月別アーカイブ: 2018年9月

地名から仙台を知ろう!【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。
9月8日(土)に『地名から仙台を知ろう!』と題したサロン講座を開催しました。
宮城県地名研究会の太宰幸子(だざいゆきこ)会長をお迎えし、宮城県や仙台市の地名の由来とそこに隠されている意味について教えていただきました。

【講師:太宰幸子氏】

<はじめに>
まず、地名を読み解く上で最も重要なポイントを教わりました。
それは、「地名は表記される漢字ではなく、発音される音が重要」ということです。
昔の人が実際に地名について発声していた「音」こそが、その地名を表す言葉ということです。
暮らしの中で、地形や場所の情報を他者と共有する必要に迫られたため、地形や地質などに名付けを行ったのが、そもそもの地名の始まりです。
それでも、数千年の間に文字として表記するために漢字を当てたり、共通語教育によって人々の言葉づかいが変わり、行政などの都合で地名が変更され、開発や災害によって地形そのものも変化してしまっています
古い時代から受け継がれて来た地名は、近年変更されて意味を持たない地名も多くなっているというのが実状なのです。宮城県や仙台市には、そんな古い地名がまだ多く残っているということでした。
先生には、いくつかキーワードになる地名を例に挙げながら、詳しく解説していただきました。

 

<地形や地質に関する地名>
「仙台(センダイ)」という地名は、いろいろな説がありますが、広瀬川によってつくられた地形を表現している「川内(センダイ)」という呼び方から付けられたという説が有力なのだそうです。
地形由来の地名には、他には「○○崎」「○○花」「○○鼻」など、土地が平地や川に向かって出っ張った地形を表す地名がよくみられ、例えば「竹の花」という地名は、植物の竹とは何の関係もなく、本来は「崖地の鼻」つまり平地に向って出っ張った崖のような土地を表す地名なのです。

 

<川に関する地名>
仙台市内では「袋」「鶴」「巻」などがついた地名も多くみられます。
「袋」は、川が袋状に蛇行して流れている様子で、そのような所では上流から運ばれてきた土砂が堆積しやすい。
「巻」は、川の蛇行が袋よりもきつく続いている様子。
「鶴」は、藤蔓や鍋のつるのように台地に沿って川が曲流している様子。
印象の良い漢字を当てる法律が昔からあり、“つる”には「鶴」という漢字が使われたようです(梅、竹、花、亀なども同様です)。
「米ヶ袋(コメガフクロ)」も川に関する地名の典型的な例です。ここで使われている「米」という漢字も、本来は砂を意味する「ヨナ」という言葉が訛って変化したものなのです。(ヨナ→ヨネ→米(コメ))
したがって「米ヶ袋」は、川が袋状に蛇行しているため、大雨や洪水でそこに大量の土砂が堆積したこと地であることを伝えている地名ということになります。
同じ広瀬川の上流に「牛越橋(ウシゴエバシ)」という橋があります。
この「ウシ」は、「フチ」つまり「淵」を意味します。川が深くて流れが澱んでゆっくり流れている状態を表しています。

 

<倉が付く地名>
この「クラ」とは、「クレ」という崖を、またその崖が崩れやすいことが由来です。 仙台市内では、「大倉」があります。
また「片平(カタヒラ)」は、和語(日本語)であれば、「ヒラ」が斜面をいうことから、片側が斜面になっていることを、アイヌ語であれば同じく「ひら」が「ピラ」の転嫁で崖を意味しているので、片側が崖であることが由来になります。広瀬川によってできた河岸段丘であることから二つの言葉の地名由来が言え、これは宮城県ならではの特徴をもつといえるでしょう。
崖を表す地名では、太白区の「鉤取(カギトリ)」もその一つです。元々は洪水やがけ崩れにより「ガケトリ(崖が取られる)」という意味の地名でしたが、漢字が当てられたことにより、変化して「鉤取」となりました。また、その鉤取を流れる「笊川(ザルガワ)」も、元々は「ザレガワ」でした。「ザレ」とは脆く崩れやすい地質(凝灰岩など)を意味し、そうした地質の所を流れる川を意味しています。流域には「砂押(スナオシ)」という地名もあり、大量の土砂が流れ込んだ場所であったことがわかります。
大水が出て、「まるで笊から水が漏るに洪水になるから笊川と呼ばれた」という解釈もありますが、これは付会(漢字を解釈した地名解)であるようです。

 

<花の地名>
仙台市内には、「梅田」「梅ノ木」「梅木」など「梅」という漢字が使われている地名があります。花の名前が付いていますが、これは花の名前に由来した地名ではなく、「ウメ」は「ウマル」「ウメル」「ウズマル」が元々の意味で、「埋」という漢字が正しいのですが、この漢字よりもおめでたい「梅」という文字を当てたのです。
近くを川が流れ、かつては洪水によって土砂に埋まったような土地と推察できます。
同様に亘理町「椿山」の「ツバキ」や宮城野区「燕沢」の「ツバメ」は、花や鳥を表す地名ではなく、「ツバクレル」という古い言葉が転訛したもので、「崩れやすい」地質を表します。

 

<暮らしにつながる地名>
青葉区の山間部に「青下」という地名があります。
古い時代には、人が亡くなるとお墓が作られるのは、よほどの権力者か有力者に限られていたそうです。
ほとんどの人は、集落のはずれなどで自然葬(土葬、水葬、風葬など)だったようです。そのような場所には、黄泉の世界への入り口を意味する「青(アオ)」のついた地名が多いということでした。

 

<古墳を造った人は?>
同じく宮城県内には古墳や墓地のある場所に「祝」という字の付く地名があります。
古くは「イワイ」は「ハフル」「ホウル」の意味を持ち、葬ることを意味します。
石巻市の渡波祝田では、両墓制という葬る墓とお参りする墓が違う墓制があり、土師氏に関わる「鶏を飼わない、鯉のぼりを上げない」など、敢えておめでたいことをしないという風習も残されていたそうです。
また、古墳や埴輪を造る技術を持った集団は「土師氏(ハジシ)」と呼ばれていますが、土師氏が作る古墳や埴輪の原料となる赤い粘土が採れる地が、「羽入(ハニュウ)」「羽生(ハニュウ)」「羽生(ハブ)」などの地名があります。ちなみに、ハニは赤い粘土を、ウはそのような粘土がある所を意味しています。
古代から稲作を行うさいに重要な産業であった「製鉄」に携わった人々に、「鋳物師(イモジ)」と呼ばれた人がいます。仙台では「芋沢(イモザワ)」などの地名に、その名残りがあります。
同じ「イモ」には、もうひとつ「天然痘」を意味する場合もあり、仙台の芋峠や東京や京都にある「一口(イモハライ)」などの地名が有名だそうです。

 

<アイヌ語で解ける地名>
宮城県仙台以北や青森県、秋田県、岩手県には、アイヌ語で解ける地名が多く残っています。
仙台近郊でいくつか例をあげてみると、
「茂庭(モニワ)」:モイワの転嫁で、聖なる山・霊山
「日辺(ニッペ)」:洪水などによる木(流木など)のある川
「案内(アンナイ)」:もうひとつの川
「四ッ辺(ヨツベ)」:腸のように蛇行している川
「愛子(アヤシ)」:イラクサのある所
「沓形(クツガタ)」:さるなしの実を採る川
「獺沢(オソザワ)」:川尻に滝のある川(カワウソではなく、オは川尻、ソは滝の意味)
「幼(オサナイ)」石巻市北上町女川にある地名で、川尻が乾くことを意味する。川の流れが、ある地点で地下に潜る状態を表し、北上山地を形成する石灰岩が関係しているのであろう。人の姓名の「小山内」や「長内」などは、ここから付けられたと考えられるということでした。

 

<おわりに>
今回の講座を通して、改めて地名に隠された意味の重さを知ることが出来ました。
地名は単に所番地を表す記号ではなく、私たちの先人がそこで暮らした痕跡であり、自然災害への警鐘を私たちに知らせている重要な意味を残しています。
先人が地名に託して残してくれたメッセージを読み解き、活用し、さらに未来の世代に伝えていくことが大切だと感じました。
まずは、自分の住んでいる地名から紐解いていってみたいという興味がわきました。
講師の太宰先生、参加者の皆さま、ありがとうございました。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

虫の声を楽しむ会~桂の巻~開催レポート


日中は暑くても、日が暮れると少しずつ肌寒くなってきましたね。
そんな中、桂市民センターにて、今年度最後の「虫の声を楽しむ会」を行いました。
桂市民センターでは、すずむしの里づくり実行委員会が育てたスズムシを譲り受けて飼育しています。とっても綺麗な音を奏でていましたよ。




まずはみんなで虫のお話を聞きます。今回講師を務めて頂くのは、すずむしの里づくり実行委員会の鈴木さん(左)と高阪さん(右)です。
題して「これで君もスズムシ博士!?仙台市の虫スズムシにまつわるエトセトラ」




鈴木さんが手に持っているのは今ではめっきり見なくなった二千円札を拡大したものです。
 二千円札の左側に描かれているのは、「源氏物語絵巻」第38帖「鈴虫」詞書の一部です。
それまでは上流階級を中心とした鳴く虫文化は、江戸時代になると庶民にまで浸透し、ついには虫売りという商売が成立するまでになったそうです。



たくさんのスズムシ博士が誕生したところで、早速虫の観察に出発!
観察会の講師は虫のプロ 沓澤さん(左)と鈴木さん(右)です。
天気も晴れて良かったですね!



桂中央公園へ行ってみると、今日も虫さんたちは大合唱です。
虫に群がる子たちと、いままで虫を触ったことがなく怖がっている子の様子。
この後、虫にも慣れてたくさん虫を捕まえていました♪



伊達武将隊の松尾芭蕉さんと一緒に捕まえた~♪



今回も子供だけでなく、大人のみなさんも虫に興味津々!みんなで童心に戻って楽しみました。
エンマコオロギやクサキリなどこれまでの観察会でも見ることができた虫がたくさんいました♪



部屋に戻って、講師の沓澤さんより、今日鳴き声が聞けた虫の解説がありました。また、少し珍しい虫についても、その鳴き声とともに紹介頂きました。
これはマダラスズといって、体長6~12mmととっても小さく、足の色が黒色と白色のマダラ模様になっているのが特徴。「ジィーッ、ジィーッ」っと今日もたくさん鳴いていましたね。



参加者からは「いろんな虫と触れ合えてよかったです」「こんなに一生懸命虫を捕まえたのは数十年ぶりです」といった声がありました。


 ♪虫の声を楽しむ会(桂の巻)で観察した鳴く虫たち♪
シバスズ、マダラスズ、カネタタキ、エンマコオロギ、ハラオカメコオロギ、アオマツムシ、クサキリ、ヒメクサキリ、コバネササキリ、オナガササキリ(10種類)


これにて今年度の「虫の声を楽しむ会」の全日程が終了しました!!すべての会でお天気にも恵まれ、昨年に引き続きたくさんの虫の声を聞くことができましたね。
これからもみなさんの身近で鳴いている綺麗な音に耳を傾けていただけると嬉しいです。
 最後に各市民センターの皆様、講師を引き受けてくださった皆様、皆勤賞の松尾芭蕉さん、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました!

ぜひまた来年もお会いしましょうね♪

カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする

天気にまつわる言い伝えは本当?~自分でできる天気予報~

10月21日(日)13時30分~15時30分
天気にまつわる言い伝えは本当?~自分でできる天気予報~
一般社団法人 日本気象予報士会東北支部
「大気圧を目で見る」「雲を作る」「竜巻を作る」実験を通して天気や天気図、気象予報士について学ぶほか、大雨や雷の危険性についても教わります。




■開催日時
10月21日(日)13時30分~15時30分

■講座タイトル
天気にまつわる言い伝えは本当?~自分でできる天気予報~

■講師
一般社団法人 日本気象予報士会東北支部

■講座概要
「大気圧を目で見る」「雲を作る」「竜巻を作る」実験を通して天気や天気図、気象予報士について学ぶほか、大雨や雷の危険性についても教わります。

■募集人数/対象
小学生以上の子どもと保護者15組 ※抽選(当選者にのみ10/13までご連絡)

■申込締切
10月10日(水)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: 未分類 | コメントする

たまきさんサロン新着図書情報

たまきさんサロンスタッフです。

新着図書のご案内です。

 

・「5分間のサバイバル 2年生」(韓賢東/チーム・ガリレオ)

 

・「もいもい」(東京大学 あかちゃんラボ/市原淳)

・「たったひとつのドングリが-すべてのいのちをつなぐ-」(ローラ・M・シェーファーとアダム・シェーファー/フラン・プレストン=ガノン)

 

・「カラス先生のはじめてのいきもの観察」(松原始)

・「わけあって絶滅しました。」(今泉忠明/丸山貴史/サトウマサノリ/ウエタケヨーコ)

・「昆虫戯画びっくり雑学事典」(丸山宗利/じゅえき太郎)

 

・「キッチンで楽しむ!おやつの実験」(村上祥子)

・「明日ともだちに話したくなる 野菜の話」(稲垣栄洋/オフィスシバチャン)

 

・「コミュニティ・アーカイブをつくろう!」(佐藤知久/甲斐賢治/北野央)

 

 

・「ごみ収集という仕事」(藤井誠一郎)

 

・「すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい」(ジョシュ・アックス/藤田紘一郎)

 

・「あたらしい草花あそび」(相澤悦子)

 

・「地域資源を活かす生活工芸双書 楮・三椏」(田中求/宍倉佐敏/冨樫朗)

 

図書は、おひとり冊まで週間借りることが出来ますので、ぜひご利用ください。

貸出カード作成時に身分証明書が必要となります。

二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

 

たまきさんサロンへ、ぜひ足をお運びください。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

カテゴリー: 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

虫の声を楽しむ会~若林の巻~開催レポート


9月も半ば、涼しい風が心地よく、日に日に秋が深まっていくのを感じますね♪虫たちの声が青い空に吸い込まれていきます!
今日は若林市民センターで虫の声を楽しむ会を開催しました。



今日、講師を務めていただくのは、前回の田子市民センターに引き続き、昆虫を調べるプロフェッショナルの斎藤先生と上森先生です。
「虫のことなら何でも聞いてくださいね!」と頼もしい一言。



はじめに、「知ったら虫がもっと好きになる!?~こぼれ話集~」という題目で、虫にまつわる、あっと驚くお話をたくさん聞きました。
「アブラゼミってなんて鳴くか知ってる?」
「ジーーーーーーーーー」
あたり!実はアブラゼミって、鳴き声が油で揚げる時の音に似ているからアブラゼミって名前がついたんだって。みんな、知ってた?



お話を楽しんだ後は、外に鳴く虫を探しにいきます!今日はどんな鳴く虫が見つかるかな?
それにしても上森先生の虫とり網、大き~い!



鳴く虫探しをするのは、広瀬川の河川敷。たくさんの虫たちの声が聞こえる聞こえる~。
まずは、土手でどんな鳴く虫たちがいるのか、探してみよう!



「あ、つかまえた!!」
今年5回目の「虫の声を楽しむ会」の参加で、すっかり鳴く虫探しのプロになった芭蕉さんの助けも借りつつ、クサキリを捕まえたよ♪



これはオスかな?メスかな?
捕まえて、先生のところに持っていくと、名前だけじゃなくて、オスとメスの見分け方や、鳴き声、名前の由来など、いろんな情報をゲットできるよ!



「コロコロリー」ときれいな声で鳴いているのはエンマコオロギ。こういう、刈られた草が枯れて山になっているところの下が、コオロギ達にとって絶好の隠れ場になるんだよ。



今日は鳴く虫の観察会なので、ちゃんと鳴き声も楽しみましょう。よーく耳を澄ませて注意していないと聞こえない小さな音もあるよ。
さぁ、君はここで何種類の鳴き声を聞き分けることができるかな?



色々な虫の鳴き声を聞いたり、捕まえて観察したりして楽しんだ後は、部屋でおさらい。
「ギッギッギッギ…。この声、今日聞いた人!」
たくさん手が挙がった!
今日はここでおしまいだけれど、虫たちはまだまだ元気に鳴いています。今度は、家の周りで声を楽しんでみてね。


虫の声を楽しむ会もいよいよ次回が最終回。9月22日の桂市民センターでの開催!一体どんな虫の鳴き声が聞こえるかな?


♪虫の声を楽しむ会(若林の巻)で観察した鳴く虫たち♪
エンマコオロギ、モリオカメコオロギ、カネタタキ、ツヅレサセコオロギ、シバスズ、マダラスズ、ウスイロササキリ、ハヤシノウマオイ、コバネヒメギス、ヒメギス、クサキリ、クビキリギス、ツユムシ、セスジツユムシ、コバネササキリ、カンタン(16種類)

カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする

広瀬川で暮らす生きものたち~川の環境を知ろう!~

10月14日(日)10時00分~12時00分
広瀬川で暮らす生きものたち~川の環境を知ろう!~
宮城教育大学 棟方有宗 准教授
広瀬川は、サケが遡上する川だということをご存知でしょうか?
川に生息する魚や水生昆虫を教わり、生きものが棲みやすい川の環境を考えてみましょう。




■開催日時
10月14日(日)10時00分~12時00分

■講座タイトル
広瀬川で暮らす生きものたち~川の環境を知ろう!~

■講師
宮城教育大学 棟方有宗 准教授

■講座概要
広瀬川は、サケが遡上する川だということをご存知でしょうか?
川に生息する魚や水生昆虫を教わり、生きものが棲みやすい川の環境を考えてみましょう。

■募集人数
小学生以上の子どもと保護者15組 ※抽選(当選者にのみ10/6までご連絡)

■申込締切
10月2日(火)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: 未分類 | コメントする

虫の声を楽しむ会~田子の巻~開催レポート

心配だったお天気もまったく問題なし!
昨日行われた根白石の巻に続き、本日は田子市民センターにて今年4回目の虫の声を楽しむ会スタートです♪


今回講師を務めて頂くのは、野外で虫を調べるプロ!斎藤さん(左)と上森さん(右)です。
まずは上森さんから「知ったら虫がもっと好きになる!?~こぼれ話集~」と題してお話してもらいました。
上森さんちょっと緊張ぎみです。。。。。


「スイッチョーン」って鳴くハヤシノウマオイ。この虫、実はかなり高音で鳴くため、大人になると聞こえなくなってしまうそうです。
子どものうちしか聞こえない音なので、今のうちにたくさん鳴き声を聞いておきましょうね。


外に出てからは講師を斎藤さんにバトンタッチ!今日もたくさん虫の声を楽しむぞ~!


早速虫を発見!
これは「リッリッリッ」と鳴く、タンボオカメコオロギです。正面から見ると両ほほがふくらんで「オカメ」に見えるところからオカメと呼ばれるそうですよ。


今日のMVPの登場!
小っちゃい虫取りアミで、およそ8センチのギンヤンマを一人で捕まえました!
大人も捕まえられなかったのにすごい!!


ちょっと休憩~。
みんなで座りながら虫の声に耳を傾けてみました。
遠くからはカネタタキの声も聞こえてきましたよ(カネタタキについては9月1日に開催された寺岡の巻開催レポートを参照)


部屋に戻ってからは、今日捕まえた虫たちをみんなで観察しました。知らない虫がいても斎藤さん達がすぐ教えてくれます。
みんな虫たちに興味津々。


今日はこんなにたくさんの虫を観察することができました♪
身近なところにこんなにもたくさんの虫がいるなんてびっくりですね。
これからは今日習った虫の声に少しでもいいから耳を傾けてみてね。


最後に伊達武将隊の松尾芭蕉さんと一緒に記念撮影。
「はい!奥のほそみち~♪」


参加者からは「ギンヤンマが街中にいてびっくりした」「虫も自然界で頑張って生きていることを再確認できました」といった声がありました。
 今年の虫の声を楽しむ会も残りあと2回!次回は9月15日に若林市民センターで開催します。


♪虫の声を楽しむ会(田子の巻)で観察した鳴く虫たち♪
シバスズ、マダラスズ、カネタタキ、エンマコオロギ、ツヅレサセコオロギ、カンタン、クサキリ、       
ホシササキリ、タンボオカメコオロギ、アオマツムシ、クビキリギス(10種類)

カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする

虫の声を楽しむ会~根白石の巻~開催レポート

少しずつ涼しくなり、夏の終わりを感じつつある今日この頃。
今年3回目となる虫の声を楽しむ会を、根白石市民センターにて開催しました。


早速、仙台市博物館の佐々木学芸員より
「むかしむかしの仙台~生きものと人びと~」と題して主に江戸時代(200~400年前)の生きものと人びとの暮らしについて話を聞きました。
昔の人も宮城野区の榴ヶ岡公園でお花見をしたり、広瀬川で川遊びやホタルの光を楽しんでいたそうです。


お正月になるとお家の前に飾られる門松。
昔、仙台城に飾られていた門松は根白石のものが使われていたそうなんです。
これには理由があって、伊達政宗のお母さんは一時期、根白石にある満興寺というお寺に住んでいました。母を訪ね度々根白石を訪れていた政宗が、そこで見た門松を気に入って採用したという説があるんだそうです。
ちなみに満興寺は現在も根白石市民センターの近くに現存しています。


佐々木学芸員さんのお話に伊達武将隊の松尾芭蕉さんも真剣に耳を傾けていました。


お話の後は、寺岡の巻に引き続き、太白山自然観察の森レンジャーの早坂さんと黒川さんと一緒に鳴く虫を探しに出発。


根白石でもたくさんの虫が鳴いていました。
これはエンマコオロギを捕まえているところ。
コロコロコロと鳴いています。街中にも生息しているのでみなさんもきっと鳴き声を聞いたことがあるはずですよ。


少し暗くなってきたところで、またなにか発見!虫ではないけど、大きいカエルを見つけました。これはツチガエルといって「ギューギュー」って鳴きます。
時間が来てしまったので、今日の観察会は終了。
周りから「え~もう?」という声で、まだまだ虫の声を楽しみたい様子でした。


観察会を終えてからは、今日聞こえた虫と根白石にいる虫の紹介をしてもらいました。
これは鳴く虫の女王と言われるカンタンという虫で、女王といわれているけど、実際に鳴くのはオスだけです。「ルルルルルルルルル」ととっても綺麗な音で鳴きます。
残念ながら今日の観察会では聞けなかったけど、普段から根白石でも聞けるみたいですよ。



この中に一匹だけ虫が隠れているんだけど、どこにいるかわかるかな~?
虫たちは「保護色」といって周りの色に自分の体の色も合わせることで、外敵から身を守っているんですね。


参加者からは「昔の人も季節を楽しんでいたことが勉強になった」「虫の声を聞いて癒された」などといった声がありました。
 次回は明日9月8日に田子市民センターで開催します。明日もたくさんの虫の声が聞けるといいな。


♪虫の声を楽しむ会(根白石の巻)で観察した鳴く虫たち♪
シバスズ、マダラスズ、ハラオカメコオロギ、エンマコオロギ、ヒメクサキリ、セスジツユムシ、ササキリ、ホシササキリ(8種類)

カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする

ドロをリサイクルして、お花を育てよう!【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

84日(土)に『ドロをリサイクルして、お花を育てよう!』と題し、サロン講座を開催しました。

今回は、東北大学大学院環境科学研究科の高橋弘教授を講師にお迎えして、浄水場で大量に発生する不要な泥土をリサイクルする方法について学びました。

はじめに、高橋先生から「浄水発生土」と呼ばれる泥土について説明していただきました。

私たちが普段使っている水道水は、浄水場で安全な水に生まれ変わります。浄水場では、川や湖から運ばれてきた原水から小さな土砂や浮遊物を取り除いていますが、この取り除いた土砂やごみが「浄水発生土」と呼ばれる不要な泥土の正体なのです。

例えば、仙台市の浄水場で1年間に発生する「浄水発生土」を家庭のお風呂に貯めようとすると、約26,000個の浴槽が必要になるそうです。

これが日本全国になると、なんと約100万個の浴槽が必要になってしまいます。

安全な水を作るためには、大量の「浄水発生土」が発生してしまうのですね。

次に、みんなの机に「浄水発生土」に似せた泥水が配られました。

「浄水発生土」は、そのままだとごみとして処分場に捨てられてしまうのですが、何かに使うことはできないのでしょうか?それが、今回の講座のテーマなのです。

早速、実験をして確かめてみましょう。

実際の浄水発生土は天日乾燥させて紫外線殺菌していますが、今日の実験では疑似廃泥土を使います。

 

まず、廃泥土をよくかき混ぜます。

そこに、細かく切った新聞紙を入れます。

新聞紙が水を吸って、かき混ぜている泥がだんだん重くなってきました。

乾いた新聞紙がすべての水を吸うまで、頑張ってかき混ぜます。

「手が疲れた~!」みんなの悲鳴が聞こえてきました。

「もう少し、頑張って!」

なんだか粘土のかたまりのようになりました。

 

 

 

 

 

次に、ここに白い粉をふりかけます。

 

 

 

 

 

これは「凝集剤」と呼ばれる吸水性ポリマーの粉です。みんなが赤ちゃんの頃にお世話になった紙おむつに使われているものです。

もう少し頑張ってかき混ぜましょう!

泥はどんどん固くなり粘り気が出てきました。吸水性ポリマーが水分を吸水したのです。

最後に、「分散剤」の粉を入れてかき混ぜると、ねばりが切れてポロポロとしたそぼろ状のかたまりになり、土のようなものが出来上がりました。

でも、ドロドロだった最初の水分がどこかにいってしまったわけではありません。ためしに、このかたまりをギュッと手でしぼってみると、ぽたぽた水がしみ出してきました。

 

 

 

 

 

*使用した吸水性ポリマーや分散剤は、微生物によって分解される環境に負荷をかけないやさしい物質を使っています。

吸水性ポリマーや薬品を加えることで、初めはドロドロの液体だった廃泥土が、植物を植えることができるような土に生まれ変わりました。

「では、出来上がった土を使って、早速お花を植えてみましょう!」

「日々草」という、かわいらしいお花を植えてみます。

みんな、きれいに植えることができました。

育て方も教わったので、これからも、きれいな花をたくさん咲かせてくれることでしょう。

 

 

 

 

 

今回実験した方法は、浄水場から出る廃泥土処理の他にも、震災で出たヘドロのリサイクルや道路のかさ上げ工事の地盤材をつくる時にも使われているそうです。

セメントと古紙を混ぜることにより古紙の繊維がつなぎの役目をして、より強度が増すということでした。

どのくらい固くなるのか、実際にのこぎりを使って確かめてみました。

今回の実験を通して、ごみとなって捨てられるようなものでも、工夫すれば立派な原料や材料として活用できるものに生まれ変わることを学習しました。

みんなでリサイクルにもっと興味を持って、ごみを減らす工夫をしながら地球環境の改善につなげていきましょう。

高橋先生、学生スタッフの皆さん、ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 過去の講座, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

虫の声を楽しむ会~寺岡の巻~開催レポート

今日から9月!いよいよ秋本番ですね♪
午前中は雨が降っていたけれど、夕方は晴れて、虫たちも元気に鳴きはじめました。
今日は寺岡市民センターで虫の声を楽しむ会を開催しました。



まずは、仙台市科学館の丹野先生から、「縁の下の力持ち!虫の役割あれこれ」のお話。はちみつを食べることができるのはミツバチのおかげだけれど、一匹のミツバチが一生かけて作るはちみつの量はなんと、たったのスプーン半分。小さな虫たちが一生懸命働いてくれるおかげで、わたしたち人間の豊かな暮らしが成り立っているんだなぁ。
今日は、きれいな声で楽しませてくれる虫たちを探してみよう!



お話のあとは、生きもの観察のプロ!太白山自然観察の森のレンジャーの早坂さんと黒川さんと一緒に鳴く虫を探しにでかけます。
市民センターを出発してすぐの土手でも、よ~く耳を澄ませると虫の声が聞こえます。鳴いていたのは、シバスズとマダラスズという2種類のコオロギ。



体のサイズは約5mm。とっても小さなシバスズとマダラスズ、見つけることができるかな?あちらこちらで、「ジ――――」と小さな声で鳴いているけれど、ぴょんぴょんと元気に跳ね回るので見つけるのはなかなか大変!
あ、ここにいた!



「チンッ チンッ チンッ チンッ…って鐘を叩くような音聞こえますか?」と黒川さん。小さな声だから、よ~く耳を澄ませないと気づかないかも!
これは、その鳴き声にぴったりな名前を持つ「カネタタキ」という虫。地面じゃなくて、植え込みや木の葉っぱなど、少し高いところにいるんだって。



得意げな笑顔が素敵だね♪
「つかまえた!」



鳴く虫を探している最中に、こんなきれいな赤トンボも見つけたよ!これは「ミヤマアカネ」。日本で最も美しい赤トンボと言われているんだって。確かに美しい!



前回に引き続き参加してくれた伊達武将隊の松尾芭蕉さんも鳴く虫に夢中~!
鳴いている虫の勇姿をぱちり!



暗くなってきたので、今度は懐中電灯を使って鳴く虫を探します。暗くなるにつれて、鳴く虫の種類も少し変わってきました。公園に来る時には聞こえなかった鳴き声もあるみたい。まだまだ鳴き声を楽しみたいけれど、今日はここまで!



部屋に戻ったあとは、スライドを使って鳴く虫たちのおさらい。鳴く虫って、こんなにたくさん種類がいるんだ!形がそっくりでも鳴き声が全然違う虫もいて、おもしろいね。



最後に、参加者のみなさん書いてもらった感想を少しご紹介。
・体は小さいマダラスズ、声は大きくてびっくり
・カネタタキの声がかわいい!
・鳴く虫の女王、カンタンの声が聞こえた
・耳の解像度が上がった気がする
子どもも大人も、みんな新しい発見があり、楽しめたようです。次回は9月7日の根白石市民センターでの開催!根白石ではどんな虫の声が聞こえるのか楽しみですね!


♪虫の声を楽しむ会(寺岡の巻)で観察した鳴く虫たち♪
シバスズ、マダラスズ、ハラオカメコオロギ、カネタタキ、エンマコオロギ、カンタン、ヤマトヒバリ、ヒメクサキリ、セスジツユムシ、ササキリ、ホシササキリ、オナガササキリ、ハヤシノウマオイ、ショウリョウバッタ(14種類)

カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする