月別アーカイブ: 2015年9月

行き当たりばったりの旅が楽しい。シルンバーウィークですね。

20150919早池峰〜秋田駒01

さてさて。世の中シルバーウィークですね。僕もちょい旅行。天気がね〜ずっと雨ばっかだったのが、ひょいっと晴れるようだ!なら登山でしょう!ってことでやってきました岩手県。そしてここはタイマグラ。アイヌ語で「人の集う森」や「きれいな水の流れる所」という地名だそうで、とにかくものすごい僻地。電気が通じたのも1988年で国内最後の地。それがいいのか悪いのかはどっか別にしといて、早池峰山のちょっと向こうに秘境があるなら、出かけてみよう!
またもや事前に調べずにやってきました。そしたら。。。なんと快適なキャンプ場!


20150919早池峰〜秋田駒02

近所に神社がありました。
ふむふむ。原始人の僕がこういうとこ見学にくるのは、古代人の血がさわぐからかな?う〜ん。綺麗だなぁ〜。


20150919早池峰〜秋田駒03

こっちも早池峰神社なんだね。
小田越の峠の向こうの神社も早池峰神社。どういう意味があるのかなぁ〜。


20150919早池峰〜秋田駒04

栗をいっぱい拾ったよ。煮て食べた。黒糖焼酎と一緒に食べた。美味しかったなぁ。


20150919早池峰〜秋田駒05

山神様です。なんか写真が綺麗に撮れたんで。


20150919早池峰〜秋田駒06

しかし。。。。っ見てこの景色。
山に行くのにテントは使うけど、キャンプはほとんどやったことがないなぁ〜(いつも道の駅)。ここのキャンプ場はテント一張り510円。温泉は車で20分ぐらいのとこね。


20150919早池峰〜秋田駒07

晩ご飯は、岩手名物ひっつみ汁です。小麦大国だなぁ〜。


20150919早池峰〜秋田駒08

見て!天の川。
先月モンゴルに行ったけど、月のタイミングが悪くて、ここまでは見えなかった。
タイマグラは周囲にある唯一大きな街の盛岡方向には早池峰山がある。だから全天が真っ暗で、夜中に起きたときは、これまで見たことないほどの星の多さでした。


20150919早池峰〜秋田駒09

あの明るい方向が盛岡だな。こんどは望遠鏡積んでこよ〜っと。


20150919早池峰〜秋田駒10

朝〜!
今日のブログはここからが本番。80枚近くあるからテキトーに写真だけ見ていってね。


20150919早池峰〜秋田駒11

朝ごはんは餅米で作った雑炊。前の晩に水に浸けておくと、朝起きてチョイチョイってバーナーで温めると10分で出来ちゃう。
余ってた枝豆も入れちゃいました。


20150919早池峰〜秋田駒12

朝霧で靄る川。



20150919早池峰〜秋田駒13

まいど毎度の地べたでテント。オサレ感が一切ない。


20150919早池峰〜秋田駒14

バッタ!テントにとまってたバッタ!


20150919早池峰〜秋田駒15

ってことで、早々に登山口に移動しました。これは同じコースで山に向かう自動車。
結局2グループ5名しか登らない。


20150919早池峰〜秋田駒16

登山口はタイマグラから4キロ北のトンネル脇。ここがねぇ〜。


20150919早池峰〜秋田駒17

一帯が森の博物館と名付けられ。とにかく緑が綺麗。


20150919早池峰〜秋田駒18

登山なんかしなくて、森と苔とキノコを見て歩いても、十分に楽しめますよ。
それだったら往復3時間ぐらいかな?


20150919早池峰〜秋田駒19

イチイ(一位)の木ですね。苔で綺麗です。


20150919早池峰〜秋田駒20

キノコ!毒あるのかなぁ。。。キノコばっかりは、僕もわからない。


20150919早池峰〜秋田駒21

今日登っているのは、タイマグラ〜徳兵衛山〜剣ヶ峰〜早池峰山の、大変にマイナーな道。
早池峰山頂は、いつでも1日200〜300人は訪れるのに、このコースからは5名。
アクセスも悪いしコースも不明瞭。お勧めできない山登りです。


20150919早池峰〜秋田駒22

紅葉です。紅葉がベストタイミングですね。


20150919早池峰〜秋田駒23

でも、人が登らないコースって、緑が深いんですよ。


20150919早池峰〜秋田駒24

秋口。どこに行こう?って考えたら
「紅葉は(北に)迎えに行ったほうが、ながく楽しめるんじゃないか?」
って気がついたんです。なら行き慣れた山ではあるけど、岩手の山を登ろうってなったわけ。


20150919早池峰〜秋田駒25

凄いでしょ。まさに剣ヶ峰。三角の山です。


20150919早池峰〜秋田駒26

岩場もある。当然のこと蛇紋岩。雨が降ると超〜滑る。
ここ一帯は古い山塊なので、岩が硬いんです。


20150919早池峰〜秋田駒27

なんて言ってたら、もう山頂。4時間ちょっとかな。
早池峰山は、最短は小田腰の峠から登ることができます。ただし自家用車でのアプローチは峠の2キロ手前の河原の坊まで。さらに夏季は一般車の通行そのものが規制されているので、登山前にはホームページでよく調べて出かけてね〜。


20150919早池峰〜秋田駒28

あの遠くに見えるのが、小田腰です。
途中に人工物なし。美しい山です。


20150919早池峰〜秋田駒29

さてさて。テントサイトに帰るか。
岩峰を越えて帰ります。なかなか岩場でのコースチェックが難しいですよ。経験者向きです。


20150919早池峰〜秋田駒30

ってことで、キノコ!本日の登山はおしまい。


20150919早池峰〜秋田駒31

さてさて。朝です。


20150919早池峰〜秋田駒32

意味なし。近くにあった苔々。
苔がそこらじゅうに生えるほど、霧が多く発生する鬱蒼とした山です。


20150919早池峰〜秋田駒33

朝コーヒー。クッキー。


20150919早池峰〜秋田駒34

遠くに見えるオートバイ。こういう旅もいいねぇ。でも僕らは山登りです。
ってことで、本日は移動日。


20150919早池峰〜秋田駒35

いきなり盛岡です。これは盛岡バスセンター。


20150919早池峰〜秋田駒36

長距離路線バスがね。こういったホームに発着するんですよ。
カッコよくないですか?建築関係の人は大注目の施設だそうですよ。


20150919早池峰〜秋田駒37

そして何も考えずにやってきた盛岡では。。。なんかイベントやってる!
通行人が小脇にキャンプシートとか持ってニコニコ歩いているんですよ。これは付いていかないわけない。ってんでやってきました「イシガキミュージックフェス会場」


20150919早池峰〜秋田駒38

朝からロックにクラフトビールに焼きベーコンに牛すじカレーパンに。。。。あとなんだっけ?


20150919早池峰〜秋田駒39

あとマンウィズアミッションが来ていて、川の反対側からちびっと聞いてました。凄い盛り上がりよう。


20150919早池峰〜秋田駒40

街散歩。こちら盛岡正食普及協会。日曜日は休みだけど、祝日はお店だけ開けているそうで。散財しそうだ。


20150919早池峰〜秋田駒41

盛岡の人は、川べりでよく遊ぶ。
釣りの親子もいました。僕はお店で買った「おこわ」を橋に座ってモグモグ。


20150919早池峰〜秋田駒42

あ。本日はいきなりアチコチ飛びます。これは国見温泉です。相変わらずキャンプ。


20150919早池峰〜秋田駒43

国見温泉にはキャンプ場が併設されているはずなんだけど。。。国見温泉の駐車場係さんが「あ〜あそこはナンの管理もしてなくて酷いよ。泊まれるものでもないけど。。。うちの宿の裏手を一泊ひとり1500円で貸しているから。(高い!)そのかわり今日と明日は温泉いくら入ってもいいから(え?!)あと炊事場とロビーは使っていいから(安い!)」
ってんで、安いからここに泊まるか!


20150919早池峰〜秋田駒44

あ〜車はここにくっつけて明日まで停めっぱなしでいいから。
車のすぐ後ろは温泉入口なんだけど。。。いいのかなぁ??便利だったけど。


20150919早池峰〜秋田駒45

ってことで、朝〜!


20150919早池峰〜秋田駒46

葉っぱが綺麗だったから。意味はなし。


20150919早池峰〜秋田駒47

紅葉も綺麗でした。


20150919早池峰〜秋田駒48

霧が立ち込めているねぇ〜。今日これから登るのは、秋田駒ケ岳。
それも金十郎尾根という、なんだか今年はもう下草を刈っていないから笹が生い茂ってひどい状態だとか。
そう。この写真に写っている目の前の藪は、登山道です。
実際にこれを見て、ひとり怯んで登山者が戻ってきてました。


20150919早池峰〜秋田駒49

でもね。足元にはちゃんと登山道の痕跡があったので、こりゃ登れるなと。
草をかき分け登ってまいりました。


20150919早池峰〜秋田駒50

霧が漂う山々。でも光が一条差すと、なんと綺麗なことか!


20150919早池峰〜秋田駒51

霧だね〜。でも予報ではこのあと高気圧に囲まれるし、上昇気流も徐々に強くなってきているから昼には回復するでしょう!


20150919早池峰〜秋田駒52

これ。金十郎尾根の一番のハイライト。五百羅漢という名の岩峰です。美しいです。


20150919早池峰〜秋田駒53

そうしたら、霧が一気に流されて谷間が見えた!
左に見えるのは駒ケ岳連峰の女岳北面に広がる溶岩流。右は登ってきた金十郎尾根の草原。
この眺めは、国見温泉から直登のメジャールートからは見えないんだよな〜。


20150919早池峰〜秋田駒54

さらに男岳と女岳の間に広がる笹原と紅葉の谷間!


20150919早池峰〜秋田駒55

女岳の北面溶岩流!


20150919早池峰〜秋田駒56

そして男岳北面に広がる紅葉の壁面!美しいなぁ〜。

20150919早池峰〜秋田駒57

この眺めは、苦労して登ったプレゼントみたいなものだね。


20150919早池峰〜秋田駒58

振り返ると、先ほどの五百羅漢。静かだなぁ〜。


20150919早池峰〜秋田駒59

って思っていたら、なんだか人がいっぱい現れてきたよ。


20150919早池峰〜秋田駒60

うわ〜人がいっぱい!
男岳山頂です。
ここはスニーカーにジャージの人もやってくるほど、北側からのアクセスは簡単。


20150919早池峰〜秋田駒61

男岳から谷間に降りると、寄生火山の男女岳の間に広がる阿弥陀池。


20150919早池峰〜秋田駒62

ここも誰でも来れるかな。でもこのバリエーションの広さも魅力だね。


20150919早池峰〜秋田駒63

男女岳に登る気が失せたので、もう一回カルデラの外輪山へ登り返し。


20150919早池峰〜秋田駒64

男岳と男女岳方面を眺めます。
ほとんど箱庭のようだなぁ。


20150919早池峰〜秋田駒65

カルデラの壁を歩く。ここ。でもけっこうカルデラ内壁方面が切れていて200メートルぐらいの絶壁になっているので、あまりお年を召した方には向かないかな。


20150919早池峰〜秋田駒66

二つのカルデラがくっついた形の独特な活火山です。


20150919早池峰〜秋田駒67

そうなんです。駒ケ岳は活火山です。
昭和45年には噴火したほどの火山です。下山後に温泉で、この時の噴火を見たお父さんに会いましたが。びっくりしたそうですよ。そして恐ろしかったとか。子供の頃に秋田駒の上にぽっかりと噴煙が上がって。。。わぁ〜って感じだとか。


20150919早池峰〜秋田駒68

そのカルデラの壁を降りていきます。


20150919早池峰〜秋田駒69

これがその噴火した女岳。
今まで登ってた山は、割としっかりした玄武岩とかの山でしたが。。。ここは噴石の積もった山です。ガラガラの石がまる富士山みたいでした。


20150919早池峰〜秋田駒70

いろんな種類の山がミックスされていて、変化に富んだ登山ができる。。。


20150919早池峰〜秋田駒71

でも、まだ蒸気をあげているんですよね。不思議な光景。
ここはアイスランド?そう思いたくなるような山です。


20150919早池峰〜秋田駒72

そして女岳を降りて、カルデラ内の湿地を歩くと。。。なにここ!


20150919早池峰〜秋田駒73

超〜綺麗な谷間です。ここは通称ムーミン谷と呼ばれているそうです。
つい30分前には噴煙を上げる火山の上を歩いていたのに、ここはまるで氷河が削ったU字渓谷のような光景。


20150919早池峰〜秋田駒74

こんなに綺麗な木道を。。。僕は歩いたことがないなぁ。
バリエーションに富む。見たことのない光景が次から次へと飛び込んでくる山です。


20150919早池峰〜秋田駒75

谷からメジャーコースに出てきて、今日の登山はほぼ終わり。。。。最後はため息の出る谷間でした。
東北は素晴らしい!


20150919早池峰〜秋田駒76

1日の間にいろいろなことが起きて、ちょっとビックリの山でした。秋田駒は素晴らしいの一言!多分また来るだろうなぁ。。。
そして、シルバーウイーク真っ盛りの高速道路に乗るのも嫌だったので、国見温泉で4時頃までブラブラして、盛岡でラーメン食べてのんびり4号線で仙台に向かったのに、11時には帰ってきちゃった。近いじゃん!
東北恐るべしです。ではでは。

カテゴリー: 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

旅ですな。電車でどこまでいったやら。

20150918モンゴル_02

電車でお出かけだよ〜。でも鉄っちゃんではない。運転席から外見て「凄げぇ〜。ビュンビュン走ってる!」って写真撮ってるわけではないです。イヤイヤそうやってプロの鉄道写真撮ってる後輩はいるけど。


20150918モンゴル_01

まぁね。今年はGWもお盆もず〜〜〜っと仕事してたからね。ちょっと休暇をとってお出かけです。
巨大なバックに「自行車」って書いてありますね〜。壊れ物はこれぐらい大書きしておくと、優しく取り扱ってくれるんですよ。
ちなみに自行車は中国語の自転車だよ。


20150918モンゴル_03

電車の窓から。。。翼!


20150918モンゴル_15

到着でーす。仙台空港です。
なんと仙台市街の中心から最短で17分で到着!この便利さはたまりません。


20150918モンゴル_14

実際のところ、家から仙石線の駅まで歩くのと、仙石線からアクセス鉄道に乗り換えるのが、最も大変だった。
国際空港がこんなに近いところにあるから、旅行代金も成田に行ってから出国するのと違って格安でした。仙台って密かに超便利な都市なんですよ。


20150918モンゴル_05

さてさて、飛行機ですね。
中華国際航空公司〜AirChinaです。北京経由で世界中のあらゆるところにネットワークを持っているので、格安でどこへでもいける!
便利だよなぁ〜。


20150918モンゴル_08

ブ〜ンと飛んで。


20150918モンゴル_06

いっかい上海につきます。さてさてこちらで、お役立ち情報♪
仙台発、北京経由で第三国へ飛び立つ場合には、通常のトランジットと違って中国への入国が必須です。なぜって仙台発北京行きの飛行機は、いったん上海に着陸して中国の国内線として運行されるからなんです。なので、一回飛行機から降りたら上海到着のバスと、このまま北京に向かう人のバスに分かれて「空港ロビーの出口で乗り換え用の搭乗券をもらう」「係員さんに(秘密のドアを抜けて)専用の通路から入国カウンターに案内」「入国審査」「セキュリティーチェック」「搭乗口に戻る」の段取りを行わないといけない。これが初回がわからないんだ。
ちなみに乗り換え時間は1時間しかないけど、さすがに乗り継ぎの搭乗券を受け取っていれば置いて行かれないから安心してね〜。


20150918モンゴル_07

はい。無事に北京に到着。青島ビール(6元)ですかい!
北京空港では元を持ってないと、なかなか買い物ができない。だけど一部のカフェでは日本円でも売ってくれるらしいよ。


20150918モンゴル_04

さて、また飛行機。
飛行機の中で読んでた本はジェイムズ・バラット著「人工知能〜人類最悪にして最後の発明〜」スティーブホーキンス博士も警告するAiを開発すると加速度的に知能が向上し、やがて人類と利害が相反するようになるとの本ですね〜。その一文
「たった1つ間違いがあっただけで、道に迷って外モンゴルに行ってしまうんだ」
「え!?」


20150918モンゴル_09

飛行機は着陸しました〜。遠くに煙突見たことのある場所。


20150918モンゴル_10

ウランバートル。モンゴル!
やってきました。1年ぶりですね。


20150918モンゴル_11

ここまで来て。。。IRISだって。ウランバートルのど真ん中にアイリスショップです。なんなのだろうな?こんど聞いてみよう。


20150918モンゴル_12
で、たまきライターは、モンゴルまでいったいナニをしに来たというかというと。自転車レースですね。この模様はそのうちどっかで見られるかも。


20150918モンゴル_13

ってことで、シルバーウィークも始まりますね。
仙台って超〜便利な街なんですよ。空港によく自動車で向かって乗り遅れた!なんて話がありますけど。電車で向かえばガソリン使わず駐車場代使わず。荷物は少し持って歩くけど安心して旅ができますよ。ってことで、ラクダにも会いました。みんなも楽して旅しようね〜。

カテゴリー: 役立つ話, さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする