月別アーカイブ: 2021年6月

生物多様性保全推進事業 ~感じる、つながる、杜の都の生き物語~『カジカガエル観察会』

生物多様性保全推進事業 ~感じる、つながる、杜の都の生き物語~『カジカガエル観察会』開催レポート

令和3年6月19日(土)17:00~、カジカガエルの観察会を実施しました。

カジカガエルの観察会は、今年度が初めての開催です。地下鉄国際センター駅に集合し、観察場所の竜の口沢(青葉区荒巻字青葉)へ向かいます。

今日は、あいにくの雨でしたが、カジカガエルにとっては好条件で、鳴き声を聞ける可能性が高くなるそうです。
講師には、宮城教育大学の棟方有宗准教授をお迎えしました。

竜の口沢へ向かう前に、広瀬川の本流を見に、大橋へ向かいました。
広瀬川は全長45㎞の一級河川で、名取川へ流れ込む最大の支流です。広瀬川には、ヤマメやコイなどをはじめ、合計でおよそ70種類もの魚が生息しているそうです。大橋から、カジカガエルの鳴き声を聞けることもあります。

竜の口沢まで、20分くらい歩きます。

竜の口沢に到着しました。
竜の口沢は、歴史的には仙台城の外堀の機能も果たしていました。先生が人から聞いた話では、小判や皿、砲弾も見つかったことがあるそうです。

竜の口沢には沢から広瀬川に土砂が流れ込まないようにするための堰堤(えんてい)が設置されています。
防災という点では有用ですが、生態系の面では、魚の遡上を妨げてしまうため、良いものではありません。竜の口沢に生息する魚は、アブラハヤ、ドジョウ、ホトケドジョウの3種類だけです。これも、堰堤が影響しているのかもしれません。
講師の棟方先生は、堰堤に魚道を設置し、魚が遡上できるようにする取り組みを行っているそうです。
「話をしている間にカジカガエルが鳴くと思ったんですが…」と棟方先生。カジカガエルも人がいるのを警戒して鳴かないのかもしれません。
40mほど進んで、こちらで生きものを観察しましょう。

今日は、宮城教育大学の学生さんにもお手伝いに来てもらいました。
生きものを捕まえに、川に向かいます。

最初に見つけたのは、ホトケドジョウです。ホトケドジョウはとても珍しく、関東地方では基幹道路の工事中に見つかり、工事が一時中断したこともあったそうです。

つづいて、オタマジャクシ。
竜の口沢では、1㎡四方に、数十匹ものオタマジャクシが観察できるそうです。

今度は、本日の主役、カジカガエル。見事な網さばきで捕まえてくれました。

カジカガエルは、清流にしか暮らしていないと言われています。仙台のような大きな都市の市街地近くでカジカガエルを見られるのは珍しく、とても貴重な資源と言えます。

最後は、アブラハヤ。アブラハヤは、竜の口沢に1番多くいる魚で、仙台では「にがっぺ」とも呼ばれているそうです。

雨が上がって来たので、川に入って生きものを観察してみました。(※特別な許可を得て川に入っています。)
川には、びっくりするくらい多くのオタマジャクシがいました。

今回の観察会では、残念ながらカジカガエルの鳴き声を聞くことができなかったので、皆さんにはスピーカーで鳴き声を聞いてもらいました。

「ふぃふぃふぃ…」という鳴き声に、「鳥みたい」とみなさん驚いていました。

美しい鳴き声は、「広瀬川のカジカガエルと野鳥」として、環境省の「残したい音風景100選」にも選ばれています。

Webサイトたまきさんでは、カジカガエルの動画や鳴き声の音声を聞くこともできるので、ぜひご覧ください。
URL:https://www.tamaki3.jp/wildlife/index.html

最後に、アンケートから、少しだけ皆さんの感想を紹介したいと思います。
・とても楽しかった。ホトケドジョウを間近に見ることができて良かった。
・あんなにいろんな生きものが見られると思っていなかったので楽しかった。
・地下鉄駅から少し歩いただけでこんなに自然豊かな場所がある都市に住んでいることが誇らしくなった。

今回は、12組、23名の皆さんにご参加いただきました。ありがとうございました。また、講師の棟方先生、お手伝いいただいた学生さん、ありがとうございました。

今年度の生物多様性保全推進事業では、音をテーマにした自然観察のイベント(海辺の音ハンティング!・7月31日、ワークショップ 耳の記憶/音の記録・8月8日)、田んぼの生きもの観察会(8月7日)など、様々なイベントを実施予定ですので、ぜひご参加ください。


カテゴリー: 生きものこぼればなし | 生物多様性保全推進事業 ~感じる、つながる、杜の都の生き物語~『カジカガエル観察会』 はコメントを受け付けていません

第6回 わぉ!な生きものフォトコンテスト写真展 開催中

7月16日(金)まで「第6回 わぉ!な生きものフォトコンテスト写真展」を開催しています。

自然の中でみつけた、わぉ!の感動が伝わってくる作品ばかりです。 ぜひ、たまきさんサロンで自然のおもしろさや大切さを体感してください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 環境, イベント, たまきさんブログ | 第6回 わぉ!な生きものフォトコンテスト写真展 開催中 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その7

定植が終わったら、あまり間をおかずにツルを上方向に誘引するためのネットを張ります。

たまきさんサロンの場合は、二階まで届く巨大な緑のカーテンを作るので、麻縄を使って約10mの高さまで誘引します。
この作業をしないと、ツル植物は「地這い」になってしまいます。市販されている支柱とネットを使って、ご家庭でも簡単に作れます。

麻縄の長さが決まったら、必要な本数をひたすらカットしていきます。

たまきさんサロンでは、2階の天井に麻縄を取り付けます。

上から垂らした麻縄を、下でプランターに結び付けます。
ツルをより絡みやすくするため、ネット、麻縄ともにピンと張っておくことがポイントです。


先端のツルを麻縄やネットに軽く絡ませてあげます。

ゴーヤは、たくさん出したツルの先端を麻縄にバネのように絡ませて、風などからのショックを吸収します。
朝顔は、茎自体をらせん状に麻縄に絡ませて伸びていきます。
この時、左まわり(反時計まわり)にらせんを描きますので、最初に左巻きに絡ませて誘引してあげましょう。

全体はこんな感じになり、朝顔は2Fの天井にまで達します。

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その8へつづく・・・。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その7 はコメントを受け付けていません

新着図書のご案内です。

たまきさんサロンスタッフです。
青葉山新キャンパス内散策中に細いタケノコ発見!
触ってみると竹とは違う感触・・・。柔らかい!
皮がむけると固い竹になるのだそうです。

竹の皮におにぎりを包んでいたことを思い出します。

竹の皮には「通気性」があって、「抗菌作用」があるそうです。
また、包んだ食材の余分な水分を放出し、同時に乾燥しすぎないように、調湿までしてくれるそうです。
そのまま、電子レンジで温めなおすことも可能なんだそう。
竹皮は使った後、きれいに洗って十分に乾燥させれば、また繰り返し使うことができるそうです。
すばらしい!

それでは、新着図書のご案内です。

・「サステナブル・ビーチ」(さえら書房 小手鞠るい/カシワイ)
・「しぜんのおくりもの」(岩波書店 イザベル・シムレール/石津ちひろ)
・「クマとたぬき2」(KADOKAWA 帆)
・「うごきません。」(パイインターナショナル 大塚健太/柴田ケイコ)
・「世界の猫の民話」(筑摩書房 日本民話の会/外国民話研究会)
・「電柱鳥類学 スズメはどこに止まってる?」(岩波書店 三上修)
・「野山の素材でかごを編む はじめてでも素敵にできる つる・樹皮・竹皮・わらでつくる」(講談社 谷川栄子)
・「うちの香草 育てる 食べる 薬味とハーブ18種」(KADOKAWA 大田垣晴子)
・「山羊さん除草隊「環農資源」とは」(まつお出版 渡辺祥二)
・「ドラえもん探求ワールド すごい!発明のひみつ」(小学館 藤子・F・不二雄)
・「超高層ビルのサバイバル 2」(朝日新聞出版 ポップコーン・ストーリー/韓賢東/HANA Press Inc)
・「防災のサバイバル」(朝日新聞出版 国崎信江)
・「マンガでわかる災害の日本史」(池田書店 磯田道史/河田惠昭/備前やすのり)
・「鬼踊れ!!3」(芳文社 篠原ウミハル)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。
○館内での飲食はお控えください。水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
〇換気のため出入口ドアと窓を開放しております。
○サロンスペースの机・椅子は当面の間利用休止とさせていただきます。
〇施設内ではたまきさんサロン以外のエリアへの立ち入りはご遠慮ください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 新着図書, 環境, たまきさんブログ | 新着図書のご案内です。 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_番外篇1

種から発芽するまでは、土の中の様子がよくわからないので、ガラス容器を使って水栽培し、生長の様子を観察してみました。葉が開くまでは、種の中の養分だけで育っていきます。

  1. 種が水を吸って膨らみます。(平均発芽率は、ゴーヤは70%位、朝顔は45%程度です)

2. 皮殻の割れ目から、まず根の先が下に向かって伸び出します。

3. 主根から、たくさんのひげ根が出始めます。

4. 皮殻が割れ、子葉が現れます。朝顔が土の中から顔を出すのは、この頃です。

5. ゴーヤも朝顔も、最初は殻を付けたまま土を押し上げるように伸びていきます。

6. 朝顔から十日ほど遅れて、ゴーヤも土の中から顔を出します。

7. 子葉が開くにつれて殻が落ち、双葉となります。

8. やがて本葉が出てきます。(ここまで約3週間かかります)


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_番外篇1 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その6

種を植えてから約5週間、32日目を迎えました。十分に苗が育ちましたので、いよいよプランターへの苗の植え付け(定植)です。
今日は気温24℃、湿度64%のくもり空で、こんなお天気の日が苗にも作業する者にとっても適した日和です。昨年に引き続き、今年は奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」の伊達成実さまと仙台城留守居役の茂庭綱元さまに、定植作業をお手伝いいただきました。

準備するものは、苗、土、肥料、スコップ、麻縄、ハサミ、そして事前に麻縄を巻いておいたプランターです。

プランターに、肥料と土を入れます。

水をかけて湿らせたら、苗を植える部分を少し掘っておくと楽です。

苗ポットから優しく取り出して、

掘っておいた穴へ植えこみます。

植えていたら太陽が出てきて、暑くなってきました。

夕方までにすべての定植作業を終えることが出来ました。
最後に水をたっぷりあげましょう。立派な緑のカーテンに育ちますように!

伊達成実さま、茂庭綱元さま、ありがとうございました!!

定植の詳しい様子は、後日動画で公開予定です。お楽しみに!!

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その7へつづく・・・。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その6 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その5

種を植えてから30日が経過しました。
本葉が出ると、次にツルを伸ばし始めます。
朝顔が地這いし始めたので、互いに絡まないように竹串を使って誘引してあげました。
本葉が出揃えば、あとはいよいよ「定植」を待つばかりです。

before
after
ゴーヤは本葉が出揃いました!
ゴーヤのツルも伸びてきています

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その6へつづく・・・。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その5 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その4

朝顔は、双葉(形がハサミ型)が出揃いました。
次に本葉(形がスペード型)が出てきます。

朝顔の双葉

ゴーヤも連日発芽するようになってきました!
朝顔から10日ほど遅れての発芽です。

子葉の先に本葉が出てきています

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その5へつづく・・・。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その4 はコメントを受け付けていません

生物多様性保全推進事業 ~感じる、つながる、杜の都の生き物語~『生きもの観察会 ~カッコウ~』

生物多様性保全推進事業 ~感じる、つながる、杜の都の生き物語~『生きもの観察会 ~カッコウ~』開催レポート

令和3年5月22日(土曜日)、朝から梅雨入り前の雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、生物多様性保全推進事業「生きもの観察会 ~カッコウ~」を、仙台市若林区荒井にある「せんだい農業園芸センター」で開催しました。

センター内のヨシ原には、カッコウをはじめとする多くの生きものが生息しています。ヨシ原での生きものの観察を通して、生物多様性について学んでみました。 そんなイベントの様子を、少しだけご紹介します。

せんだい農業園芸センター 坂本所長より開会のご挨拶

仙台市の取り組みとして平成29年より開催している生物多様性保全推進事業の「生きもの観察会」ですが、この事業は、仙台市にゆかりのある「スズムシ」「カジカガエル」「カッコウ」などの生きものを通して、豊かな自然環境を持続的に残していくためには何をすべきかを学ぶよい機会にもなっています。
また、本日5月22日は「国際生物多様性の日」として制定された日でもあるのです。生物多様性について学ぶ良いきっかけになると良いですね。

本日の講師は、宮城県森林インストラクターの太田吉厚さんと西谷理恵さんにお願いしました
オオヨシキリの巣とヨシ原の生きものを観察するためのトラップ

太田さんが前日からヨシ原にこのトラップを仕掛けたそうです。どんな生き物が入っているでしょうか。楽しみですね。
太田さんには、敷地面積約11haの「せんだい農業園芸センター」で観察できる生きものを紹介していただきました。
この広さの自然の中にも、ちゃんと「生態系ピラミッド」が形成され、食物連鎖のバランスがとれていることがわかります。

せんだい農業園芸センターの生態系ピラミッド

30分程度、研修室にて座学での講義を終えると、ちょうど雨も上がり、鳥たちも盛んに鳴き出していました。

まずは、双眼鏡の使い方から教えていただきました。歩きながらの観察には8倍×21mm位の双眼鏡が扱いやすくて便利です。じっくりと観察するには、三脚を付けた単眼スコープが威力を発揮します。
双眼鏡で鳥を見るときのコツは、肉眼で鳥を見つけそのまま双眼鏡を目に当てることです。もし鳥が見つからなければ、そのまま上下に双眼鏡を動かしてみましょう。

うまく鳥を見つけられるかな?

沈床花壇の左側から「再生の杜」の方へ鳥を探しながら、歩いて行きます。
やがて、ヨシ原の間から大沼が見えて来ます。

せんだい農業園芸センターには、大沼に面して、約2,500㎡のヨシが生育しています。
硬いヨシの茎が風ですれ合う音は独特で、「北上川河口のヨシ原(宮城県/石巻市)」などは「残したい日本の音風景100選(環境省)」の一つにも指定されているほどです。

刈り取られたヨシの束

2mほどの高さになるヨシ原では、多くの野鳥が巣を作っています。
これは、平成30年2月に行なったヨシの刈り取り作業体験の時に見つかった巣です。

オオヨシキリの巣(手のひらにのる大きさです)

大沼には「カワウ」「カンムリカイツブリ」の姿も見られます。
上空を飛んでいくのは「ダイサギ」や「ゴイサギ」です。
巣材を咥えた「モズ」の珍しい姿も見ることができました。
「ギョギョシ ギョギョシ」と独特の鳴き声を上げているのが「オオヨシキリ」です。 参加者の皆さんは、時間も忘れて、夢中で鳥の姿を探しています。

前日に仕掛けておいたトラップを回収してみましょう!

エサはナッツやヒマワリの種です。さあ、何が入っているかな?
蓋が閉まっていれば捕獲成功です。

アカネズミが入っていました!
つぶらな瞳が可愛らしい
体長や体重などを計測して、元の場所に放します

アカネズミの可愛らしさに、みなさんとても驚いていました。ネズミと聞くとあまりいいイメージを持たない人も多いと思いますが、今日をきっかけに、ネズミに対するイメージが変わったのではないでしょうか。
講師の太田さんは「ネズミを好きになってもらうことも、森林インストラクターとしての大事な仕事です」とお話ししていました。

この時期は、カエルも多く見られます。

写真は2匹ともアマガエルです。色が違いますね。アマガエルは住んでいる場所に合わせて、体の色を変えるそうです。

2時間の観察会はあっという間でした。
特に、野鳥観察は時間を忘れて夢中になってしまいます。
機会があれば、ゆっくり時間をかけて観察してみたいものです。
鳥たちが営巣放棄しないように、十分に距離を保って観察することも大事ですね。

今回の観察会では、ヨシ原という自然環境で暮らす生きものたちの姿を通して、多様な生きものたちがつくっている生態系の仕組みを垣間見ることができました。
今日は残念ながらお目当てのカッコウの姿を見ることはできませんでしたが、ヨシ原はエサ場であり、営巣の場に適していることから、モズやオオヨシキリが多く生息し、彼らが作った巣を利用して「托卵(たくらん)」という行動をするカッコウという鳥がやってくるということを学びました。
つまり、ヨシ原を保全することが、仙台市の鳥にも選ばれている「カッコウ」を保護し増やすことにもつながっていくわけです。(※托卵とは他の鳥の巣に自分の卵を産み、育てさせること)

仙台市ではこれまで、せんだい農業園芸センターと連携し、ヨシの刈り取りを実施してきました。定期的にヨシを刈り取ることにより、ヨシの生育が良くなると言われています。
また、ヨシ原は野鳥の生息の場としてだけではなく、周辺自然環境の水質浄化にもつながったり、刈り取ったヨシは「ヨシ製品」として再利用されています。例えば、よしずやキャンプや薪ストーブ等で使えるヨシ燃料などに加工されます。

今後も、ヨシ原を舞台にしたイベントを開催していく予定なので、皆さんぜひまたご参加ください♪ 講師を務めていただいた太田さん、西谷さん、会場を提供していただいた「せんだい農業園芸センター」のスタッフの皆さん、ありがとうございました。


参加者のみなさんの声を、少しだけご紹介♪

どの生きものが、何をしているのがおもしろかった?
☆オオヨシキリが鳴いている所がかわいかった。
☆アカネズミがかわいかった。餌をかじっていたり、毛づくろいをしていたのがおもしろかった。
☆モズの巣材運び
☆カエルの色が変わるのが面白かった。

今日のお話の中で、友達や家族に教えてあげたいことは?
☆カッコウの習性
☆モズやオオヨシキリ、ねずみもいて面白かったよと伝えたい
☆カンムリカイツブリのペアがいたこと
☆アマガエルが環境によって色を変えること
☆生物多様性のピラミッドの話

今日の感想を自由に書いてね!
☆ヨシ原の一部だけであんなにたくさんの鳥が見られることに驚きました。これからも自然と生きものを大切に生きていきたい。
☆ヨシ原の大切さが実感できた。
☆子どもが楽しそうに学べていたことがとてもうれしく感じました。
☆普段見られない生きものをたくさん見られて楽しかった。
☆たくさんの生きものを身近に感じることができ、良かった。
☆また来園して観察してみたい。

カテゴリー: 生きものこぼればなし | 生物多様性保全推進事業 ~感じる、つながる、杜の都の生き物語~『生きもの観察会 ~カッコウ~』 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その3

種植えから9日目、いよいよゴーヤも発芽開始です!


ゴーヤの芽は、土の中で種皮を割りながら発芽します。


朝顔は、発芽するといっせいに太陽の方向に向かって葉を伸ばしていきます。
これは、「向日性」という性質です。
この姿がなんとも可愛らしいです。

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その4へつづく・・・。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その3 はコメントを受け付けていません