月別アーカイブ: 2015年8月

一番町で、毎年恒例の打ち水だよ。でも雨だ。。。どうする?

20150813一番町打ち水_01

仙台もお盆の時期を過ぎるとだんだんと夜の気だるい空気にも涼しさを感じられ、ちょっとゆったり寝られそうな感じがしますね。だけど。。。昨夜からは雨だな。雨が降ってて、これは今日のイベントにまずい。本日は打ち水イベントだから、道路がいきなり濡れているのはマズイ。。。なんて思っていたら、あららお昼にはピタっと止みましたよ。


20150813一番町打ち水_02

そして「え!武将??」
ハイやってきました。せんだいE-Action推進武将隊、伊達武将隊の皆様です。


20150813一番町打ち水_03

さぁ皆さんお嬢ちゃんもお坊ちゃんもやっておいで。
お盆で帰省の方もたくさんいると思います。今からここ一番町商店街で、せんだいE-Action「いざ!打ち水じゃ。伊達に涼もう!仙台の夏」を開催します。


20150813一番町打ち水_04

もう皆さん伊達武将隊のスケジュールは把握済みなのですね。浴衣からお子さんまでズラ〜っと並んで待ってます。


20150813一番町打ち水_05

2010年に現代によみがえった我ら伊達武将隊。儂はこの町を千年にわたって栄えて欲しいと願って仙台と名づけた。そして未来の子供達へより良い未来を残すため、我らの知る省エネの知恵の打ち水をこれから皆に披露し一緒にやってもらおうと思う。
省エネには3つのEが大切だ。その3Eとは「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」。その中で打ち水はエネルギーを使わずに賢く暮らそうという「省エネ」に含まれている。


20150813一番町打ち水_06

ちなみに打ち水は、実行する時間がきちんと決められている。暑い日中に行うと、すぐに水が蒸発して蒸し蒸ししてしまうので、これから暑くなるという朝方や、少し気温の下がってきた夕方行うと、とても効果があるのだ。


20150813一番町打ち水_07

そして、今日はお二人のゲストも来ている。紹介しよう。仙台 杜の都親善大使の木村有希さんと村上彩花さんです。
「よろしくお願いします。」
打ち水は、かつては料亭や旅館でも行われてきた。これは涼しくするというだけではなく、場を清めるという「おもてなし」の心の表れでもあるのだ。
お二人には今日は各地からお盆に来ているお客様をもてなしてもらおうぞ。


20150813一番町打ち水_08

では、皆のもの。各々バケツと柄杓を受け取って、是非とも我らに参加してくれ。
さ。


20150813一番町打ち水_09

では、いいか!
打ち水は高く撒けばいいというものではない。土埃を抑え、場を過ごしやすくする先人の知恵だ!さぁいくぞ!
「打ち水じゃ!」


20150813一番町打ち水_10

では皆のもの。出陣じゃ!


20150813一番町打ち水_11

雨が降ったといっても、この気温。やはり乾いてくるんですよね。


20150813一番町打ち水_12
打ち水で涼しげです。


20150813一番町打ち水_13

親善大使のお嬢さんたちも、打ち水です。


20150813一番町打ち水_14

武将が打ち水の光景も、風物詩の感じが出てきましたね。


20150813一番町打ち水_15

「政宗様〜」
おぉ!今年も店を出していたか!
毎年ここで我らは会ってるいる!応援ありがとう。ご苦労である。


20150813一番町打ち水_16

思いの外、お子様と絵になる政宗様です。


20150813一番町打ち水_17

一番町の端っこ。東映ビル前までやってきました。
隊列はここでUターン。
その前に記念写真だ!ポーズは「E-Action!」


20150813一番町打ち水_18

いいか。さっき撒いた水はもう渇きだしている。また帰り道で打ち水じゃ!


20150813一番町打ち水_19

途中には蛇口があって、水が補給できる〜。日本は水が潤沢だなぁ。


20150813一番町打ち水_20

だからといって、水は大切にしないとバチが当たりますよ。打ち水にはお風呂残り湯や米のとぎ汁なんかも使えますよ。


20150813一番町打ち水_21

まさに、先人の知恵。
水は下水に流してしまうと浄化も必要となってしまう。でも撒いてあげると植物を育てますね。


20150813一番町打ち水_22

未来の子供達にためにも、省エネに励もうぞ!


20150813一番町打ち水_23

お!ここにもいたか。ヨシヨシ。


20150813一番町打ち水_24

てなことで、一番町を行ったり来たり、打ち水は終了です。


20150813一番町打ち水_25

政宗様。ここで私からお話があります。
なんだ常長。皆に紹介してみろ。
WWFとはご存知ですか?


20150813一番町打ち水_26

WWFとはWorld Wide Fund for Nature/世界自然保護基金の略です。
その団体が本日発表した、本日はアース・オーバーシュート・デーです。
アース・オーバーシュート・デーとは、地球が再生産できる1年分の資源を使い切った日のことを指します。なんと本日8月13日は、もう2015年分の資源を使い切ってしまったので、これからの4ヶ月は未来への借金なんです。
ちなみに昨年は、8月17日がその日だったんです。なんと昨年よりも4日も早く使い切ってしまったんです。このままだと2030年には6月になってしまうのではと予想されているのです。


20150813一番町打ち水_27
なに、それは本当か常長!
なれば、我々は未来を生きる子供たちから借金して生きていることになる!それはダメだ。儂らが努力して、未来の子供達へより良い社会を残さねばならないのだ!
そのためにも我らは工夫をし、さらに省エネを続けていこうではないか!


20150813一番町打ち水_28

そして、集まってくださった皆さんに伊達武将隊から演舞のお礼です。


20150813一番町打ち水_30

では、今日は1日ご苦労であった。
これからもエネルギーの節約に努め、よりよい仙台を作ってくれ!
われらはいつでも仙台城におる。いつでも遊びに来てくれ!
では、E-Actionの成功を祈願して勝どきをあげるぞ!
「えいえいオ〜」


20150813一番町打ち水_29

参加者も一緒に「えいえいオ〜」「えいえいオ〜!」


20150813一番町打ち水_31

イベントの終わりには、皆さんに花の種のプレゼントです。

20150813一番町打ち水_32

花の種のほかに、伊達な節電所キャンペーンプラスのチラシの配布もしてくれました。


20150813一番町打ち水_33

節電はな。掛け声だけではダメなんだ。
一人ひとりの小さな心がけが、大きな成果を生むのだ。
仙台市のホームページ(ここですな)でも省エネのキャンペーンをやっているぞ。是非とも参加してみてくれ。


20150813一番町打ち水_34

さぁ。皆。楽しんでもらえたか。ではまた!サラバだ。


20150813一番町打ち水_35

てなことで。。。。なかなか終わらないブログだって?武将隊の皆さんがサービス精神旺盛で、何回もステージでファンの皆様と交流をしているもので。写真が終わりませんでした。

ちなみに、おぼん期間中(このあと)に開催予定だった七夕で使った竹で作った灯籠のイベント「仙台竹灯り」は、雨のために順延です。
8月29日の午後7時から開催ですので、ぜひとも残暑の残る仙台。灯りとステージイベントなど、楽しんでくださいね。


——- 順延にて、下記日程で開催 ——-
「第12回仙台竹灯り」
仙台七夕まつりで使用した竹を並べ、感謝の気持ちを込めてろうそくの火をともします。
四丁目ミニコンサートの開催や夜店の出店もあります。
(1)点灯時間 8月29日(土曜) 午後7時~ (午後10時終了予定)
(2)会場    一番町四丁目商店街
(3)主催    一番町四丁目商店街振興組合・仙台竹灯り実行委員会

カテゴリー: 取材, 省エネ, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

青葉城址で七夕の中日に、星を観る会です。う〜む。今年の天気は大丈夫かな。。。

20150807星を観る会_01

なんんか。。。のっけから薄暗い雲がどんよりと。。。。仙台の七夕は、毎年3日間開催。その3日間の例年どこかでは雨が降るんだよな〜。今日は、かなりヤバそうだ。
本日は伊達武将隊と天文ボランティアうちゅうせんの共同企画「仙台城跡エコナイト 環境を考えながら楽しむイベント」の取材で、青葉城址にやってきました。


20150807星を観る会_02

空を見てみよう。頭の上だけが少し晴れているけど。どんどん雲が増えている。
昨年は土砂降り。今年は。。。ちょっと判りにくいけど、なんと中山方面では入道雲がニョキニョキと発達中。しかもコッチに流れてきているんだよなぁ。


20150807星を観る会_03

そして日が落ちて。ステージでは伊達武将隊の演武が始められました。今日は青葉城に駆けつけてきた皆さんと一緒に、盆踊りだそうですよ。


20150807星を観る会_04

そんななか、天文ボランティアうちゅうせんの、永井船長登場です。
仙台市には七夕が3度ある。暦の上の七夕。一ヶ月ずらした月遅れの七夕。そして、旧暦の七夕です。
旧暦の方が、ちょっと雰囲気があっていいなぁ。


20150807星を観る会_05

でも今さら時間まで旧暦のように、太陽の出ている時間に合わせた不定時法なんか使えないしなぁ〜。
え?関係ないことばっか書いているって?いやいや。星のブログで星が見えないと書くこともないんですよね。


20150807星を観る会_06

さてさて。星がないことだし、スライドショーで七夕のお話。。。これも4回目かな?今日は飛ばしま〜す。


20150807星を観る会_07

遠い街が。。。明るいですね。
光害と言いまして。明るいと生き物の生活のサイクルがズレてしまうんですね。
あの明るいのは。。。野○場だなぁ。


20150807星を観る会_08

しんしんと。空は暗さを増していき。。。。


20150807星を観る会_09

アレ!
なんか頭の上の方。雲が切れてきた!!!
しかも入道雲は、いつの間にか中山〜青葉山〜名取方面と風下の方に流れて行った!こりゃチャンスだ!!!!


20150807星を観る会_10

お〜。夏の大三角が見える。
デネブにベガ。アルタイルも見える。土星も見える。やったぁ〜!
って。星は写真では小さすぎて写せないんですよ。。。


20150807星を観る会_11

月ぐらい大きければ、カメラを接眼レンズにくっつけて、なんとかなるんだけどね〜。
でも、星が見れてよかった。よかった。
さらに白鳥座の首のあたり、アルビレオの二重星も見られました。よかったよかった。
だから今日は写真ないんだって。
またね〜。

カテゴリー: 取材, 日々の話, 環境, イベント, たまきさんブログ | コメントする

親子リサイクル体験教室を取材させてもらいまして、パソコンの部品から金を取り出しました。

20150804金属回収_01

今日の取材先は名取の仙台高等専門学校(仙台高専)です。小型家電リサイクル啓発事業の一環で、家電製品に金属がどれくらい含まれているか、特に希少金属や価値のある金属がどれくらい含まれているかを体験してもらおうと、仙台市近郊の親子に集まってもらいました。
ちなみにイベントの主催は経済産業省 東北経済産業局です。


20150804金属回収_03

今日の実験で金属を回収してもらう素材はこちら。パソコンなどに使われている半導体のメモリです。


20150804金属回収_04

まずは、仙台高専の遠藤副校長先生の挨拶です。
「こんにちは。暑い中をみなさんようこそいらっしゃいました。今日は日頃使っている家電製品のリサイクルについて理解を深めていただくために、解りやすい「金」を回収してもらおうと思います」


20150804金属回収_12

金属はおおよそ90種類あります。さらに一般的に電化製品には用途に合わせて多くの種類の金属が使われていまして、なかには非鉄金属と呼ばれる鉄以外の価値の高い金属。そして地球上でも産出される地域や量が限られるレアメタルと呼ばれる金属も使われています。
これら金属ですが、もともとは大地のなかから掘り出してきた鉱物から精製されていたのですが、こうやって街のなかから回収されてきた電気製品からも金属が十分に収集できるので都市型鉱山と言われています。


20150804金属回収_05

では、これからは道具も多く使いますので、目の保護のためにゴーグルをしてもらいます。


20150804金属回収_06

お手伝いは、高専の学生さんです。


20150804金属回収_07

まず、メモリの接点部分をラジオペンチでポキポキと折り取っていきます。あ〜あ。メモリって昔は高かったんだよなぁ。。。1MBが1万円なんて時代もあった。。。僕の知り合いは8MBを7万で買ってたなぁ。


20150804金属回収_08

なんて話をしていたら。
金は電気の伝導がいいので昔のコンピュータには、ふんだんに使われていたそうです。
パソコンの草創期には細かく丁寧に作る技術もなかったので、潤沢に金が使われていたそうな。ふ〜む。


20150804金属回収_21

ふと横を見ると。Powerbook150があった!
僕これ持ってましたよ。17〜8年前の話ですよ。
僕が一番最初に手に入れたノート型パソコンです。文字入力ぐらいしかできなかったけど、当時は画期的だったんだよなぁ。


20150804金属回収_09

あらら。。。別にコレを壊したわけではないけど。ポキポキポキポキ。


20150804金属回収_10

折った端子は、試験管に入れて。。。


20150804金属回収_11

あ〜あ。電子部品が、ボロボロ状態。


20150804金属回収_13

そこに、薬品を追加します。
これなんですか?
「硝酸です」
硝酸は多種多様な金属を溶かすことができるので、今回のような実験には大変に向いているそうな。


20150804金属回収_14

え?でも、金も溶かしちゃうの?
金は硝酸では溶けません。(溶けるのは王水)
メモリは、今では全部を金で作ってしまうと高額になるので、端子の土台に銅やニッケルを使い、その上に金でメッキを施しています。なので、硝酸に漬けて、反応が進むように加温してあげると金を取り出すことができます。


20150804金属回収_15

さてさて。ちょっと溶け出すまでに時間がありまして。。。参加者の皆さんにご案内の時間です。
まずは仙台市ごみ減量推進課より。小型家電リサイクルについてのご案内です。
いままで家庭ごみで焼却して埋め立てていた小さな家電製品も、こんな回収ボックスを市内28箇所に設置しまして、現在は月に1トンの回収実績があります。


20150804金属回収_16

その。。。回収した小型家電製品は、認定業者に引き渡され、金属地金へとリサイクルされます。


20150804金属回収_17

こちら。回収後のフローですが。ケータイなど充電式のバッテリーなどが組み込まれた機器は、手作業で分解しているのだとか。大変だなぁ。


20150804金属回収_19

そして、これら写真のような金属が回収できます。
例えばアルミ。1円玉一個分のアルミ(1g)を作り出すのに、鉱石から作り出すと3円分のエネルギーがかかります。その3円分のエネルギーがあると、回収したアルミ素材からはジュースの缶が100缶分もできてしまう。すごく大切でしょ。


20150804金属回収_20

そうこうしているうちに、硝酸で溶け出した金メッキがメモリから剥離できました。
さすがに硝酸に浸かった状態で参加者の皆さんには渡せないので、洗ってからの提供です。


20150804金属回収_22

これを、ピペットを使って容器に移してください。ふむふむ。これはフワフワ浮いて難しい。


20150804金属回収_23

この。。。金を回収する方法は、これだけではなく様々な方法があるのですが、今回実施したメモリから硝酸を使って回収する方法は、富山高専の河合孝恵先生の開発した手法だそうです。


20150804金属回収_24

回収できました?金のお土産です。確かにチョビっとではありましたが。。。


20150804金属回収_25

ということで、本日の講座はここまでです。
ですが、実際に貴金属が採れるって理解してもらえました?
鉱物から直接作り出すよりはエネルギーが少なく、さらに希少な金属を埋め立ててしまったりとした環境に負荷のかかることもない。とても大切な技術なんですね。


20150804金属回収_26

ではでは。みなさま今日はありがとうございました〜。

カテゴリー: 取材, 環境, 環境講座, イベント, たまきさんブログ | コメントする

《毎年恒例!》若林区荒町の毘沙門天王祭にて、商店街に打ち水しました。

20150728荒町毘沙門祭_01

なんだか今年は暑いですね。。。人と話すたびに。。。暑いとしか言葉がでない。なんだか変な年です。
そんな超〜暑い中、若林区の毘沙門天王祭にあわせて荒町商店街へ毎年恒例の打ち水を行いました。昨年は雨だったんですよね〜それに比べりゃ働きがいはあるけど。。。こんなに日差しが強くなくっても。。。


20150728荒町毘沙門祭_02

あ。これは会場警備ご苦労様です。さてさて、この人は誰でしょう?
商店街振興組合の米谷さんです。


20150728荒町毘沙門祭_03

そして佐藤味噌醤油店の社長さんも。みなさん。。。いっぱい着込んでいて暑いだろうなぁ。


20150728荒町毘沙門祭_04

そして武将隊登場!
我らが伊達武将隊もここ毘沙門天王祭で打ち水に参加して3年目。そして今年もE-Action推進武将隊として活躍しています。


20150728荒町毘沙門祭_05

我ら、伊達武将隊。トォ!
ところで今日、参加の子供達は、打ち水のために勉強したというが、果たして何を学んだ?


20150728荒町毘沙門祭_06

「季節の食べ物」
「緑のカーテン」
「打ち水」
よく学んできた。これからも「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」の3つのキーワードで、省エネをよろしく。


20150728荒町毘沙門祭_07

ということで、出発前に記念写真を撮りまーす。
合言葉は、E-Action!


20150728荒町毘沙門祭_08

では、みなさん揃って本殿前でご祈祷を。。。ん?


20150728荒町毘沙門祭_09

毘沙門Tシャツ!


20150728荒町毘沙門祭_10

胸のロゴもかっこいい!
なんかいいなぁ〜。


20150728荒町毘沙門祭_11

さて、恒例の毘沙門祭だが、ちとワシは立つ瀬がなくてな。。。ここの御本尊は戦に勝てるゲンのいいものでな。
儂は戦に勝った際に、勝ちの守りのご本尊を敵方に取られるのが嫌で捨てたことがあるんじゃ。それを街の者が拾い今の本尊を再建したとか。まことにあいスマヌ。


20150728荒町毘沙門祭_12

まぁ、いろいろ事情はありますが、いまは城下の省エネの守り神。ではでは。住職さまからご祈祷です。


20150728荒町毘沙門祭_13

「・・・・・・・・。」
(覚え書きなんて恐れ多くて。ご祈祷です)


20150728荒町毘沙門祭_14

そして出発前のお神酒です。グイッと空けて、気合を入れて行きましょう!


20150728荒町毘沙門祭_15

子供達にも手桶を配り。さささ。出発だよ。


20150728荒町毘沙門祭_16

成実さまも、子供達と共に出発!


20150728荒町毘沙門祭_17

お館さまは、すでに門のところで待っておりました。


20150728荒町毘沙門祭_18

とにかく、暑い日だ。
こんな日は打ち水で過ごしやすくする。省エネで環境にもいい。
これが先人の知恵だ。


20150728荒町毘沙門祭_19

や。皆の衆ご苦労様。


20150728荒町毘沙門祭_20

さて、打ち水じゃ。


20150728荒町毘沙門祭_21

車道には出ないように気をつけるのじゃ。
——–打ち水で、路面の温度は6〜10度下がります。


20150728荒町毘沙門祭_22

や。町の者だな。いつも挨拶で出迎えてくれて感謝である。


20150728荒町毘沙門祭_23

荒町小学校までやってきました。バケツに補給、人にも水を補給しないとね。


20150728荒町毘沙門祭_24

麦茶とスポーツドリンクだよ。
気温の極端に高い時は、水だけ飲むと体液が薄まっちゃうんですよね。そういう時は、電解質も摂らなくちゃ。


20150728荒町毘沙門祭_25

雀踊りのグループもやってきました。そして。。。


20150728荒町毘沙門祭_26

あ!ガ○ガリくん!
冷たくて美味しそう〜いいなぁ。大人には。。。ないのだろうな。


20150728荒町毘沙門祭_27

さらに当たりですか!


20150728荒町毘沙門祭_28

水分補給も済み、体力復活だな。
では、後半も頑張って打ち水に、いざ出陣。オ〜!!


20150728荒町毘沙門祭_29

はい。打ち水じゃ。


20150728荒町毘沙門祭_30

お〜今年も待っていてくれたか。
いつまでも達者でな。


20150728荒町毘沙門祭_31

打ち水じゃ。
省エネ節電よろしく頼むぞ。


20150728荒町毘沙門祭_32

打ち水じゃ。


20150728荒町毘沙門祭_33
やぁ。お弁当屋さんも暑い中を応援してくれて、感謝である。


20150728荒町毘沙門祭_34

毘沙門天に戻ってきました。
やぁ。。。今日は本当に危ないぐらいに日射しが強かったです。


20150728荒町毘沙門祭_35

それでも暑さで倒れる人もなく、無事に帰ってきました。


20150728荒町毘沙門祭_36

皆の衆ご苦労であった。
そして、儂らにまた会いたかったら、せっかくの夏休みじゃ。お父さんお母さんにお願いして、是非とも仙台城へ来てくれ。


20150728荒町毘沙門祭_37

と、いうことで、ご苦労様でした〜。


8月13日にも一番町四丁目商店街で打ち水を行います。是非とも遊びに来てね〜。

【いざ!打ち水じゃ~伊達に涼もう!仙台の夏】
日時 8月13日(木)14時~15時
会場 一番町四丁目商店街(メイン会場:仙台三越)
出演 伊達武将隊(伊達政宗、片倉小十郎景綱、片倉小十郎重長、真田幸村)
   せんだい・杜の都親善大使(木村有希さん、村上彩花さん)

カテゴリー: 取材, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

東北大学オープンキャンパスを、ちょっと見せていただきました。面白い!

20150729オープンキャンパス01

今日のブログは学生さんと勉強です。東北大学のオープンキャンパスにちょっとお邪魔して、学生さんの受けている講座を一緒に体験してみようというもので。。。中学生が対象だから、結構難易度が高いです。ふ〜む。。。なんとかなるかな?


20150729オープンキャンパス02

まずは、東北大学大学院 環境科学研究科 土屋研究室が実施しました「岩石の中を見てみる」で、教えてくださるのは平野先生です。
ちなみに中を覗いて見てみるのは、こんな岩石。これが見えるようにする???
はい。薄く切った岩石をプレパラートに貼り付けて、磨いて薄くして透かして観察するのです。


20150729オープンキャンパス03

岩?って何??
岩は鉱物が集まってできています。小さな結晶の集まりが、だんだん、だんだん時間をかけて、結晶がゆっくりと育っていきます。その年月は10億年とか。え〜!


20150729オープンキャンパス04

この図はよく見ますね。地震の時でしたが。。。
全ての岩石のもとは「かんらん石」です。これが地球表面のプレートに押しやられて地下へと降りていき、圧力と、熱と、さらに摩擦熱で溶けて別の岩に変わるのですね。
溶けて地上に出て火山岩。溶けてまたゆっくり冷めて変成岩。深いとこにあったままで深成岩。ふ〜むムズカシイ。


20150729オープンキャンパス05

岩は一様に同じ成分ではないので、700〜800度で溶けた岩が、成分ごとにゆっくり結晶を育てます。その期間は10億年。そして、できる環境や時間で同じ成分でも違う岩ができたりする。


20150729オープンキャンパス06

どうです?科学が好きでも、すでにヤバいなぁ。
では、先ほどの薄く切った岩を、実際に磨く工程を見てみましょう。
ステンレスの板の上に水をたらして、そこにパウダーを散らします。このパウダーは、シリコンカーバイト。
それを水で馴染ませてなじませて。。。コンパウンドみたいだな。


20150729オープンキャンパス07

練ったものの上にプレパラートを置いて磨きます。研磨剤は岩と擦られると自分も砕けて、どんどんヌルヌルになります。だいたい厚さ100〜200ミクロンぐらいまで削ってください。どれくらい???少し向こうが透けるぐらい。
ちなみに研究用は30ミクロンだそうです。


20150729オープンキャンパス08

はい。始まりました。グルグルグルグル。
これがなかなか力加減ではプレパラートが傾いたりコツがいる。ちなみに裏返しでこすると、単なるスリガラスができます。
同じ研究室の先生もお手伝い。すりすりすりすり。。。はい。ここから30分。


20150729オープンキャンパス09

さぁ!このあいだに環境科学研究科 和田山先生の教室へ燃料電池の取材に行くぞ!本日掛け持ちなので、駆け足なんです。
はい。こちらが燃料電池車の模型。


20150729オープンキャンパス12

タンクに貯めた水素と酸素を反応させて、電気を作り出すんですね。
出来た電気はモーターを回して車が動く。


20150729オープンキャンパス10

これ、仕組みの図ですね。
今回は小さな模型なんで、電池も小さい。人が乗る車だとバッテリーが順にいっぱい繋がって、大きな電力を作り出します。ただ、人が乗る車は交通状況に合わせて加減速もする。そのための電力を安定させるため最適な触媒の結晶構造を作り出すことに、ノウハウがあるそうです。
今回は、水素を得るために電池を使って水を分解しています。え?でもそれって、本末転倒では?電気から水素へ、そして酸素と結合して電気な訳ですから。


20150729オープンキャンパス11

なので、コレなんです。
太陽光発電で作った電気で水素を作れば、電気を蓄えておくバッテリーの代わりになるんですね。
質問!「排ガスみたいのは出るんですか?」
水素と酸素の結合では水が生まれます。その水がぼたぼたと落ちているというわけ。さてさて、また駆け足で戻るよ〜。


20150729オープンキャンパス13

はい。平野先生の教室に戻りました。
これ何?偏光板です。


20150729オープンキャンパス14

偏光板は、光を一定の方向の振動のみを通すようにしたものです。だんだんまた難し〜。
光って粒子としての特性と、波長としての特性があるんです。さらに難し〜。
これを、縦に隙間の並んだ板にぶつけると、一定方向の波の光だけが通ることができる。


20150729オープンキャンパス15

だから、横向きの光を通す板を二枚用意して、片っぽを90度曲げると、光が通らなくなる。
ついでに脱線だけど、偏光板を最初に作ったのは。。。。あのポラロイド。ポラロイドの研究所は、これでスポーツ用のメガネとかを作って、特許料で大儲けしたのがはじまり。


20150729オープンキャンパス16

ってことで、この光を通さないはずの板二枚に、さっきの磨いた岩石を挟むと、あらら、光を通している。


20150729オープンキャンパス17

こんな感じに見えるはずだよ。


20150729オープンキャンパス18

これは、岩石の境界面(あっちとこっち)の2面を通る時に、光の波長も向きも変化するから。
鉱物にはそれぞれ、光を変化させる特性が決まっているから。。。


20150729オープンキャンパス19

厚みや種類で、出てくる光が違うというわけ。
ってことは、逆に考えれば、厚みと光の色が分かれば、鉱物が見当がつく。これをレタデーションというそうな。


20150729オープンキャンパス20

では、実際に見てみましょう。
プレパラートをセットして、対物レンズを一番近ずけてから、徐々に離してピントを合わせる。これは知ってたよ。


20150729オープンキャンパス21

どう?見えた???


20150729オープンキャンパス22

お!見えた。光っている!!!
しかも白黒とか、そいういう地味な色合いではない。綺麗な色だ。ビックリした!


20150729オープンキャンパス23

さ。鉱物のこと、ちょっと解ってくれたかな!
もし興味がわいたなら、是非ともこのコピーを読んでみてくださいって。。。英語だ。
「大丈夫!中学生なら辞書を片手に読める!」
そうですか。。。夏休みだから頑張ろう!


20150729オープンキャンパス24

ということで、みんなで記念写真。
先生ありがとうございました。

カテゴリー: 取材, 役立つ話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

宙ガール篠原ともえさんのライブがプラネタリウムで開催!しかも星空解説付き。

20150725星空LIVE03

僕は仕事をしている時も終わってご飯食べている時も、寝る前に読書でもするかなぁ〜って時も、だいたいラジオを聴いてまして、僕にとってラジオは貴重な情報源だったりします。テレビと違って「ながら」で別なことができるし、ラジオって割と双方向メディアなので聴取者の意見がメールとかで届くと番組内で取り上げられたりと、技術の進歩のおかげで動きがあって頭も使うんですよね。
そしてそんな僕の聴いているラジオは、どういう訳か関東のラジオ局が多いんです。ラジオ配信サービスのRadikoが日本全国に向けて各地の放送を流してくれるんですよね。(※全国の放送を聞くプレミアム機能は有料です)
そしてそのなかで、毎週々々時間になると確実に聴いていたのが光学機器メーカーVixenさんの提供する「東京まちかど天文台」です。メインMCの篠原さんが番組内でゲストを呼んで、トークの他に星空情報のお話もある。あまり意識しないで聴いていた頃は「ふ〜ん。静かな落ち着いた語り口の番組だなぁ〜」なんて。金曜日の、ほとんど仕事が終わりのひと時に星空解説もしてくれるこの番組が、なんとなく耳に心地よかったので聴いていたんです。
ところが。。。ん?番組を案内している「篠原ともえ」って、あのシノラー???


20150725星空LIVE02

1年近く気がつかないで聴いてました。びっくり。
シノラーは2000年前後にテレビで元気よく飛び回っていたのを見かけた覚えがあります。(その頃写真業界にいた僕は忙しくて滅多にテレビ見てない)そのシノラーとこのラジオの人が同じだったのか!!!さぁビックリ。まぁ〜それからも番組は聴いていたのですが、ある日ニュースが飛び込んできた。なんと仙台天文台で星空解説&Liveにやってくるという。こりゃビックリ。では、せっかくなら取材させてもらおうって、ダメ元で申し込んでみたところ申請書類に「たまきさんが篠原さんのファンで〜」という一文が入っていてビックリ(確かに間違いではないが)。そして取材OKの返事が戻ってきてさらにビックリ。とうとうやってきました仙台天文台です。


20150725星空LIVE04

篠原さんは今年デビュ−20周年だそうです。いまは服飾のデザインや星空解説など本の執筆、さらにイラスト製作など多方面に活動されているそうで作品も多数あり、今日は仙台天文台の最新技術を発揮して篠原さんのイラストもプラネタリウムに映し出すのだそうです。


20150725星空LIVE05

ではでは。。。篠原さんの星空解説が始まります。
全天が映るプラネタリウム。明るかった仙台の空模様も徐々に時間が経過して夜空へと移り変わっていきます。
東の方角に月が見えますね。ちょうど昨日が半月の上弦の月でした。もし晴れていたら、ちょうどライブが終わって外に出た時に少しふっくらとした月が見えるかもしれませんね。
———–うわ!ラジオの語り口そのまま。鳥肌!


20150725星空LIVE06

月を正面に見て右側。二つ明るい星が見えます。ひとつふたつと見える星。普段はこの時間には見られない珍しい輝きなんです。
ひとつは白い輝きの金星。仏教の物語で明け方に輝く金星を見て仏様は悟りを開いたと言われている星だそうです。
そして金星の隣に、衛星を持った明るい星があります。木星です。
いまの時期、金星と木星がこんなに近くに輝いているんですね。7時から7時半ごろに見ることができます。憶えてあげましょう。


20150725星空LIVE07

そしてもう少し時を進めましょう
星を見る時は方角が大切なんです。木星と金星は西に沈みましたね。
そしてお月様の隣にある星。明るいですね。
この星も普段はここにない星なんです。土星です。
肉眼では輪っかが見えませんが、望遠鏡では見ることができます。仙台市天文台でも観察ができます。私は望遠鏡のピントが合って土星が見えた時は「目が合った」って思うんですよね。このリング。見たことのない方には、是非とも見て欲しいです。肉眼で見ると、ちょっと土色がかった色をしています。


20150725星空LIVE22

夏の大三角。その中でひときわ明るい星があります。こと座のベガです。日本では和名で織姫星なんです。
そしてもうひとつの星が彦星の星になりますが、三角のふたつのうちのどちらになるでしょう?手元のボタンを押してみてください。


20150725星空LIVE01

——–なんと、星空にいまの質問の集計が出ました。最新のプラネタリウムは、こんな集計もリアルタイムに表示できるのですね。
 
正解は「2番です」
 
仙台市天文台は最新機器の投影機器が導入されているそうですよ。これ。僕のお友達から聞いた話ですが、仙台市天文台さんは五藤光学さんの機器が導入されていて、天文台の運営もしているとか。でも今回のイベントではVixenさんが協力してますよね。それって凄く珍しいことじゃないですか?きっとラジオ番組が繋いだんでしょうね〜。


20150725星空LIVE08

覚え方では空に浮かぶ3つの星の一番明るい星が織姫星。二番目が彦星になります。そして真ん中にある、ふわぁ〜っとしたのが天の川。天の川を隔てて、織姫と彦星は見つめ合っているのです。
彦星はギリシャ神話の物語にも出てきます。仙台に関わりのある星座です。わし座です。
わし座のアルタイルという名前です。覚えてあげましょう。


20150725星空LIVE09

こちらに赤い星が見えますね。この星。12星座のひとつにあります。さそり座です。この心臓の星はアンタレスです。火星のような赤い輝きです。
12星座は黄道という線の流れの中で輝いている星座です。さそり座の隣には射手座があります。下半身は馬の姿で、さそりを狙っている感じです。

20150725星空LIVE10

ここであらためて、夏の星座を並べて見てみましょう。こと座(ベガ)、わし座(アルタイル)、十字のはくちょう座(デネブ)、さそり座(アンタレス)、射手座。


20150725星空LIVE11

こうって並べてみると、全部覚えるの大変ですよね。私この星座を全部繋げて篠原流に星座を作りました。夏のアイスクリームです!
星座というのは自分で好きな絵を考えて、創作してもいいのです。皆さんも自分の星座を作ってあげてください。
夏休みは星空を眺めるのに絶好の時です。8月12日から13日にかけてはペルセウス流星群もあります。是非とも夜空を見上げてみてください。

——–篠原さんの星空解説でした。


ここで、星空つながりでイベントの紹介です。
仙台市って七夕が3回あるんです。7月の現代の暦の上での七夕。そして竹飾りのある仙台七夕。さらに、旧暦の七夕。
このうち、旧暦七夕に合わせて仙台市天文台主催のイベントが開催されます。

まずは、七夕にあわせて明かりを消してみましょう。《伝統的七夕ライトダウン》

七夕さんの星見会~天の川をみよう~
伝統的七夕の夜に、街明りのない場所で「天の川」を観察します。また、移動天文車ベガ号も出動し様々な天体を観察します。
場所/19日 泉岳スプリングバレー、20日 大倉ふるさとセンター

伝統的七夕の前にも、8月12日の深夜にはペルセウス座流星群など8月の夏休み期間には天文イベントがたくさんあります。是非とも参加してみましょう。


20150725星空LIVE12

このあと。光学機器メーカーさんのVixenさん提供による抽選会が開かれました。
Vixenさんから都築さんの登場です。都築さんは「宙ガール」を命名をした方なんですね。


20150725星空LIVE13

商品はVixenさん提供の双眼鏡です。星空を見る時はついつい望遠鏡が必要って思ってしまうけど、星座を観察する時などは視野の広い双眼鏡の方が向いているんですね。今回は特別に篠原さんのサイン入りの双眼鏡です。
まずは。。。。入場番号67番の方。ようこそ。
会場から「お父さん、今日が誕生日!」
え!今日が誕生日なのですか!おめでとうございます。


20150725星空LIVE14

さらに25番の方。おめでとうございます!
あ。この方は先ほど入口の物販コーナーで、これを買おうとされてた方ですね。僕がもしかすると抽選で当たるかもって話をした。。。おめでとうございます!一台売り損なってしまいました。
そして今日の星空Liveに参加された方には、さらに望遠鏡も一台当たるとか。


20150725星空LIVE17

篠原さん、衣装を替えて再登場です。星空解説のあとは、LIVEです。


20150725星空LIVE15

プラネタリウムに星空が映り、ステージでライブが楽しめる。
なんだか当たり前のように僕ら仙台市民は思っているけど、どうやらここのステージの配置や設置された機器は、イベントにも使えるように考え抜かれた機材だそうで、日本中の星空マニア垂涎の代物。全国では話題の天文台だそうです。


20150725星空LIVE16

こちら。写真は当然、動いていないですが、3Dの星が降ってくる演出です。


20150725星空LIVE18

篠原さんは、お母さんの実家が青ヶ島だそうです。この名前だけで、どこだかわかりますか?
青ヶ島は東京から南へ360キロの小笠原諸島。カルデラの島なので周囲は絶壁で、まさに孤島といった感じです。そしてお母さんの実家に行った際には、子供の頃からたくさんの星を見て育ったそうです。
この話を春頃にラジオで耳にしまして、ちょっと調べたんですよね。人口が170人の小さな島。だけど青ヶ島はキャンプができる!(小笠原諸島は大半がキャンプ禁止)なんと星空を見ながらテントでのんびりできるんです。いつか行ってみたいなぁ〜と。。。あ。ちょっとズレましたね。


20150725星空LIVE19

プラネタリウムなのに。。。全天にイラストも投影できてしまう。凄いですね。
ぐるっと描かれているのは篠原さんの星空解説本にも掲載された、篠原さんが制作した可愛い十二星座のイラストです。


20150725星空LIVE20

とても盛り上がっています。星の曲、思い出の曲。たくさん披露していただきました。


20150725星空LIVE21

最後は、ちょっと静かな即興のオリジナルソングでステージはおしまいです。
プラネタリウムでライブなんて、想像もつきませんでしたが、なんだかいい感じですね。
何よりも僕にとってはラジオで聞いていた星の話が生で楽しめたのが、何よりもです。
ということで、神出鬼没なブログですが、とうとうライブ会場にも潜り込んでしまいました。篠原さん。是非ともまた仙台に遊びに来てくださいね。
ではでは。

カテゴリー: 取材, 役立つ話, イベント, たまきさんブログ | コメントする

宮城教育大学附属小学校で星を観る会。なんと大勢集まりすぎ!

20150727星を観る会01

もう。暑くて暑くて、今年の夏はどうなっちゃったんでしょうね?朝起きたら抜けるような青空。そして焼け付くような日差し。そんな暑い日ですが、毎年恒例です。星空を観る会が宮城教育大学附属小学校で開催されました。


20150727星を観る会02

みなさんこんにちは〜。お暑うございます。松尾芭蕉です。そして伊達政宗様。伊達成実様とともに、本日は星を観る会にお邪魔しています。

え。。。。。本日の取材ですが。。。。カメラが最も苦手とするナトリウムランプの下での撮影です。なんと!カメラの苦手な単一色彩光源なので、黄色の修正の方法がない。。。我慢してください。今日はこんな色です。


20150727星を観る会03

イベント開始まで少々お待ちください。
待ってもらっている間に「みんなで作ろう”地下鉄WE七夕”」プロジェクトでKurax前に飾られる七夕飾りに使う短冊をお配りします。


20150727星を観る会04

是非とも皆の願いを書いてくれ。それ。みんな渡ったか?


20150727星を観る会05

どれどれ願いをチラ見。
「ゲームクリエーターになりたい」なるほど。願いはそれぞれだな。


20150727星を観る会06

「野球選手になれますように」
子供らしい願いですね。


20150727星を観る会07

「パンやさんになれますように」
きっとなれるよ!
「ようかいウォッチバスターズでなまはげを、たいりょうにゲットできますように」
ええ!!ゲームの願いはなぁ。。。しかも、なまはげは妖怪ですらないし。


20150727星を観る会08

「ニンジャになれますように」
これは大丈夫。お館様のところにもニンジャがいますし、きっとなれる。


20150727星を観る会09

さて。。。そんなこんなで体育館は。。。もう満員。


20150727星を観る会10

だのにまだ、5人10人単位でやってきますね。。。


20150727星を観る会11

でも。。。始めますか!みなさ〜ん。おばんでございます。


20150727星を観る会12

本日は星空を観る会に足をお運びいただきまして、ありがとうございます。


20150727星を観る会13

やぁ。みんな。
夏だ。暑い夏が来たが、みな元気にやっているか?
わしは400年の時を経て蘇ってからの暫くの間、電気とはえらく便利なものだと思ったものだ。
だが、ゲームにクーラーに皆が電気を使ってしまうと、我らが暮らす世界にエネルギーが足りなくなってしまう。そこで仙台では3Eをキーワードに3つのエネルギーアクションを実行している。
具体的には電気の使用を節約する「省エネ」電気を作り出す「創エネ」作った電気を貯めておく「蓄エネ」この3つの言葉を覚えておいてくれ。


20150727星を観る会14

続いて副校長の佐藤さんからの挨拶です。
みなさん今日は。今日は学校からの呼びかけに大勢集まってきてくれて、とっても嬉しいです。先生も望遠鏡を持っていて星空を観察しているので今日のイベントがとても楽しみです。是非とも楽しみましょう。


20150727星を観る会15

続いて、宮町商店街振興組合の佐藤さんです。
宮町商店街では、伝統的七夕に合わせて竹飾りなども推進しています。是非とも遊びに来てください。


20150727星を観る会16

では、本日の講座を強力に進めてくれる皆さんを紹介しよう。天文ボランティアうちゅうせんの皆さんです。


20150727星を観る会17

え〜みなさん。こんばんは。
今日ですが、夕方になって雲が多く出てしまい、望遠鏡を使った観測はかなり難しいですが、そのかわりに星空の話などをしようと思います。
暑いですが、十分にお水をとって、楽しく過ごしてください。


20150727星を観る会18

それでは、夏の星空の紹介です。
なんと言っても目立つのは夏の大三角形。大空に輝くベガ、アルタイル、デネブの3つの星です。


20150727星を観る会19
さらにおおぐま座(北斗七星)を探しますと、熊の尻尾の方を5倍ほど伸ばしていくと。。。北極星があります。


20150727星を観る会20

北極星は、北半球の船乗りが北を確認する時に使う星で、北半球では天空で唯一動かない星なんですね。


20150727星を観る会21

そして、大三角形のあいだには、もやもやと天の川があります。
天の川は私たちが住む銀河系を真横から見ている姿なんですね。この仙台のあたりだと、泉ヶ岳の駐車場からは見ることができます。


20150727星を観る会22

ではでは、ここで恒例のスライドのお話です。
「オリオンとサソリ」
たぶん二回目の話なので、ちょっとダイジェスト版にね。
むかしむかし。ギリシャにはオリオンという青年がいました。


20150727星を観る会23

オリオンは、神様のオリンポスの息子なので海を歩くことができ、あちこちの島に出かけて根こそぎ動物を狩ってしまいます。オリオンは狩りの名人なのです。


20150727星を観る会24

オリオンがですね。。。。その人柄が優しくて、好青年だったら問題は起きなかったんですが。だいたいギリシャ神話に出てくる神様は現代でいうとこの素行が良くなく。。。その息子のオリオンも。


20150727星を観る会25

自分が狩りが得意なのを吹聴し、他の狩人をバカにするは。


20150727星を観る会26

女の子を追い回しの狼藉三昧で、それを女神さまは良く思っていなかったのです。


20150727星を観る会27

そこで、1匹のサソリに指示を出すんですね。
「オリオンの隙を見て、すこし懲らしめてあげなさい」


20150727星を観る会28

オリオンはそんなことも知らず、いつものように狩りを楽しんでいて、いままさにクマと格闘してますね。


20150727星を観る会29

その足元に忍び寄ったサソリは、足首をチクリと。
気がついたオリオンは、慌ててサソリを踏んずけましたが。


20150727星を観る会30

時すでに遅し。サソリの毒が体に回って、オリオンは死んでしまいました。
それに驚いたのは女神さま。ちょっと懲らしめるだけで良かったのに、まさか死んでしまうとは!


20150727星を観る会31

そこで、女神さまはオリオンとサソリを星座に変えて、星の世界に永遠に残しました。だからなのです。


20150727星を観る会32

オリオン座は冬の星座。さそり座が昇ってくる時期になると、オリオンは地平線の彼方に消えてしまいます。
今でもオリオンはサソリから逃げているのですね。
オシマイオシマイ。


20150727星を観る会33

なるほど。ソラリストの星座盤を見ると、いまは真夏だからオリオン座はいないなぁ。
星の世界にも、いっぱいお話があるんですね。


20150727星を観る会34

さて、ここからは天文ボランティアうちゅうせんの、永井船長の光害のお話。


20150727星を観る会35

もう、このブログでもたびたび取り上げてはいますが、ことは重要です。
光害は、人の活動で屋外に漏れ出した光が動植物の活動の周期を狂わせ、エネルギーも無駄使いしてしまうんですね。


20150727星を観る会36

こちら。夜の人工衛星から撮った写真(合成)高度400kmから見ても、ヨーロッパ、北アメリカ、そして日本がピカピカ。


20150727星を観る会37

さらに日本は小さな国なのに、全体が光っている。
三陸沖と対馬海峡には漁船の漁火まである。これは。。。光すぎ。


20150727星を観る会38

仙台駅ですね。空に向かって光が大量に漏れています。


20150727星を観る会39

街灯も、空に向かって光が漏れる構造でなければ、だいぶマシなんですけど。
こうやって漏れた光で暮らしのリズムが狂ってしまった動物は、まだ山に逃ればいい。大変なのは逃げる方法のない植物です。だから、灯りは最低限に抑えましょう。これが光害のお話です。


20150727星を観る会40

そして最後のさいごに、お館様から節電への協力のお願いです。
電気は便利なものだが、エネルギーは無限にあるわけではない。3Eを意識して、日々の暮らしに節約の心を加えてくれ。
そして、もし電気の使用量が前の年よりも減っていたら、いまから配るこのチラシのホームページに投稿するがいい。
—-僕らの伊達な節電所キャンペーンプラスのチラシですね。


20150727星を観る会41

電気の使用量のお知らせには、前の年の同じ月に使用した電気の量と比較できるように前の年の数値が載っている。ぜひとも参考にして、節電に取り組んでくれ。よろしく頼んだぞ。


20150727星を観る会42

では、今日の星空観測はいったんはここで〆だ。
8月の七夕の時期。6〜8日は仙台城でイベントや演武の披露もある。
6日はゆるキャラ大集合。7日は星空を観る会。8日は東日本武将隊サミットじゃ。皆の者、仙台城にて待ってるぞ。
そして、みなでエネルギーの節約に取り組んで、より良い世の中を作るぞ!


20150727星を観る会44

さて。。。外に出てみると。。。やはり雲が空を覆っています。


20150727星を観る会45

仙台市は海沿いにあるから、日が落ちるとどうしても湿気を帯びた冷たい海風が内陸に入ってくるんですね。
これは涼しくていいんだけど、どうしても日が落ちた後の一定時間は雲が生まれてしまう。
またの機会を待ちましょうか。先ほどのお館様の告知のように、8月7日には仙台城でイベントがあるので、是非とも来てね〜。

カテゴリー: 取材, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする