日別アーカイブ: 2020年2月26日

FEEL Sendai公開フォーラムの開催延期について

3月16日(月)に仙台市市民活動サポートセンターで開催予定のFEEL Sendai公開フォーラムは、国内における新型コロナウィルスの感染拡大を考慮し、開催を延期(期日未定)させていただきます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

お問い合わせ先
仙台市環境局環境共生課(FEEL Sendai事務局)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12MSビル二日町5階
電話 022-214-0007/FAX 022-214-0580

    

カテゴリー: FEEL Sendai | コメントする

サロン講座「エコな乗り物!自転車に乗ってみよう!」の開催延期について

3月7日(土)開催予定のサロン講座「エコな乗り物!自転車に乗ってみよう!」について、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い,参加者の安心・安全を確保するため開催を延期(期日未定)させていただきます。
お申し込みをされた方にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

ヨシ原をめぐる生きもの達とあなたの物語

生物多様性保全推進事業~せんだい生きもの交響曲~
夏の音~カッコウを呼び戻せ!ヨシ原活用大作戦~
『ヨシ原をめぐる生きもの達とあなたの物語』レポート

令和2年2月1日(土曜日)、やわらかい日差しの差す冬の土曜日。今年で3年目となる「ヨシ原をめぐる生きもの達とあなたの物語」をせんだい農業園芸センターで開催しました。
春に元気なヨシが育つよう願いながら、ヨシ原に残る枯れたヨシを刈り取り、ヨシを使ったものづくりも行いました。
そんなイベントの様子を、少しご紹介します。

今日は、今年度3回目のせんだい農業園芸センターでのイベントです。これまで夏と冬に生きものを観察してきたヨシ原について、別の角度から関わっていくメニューを用意しました!

最初に、東北工業大学の山田先生から、ヨシに関するお話を聞きました。ヨシの育つヨシ原は、鳥などの生きものの生活に必要なだけでなく、水質浄化にもつながり、またヨシを刈り取ることでヨシ製品などの地場産業にも寄与するといわれているそうです。

早速、ヨシ原に向かいます。今日のヨシ原はこんな感じ。ヨシは2メートルほどの高さまであります。このヨシを、みんなで刈っていきます。

そして、今日は井土町内会の大友さん、三浦さん、庄子さんにヨシ刈りの講師としてお越しいただきました!早速実践してもらうと・・・ヨシを刈るのはもちろん、束ねる手際も素早く、参加者からは感心のため息が漏れていました。

では、実際に鎌を手にヨシを刈り始めます。生きものたちが生息しやすいよう、全長100mほどのヨシ原のうち、10mを刈り、次の20mはそのまま残す、という形で刈る予定です。

ヨシに関わる活動を行っている仙台二華高等学校の生徒さんたちも来てくれました。若いパワーは心強いですね!

刈り取ったヨシは束にして抱え、トントンと根元部分を地面に突いて揃えます。高校生たちが苦労していた束も、大友さんの手にかかるとあっという間に揃っていました・・・さすがですね。

こちらの区画は、みんな黙々と刈っています。ヨシ原の先にある大沼の景色が、少しずつ見えてきています!

こちらは、ヨシ原の一番端の区画。風の影響なのか、ヨシが複雑に絡み合っていて、刈るのが大変そう・・・

それでも、しばらくすると、ここまですっきり刈り取ることができました!

みんな、だんだんコツをつかんできたようで、手際よく刈っています!

こちらの区画はすっかり刈り取りが進み、大沼の景色がよく見えています。

「そろそろ時間なのでヨシを一ヶ所に集めましょう!」と声がかかると、続々とヨシの束を持って集まってきました。

背丈の2倍近くあるヨシを、頑張って運んでくれている女の子もいましたよ!

今回もたくさんのヨシを刈り取ることができました!
刈り取ったヨシは、後日、よしずやヨシペンなど、ヨシ製品に加工する予定です。
これにて午前の部は終了!うがい手洗いをしっかりしてお昼休憩に入ります。

午後の部に入る前に、今日参加している仙台二華高等学校の生徒さんが、ヨシに関わる活動について紹介してくれました。ヨシについて学習する中で、プラスチックの代替にできないかと考え、校内のプラスチック製ごみ箱を、ヨシ製のごみ箱に替えることを考えているとのことでした。

午後の部は、ヨシを使ったものづくり体験を行います。
今回も講師は「手すき和紙工房 潮紙」の塚原さんと「FabLab SENDAI」の小野寺さんです!参加者は二手に分かれて、和紙コースター作りとヒンメリ作りを体験します。

まずは、コースター作りをご紹介。塚原さんが、和紙の原料である「こうぞ」を見せてくれました。通常の和紙はこれだけで作りますが、今日はこうぞ60%に、ヨシを半年腐らせてたたいて細かく繊維状にしたものを40%の割合で混ぜた原料液を用意してきたそうです。

この液のままだと繊維がすぐに沈んでしまいますが、ここに「トロロアオイ」というとろみを加えると、繊維を分散させることができ、液が均一になるそうです。

繊維が均一に分散したところで、その液を丸い枠に八分目まで入れます。クルクル洗濯機のように10回ほど回して、水分が落ちるまでじっと待ちます。

水が切れたところで、花型の和紙などを好みに合わせて散らして模様をつけていきます。

模様をつけるとこんな感じ。黒っぽい繊維はヨシ繊維だそうです。ここに少し液をかけ、飾りが動かないようにします。

そのあと枠から外し、そーっと指でつまんで白い布に乗せます。何度かタオルで水を吸って、新聞紙に挟んで持ち帰ります。家でガラス窓などに張り付けて乾かせば出来上がりだそうです!楽しみですね~♪

続いて、ヒンメリ作りをご紹介。ところで「ヒンメリ」ってご存じですか?「ヒンメリ」は、わらに糸を通して多面体の形に組んだ、フィンランドの装飾品です。今日は、わらの代わりにヨシの中に糸を通して作ってみます。

まず、同じ長さのヨシを、12本用意します。今日は小野寺さんが用意してくれた3種類の長さを測れる定規を使って、はさみでヨシを切っていきます。

ヨシの茎は中が空洞なので、その空洞部分に糸を通していきます。

小野寺さんの用意してくれた図のとおりに、ヨシを次々糸でつないでいきます。

糸を通し終わったら、八面体になるように糸を結んで出来上がりです!

吊るしてみると・・・いい感じですね。ぜひご自宅でも吊るしてみてください♪

あっという間に終わりの時間となってしまいました。最後に、高校生が「初めてヨシ刈りをしました。ひと刈りでは刈れず、ヨシの強靭な生命力を感じました」との感想を発表してくれました!
まさにヨシのすごさや可能性を感じた一日でしたね。来年度も、ヨシ原を舞台にイベントを開催していく予定なので、ぜひご参加ください♪

参加者のみなさんの声を、少しだけご紹介

刈り取ったヨシなどを使ってやってみたいことは?

  • ほうき作製
  • すだれやよしずを作る
  • 災害時に、テント代わりのヨシ使用の仮設住宅
  • ヨシ紙の名刺作り
  • ヨシの野焼き
  • ヨシ笛作り
  • ヨシ舟を作ってみたい
  • 小物づくりと商品化
  • ヨシクッキー作り
  • 編む
  • 染物
  • 竪穴住居の屋根ふき
  • プラスチックの代替
  • ヨシ刈りをしている時に気づいたり心に残った生きものについて教えて!
  • 様々な生きものを見ることができた
  • 水鳥(マガモ、オナガガモなど)の群れをみて驚いた
  • ハクチョウが1羽だけいた
  • 様々な動物や生態系のために欠かせないことと感じた
  • はじめはヨシの高さと量に驚いたが、意外に刈り進めることができる!と感じた
  • ヨシの力強さを身をもって感じた
  • ヨシが予想以上に固くて刈るのが大変だった
  • ヨシの茎が強靭だった。ヨシの生命力を感じた

今日の感想

  • ヨシ原、ヨシの魅力を体感できた
  • ヨシ原の維持は大変そうだが大切だと思った
  • もう少しヨシ刈りをしても良かった(コツがわかった頃に終わってしまった)
  • 山田先生のお話が良かった
  • ヨシ刈りには力が必要だと思っていたが、指導してもらい、コツがあるとわかり、納得した
  • ヨシを刈ったり紙やヒンメリを作ったことは貴重な体験だった
  • ヨシのすごさをたくさん知ることができた
  • 実際にヨシを切ったり使ったりすることで、どういう植物なのか身近に感じられた
  • 「こうぞ」を初めて見ることができて良かった
  • よく知らなければ無駄に見えるものが、どれほど大事なものなのか…ということを、今回改めて考えさせられた
  • 想像以上に楽しく、貴重な体験ができた
  • いろいろな角度からヨシを見られたことで立体的にとらえることができて、良かった
カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする