日別アーカイブ: 2020年9月14日

虫の声を楽しむ会(高森市民センター) 開催レポート

今回は高森市民センターで開催した、虫の声を楽しむ会の様子を紹介します。今年度3か所目の開催です。
今日は講師として、青葉の森緑地の黒川さん、高松さん、太白山自然観察の森の近藤さん、菅原さんにお越しいただきました。よろしくお願いします!
今日の天気予報は雨でしたが、今は降っていません。無事に外に虫の観察に行けるのでしょうか?

まずは先生から、鳴く虫について紹介してもらいます。鳴く虫は主に、バッタ、キリギリス、コオロギの大きく3種類に分けられそうです。
ギギギギギ…、ギギギギギ…
これは何の鳴き声でしょうか。これは、ハラオカメコオロギの鳴き声です。何回か鳴いて、途切れるのが特徴だそうです。
カンタンは、鳴く虫の女王とも呼ばれています。先生によれば、今日公園で聞けるとのことです。
スイーッチョン。
これは、ハヤシノウマオイの鳴き声です。

ここでクイズです。虫はどこに隠れているでしょうか。子どもたちから、すぐに「見つけた!」との声が上がります。
さすが、早いですね。

先生に虫の見つけ方のコツを教えてもらって、さあ、外へ虫を探しに行きましょう。

雨は…降っていません!良かったですね。公園に向かいます。

ここの斜面には、虫がたくさんいるそうです。虫の鳴き声もたくさん聞こえます。

虫、捕らえたり!

虫の鳴き声のする方に、ライトを傾けます。

こちらでも虫を見つけました。噛まれると痛いです。

今日は、あちこちで虫を「見つけた!」との声が上がりました。

何の虫か、先生に教えてもらいます。

残念ですが、虫を探すのはここまでです。
部屋に戻って、先生に捕まえた虫について解説してもらいます。みんなたくさん虫を見つけられたようです。

今日見つけられた鳴く虫は、全部で15種類でした。虫の声を楽しむ会は今年で4年目ですが、なんと過去最高記録だそうです!すごいですね!
ここで、感想を少し紹介したいと思います。
「コオロギがウマオイをたべた」との感想をいただきました。びっくりですね。コオロギは雑食性で、共食いをしたり、他の虫を食べることもあるそうです。
「カンタンをつかまえられてよかった」との感想もいただきました。カンタンは、鳴き声を聞くことができても、とても小さく、姿を見つけるのはかなり難しいそうです。すごいですね。
「来年も参加したい」との声もありました。とてもうれしいです。
保護者の方からは、「子どもがとても楽しそうにしていて良かった」との感想を多くいただきました。ぜひこれからも、親子で虫取りをしてみてくださいね!

カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする