ローソン東北支社に、おじゃましました。

ローソン東北支社での取材

ブログページから書き込んでいるので、ちょっとズレルかもしれませんが。
たまきさんサイトの右カラム→変わりましたよね。
株式会社ローソン様が協賛してくださいました。本日公開です。

今日のブログでは、その後のローソン東北支社での取材の様子をお伝えします。
お話を聞かせてくださったのは環境・社会貢献担当の木村さんと佐藤さん。設備を担当されている山内さんと、商品企画をされている落合さんです。

木村さん(左)と佐藤さん(右)

とにかくコンビニエンスストアの省エネルギー化の話は、驚くようなことがとても多いです。
こっちの熱をあそこの暖房に持ってきて、設備をコンパクトにすることで、使用するエネルギーを少なくしましょうといった工夫が随所にあります。
そして1万店舗もあるので、ちょっとの節約も大きな省エネルギーになるなど。暮らしに密接な関係にあるのに知らなかったコンビニのお話しが満載です。
来週には取材内容もまとまって、ページが公開になる予定です。

山内さん(左)と落合さん(右)

色々とお話しが聞けましたが、なかでも震災からの復旧の逸話は、とても心に突き刺さるものがありました。
山内さんは八戸から南相馬まで、ありとあらゆる店舗の応援に駆けつけたそうです。

このお話しは、省エネとはちょっと関係がないので本体には掲載されませんが、こぼれ話として。
街が流されてしまった三陸沿岸の街でのローソン店舗の復旧はとても早かったそうで、店舗までの電気も東北電力に掛け合って何もないところに電柱を立て、電線を引いてもらったそうです。その後、最初にコンビニエンスストアまで引いた電柱が、復旧のための足がかりとして使われ、徐々に街の灯が復活したということです。
復旧に直接立ち会った山内さんの言葉は、ズンと染み込みました。

そして、この資料は何でしょう?
この大きな資料は、大きな組織が省エネに取り組むための大切な情報が掲載されています。その話は次週更新のたまきさんサイトにて。

カテゴリー: 取材, 日々の話, たまきさんブログ パーマリンク