月別アーカイブ: 2019年8月

中学生が選んだ“おすすめ図書”を展示中です~~♪

たまきさんサロンスタッフです。
仙台市立八木山中学校の2名の生徒さんが、たまきさんサロンで職場体験学習を行いました。

開館の準備や図書の貸出といった業務をしてもらいながら、たまきさんサロンにある 約2500冊の図書の中からおすすめの本を1冊ずつ選び、“職場体験学習 おすすめ図書コーナー“の制作と”おすすめ図書“ブログの原稿を作ってもらいました。

“職場体験学習 おすすめ図書コーナー”は下記期間にたまきさんサロン内に設置しています。ぜひぜひ足をお運びくださいませ。
【設置期間】 8月23日(金)~9月6日(金)です。

八木山中学校の皆さん、一緒にお仕事出来てよかったです。
お疲れ様でございました。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 中学生職場体験, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

秋の星を探してみよう!

9月28日(土)18時00分~19時45分
天文ボランティア うちゅうせん 代表 永井 秀男氏
土星や木星などの星について学んだ後、天体望遠鏡を使って星空を観察します。満天の星空を見ながら普段の電気の使い方について考えてみませんか?





■開催日時
9月28日(土)18時00分~19時45分

■講座タイトル
秋の星を探してみよう!

■講師
天文ボランティア うちゅうせん 代表 永井 秀男氏

■講座概要
土星や木星などの星について学んだ後、天体望遠鏡を使って星空を観察します。満天の星空を見ながら普段の電気の使い方について考えてみませんか?

■募集人数/対象
小学生以上の子どもと保護者 15組 ※抽選(当選者にのみ9/21までご連絡)

■申込締切
9月18日(水)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

たまきさんサロン新着図書情報

たまきさんサロンスタッフです。
まだまだ暑い日は続いております。
おとといの夕方、スタッフの家にセミが飛び込んできて、犬がたいそう驚いておりました。
セミも、涼しいところを探しているのでしょうか…。

新着図書のご案内です。

・「映画で考える生命環境倫理学」(勁草書房 吉川孝/横地徳広/池田喬)
・「森林未来会議 森を活かす仕組みをつくる」(築地書館 熊崎実/速水亨/石崎涼子)
・「地球をめぐる不都合な物質 拡散する化学物質がもたらすもの」(講談社 日本環境化学会)
・「信じられない現実の大図鑑2」(東京書籍 DK社/増田まもる/伊藤伸子)
・「海の生きものつかまえたらどうする?」(偕成社 杉本幹/松橋利光/こばようこ)
・「いきもの漢字図」(あすなろ書房 えざきみつる)
・「じっけんきみの探知器 たくさんのふしぎ傑作集」(福音館書店 山下恵子/杉田比呂美)
・「眠れなくなるほど面白い図解古事記」(日本文芸社 吉田敦彦/監修)
・「パンダ銭湯」(絵本館 ツペラツペラ(tupera tupera))
・「学校では教えてくれない大切なこと24 言葉の力 語彙で広がる世界」(旺文社 オゼキ イサム 00)
・「おいしい野菜が食べたい!(徳間文庫)」(徳間書店 黒野伸一)
・「海に降る(幻冬舎文庫)」(幻冬舎 朱野帰子)
・「名探偵コナン推理ファイル農業と漁業の謎(小学館学習まんがシリーズ)」(小学館 青山剛昌/阿部ゆたか/丸伝次郎/太田弘/平良隆久)
・「いろのかけらのしま」(ポプラ社 イミョンエ/生田美保)

…夏休みも終わってしまいました。
休み疲れを、のんびりと読書で癒してみませんか?
図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。
ごみのお持ち帰りをしていただければ飲食可能なスペースです。
ぜひぜひ、たまきさんサロンへ足をお運びください。
皆様のお越しをお待ちしております。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
 ※8月25日(日)は臨時休館とさせていただきます。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 新着図書, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

夏だ!ごーやだ!緑のカーテン大作戦レポートその15

いよいよゴーヤ収穫の時を迎えました。
サロンのゴーヤは、13cm~15cm位で収穫です。
毎日、3本位づつ採れますが、今日はてんこ盛りに採れました。
黄色く熟したゴーヤも美味しくいただけますよ。
見た目は強烈ですが、この種を包んでいる真っ赤な果肉が甘くて超美味しいのです!

同じゴーヤなのに微妙に違います 。

 
熟したゴーヤの中・・・すごい!!

 
きれいに洗って乾燥させた種。未成熟な種は白いんです。

夏だ!ごーやだ!緑のカーテン大作戦レポートその16へつづく…

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月25日(日)は休館いたします。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

“生ごみ”って本当にごみなの?~生ごみからエネルギーを作ろう~!【サロン講座】


たまきさんサロンスタッフです。8/10に「“生ごみ”って本当にごみなの?~生ごみからエネルギーを作ろう~!」と題したサロン講座を開催しました。

今回は東北大学大学院農学研究科准教授の 多田 千佳 先生を講師にお迎えして、生ごみからエネルギーを作る方法や、実際に生ごみから作られたエネルギーを使った実験などたくさんのことを教えて頂きました。

まず初めにエネルギーについてのお話から。

エネルギーって何があるかな?という問いに対して、参加してくれた子どもたちからは水素、化石燃料、石油などが挙げられました。

今回生ごみから作るエネルギーはメタンガス。

メタンガスは都市ガスとしても使われているものですが、自然界で普通に発生するガスでもあります。

その例としては、牛が出すゲップや田んぼなどで見られるぷくぷくとした泡。
メタンガスを作っているのは小さな微生物たちですが、微生物とは1000分の1mm~10分の1mmという大きさの目には見えない生物です。

牛でいえば、牛の胃の中に暮らしている微生物たちがメタンガスを作っています。
この目では見ることのできない小さな微生物たちが食べ物を消化する過程で、それぞれの役割を分担し、チームワークによってエネルギーとなるメタンができているのだそうです。

ちなみに人間の胃の中にある胃酸はすっぱくて数値でいうと㏗1~1.5。
それに比べて牛の胃の中は酸っぱくも苦くもない中性で㏗6.9くらい。
微生物たちはやや苦い㏗7.5くらいが一番元気に活動できるそうです。

じゃあどうすれば、生ごみからメタンガスを作ることができるのか、ガスができる牛の胃の中はどうなっているのか、それぞれのテーブルごとにみんなで考えてみました。


その結果、いくつかの条件が見えてきました。


ここからはペットボトルを牛の胃の中に見立てて、実際に生ごみからエネルギーを作る実験です。

まず、参加者それぞれに持って来てもらった生ごみ200gに水を加えます。


水を加えた生ごみがドロドロになるまでミキサーにかけます。


ドロドロになったらボウルに移し、マルチミネラル・ビタミン剤がとけた黄色い液を加えてかき混ぜます。


㏗試験紙を使って㏗を測ります。目標数値は7.5。数値の調整には重炭酸ナトリウムという白い粉を使います。


数値の調整ができたらそれぞれのペットボトルに200㎖ずつ移します。


次は微生物が入っている消化液を200㎖ずつペットボトルへ入れるのですが、微生物は空気に触れると元気がなくなってしまうため、ここは素早く行います。


ペットボトルにすべて入れたら、ペットボトルの中身を39度に保ちながら3週間ほど置く
と、メタンガスができるそうです。

今回は時間の都合上、多田先生が事前に用意したメタンガスを使って、実際にお湯が沸くのか実験です!

まず、空き缶に水を200㎖入れます。次に空き缶にアルミ箔でふたをして、温度計をセット。

台に取り付けたら1人1つずつメタンガスの袋を持って、一列に並び順番に火をつけてもらいます。缶の底に当てる火が消えないように軍手をした両手で優しく袋を押しながらガスを出していきます。

火が消えてしまったら次の人と交代です。お湯の温度が70度になるまで、みんなで順番に火をつけ続けます。


いち早く70度を達成したグループから、自分たちで沸かしたお湯を使って束の間のお茶の時間となりました。

水の温度を70度まで沸かすのに、3袋や3.5袋使ったというグループが多かったようですが、中でも2.5袋と効率よく少ないガスの量で沸かせたグループには、みんなから拍手が送られていました!

日本人は1日平均1人当たり200gの生ごみを出しているといわれているそうです。
生ごみ200gではスープを3杯温められるのに対して、牛の糞2㎏ではなんと12.5杯も温められるエネルギーが作れるそうです。

今回行ったような仕組みでつくられたバイオガスは、実際に電気を発電するときや、灯りを灯すことに使うことも出来るそうです。聖火の火も作れるということで、今回はさらに最後にミニ実験。
ミニトーチとミニ聖火台を使って実際に点灯式を行いました!

トーチを持つ人、トーチにつながるガスを押す人、聖火台のガスを押す人、それぞれ配置についたら、いざ本番です。

見事成功!子どもたちからも歓声があがっていました。

ガスの仕組みが分かって良かった。
牛の胃の中を簡単に再現するだけで、ガスが作れることが分かって楽しかった。
など、子どもたちも大満足の講座になったようでした。

エネルギーにも様々な種類がありますが、身近なものを使って自然界でも普通に発生するガスが作れるということは、とても勉強になりました。
ただ捨てるだけの生ごみも、資源として利用することによって新たなエネルギーへと生まれ変わり、リサイクルへとつながっていくのではないかと思います。

多田先生、サポートスタッフの皆さん、参加者の皆さんありがとうございました。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月25日(日)は休館いたします。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 過去の講座, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

植物界の「災害遺産」ミズアオイを知る連続ワークショップの開催について

未来プロジェクト事業のワークショップを下記の通り開催いたします。皆様、是非ご参加ください。

■開催日時

  • 第1回「EAT ミズアオイを食べる」 9月8日(日)9時30分~15時00分
  • 第2回「DIG 津波堆積物とタネ探し」 10月20日(日)9時30分~15時00分

■講座内容

第1回 ミズアオイの観察、ミズアオイの調理・試食、ミズアオイの遺伝子検査第2回 津波堆積物の観察、ミズアオイの種探し

■集合場所

地下鉄東西線荒井駅

■募集人数

各回20名(先着)

■参加費

各回100円

■ワークショップの申し込み先

メールに下記必要事項を記載の上、お申し込みください
mizuaoi0908@gmail@com (平塚)

  • お名前(ふりがな)
  • 参加人数 大人○名、子ども○名
  • 参加希望の会 第1回・第2回

■ワークショップについて、および未来プロジェクトについてのお問い合わせ先

FEEL Sendai事務局(仙台市環境局環境共生課内)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12MSビル二日町5階
電話 022-214-0007 FAX 022-214-0580
E-Mail  feel_sendai@city.sendai.jp

カテゴリー: 未来プロジェクトin仙台 | コメントする

長町南小学校の緑のカーテンの育った姿を見にきたよ。

のっけから伊達武将隊の芭蕉さんと茂庭綱元さん登場!
前回の「長町南グリーンカーテンプロジェクト」は夏休み前のことですね~、タネから育てたゴーヤをプランターに定植しました。いっしょにアサガオやヘチマも植えましたね。その緑のカーテンが夏の間にどのくらい伸びたのだろう?
総合学習の時間におじゃましてます。

ただですね。。。残念なことに、少し天気が悪い。
始業の少し前には雨がパラついてたし。今も少し曇っているね。。。そこで屋外で機器を使って温度を計測しながら環境授業を進める予定を急遽変更。屋内にてパソコン画面で生育後の緑のカーテンのことを勉強してもらい、校庭での計測は日を改めてとなりました。<<<これもモチロン、取材させてもらいます。
ってことで、柳沼さんも登場。

では。最初に観察について、お話です。
芭蕉さん。観察って何をします?
「え~目を使います。私はよく、見るようにします。俳句を作るときも良くものを見て、季節や事象などを感じるようにします。」

他に何が大切だろう?みんなわかる?
「写真」「匂い」「さわる」「口(くち)」
いいですね。例えば、ゴーヤの葉っぱはゴーヤと同じ味がします。全身が同じ味なんですね。
「耳」
すごいですね。

用意していた答えがぜんぶ出ました。
「見る」「触る」「匂う」「聞く」「味わう」
観察するときは、五感を使います。みんなの体で感じたことでメモを取ったり、写真に記録したりします。
でも、もっと大切なことがあります。

それは「観察しながら、いろんなことを、ひとつひとつ思いを巡らせて考えること」が大切です。
俳句を作るときも、感じで、思いを巡らせて創作します。理科だけでなく、国語とか、ぜんぶの教科で、五感は大切です。

では、皆さんは成長した緑のカーテンを見てきたと思います。
「ゴーヤ」「ヘチマ」「アサガオ」
どれがどれだか解りますか?

左上の写真は手が一緒に写ってますね。比較のために手が写っているぐらいなので左上の葉っぱが一番大きいです。

下の葉っぱは、ちょっと形が違うね。この葉っぱには、毛が生えています。触ってみるとわかるよ。下の葉っぱ2つは、アサガオ。

そうすると、上の二つのうちの、どっちがどっちでしょう?
左がヘチマで、右がゴーヤです。
ヘチマは葉っぱが大きく。ゴーヤは葉っぱがギザギザして柔らかいのです。
そして、ゴーヤやヘチマは伸び方に特徴があります。ツルはどんな感じでした?

アサガオはツルが直接巻き付いていました。
ゴーヤはどんな感じ?イメージして手でやってみて
「こんな感じ」


できれば、両手でやってみて!
「こ~んなでした」

こんなふうに、ゴーヤやヘチマには親ヅルと子ヅルが出てきます。アサガオは本体が直接巻きつくけど、ゴーヤは子ヅルで巻き付きます。
こういうのを「巻きひげ」とも呼びます。

この巻きひげを見て何か思いませんか?
捻れているんだけど、捻れが一回休んで、反対のねじれになってます。
どうしてですか?
「水を吸うから?」
「のびるから?」

柳沼さんが調べたとこだと、こんなふうに逆向きに伸びるとツルが強くなって、どんな方向にでも「伸びていけるからだよ~」ってことでした。
~~~でも。ぼく解っちゃった。巻きの方向が途中から逆転していると、左右から力一杯引っ張った時に真ん中からクルクルほぐれていって、一本の紐になるまで我慢することができるんです。(糸の輪っかの真ん中にボタンとか通して左右から引っ張って回転させて遊んだじゃん!あれと同じ)これが単純な一方向の巻きのバネだと、引っ張られた時に一本になるまで伸びないし、伸び切っちゃったときはツルにネジレが残る(応力が残る)からツルが切れちゃうんだね。
さすが!生物は進化の中で、最良のバネ構造を生み出すのだなぁ~<<科学オタク論。

次の見るポイントは「花」です。
ゴーヤには「雄花」「雌花」があります。聞いたことある?4年生の授業ではまだ出てこないそうです。聞いたことある?
「あるある~」
実をつけることができるのが「雌花」。赤ちゃんができる花ですね。

違いわかります?これ。近くで見ると。。。
「雄花は真ん中が黄色く、雌花には、根元に小さな実がついています。」
よく見つけたね。
「花の形が違う」
そうだね。雌花の方が、少し開いているね。

「雄花」には花粉ができる雄しべがあるんですね。
「雌花」は、蜂や蝶がとまり易くなるように、花弁が開いて脚がかかるようになっているんですね。虫に受粉させるんですね。

では、今日はまだ使わないけど、ワークシートを使って調べる時の機器、放射温度計を紹介します。

上に赤い点があるね。この点の温度を離れたところから測ります。28.5度ですね。

黒板は27度。だけどこの赤い点はレーザー光線で照らしているので、目の黒いところにあたると目が見えなくなってしまいます。なので絶対に人に向けて使わないこと。約束だよ。

では、芭蕉さんが一列にひとつずつ配ります。

すげ~。

茂庭さんの甲冑の鉄の部分は
「少し冷たい!」

この放射温度計で、こんどワークシートにあるように「葉」「土」「コンクリート」とか、素材の違いを調べてみましょう。
「自動車のボンネットも!」
それは熱いだろうね。

緑のカーテンの一番の効果は、強い日差しを和らげることができることです。
じつに太陽の光を80%も遮ることができます。
すだれは50~60%。
高性能ガラスが55%だから、すごい効果ですね。

芭蕉さんの頃はどうしてたのですか?
土壁の家に住み、障子の扉でした。
そして熱いときは、すげの傘ですね。

これは平成19年に様々な環境の違いを測った時の記録です。
ヘチマの緑のカーテンでは、葉の表側と裏側で、気温が2度も違います。

皆さんも、次回の実験では計測してみてくださいね。

これは実際の写真。
サーモグラフィーで測った緑のカーテンと、参加者みんなの記念写真です。
人は熱いので、赤く写りますね。植物は青です。

緑のカーテンには蒸散作用があります。みんな雨に当たったまんまでいると、お母さんから「着替えなさいよ~」って言われるでしょ。乾燥する時に体温を奪われて冷えちゃうからだね。緑のカーテンにも、周りに水分を出す働きがあるんで冷えるのです。

そして、みんなにはなかなか難しいことなんだけど。「生産者」「消費者」「分解者」ってわかる?
生産者は樹々で、二酸化炭素と水と光から、酸素(と糖)を作り出すことができます。分解者は、地面に落ちた葉っぱなどを分解して、栄養に戻してくれる生き物です。分解者がいないと、地表は葉っぱだらけになってしまいます。
そして、人間や他の生き物は、それら自然のシステムを利用して生きる消費者です。
~ちょっと面白い話。水の極端に少ないオーストラリアの砂漠ではミミズがいないから。。。シロアリが分解者なんだよ。

たとえば、幹の幅30センチほどの桜の木一本で、人の出す呼吸の2人分を賄うことができます。そうやって考えると、みどりは大切ですね。
だけど、いまアマゾンで、大火事が起こっています。
「ニュースで見た!」
地球の肺と呼ばれている森が燃えて、大変なことになってます。かなり心配です。

では、校舎脇の緑のカーテンを見にいってみましょう!
おや。。。大きくなったけど、2階までやっとという感じ。。。そうなんです。柳沼さんも緑のカーテンプロジェクトだけで5年間も活動してますが、こんなに暑い夏は初めてだそうです。やっぱり気候が変わってきてしまっているのかな?

では、最後に記念写真!

パチ!!

はい!次回は、実際に計測機を使って緑のカーテンの効果を計測してみようと思います。じゃね~。

カテゴリー: 緑のカーテン, 取材, 環境, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

夏だ!ごーやだ!緑のカーテン大作戦レポートその14


種植えから数えて100日目が過ぎました。
8月に入って、連日の猛暑でグリーンカーテンも夏バテぎみです。
最大のゴーヤは、15cmで黄色く熟し破裂してしまいました。
収穫のタイミングが難しいゴーヤです。
でも、こうなったゴーヤも美味しく食べられるそうです。

猛暑に夏バテぎみのゴーヤ


アサガオは涼しげに咲いています 。


緑色だったものが一気に黄色く熟し、はじけた実の中の種は真っ赤です!


夏だ!ごーやだ!緑のカーテン大作戦レポートその15へつづく…


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月25日(日)は休館いたします。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

夏だ!ごーやだ!緑のカーテン大作戦レポートその13と臨時休館日のご連絡

プランターへの定植後、3ケ月―90日目となりました。
この時期、最も大事なことは水やりをしっかりすることと、追肥を行うことです。
ゴーヤの花がたくさん咲き、実が大きくなると、たくさんの養分が必要になるのです。
今のところ、大小あわせて30本のゴーヤの実が生っています!

ゴーヤも2mに達しています!



最大のゴーヤの実は13cm!ゴーヤらしくゴツゴツしてきました 。

夏だ!ごーやだ!緑のカーテン大作戦レポートその1 4へつづく…

8月25日(日)は設備点検のための館内停電のため、臨時休館といたします。 ご留意くださいますようお願いいたします。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月25日(日)は休館いたします。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 緑のカーテン, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

お盆だね〜。そして暑い。こんな時は打ち水だ!せんだいE-Action実行委員会企画の打ち水イベントだよ。

暑いですね〜。暑い上に、なんだか台風まで来ていて、もう日本列島は大変なことになっている。。。ってのは関東から西の方の話で、まだ仙台は雨は降ってきてません。(明日は雨だって。ひょえ〜あぶない)なので、今年も恒例!お盆の前の「せんだいE-Action 打ち水だ!」in一番町四丁目商店街の様子をお届けします。

はい。松尾芭蕉さんです。マイクを握るとそりゃ〜もう。よく通る声で商店街を通るみなさんにお声がけ。「2時になりましたら伊達武将隊と打ち水を実施します。お子さんも、通りがかりのみなさんも集まって〜。
では政宗さま。打ち水の効果のほどをお教えください。」


皆の者。この暑さというものが何処からくるかわかるか?ひとつは日差しの強さ。二つ目は空気の気温。そして三つ目は、暖められた地面の熱によって、暑さを感じるのだ。それを下げることができるのが、打ち水だ。
朝と晩、あらかじめ打ち水をすることで、熱の上昇を防ぐことができ、故に、涼しく過ごすことができるのだ。

せんだいE-Action実行委員会からは、小林委員長からご挨拶。
「みなさん。本日はお集まりいただきましてありがとうございます。打ち水の効果は、科学的にも立証されています。賢く暮らして省エネを実現しましょう!」

せんだい・杜の都親善大使のお嬢さん。日比野愛さんと俵谷理瑶さんです。浴衣姿がかわいいなぁ〜。

日々祭りも続き、七夕も終わって、楽しんでいる間に疲れもたまっている。暑さにも弱くなっている。いまだからこそ、熱中症にも気をつけねばならん。
なぜ我ら武将が打ち水を実践しているのか?あの震災後、われらは3E推進武将隊として活動しておる。3Eとは、省エネ、創エネ、蓄エネ。この地球が生み出す力、人間が生み出すエネルギーだ。震災から8年がたった。改めてエネルギーの大切さを実感する時だ。

エネルギーの大切さを感じ、この杜の都から伝えていこうではないか!
みなみな、打ち水をする心の準備はできているか!

オ〜!!!

では行くぞ!いざ!出陣。

じゃね。重綱様。子供達に水の入ったバケツを配ってください。

では、せんだいE-Actionの掛け声で水を撒くぞ。
せんだい。E-Action!

もう一回やるぞ。E-Action!

ではこのまま広瀬通まで行くぞ!

祭りの準備もあるから、椅子にはかけぬようにな。E-Action!

今日はね。テレビ局もいっぱいきたよ〜。夕方のニュースだ!

E-Action!

高いとこから。E-Action!

いざ。出陣だ!

E-Action!

E-Action!

は〜い。ここまで来たら、給水です。

すでにヒンヤリしてきているね〜。

さて、芭蕉さん。何かを取り出したと思ったら、GoProじゃないですか!

進化してますね〜。ハイテク歌人です。

さ。打ち水だ!

E-Action!

そして一周して帰ってきました。
昔からの打ち水で暑い夏をのりこえよう!

続いて、集まってくださった皆様に、感謝の演舞。

カッコ良いです。

ありゃりゃ。芭蕉さんは筆で踊ってました。場内には笑いが。。

そしてお館様が、センターで、

ポーズを決め、終了!

赤いシャツの外国の人は大感激。楽しんでましたよ〜。

はい。演舞の後は、みんなで、仙台・宮城にございん音頭を踊って、楽しみましょう。

お嬢さんたちも「ございんございん」

〜〜ってことで今年も、せんだいE-Action実行委員会企画「打ち水」は、滞りなく終わりました。なにより雨が降らなくてよかった〜。
成功を祝して、勝どきだ!
エイエイオ〜!

カテゴリー: 未分類, 取材, 省エネ, E-Action, たまきさんブログ | コメントする