日別アーカイブ: 2021年11月18日

3E小ネタ帳 Vol.5 暖のヒント その壱 ~ 衣類や布の巻 ~

お財布にやさしく快適につながる3E(省エネ・創エネ・蓄エネ)のヒントをお届けします。
今回は「衣類や布による暖」。
暖房の設定温度を上げる前に、ちょっと一工夫してみませんか。

寒さが本格化するこれからの季節、灯油や電気の値上がりニュースが気になりますね。
暖房に頼りすぎず手軽に暖かくなりたい、そんな時は、太い血管が有る首・手首・足首の「三つの首」を温めると効果的と言われています。外出時にはマフラーや手袋が活躍しますよね。
家の中でも、ネックウォーマーやルームシューズなどをちょっとプラスしてはどうでしょう。

「裸足」と「保温靴下着用」で暫く過ごしてから比べてみると、かなりの差が。
オシャレでリラックスできるような商品も販売されているので、色々選んでみるのも楽しいですね。

※条件により数値は変わります。

また、衣類の重ね着も効果的です。
キーワードは「動かない空気の層」と「使い分け」。
空気の層は熱を伝えにくいので、身体の熱などで温められた空気の層が身体の表面から動かない(逃がさない)ようにすると、外側の寒さを感じにくくなります。ひざ掛けで暖かく感じるのは、布との間に挟まれた暖かい空気が動きづらくなるから。
繊維が細くて隙間が小さいほど、空気が動きづらくなり、暖かく感じるようです。 

空気の層のチカラを引き出すには、「使い分け」も重要。

<インナー(肌着など)>
身体にフィットしたものの方が、身体表面の空気の層が安定します。

<シャツやセーターなど>
セーターなどフワフワな繊維で暖かい空気をたくさん身につけましょう。

<ジャケットやコートなど>
空気が動く=フワフワ繊維の隙間から暖かい空気が逃げてしまうと、代わりに冷たい空気が入ってきて寒く感じます。外出時などは特に、目の詰まった空気を通さないものを上にはおって、暖かい空気の層を逃がさないようにすると良いでしょう。

暖房使用時も、衣類や布を併用すると効果的です。ぜひお試しあれ。

☆☆☆☆☆ 出来ることから、あなたも一緒にE-Action! ☆☆☆☆☆

【こちらもどうぞ】
せんだいE-Action動画「家庭でできる省エネ実践術 冬編」

「3E小ネタ帳」Vol.へつづく。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
 一人ひとりがエネルギーの使い方を考え、
 出来ることから行動(アクション)!
  せんだいE-Action実行委員会
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 省エネ, E-Action, たまきさんブログ | 3E小ネタ帳 Vol.5 暖のヒント その壱 ~ 衣類や布の巻 ~ はコメントを受け付けていません