにて。。。また後日に機器の取り替えね。


20141224節電モニター20

続いてお邪魔しましたのは、泉区のFさん宅。Fさんちはご夫婦共働きで、マンションにお住まいです。
そしてFさんちの一番の問題は、なんとお仕事で二人とも自動車通勤。う〜む。これは他で一生懸命省エネしていても、なかなか節約できない。
せめて自動車の燃費を考えてみよう。すると、旦那さんの自動車は1リッターあたり11キロ。奥様の自動車は14キロでした。


20141224節電モニター23

うちエコ診断士の塚崎さん。
これは困った。自動車も最近買い換えたとのことでエコカーへの乗り換えも現実的ではない。そんなときは、ふんわりアクセルを実施してみてください。
自動車の発進時に、速度が20キロになるまで5秒ほどかける加速は、燃費の上で11%も向上するのですよ。そして、週末の買い物などは近場のお店でまとめ買い。自転車の活用もいいですね。


20141224節電モニター22
ちなみに、Fさん宅にはガス床暖房というものが設置されていまして、玄関脇の給湯器から不凍液が供給されてお部屋中が暖かくなる。。。。という便利ものが、ナンとガス代もバカにならないということが判明して


20141224節電モニター21

石油ストーブに落ち着いたそうです。
これにサーキュレーターを組み合わせると、さらに天井から床まで暖かくなっていいですね。


20141224節電モニター19

そしてそして、取材はいきなり二日後になりました。
仙台市では小雪の舞う日。こんにちは〜。アイリスオーヤマさんと照明機器の交換にやってきました。


20141224節電モニター18

では。。。天井のシーリングライトを開けて、器具の交換です。
蛍光灯ってフタを開けると美しくないなぁ。。。
この細い蛍光管は、それでもそんなに古い機器ではないそうですよ。


20141224節電モニター28
はい。パッチン。
なんて簡単についてしまうのだろうなと、常々思います。シーリングライトの交換には特別にメカの知識などなくとも可能ですね。


20141224節電モニター17

Fさん宅は玄関からリビングに至る廊下にも電球が取り付けられていましたので、これも交換です。
アイリスさんの最新のLEDライトですね。


20141224節電モニター16

ネジネジ。こちらも簡単に交換ができます。
電球のLEDライト化は、機器の値段がどんどん安くなっているから、どのタイミングで交換したらいいのかがイマイチ踏み込めないなぁ〜なんて思っている方が多いということですが、実際には交換後の消費電力は圧倒的に少なくなるので、すぐに機器代は回収できるそうですよ。


20141224節電モニター14

続いてYさんお宅も交換します。
天井についているシーリングライトを取り外して


20141224節電モニター15

はい交換。この機器のすごいところは、リモコンひとつで明るさを変えたり、機種によっては色味も電球色から昼光色へと変更できることなんですよね。
それともう一つは、蛍光灯にはない光の質。瞬かない。クリアな光ですね。
ちなみにLEDは4万時間ほど使用できるので、一般家庭ではおおよそ10年ほど使用できるそうです。10年経過後には元の明るさの70%ほどの明るさになるだろうから、替え時だそうです。


20141224節電モニター13

ちなみに機器交換に来てくださったのは、アイリスオーヤマLED事業部の森さんです。
業界の予想としては、今ある照明は2020年までにLEDに置き換えられるだろうと考えられているんだって。ちなみに、電気業界大手は2017年には蛍光灯の生産もやめるそうです。蛍光灯に含まれる水銀問題もあるから、無理して使うメリットが無いんだって。


20141224節電モニター12

最後にやってきたのは、宮城野区のSさん宅。こちらは賃貸マンションにお住まいです。そして照明器具は。。。。これは古式豊かな蛍光灯のペンダントライトといいうものですね。


20141224節電モニター11

ちなみにこの小僧。。。いやいや利発そうなお坊っちゃまは、藤野電気さんの太陽光パネル製作講座にも参加していたそうですよ。写真撮って撮って〜と、たつての頼みでした。


20141224節電モニター10

では、交換してみますか。
古い機器を外して、本体を差し込んで。。。。あれ?なんか見たことあるなこれ?


20141224節電モニター08

未知との遭遇だ


20141224節電モニター09

ま、そんなことはどうでもいいや。
パ!明るい!!
それより天井高い!これが一番大きかったかな?シーリングランプにしたことで光源が大きくなり天井全体も照らすようになって、部屋全体が明るくなった気がしますね。


20141224節電モニター07

さて、Sさんは後日うちエコ診断を受けてもらいました。
今回の担当は、うちエコ診断士の佐藤さん。そして。。。


20141224節電モニター05

あれ?泉区の後藤さん。
ミイラ盗りがミイラになってってのは、これは悪いコトに使う例えだから、何と言ったらいいんだ??うちエコ診断を受けた人が、診断士になって。ただいま独り立ちのために佐藤さんについて研修中だそうです。


20141224節電モニター06

そしてSさんのうちエコ診断の結果ですが。。。なんと5位!
ウワ!なにこの数字!!たまきさん負けました。(8位)
最初にここまで数字がいい人は、よっぽど節約上手か家に居ない人だそうです。


20141224節電モニター03

なので、う〜ん。何から節約のお勧めをしていいか。。。
ガスや水道の節約には、この節水シャワーがオススメですよ。といってもシャワーは、ほとんど使わないそうです。


20141224節電モニター02
そしてお部屋の暖房。ただいま暖房には灯油ストーブを使われているそうですが、これはエアコンに分があります。エアコンは大気の熱をヒートポンプ効果で集約して部屋に送るので、効率がいいんですね。
そして最近の機種では床なども同時に温めてくれるので、設定温度も低めで済むそうです。


20141224節電モニター01

あとは、熱が一番逃げやすい窓の断熱だそうです。まぁ〜あっけないぐらいのうちエコ診断です。あとはエコカーに乗り換えるかで燃費を改善するとか、なかなかすぐには取り組めない内容ばっかり。


20141224節電モニター29

ちなみに、先日の照明機器の交換後、ご主人とかは何か言ってましたか?って聞いてみたら、とにかく天井が高くなって開放感がすごくいいと喜んでくださったとのこと。
今回取材した方の他に、あと2件のお宅がありますが、みなさんの節電の具合など引き続きレポートしますね。写真はなんとなく見慣れない人がいっぱい来てナーバスになってる弟さん。う〜ママ〜。

カテゴリー: 取材, 省エネ, E-Action, たまきさんブログ パーマリンク