日別アーカイブ: 2019年5月8日

「この音、知ってる?生きものの音をつかまえよう」を開催します

令和元年68日(土)9時30分~12時20分
この音、知ってる?生きものの音をつかまえよう
永幡幸司教授(福島大学 共生システム理工学類)
耳をすまして、身近な生きものの音を録音してみませんか。たくさんの生きものの音を探して生物多様性を感じましょう。





■開催日時
令和元年68日(土)9時30分~12時20分

■講座タイトル
この音、知ってる?生きものの音をつかまえよう

■講師
永幡幸司教授(福島大学 共生システム理工学類)

■講座概要
耳をすまして、身近な生きものの音を録音してみませんか。たくさんの生きものの音を探して生物多様性を感じましょう。

■内容
①外に飛び出し!音さがし「この音!なんだ?観察会」
②録音した音を聞いてみよう
③レクチャー「音の記録/耳の記憶―未来の素敵な環境づくりの手がかりとして―」

■募集人数/対象
25名(小学生以上)
※ 小学生は要保護者同伴です。
※ 応募者多数の場合、抽選の上、抽選結果をご連絡します

■申込締切
5月31日(金)

■会場
海岸公園冒険広場(若林区井土字開発139-1)

■お申し込み方法
メールまたは電話でお申し込みください
必要事項
①参加者全員の氏名(小学生以下は年齢もあわせてお知らせください)
②連絡先(電話番号・メールアドレス)

■問い合わせ・申し込み先
仙台市環境局環境共生課
電 話:022-214-0013
メール:kan007130@city.sendai.jp

チラシダウンロード

コメントする

平成31年度環境学習プログラムの作成団体を募集します

仙台市内の特色ある自然環境や都市環境をフィールドに、地域の素材を活用した体験型の環境学習プログラムを作成し、学校等で実践する団体(環境NPO、サークルなど)を募集します。


1.プログラムの募集内容

 広く環境に関する学習プログラムで、自然環境や都市環境をフィールドに、地域の素材を活用した体験型のものとします。プログラムを通して環境についての気づきを持ってもらえるような内容としてください。

2.応募要件

次のすべてを満たすことが必要です。

  • 仙台市内及び周辺地域を主な活動エリアとしている団体であり、政治活動や宗教活動を目的とした団体でないこと。
  • 非営利活動としてプログラム作成を受託できること。
  • 子ども向けのプログラムは、学校等の授業で教材として活用されることを前提に、対象とする学年と教科を想定して作成すること。
  • プログラム作成の過程で、学校・地域団体等の協力を得るなどし、試行的に実践すること。
  • プログラム作成後も、学校・地域などで継続的に実践、指導できること。
    ※プログラム作成の翌年度より、FEEL Sendaiから1件3万円程度で学校等での実践を委託する予定です。
  • FEEL Sendaiの中間報告会(2019年12月頃)と、事業報告会(2020年3月頃)に参加できること。


3.採用件数

2件程度

4.応募方法

 募集要項(PDF)をご確認の上、申込書(様式1)及びプログラム作成経費見積書(様式2)に記入して、6月14日(金)までに下記へ郵送または持参してください。

5.お問い合わせ      

FEEL Sendai事務局(仙台市環境局環境共生課内)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12 MSビル二日町5階
電話 022-214-0007 FAX 022-214-0580

募集要項(PDF)

申込書(Word)

プログラム作成経費見積書




カテゴリー: 杜々かんきょうレスキュー隊 | コメントする