月別アーカイブ: 2021年11月

ヤマネコ店長のGreenな日常  シャコバサボテン<1>

たまきさんサロンスタッフです。
今年も、サロンの「シャコバサボテン」が咲き始めました。
もともとは南米ブラジル産の多肉植物ですが、毎年寒くなる11月頃になると咲き始めます。
シャコのような葉の形状からこんな和名がついていますが、これは葉の機能を持った茎節(けいせつ)と呼ばれるものです。茎節を土に直接差して、増やすことも出来ます。

先端に小さな蕾をつけます

だんだん大きくふくらんでいきます!

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 環境, たまきさんブログ | ヤマネコ店長のGreenな日常  シャコバサボテン<1> はコメントを受け付けていません

3E小ネタ帳 Vol.5 暖のヒント その壱 ~ 衣類や布の巻 ~

お財布にやさしく快適につながる3E(省エネ・創エネ・蓄エネ)のヒントをお届けします。
今回は「衣類や布による暖」。
暖房の設定温度を上げる前に、ちょっと一工夫してみませんか。

寒さが本格化するこれからの季節、灯油や電気の値上がりニュースが気になりますね。
暖房に頼りすぎず手軽に暖かくなりたい、そんな時は、太い血管が有る首・手首・足首の「三つの首」を温めると効果的と言われています。外出時にはマフラーや手袋が活躍しますよね。
家の中でも、ネックウォーマーやルームシューズなどをちょっとプラスしてはどうでしょう。

「裸足」と「保温靴下着用」で暫く過ごしてから比べてみると、かなりの差が。
オシャレでリラックスできるような商品も販売されているので、色々選んでみるのも楽しいですね。

※条件により数値は変わります。

また、衣類の重ね着も効果的です。
キーワードは「動かない空気の層」と「使い分け」。
空気の層は熱を伝えにくいので、身体の熱などで温められた空気の層が身体の表面から動かない(逃がさない)ようにすると、外側の寒さを感じにくくなります。ひざ掛けで暖かく感じるのは、布との間に挟まれた暖かい空気が動きづらくなるから。
繊維が細くて隙間が小さいほど、空気が動きづらくなり、暖かく感じるようです。 

空気の層のチカラを引き出すには、「使い分け」も重要。

<インナー(肌着など)>
身体にフィットしたものの方が、身体表面の空気の層が安定します。

<シャツやセーターなど>
セーターなどフワフワな繊維で暖かい空気をたくさん身につけましょう。

<ジャケットやコートなど>
空気が動く=フワフワ繊維の隙間から暖かい空気が逃げてしまうと、代わりに冷たい空気が入ってきて寒く感じます。外出時などは特に、目の詰まった空気を通さないものを上にはおって、暖かい空気の層を逃がさないようにすると良いでしょう。

暖房使用時も、衣類や布を併用すると効果的です。ぜひお試しあれ。

☆☆☆☆☆ 出来ることから、あなたも一緒にE-Action! ☆☆☆☆☆

【こちらもどうぞ】
せんだいE-Action動画「家庭でできる省エネ実践術 冬編」

「3E小ネタ帳」Vol.へつづく。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
 一人ひとりがエネルギーの使い方を考え、
 出来ることから行動(アクション)!
  せんだいE-Action実行委員会
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 省エネ, E-Action, たまきさんブログ | 3E小ネタ帳 Vol.5 暖のヒント その壱 ~ 衣類や布の巻 ~ はコメントを受け付けていません

新着図書のご案内です。

たまきさんサロンスタッフです。
サロン前の樹々が色付きとてもきれいです。

工事が終わって歩きやすくなり、小春日和の今日は風が通りとても心地良いです。
「ウリハダカエデ」が種をつけていました。
おととしのサロン講座「初めて森歩きをする前に!森の親しみ方を知ろう!」で教えてもらいました。
もう少しで、プロペラのようにくるくると回転しながら風に乗って、より遠くへと飛んでいきそうです。

拾ってきた「ヘクソカズラ」で「緑のカーテン」リースに飾り付けました。
たまきさんサロンでご覧ください。

それでは、新着図書のご案内です。

・「スロウダウン 立ち止まってゆっくり感じる50の自然のものがたり」(化学同人 レイチェル・ウィリアムズ/フレイヤ・ハータス)
・「ブルーノ」(福音館書店 Fukase)
・「つきのばんにん」(小学館 ゾシエンカ/あべ弘士)
・「ホッキョクグマなんきょくにいく(えほんのもり)」(文研出版 まつみやけいじ)
・「DOG SIGNAL 6 (BRIDGE COMICS)」(KADOKAWAみやうち沙矢)
・「銀の匙 Silver Spoon(3)」(小学館 荒川弘)
・「銀の匙 Silver Spoon(4)」(小学館 荒川弘)
・「NHK「香川照之の昆虫すごいぜ!」図鑑 Volume3」(NHK出版 カマキリ先生/NHK「昆虫すごいぜ!」制作班)
・「ドラえもん探求ワールド地理が学べる世界の家づくり」(小学館 藤子・F・不二雄)
・「こどもサピエンス史 生命の始まりからAIまで」(NHK出版 ベングト=エリック・エングホルム/ヨンナ・ビョルンシェーナ/久山葉子)
・「アーバン・ベア となりのヒグマと向き合う」(東京大学出版会 佐藤喜和)
・「池の水」抜くのは誰のため? 暴走する生き物愛」(新潮社 小坪遊)
・「生命海流 GALAPAGOS(単行本)」(朝日出版社 福岡伸一)
・「海獣学者、クジラを解剖する。海の哺乳類の死体が教えてくれること」(山と渓谷社 田島木綿子)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○館内での飲食はお控えください。水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
○換気のため出入口ドアと窓を開放しております。
○施設内ではたまきさんサロン以外のエリアへの立ち入りはご遠慮ください。
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 新着図書, 環境, たまきさんブログ | 新着図書のご案内です。 はコメントを受け付けていません

(一社)仙台建設業協会様より、環境学習図書を寄贈いただきました!

たまきさんサロンスタッフです。
(一社)仙台建設業協会様より、たまきさんサロンに環境学習図書を寄贈いただきました。平成30年度から4回目のご寄贈となります。
今年度は、子どもたちに人気の高い「サバイバルシリーズ」と建設・建築の本や幼児向けの「はたらくくるま」の絵本など、合わせて74冊を寄贈いただきました。
11月11日より貸出しを開始しますので、みなさま、是非ご覧ください。

一部ご紹介します。
・【絵本】「いたずらのすきなけんちくか」(小学館 安藤忠雄/はたこうしろう)
・【絵本】「すすめ!きゅうじょたい」(金の星社 竹下文子/鈴木まもる)
・【絵本】「すすめ!ゆきのきゅうじょたい」(金の星社 竹下文子/鈴木まもる)
・【絵本】「すすめ!うみのきゅうじょたい」(金の星社 竹下文子/鈴木まもる)
・「子どもに教えたい 大人にも知ってほしい 世界を変えた建物」(エクスナレッジ 鈴木咲子 (監修))
・「建築家になりたい君へ (14歳の世渡り術)  」(河出書房新社 隈研吾)
・「眠れなくなるほど面白い 図解 建築の話」(日本文芸社 スタジオワーク)
・「トコトンやさしい建設機械の本 (今日からモノ知りシリーズ)」(日刊工業新聞 宮入賢一郎)
・「トコトンやさしい土木技術の本 (今日からモノ知りシリーズ)」(日刊工業新聞 溝渕利明)
・「トコトンやさしい建築材料の本  (今日からモノ知りシリーズ)」(日刊工業新聞 大垣賀津雄)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○館内での飲食はお控えください。水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
○換気のため出入口ドアと窓を開放しております。
○施設内ではたまきさんサロン以外のエリアへの立ち入りはご遠慮ください。
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 新着図書, 環境, たまきさんブログ | (一社)仙台建設業協会様より、環境学習図書を寄贈いただきました! はコメントを受け付けていません

手漉き和紙って?親子で葉っぱ柄ポストカードを作ろう♪

12月12日(日)10時00分~12時30分
手漉き和紙って?親子で葉っぱ柄ポストカードを作ろう♪
色をつけていない「紙」の色って何色だと思いますか?
手漉き和紙の技術はユネスコの無形文化遺産に登録されています。手漉き和紙と育くんできた伝統の技を知り、職人 塚原さんが育てた材料で紙漉きをして天然素材の他にはない葉っぱを漉き込んだポストカードを作りましょう♪





■開催日時
12月12日(日)10時00分~12時30分

■講座タイトル
手漉き和紙って?親子で葉っぱ柄ポストカードを作ろう♪

■講師
手すき和紙工房 潮紙 代表 塚原 英男 氏

■講座概要
色をつけていない「紙」の色って何色だと思いますか?
手漉き和紙の技術はユネスコの無形文化遺産に登録されています。手漉き和紙と育くんできた伝統の技を知り、職人 塚原さんが育てた材料で紙漉きをして天然素材の他にはない葉っぱを漉き込んだポストカードを作りましょう♪

■募集人数/対象
1~4年の小学生と保護者のペア 8組16名 ※抽選(当選者にのみご連絡)

■参加費用
1,000円(税込)/手漉きハガキ2枚

■持ち物
手拭き用タオル
※感染症予防のため常時窓を開放し換気を行っております。水作業を行いますので防寒対策と濡れてもよい服装でご参加ください。

■申込締切
12月1日(水)

■会場
せんだい環境学習館たまきさんサロン
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 東北大学大学院環境科学研究科本館1階)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXで必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者全員の氏名・フリガナ・年齢、住所、電話番号

※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。
※感染症の拡大状況によっては中止となる場合もございます。 
ご理解とご協力をお願いいたします。

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | 手漉き和紙って?親子で葉っぱ柄ポストカードを作ろう♪ はコメントを受け付けていません

津波から いのちを守る ~人の力と自然の力~ 動画を掲載しました!

11月5日は「世界津波の日」「津波防災の日」です。

津波からいのちを守る「多重防御」について、伊達武将隊や東北大学災害科学国際研究所の先生方がご紹介します。
「多重防御」には海岸堤防やかさ上げ道路だけでなく、海岸防災林の自然の力も生かされています。

せんだいE-Actionでは手軽に家庭のエコ診断ができるウェブ版ツール「伊達な省エネ指南」を運用しています。こちらも是非ご活用くだい。

■問い合わせ
事務局  仙台市環境共生課
電話 022-214-0007

カテゴリー: E-Action, たまきさんブログ | 津波から いのちを守る ~人の力と自然の力~ 動画を掲載しました! はコメントを受け付けていません

生物多様性保全推進事業~感じる、つながる、杜の都の生き物語~11/27(土)「サケの観察会」開催のお知らせ

サケの生態や河川についての講義を聞いた後、川でサケを観察します。
運が良ければサケの産卵も見られるかも?

「サケの観察会」
○日 時:11月27日(土午前9時30分~11時30分
○講 師:棟方 有宗 氏(宮城教育大学准教授)
○対 象:30名〔抽選〕※抽選後、当選者のみにご連絡いたします。
○集合・解散:宮城県武道館(太白区根岸町15-1)
○参加費:無料
○申込方法:電話またはEメールで、11月17日(水)までにお申し込みください
※必要事項①参加者全員の氏名・ふりがな ②ご年齢(お子様のみ)③電話番号
○お問い合わせ先 仙台市環境共生課 
電話 022-214-0013、
Eメール kan007130@city.sendai.jp

カテゴリー: 生きものこぼればなし | 生物多様性保全推進事業~感じる、つながる、杜の都の生き物語~11/27(土)「サケの観察会」開催のお知らせ はコメントを受け付けていません

秋の星を探してみよう!【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。
10月23日(土)に「秋の星を探してみよう!」と題してサロン講座を開催しました。
講師には天文ボランティア「うちゅうせん」で代表をされている永井 秀男さんをお迎えし、同じく「うちゅうせん」の乗組員 近藤 百合さんにもお手伝いいただきながら、星についてのお話、光害(ひかりがい)のことなど、たくさんのことを教えていただきました!

今回、講座当日の夕方頃までは降っては晴れ、降っては晴れるというような天気に、ハラハラドキドキ振り回されたものの、天体望遠鏡を使った星空観察も予定通りに行うことが出来ました!
講師の永井さんも久しぶりだとおっしゃるほど、なかなか晴れてくれることは少ないようです。しかし、昼間の天気の様子からいつまた雲に隠れてしまうかもわからないため、お話を聞いてから星空観察をする予定を急遽変更し、参加者の皆さんにも先に見ていただくことになりました。

実際に天体望遠鏡を覗いて、土星の環や木星、その周りをまわっている衛星などを観察することが出来た子どもたちからは「見えた!」と喜びの声が上がっていました。大人も子供もワクワクしながら、楽しみながらしばし観察。スタッフも参加者に混ざって少し見させてもらいましたが、実際に見えるとやはり嬉しいものですね!

夜空に見える「木星」・「土星」・「金星」
後日、永井さんが撮られたものをいただきました!

星空観察の後は屋内に戻り、改めて今回の講座のはじまりです。
まず始めは、地球についてのお話から。
地球の周り、地上400㎞では人工衛星などが絶えずぐるぐると回っています。
永井さんから30㎝に縮尺された地球儀において、地上400kmの高さはどのくらいかを聞かれた子どもたち。その答えは4㎝や5㎝といった答えが多かったですが、正解は地球儀の表面からはわずか約8㎜。本当にすぐ近くのところを回っていることになります。

人工衛星は90分ほどで地球を一周しています。朝方か夕方にしか見ることはできないそうですが、インターネットで検索してみると大体の日時を知ることができるそうです。

それに対して地球の周りをまわっている月は、どのくらい距離が離れたところを回っているのか、柄杓を月に見立てて予想してもらいましたが、正解はその距離なんと9m。
実際の大きさと距離を考えてみたところで、想像するのは難しいですが、地球儀上の縮尺でも会場内スクリーンを前方に、一番後ろの壁際まで届いてしまうような距離でした。

27.3日かけて地球を1周している月ですが、地球自体も太陽の周りをまわっているので、満月から、次の満月になるまでには29.5日かかっています。この満月から満月を暦としていたものが旧暦(太陰暦)だそうです。

ここからは、秋にみられる星についてのお話です。
秋には特別目立つ星というものはないそうですが、夏の星も冬の星も見ることができる季節です。秋の四辺形と呼ばれているぺガスス座やアンドロメダ座などの他、1年中見ることのできるカシオペア座も、秋の空ではより高く上がるため、他の季節に比べると見つけやすくなるそうです。

参加者の皆さんにも見てもらうことが出来た土星と木星ですが、木星は410年ほど前にガリレオによって発見されたガリレオ衛星と呼ばれる4つの衛星を持っている、地球の11倍ほどの大きさの惑星です。土星は地球の9倍ほどで木星よりは小さな惑星ですが、大きく目立つ環が特徴的です。この土星の環について2017年、無人探査機の最後のミッション(グランドフィナーレ)で土星と環の間を周回した時、環から雨が降っている事が判り、氷と岩石の集まりと思われていた環が、実は氷だけらしい事と、氷が解ける事で1億年後には溶けて環が無くなってしまうらしい?事が予想されるそうです。 

ちなみに、今年2021年の11月19日、天気が良ければ仙台でも部分月食が見られます!太陽光を浴びている地球の影に、月が100%すっぽり隠れることを皆既月食と言うそうですが、11月の部分月食では、隠れる部分があとわずか2%程足りず、ギリギリ皆既月食にならない珍しい月食となるそうです。
仙台では16時18分頃部分月食の始まりとともに月の出となり、その後18時3分頃には食の最大を迎えます。19時47分頃には部分月食の終了となりますが、その時間、可能であれば空を眺めてみてはいかがでしょうか?
2022年の11月8日にも月食を見られるチャンスはあるそうですが、ぜひ見てみたいものですね!

「くさりにつながれたお姫さま」という星座物語のお話もありました。

このお話は、海で起きている異変をなおすため、おばけクジラという怪物の生贄になろうとするお姫さまのお話です。お話の中には、姫であるアンドロメダや母のカシオペア、父のケセウス、生贄となった姫のもとへやってきて、最後にはおばけクジラを倒し、鎖を外してくれるペルセウスなど、いくつもの星座の名前が出てきます。子どもたちも出てくる星座の数を数えながら真剣に耳を傾けていました。

最後は、光害(ひかりがい)についてのお話です。
光害とは、過剰または不要な光によって起きている環境への悪影響の1つです。
都市部に限らず夜空が明るくなることで、星が見えづらくなったり、蛍など動植物の生態系を混乱させたりする場合もあり、過剰な光はエネルギーの無駄遣いにも繋がります。
様々な影響がありますが、高度な工業化社会があり、より多くの人々が密集して住む大都市が多い、アメリカやヨーロッパ、日本などで特に深刻だと言われています。

400km上空から撮影された世界地図や日本の姿を見てみても、やはり大都市と呼ばれるような場所では、他の場所と比べるとより一層明るく感じられ、いかに宇宙まで光が届いているのかが見て取れます。
今から10年前、2011年の震災の前後で取られた衛星写真を見てみても、仙台・宮城をはじめとした東北地方、その他の地域でも普段との明るさの違いがよくわかりました。

工業化が進むことは、経済的にも街の発展や日々の生活向上にも繋がり、とってもいいことです。しかし、そのことによって今までたくさんの星を見ることが出来ていた場所でも、見える星の数が減り、蛍などの生き物にとっては求愛行動すらも難しくなってしまうこともある。

照明は地上を照らすものであり、夜空を照らすものではない。星空を失わないためにも、照明の正しい使い方や光害(ひかりがい)という言葉を知るきっかけとなれたら嬉しいです。スタッフもムダな明かりをいかに少なくできるか、出来ることから少しずつ始めようと思います。

参加してくださった皆さん、講師を務めてくださった永井さん、お手伝いいただいた近藤さんありがとうございました。
以下紹介しきれなかった写真です。※クリックすると拡大されます。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 過去の講座, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | 秋の星を探してみよう!【サロン講座】 はコメントを受け付けていません

プラスチックとのつきあいかた~マイクロプラで親子で万華鏡づくり~

12月4日(土)13時30分~15時00分
プラスチックとのつきあいかた~マイクロプラで親子で万華鏡づくり~
毎日使っているプラスチック。とても便利で使いやすいからこそ、みんなが使うもの。半面、困ったものになってしまうこともあります。
「プラスチックとのつきあいかた」を考えてみましょう。
そして、海辺のマイクロプラスチックを使って万華鏡を作ります。





■開催日時
12月4日(土)13時30分~15時00分

■講座タイトル
プラスチックとのつきあいかた~マイクロプラで親子で万華鏡づくり~

■講師
東北大学大学院環境科学研究科 先進社会環境学 松八重 一代 教授
NPO法人SesLab 代表理事 三橋正枝 氏 

■講座概要
毎日使っているプラスチック。とても便利で使いやすいからこそ、みんなが使うもの。半面、困ったものになってしまうこともあります。
「プラスチックとのつきあいかた」を考えてみましょう。
そして、海辺のマイクロプラスチックを使って万華鏡を作ります。

■募集人数/対象
4~6年の小学生と保護者のペア 8組16名 ※抽選(当選者にのみご連絡)

■申込締切
11月24日(水)

■会場
せんだい環境学習館たまきさんサロン
(仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 東北大学大学院環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXで必要事項を記入してお申し込みください。
必要事項:講座名、参加者全員の氏名・フリガナ・年齢、住所、電話番号

※メールでお申し込みの方はtamaki3salon@city.sendai.jpからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。

※講座当日はマスクの着用をお願いします。また、発熱や風邪のような症状のある方の参加は ご遠慮ください。
※感染症の拡大状況によっては中止となる場合もございます。 
ご理解とご協力をお願いいたします。

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | プラスチックとのつきあいかた~マイクロプラで親子で万華鏡づくり~ はコメントを受け付けていません

生物多様性保全推進事業~感じる、つながる、杜の都の生き物語~11/20(土)「―自然から学ぶ―泉ヶ岳の森に佇む建築オフィス訪問」開催のお知らせ

オリジナル家具製作から空間設計施工において、全国区の仕事をこなすOGATAInc.代表兼デザイナーの尾形欣一氏は、16年前に本社屋を森の中に構え、近年、自邸も社屋近くに構えました。都会の環境から野趣豊かな場に身を置いたことで受けた刺激や思いなど、人間と自然の関わり方を尾形氏の講話から共に考えます。

「―自然から学ぶ―泉ヶ岳の森に佇む建築オフィス訪問」
○日時:11月20日(土)午前9時~12時30分
○講師:OGATAInc.・(株)尾形欣一デザインオフィスデザイナー兼代表取締役 尾形 欣一 氏
○対象:高校生~30歳代10人〔抽選〕※抽選後、当選者のみにご連絡いたします。
○集合・解散:根白石市民センター(仙台市泉区根白石字杉下前24)
○申込方法:みやぎ電子申請サービス
https://www.shinsei.elg-front.jp/miyagi2/uketsuke/form.do?id=1634779395896から11月11日(木)までにお申し込みください。
○お問い合わせ先 仙台市環境共生課 電話 214-0013、Eメールkan007130@city.sendai.jp

カテゴリー: 生きものこぼればなし | 生物多様性保全推進事業~感じる、つながる、杜の都の生き物語~11/20(土)「―自然から学ぶ―泉ヶ岳の森に佇む建築オフィス訪問」開催のお知らせ はコメントを受け付けていません