月別アーカイブ: 2015年6月

荒町小学校で緑のカーテンを植えてきたよ。ついでにEVも。

20150616荒町小01

こんにちは〜。シンプル&スローライフの会の皆さん。なにやってるの???
なんだか緑のカーテン植えつけ用に日産サティオさんからEVのe-NV200のE-Action号を借りてきたそうで、さっそく市内の学校を回って苗の植え付けを行っているそうです。


20150616荒町小02

そして。本日伺いましたのは、若林区は荒町の荒町小学校。なんとちょっと調べたら、学校ができたのが明治6年で、仙台市では最も古い小学校。その時代は校舎もなかったそうだとか。
児童が集まってきた。では、みなさんよろしくお願いしま〜す。


20150616荒町小03
先生と一緒に壁面を眺めるの図。
なぜなら昨年は伸びに伸びて、2回のテラスを超えて3階まで伸びちゃったそうで。今年はどうしよっか?
なにやら柳沼さんにはアイデアがあるようです。


20150616荒町小04

あ!朝顔もう埋まってる!
これは昨年お落ちた種。いまいち生育も良くないので。。。


20150616荒町小05

ア〜レ〜。
土に戻して、今年の苗を植えます。


20150616荒町小06
しかし。よくもこんな小さな芽から、ぐんぐんと大きく育つものです。
そのためには夏休みも欠かさずお水をあげているのです。
そうですか。朝顔やゴーヤは水が好きなんですね。


20150616荒町小07

今年は暑いせいか、緑のカーテン生育が早いそうです。早くしないとツルがひと塊りになって、もう全然ほぐせなくなるとか。急がなくちゃ。
では。コマ撮りを。


20150616荒町小08
こんな感じ。
二本の指で根元をつまんで。


20150616荒町小09

ほい。穴の中に入れます。


20150616荒町小10
周囲の土と馴染ましたら、あとはよく水をかけてあげます。「これぐらい?」いやいや最初はビショビショになるぐらいかけていいんですよ。


20150616荒町小12

5回はかけたかな?
ビイショビショになりました〜。


20150616荒町小13

水をあげると、葉っぱもツヤツヤしてきます。


20150616荒町小11

あれ?ベランダからは麻ひもを垂らしていますね。でもすでにネットはすでに張ってあるのに。。。


20150616荒町小14

ゴーヤは高さはせいぜい2階ぐらいまでだけど、アサガオはもっともっと高くまで伸びるそうです。なのでアサガオ用に2階から麻ひもを垂らして、さらに伸びたら三階まで繋げるそうですよ。


20150616荒町小15

さらにもうひと工夫!手前にゴーヤ。後ろにアサガオの二重構造にして、太陽光を効果的にカットしてみようとのことです。
そうか〜。これが今年のアイデアですね。


20150616荒町小16

横から見るとこんな感じ。カーテン一枚で密集しているより隙間のある二枚の方が風通しも良さそうだなぁ〜なんて見てました。


20150616荒町小17

さて、場所は変わってこちらは荒町小学校の屋上。
屋上緑化のひとつで、ここには農園があります。ネットは。。。。カラスがキュウリの先っぽを囓っちゃったそうです。


20150616荒町小18
そのほか、イモやトマトなど、沢山の種類の野菜が植えられていますね。出来上がりは生徒さんが持ち帰ってご飯の一品にするそうです。


20150616荒町小19

屋上にはさらに、太陽光発電パネル。
パネルがあれば直射日光がコンクリートの屋上に直接当たらないから、建物最上階も過ごしやすいでしょうね。
そして、太陽光パネルと相性がいいのは。。。。


20150616荒町小20

じゃ〜ん。EVです。
なんとヨーロッパでは各家庭に駐車しているEVのバッテリーをネットワーク技術を使って集中制御して、夜間には地区電源に通電させてパネルの発電不足分を補う次世代スマートグリッドが検討されているそうですよ。そりゃあね。いまやEVはバッテリーで動くだけでなく、搭載された機器がネットワークに繋がるハイテク製品ですから。


20150616荒町小21

ってことで、本日のたまきさんは荒町小学校から緑のカーテンの設置を。。。。あれ、音もなく走ってっちゃった。EVすごいな〜。

カテゴリー: 取材, 省エネ, 環境, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

せんだいE-Action実行委員会イベント「3Eを始めよう!」開催だよ。

E-Action01

せんだいE-Action実行委員会イベント「3Eを始めよう!」が午前11時からサンモール一番町商店街の藤崎前にて開催中だよ。
とりあえず速報!


E-Action02

e-NV200ですね。あ!E-Action号にラッピングされています。


E-Action03

ボディ横には伊達武将隊が飾られていますね〜。今年も節電武将隊として活躍していただきます。


E-Action04

和服の奥様が「あら。エコね」
メロンさんのブースです。


E-Action05

北洲ハウジングさんの住まいの3E体験コーナーです。
石原さんがガラスを触っているのは、積層ガラスで温度が全然違うんです。


E-Action07

なんて取材している間に。。。伊達武将隊登場!


E-Action08

やぁやぁ。せんだいE-Actionキックオフ。今年は舞台のイベントではなく3Eを体験してもらうブースを用意したぞ!


E-Action09

では、イベントと3Eの成功を祈願して、エイエイオー!


E-Action10

日産サティオさんの団扇だ。ぜひとも活用してくだされ。


E-Action11

芭蕉さんが眺めているのはドライブシュミレータ。
ふんわりアクセルを実践してくだされ。


E-Action12

お館様はEVですか!
これは気に入った。屋敷にも用意しようぞ。


E-Action13

アイリスオーヤマさんのLED体験ブースです。


E-Action16

手動で電球を灯そうと発電機を廻しても。。。。つかない。
でもLEDだと。うわぁ〜かんたん!


E-Action14

みやぎ学生ボランティアユニオンさんのエコ楽器つくり。
こちら昨年の夏に大変に人気のあったブースです。


E-Action15

お子さんも工作に夢中。


E-Action06

ということで速報版でした。
各ブースを巡ってスタンプを集めると、先着で緑のカーテンの苗がもらえるよ。
イベントは午後3時まで開催。みんな集まってね〜。


【せんだいE-Action実行委員会イベント「3Eを始めよう!」】
日時:6月13日(土)11時〜15時
会場:サンモール一番町商店街内 藤崎前
出陣武将隊メンバー:伊達政宗、伊達成美、松尾芭蕉、真田幸村 4名  
内容:
〇3E体験ブース展示
日産サティオ宮城:武将隊ラッピングカー展示、蓄電デモ
アイリスオーヤマ:LED節電効果とクイズ、手回し発電体験
北洲:HEMS仕組み紹介、窓ガラスやサーモグラフィカメラによる熱エネ体感
MELON:エコドライブシミュレーター、うちエコ診断
宮城学生ボランティアユニオン:エコ楽器づくり(タンバリン、ホイッスルなど)
 〇スタンプラリーによる苗プレゼント
   各ブースを回り、スタンプ4つ集めた方先着50名に、ゴーヤと朝顔の苗
合計8ポットをプレゼントします。
 〇緑のカーテン育成相談
シンプル&スローライフの会と尚絅学院大学FROGSによる育成相談や効果説明

カテゴリー: 省エネ, 役立つ話, 環境, E-Action, 環境講座, イベント, たまきさんブログ | コメントする

早池峰山に登りに行こう!しかも山開きだよ。

20150614早池峰山の山開き01

山だよ〜。表題の通り早池峰山に登ろうということで、やってきました岩手県。お昼までE-Actionの取材して、データ公開してからバタバタ出発して。高速道路代金はもちろんケチって石巻〜登米経由で走ってきたら。あれれ?6時過ぎに着いちゃった登山口の河原の坊。思いのほか近いじゃん。なんとなく一関まで2時間でつけそうって思ったんで試してみたんだよね〜。


20150614早池峰山の山開き02

明るいうちから晩ご飯って珍しい〜。いつも夕方に出発しているから真っ暗になって麓のキャンプ場に着いて、真っ暗な中で飯飯だよ。


20150614早池峰山の山開き03

枝豆〜。うまい。


20150614早池峰山の山開き04

バーナーがね。。。ちょっと不調でして。これは直さなきゃ。


20150614早池峰山の山開き05

エビ焼いてエリンギと一緒につまみにしました。


20150614早池峰山の山開き06

さて。寝るかな。
あ〜平和平和。


20150614早池峰山の山開き07

朝〜。
谷岡ヤスジ風に“アサ〜!”


20150614早池峰山の山開き08

ちょっと明け方に雨が降ったんですよ。
そしたらフキの葉が輝いて綺麗です。


20150614早池峰山の山開き09

朝陽が差し込んできました。
ここ、河原の坊は東西に広がる谷の奥なんです。


20150614早池峰山の山開き10

バスが上がってきました。
6月2週目の日曜からは交通規制で一般自動車は朝5時から昼まで入れません。
前日入りして山に登るのはOKなんですが。


20150614早池峰山の山開き11

さてさて。のんびり朝もいいけどそろそろ登るかって思ってたら、登山口に舞台が設営されている。
「なんなんですか?」
なんと午後2時からは、ここ登山口でも早池峰神楽が上演されるそうです。今年初だそうです。ついているね〜。
でも舞台をここまで運んで作ったんだなぁ〜。


20150614早池峰山の山開き12

って、前に回ったら、舞台はトラックの荷台でした。
アイデアだ!


20150614早池峰山の山開き14

さてさて。登るか。
川を渡って。。。


20150614早池峰山の山開き15
この岩。蛇紋岩がですね。とても古い岩なので、硬く、そして滑る滑る。
水に濡れるとツルツル滑ります。


20150614早池峰山の山開き16

コケコケ。


20150614早池峰山の山開き18

まるで山肌みたいですね。


20150614早池峰山の山開き19

コメガモリ沢の小さな空間。滝が流れこんで箱庭のようです。


20150614早池峰山の山開き20

そして沢を詰める。岩の上を渡るように乗り越えて登る登る。
河原の坊コースは、思いのほか岩が不安定で、ちょっと気を使います。


20150614早池峰山の山開き21

沢を詰めていくと、山頂から伸びる尾根に出会って「ヒョイ」って上がります。
この尾根の頭が、また気持ちいい休憩ポイント。


20150614早池峰山の山開き22

お花ですね。チングルマです。ネットで調べました。。。
ここ早池峰は、日本有数の花の山なのです。


20150614早池峰山の山開き23

ちょっと望遠で覗くと、人の後ろは遥か谷底。この高度感。


20150614早池峰山の山開き24

谷底からまっすぐ登るので、後続の登山者が連続写真のよう。


20150614早池峰山の山開き25

ここは河原の坊コースでは、唯一の難所かな。
一枚岩に少しだけ足場が切ってあり、ロープを頼りに登ります。
雨の日は怖いだろうなぁ。


20150614早池峰山の山開き26

一本のロープに大勢しがみついて。いいのかな。。。


20150614早池峰山の山開き27

ハヤチネウスユキソウです。今年は花が2週間早いって。やっぱり暑いのだな。


20150614早池峰山の山開き28

なんとなくゴジラ岩とか呼んでいます。正式名はわからず。


20150614早池峰山の山開き29

そこここに花が咲いています。ミヤマシオガマだそうです。
標高ごとに異なった花の層がハッキリと分かれて群生しています。


20150614早池峰山の山開き30

あ。あちらに小田越コースを登る人が見える。以前、山伏姿の人が登っていたコースですね。

20150614早池峰山の山開き31

なんて言ってると、あっという間に山頂。
登り口の標高も高いので、2時間もあれば登りきってしまうんです。
落石だけ気をつけてね。落とさないように。落ちてこないか気をつけるように。



20150614早池峰山の山開き32

山頂の広場には、もう大勢の登山者が。
色とりどりですね。


20150614早池峰山の山開き33

2年ぶりに再会。鼻の穴のかっこいい獅子です。


20150614早池峰山の山開き34

山開きの記念品をもらいました。今年は1000枚用意したそうですよ。


20150614早池峰山の山開き35

太鼓の準備。
おじさんがやってきて「音が低いから、もっと締めろ」って指示し、直しているとこ。


20150614早池峰山の山開き36

お!奉納舞が始まった。


20150614早池峰山の山開き37

山開きのこの日だけ、山頂の広場で神楽が舞われるのです。
昨年は雨で山頂の神楽は中止。だから見られたってことは運が良かったってことですね。


20150614早池峰山の山開き38

獅子が登場。はじめは人の方見て「キュ〜」って身を引いて警戒したり、姿が可愛いんですよ。


20150614早池峰山の山開き39
でも演者と一体になると、優雅に舞いだします。


20150614早池峰山の山開き40

カカッカッカって口を鳴らす姿が、また可愛い。
普通の記事ではそんなこと書かないのだろうな〜。


20150614早池峰山の山開き41
さて下山。
でも頂上にいた人が一斉に降りだすから、混雑〜。

20150614早池峰山の山開き42

ま。混雑も今日のイベントの一つと思えば待つのも楽しい。どうせ下山は1時間半もあれば十分だし。


20150614早池峰山の山開き43

普段はあんまり振り返らない山頂の写真。あそこから来たのだなぁ〜。


20150614早池峰山の山開き44

森に入りました。熊よけの一斗缶。
みんなでガンガン叩いたんでベコベコ。


20150614早池峰山の山開き45

いつぞやの椅子ですね。
枝がそのまま足になってる。このまま歩き出しそう。


20150614早池峰山の山開き46

降りてきたら、ちょうど河原の坊登山口でのお神楽の時間でした。


20150614早池峰山の山開き47

女物の着物を着て、優雅に踊ります。
頭の横のパタパタ開く飾りはなんなのだろう?金魚の絵が描いてあります。
頭上に鶏が載っていて、ちょっと面白いなぁ。


20150614早池峰山の山開き48

翁登場!
おじいさんは動きが少し固い。踊り出すまでなかなか間を持たすんだけど、だんだん気持ちが乗ってきて踊りも優雅に。


20150614早池峰山の山開き49

天狗様登場。
舞台の後ろにある幕を、押し破るように少し出てきて様子見て。またまた戻って結界を破って出てくる。このちょっと押しては一旦戻るがユニークなんです。


20150614早池峰山の山開き50

こちらはなんの面なのでしょう?鬼なのかな?わからないけど、口の開き方などはワンピースだな。
お神楽は全部で2時間にも及びました。かつては娯楽がなく、村々ではお神楽がやってくるのが楽しみだったそうです。
早池峰奉納神楽は国指定重要無形民俗文化財とユネスコ無形文化遺産に指定されているそうです。
7月31日には早池峰神社のお祭り前夜祭でまたまた披露されるそうです。ちょっと気になるなぁ。

カテゴリー: 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

Kuraxで仕込んだ味噌を切り返しに行ったよ

20150603クラックス味噌01

なかなか趣のある通路でしょう。こちら、若林区荒町の佐藤味噌醤油店さんの、お店の裏にある工場に至る通路です。
2月28日にKuraxで漬け込んだお味噌が、3ヶ月経っていよいよ混ぜ直す時期が来たようです。


20150603クラックス味噌02

工場の片隅に。。。ありました!
樽の側面に「クラックス・サロン」と書き込んでありますね。仕込みの後は、ず〜っと倉庫の片隅にひっそりと置いてあったそうです。


20150603クラックス味噌03

なんとなんと。重しの石に押されて、少〜し汁も出ています。


20150603クラックス味噌04

味噌は麹で漬け込まれます。
麹は嫌気性なので、発酵に空気は必要ないんですね。大豆は樽の中で時間をかけて旨味に変わっていきます。


20150603クラックス味噌05

この表面に染み出してきた汁を少し舐めさせてもらうと「なんとも言えない旨味!」まさに味噌の旨味です。


20150603クラックス味噌06

大豆のたんぱく質は麹の力で分解されアミノ酸に変わります。麹を育てたお米は、でんぷん>糖>アルコールに変わります。


20150603クラックス味噌07

この大豆を分解するのは酵素プロテアーゼです。仙台味噌は長い時間をかけてじっくりと漬け込まれ、旨味がどんどん生まれるのです。


20150603クラックス味噌08

「ちょっと今の段階食べてみる?」
「いただきます!」
激ウマです。


20150603クラックス味噌09

あれれ?社長さんちょっと笑っているのは何でしょう?
え〜。最近僕んちでは佐藤さんちの1キロ1000円のお味噌使っているんです。ちょっとお高いんですが、毎週1キロ喰ってるわけでなし。っで、これまた友人に教わった「ソーメンを味噌ダレで食べる!」にハマってまして、これが旨いんだ。
の話をしているところ。



20150603クラックス味噌16

これがその「味噌ダレソーメン」20年近くまえに友達に教わった方法だから、もうすっかり元のレシピがわからないけど。

トマトやキュウリ、夏野菜に限らず玉ねぎ人参に椎茸など、いろいろ刻んじゃいます。
味噌をみりんで溶かして、さらに水で薄める。(量はテキトー)
山形のひっぱり蕎麦にならって、納豆なんかも入れちゃいます。
タレをぐちゃぐちゃにして、冷たいそうめんをつけていただく。これが美味しいんです。


20150603クラックス味噌10

漬け込んだばかりの時は塩っぱいばかりの味噌(の元)は、なんとも美味しい味になりましたが、ここでひとかき混ぜでさらに3ヶ月。


20150603クラックス味噌11

このタイミングで空気に触れさせると、さらに発酵は進むそう。あと3ヶ月。8月終盤から9月には完成だそうです。


20150603クラックス味噌12

ということで、表面ならして


20150603クラックス味噌13

ビニールでフタして


20150603クラックス味噌14

ハイおしまい。


20150603クラックス味噌15

3ヶ月後には店頭にあったような見事なお味噌になるそうです。
ということで、僕も自分用にまた買ってきました。

お味噌買うならこちら———

佐藤麹味噌醤油店
住所: 〒984-0073 宮城県仙台市若林区荒町27
電話:022-222-4712

カテゴリー: 取材, 地産地消, 環境, E-Action, 発酵, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

東北電力グリーンプラザでエコライフパーク開催中だよ

20150604エコライフパーク02

本日のブログ。。。いきなりマカプゥとむすび丸の登場です。
仙台市電力ビルの一階、東北電力グリーンプラザにて「エコライフパーク2015 〜環境について、ともに考え、行動しよう〜」が本日(4日/木曜)から土曜日(6日)まで開催です。6月は環境月間なんですね。さっそく見てみましょう。


20150604エコライフパーク01

「あ〜ここ。」「タダだタダだ」「なんかやってるで〜」
こうやってドヤドヤ入っていくと大阪のおばちゃんみたいだな。


20150604エコライフパーク09

新聞紙をペタペタ折っています。大崎市の「海の手山の手ネットワーク」さんの指導の新聞紙でエコバックをつくろうの会です。どうやら高知は四万十川の団体さんが考案したエコバックの作り方だそうで


20150604エコライフパーク15

こんな感じのものが出来上がります。
四国四万十川というと本流にダムがなく、護岸もコンクリートが使われていない清流ですよね。そこで生まれたエコバック製法を伝授する講座で、残念ながら開催は初日のみでした。名前だけ覚えていってね。


20150604エコライフパーク03

ただ、明日からも「」北欧風バスケットをつくろう」とか、たまきさんサイトでもおなじみ河村さんの「ラムネバスボムをつくろう」とか、「ぶぶんこま、ペットボトルけん玉、名刺をつくろう」など、工作や家事など講座が毎日開催されます。


20150604エコライフパーク06

こちら、自転車で発電コーナーですね。目の前の液晶パネルや扇風機を自転車の発電機で動かすんですが、なかなか。。。ギア比が軽すぎて僕はペダルが回り過ぎちゃいました。


20150604エコライフパーク04

これ。電線の仕組みとエネルギーを知ろうというもの。火力水力に風力発電などなど。いろんな種類の発電機を同時に回すと明かりがつく仕組みです。



20150604エコライフパーク16
こちら。。。市内の小学生に募集した「いたらいいな、エコ妖怪」です。ブームに載っかってるなぁ〜。


20150604エコライフパーク07

妖快3Rばばあ!
これ、妖怪ではなくとも、普通にいるかもしれない。。。


20150604エコライフパーク08

ゴミをすいとる妖怪です。
これは妖怪にしてはカワイイ。


20150604エコライフパーク10

こちらは省エネ・光熱費相談のコーナー。
家庭の中で工夫できるところを教えてくれるそうですよ。


20150604エコライフパーク12

こちらは。。。アクリル毛糸で「エコたわし」だそうです。


20150604エコライフパーク13

南三陸のお母さんたちが復興の願いを込めて毛糸細工を指導してくれます。
だけど、こちらも木曜日のみ。どこかで見かけたら、是非とも参加してみて。


20150604エコライフパーク11

同時開催は「東北の“みどりの復興”応援展」
パネルや映像で、東日本大震災から立ち直る三陸沿岸の模様を紹介してくれてます。



20150604エコライフパーク05

ということで、電力ビル一階では土曜日まで環境講座が毎日開催されています。
6月6日の土曜日はトークショー「知って得する!住まいの省エネのポイント」のほか、午後3時からはジャズユニット「Haney Toco」のコンサートも開催されます。
写真はたまたま訪れた近くの保育園の子供達が、むすび丸とマカプゥに大喜びの写真。


20150604エコライフパーク14
週末街にお散歩、なんて予定の方は是非とも立ち寄ってみてね〜。

東北電力グループふれあい環境イベント「ECO LIFE PARK 2015」
日時:2015年6月4日(木)~6日(土)10:00~18:00  (最終日は16:00まで)

カテゴリー: 取材, 省エネ, 役立つ話, イベント, たまきさんブログ | コメントする

メタンをめぐるお話。inエコラボ

20150529東北大学01

本日のブログは5月29日。東北大学大学院 環境科学研究科にて環境フォーラムが開催され、農学研究科の多田千佳准教授が「生ゴミを回そう!みんなができる、エネルギー生産と食糧生産」というタイトルで公演を開くと聞きまして(本当は自転車で東北大学青葉山まで登るぞ〜って担当からのお誘いだと思うのだが。。。。)やってきました自転車で、エコラボです。


20150529東北大学07

こちらが噂の多田先生です。農学研究科の先生で、微生物を専門にされているそうです。講義の後にちょこっと挨拶させてもらいましたが、まぁ〜気さくな先生でした。

20150529東北大学02

そして先生のお話。ザザザッとかいつまんで進めていきます。なんせ専門的なお話で、僕では説明しきれません。
まずはメタンです。こちら自然界には普通にあるガスだそうで、有名どこでは海底に蓄積し凍結状態にあるメタンハイドレート。だけど湖や田んぼなどでも発生し、牛のゲップにもメタンが含まれています。
なんで発生するのかというと微生物が原因です。


20150529東北大学03

こちらが実際にメタンを作る微生物で、酸素が全くないところで暮らしているそうです。(嫌気性)


20150529東北大学04

はい。こちらがメタンが出来るまでの流れで、なんと2つの流れが出てますね。水素を作る微生物がいたり、直接酢酸作ったり、そこから最終的にメタンができたり、ア〜これはわからん。


20150529東北大学05

さっぱりわかんないけど大切なのは、複数の微生物が関わって、段階を踏んでメタンが作られるってこと。多くの種類の微生物が共生してメタンを作るので、先生の研究はその環境を整えてあげるのが専門だそうです。
プロピオン酸酸化細菌が水素を発生させて、それをお互いを結んでいる糸を使ってメタン菌に渡している。これは運命の糸だよだって。ひょえ〜女子だ。


20150529東北大学06

そして微生物は35度とか55度とか熱を加えてあげると元気になるそうです。
だいたいメタン発酵の施設を作ると大規模なものが多くなるそうです。なぜなら、規模が大きいと単位体積あたりの表面積は小さくなるんで、発酵のための初期の熱が逃げないから。


20150529東北大学08

でも実際には大きなものを作ろうとすると色々と問題が多くなる。初期投資も大きいし、何よりも稼働にはいつでも多量の生ゴミが必要になる。だからといって小さくすると熱が逃げる。


20150529東北大学09

そこで鳴子温泉。温泉熱を使えば小規模のプラントでもエネルギー収支がうまくいくのでは!小規模になると安く作れるんですよね。


20150529東北大学10

そこで作り上げたのがこの実験施設。
鳴子温泉のゆめぐり駐車場に作られた施設で、近隣の方が持ち寄った生ゴミを投入すると、温泉で加温された状態で発酵しメタンガスが出来るそうです。初期の加温に温泉熱を使っているので、電気代がかからず安定しているそうです。


20150529東北大学11

地域に住んでいる方は、毎日12キロぐらいの生ゴミを持ってきてくれて、それが微生物に分解され1日1300リットルぐらいのメタンガスが発生します。だいたいコップ一杯のお水を100人分ぐらい沸かすことが出来るそうです。


20150529東北大学12

ちなみに生ゴミが溶けた後に出来上がる液体がこちら。毎日50リットルほどの液肥ができて、近隣の農家に配られ、ミニトマトの生育に使われています。こちらも美味しく実るそうで、だんだんと引き合いが多くなっているそうです。


20150529東北大学13

この生ゴミを持ち寄るシステムは会員制で市民に登録してもらっていて、現在のところ1100名が参加しているそうです。そしてゴミを持ち寄ってもらったお礼は、併設したカフェでのお茶のサービス。「人とのつながり」「親切」「その場にいること」の3つが揃うと人は幸せを感じるそうで、お茶のサービスはまさに生ゴミを持ち寄ることで「場」を作り出すのですね。


20150529東北大学14

ちなみにこのメタン発酵装置は設置する場所の敷地面積で比較すると自動車とほぼ同じ。さらに金額もコンパクトなハイブリッドカーに近い。この2つを比較すると、自動車は維持費もかかるので10年間で総額660万円。その費用で得られるのは10万キロ走るだけ。小型メタン発生装置は10年使い続けると維持費その他で総額310万円。そして10万キロ走る代わりにメタンガスを生産し、トマトを育て、ゴミを燃やすための二酸化炭素も削減できる。僕はサイクリストなんでクルマよりメタン発酵装置がいいや。


20150529東北大学15

さらに多田先生はいずれ小型メタン発酵装置を軌道に乗せて、2020年のオリンピックの聖火をバイオメタンで灯そうとしているそうです。平和の象徴にぴったりですね。是非とも頑張ってください。

聖火を私たちで燃やそう!完全燃焼 2020東京オリンピック聖火をバイオメタンで燃やそう!

カテゴリー: 取材, 環境, 発酵, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

新年度のせんだいE-Action実行委員会総会です。

20150529E-Action01

こんにちは。良い天気が続くなぁ〜と取材に出かけ、帰って来たら口永良部島が噴火をしていたというとんでもない日でしたが、せんだいE-Action実行委員会の新年度第一回目の総会が開催されまして、新しい一年どのような環境活動をするのかなど、お披露目となりました。


20150529E-Action09

まずは新しく実行委員に参加された方や団体の紹介です。
昨年から、たまきさんブログには何度も登場してくださっていました東北工業大学環境サークル「たんぽぽ」も正式加入。とうとう27団体76名となりました。


20150529E-Action03

続いて今年度の予定などの発表ですが、目新しいところでは例年6月に開いていたキックオフイベントが、E-Actionを年で区切らなくなったので「キックオフ」も外そうと、今年はゆるりゆるりと4時間ほど環境を勉強できる体験講座&スタンプラリー開催となりました。

6月13日(土)サンモール一番町藤崎前/11:00〜15:00
《せんだいE-Actionイベント「3Eを始めよう!」》

当日は5ブース出展し、各ブースを廻っていただいた方には、ゴーヤの苗と朝顔の苗をプレゼントします。
こちら、まだ正式には内容が固まっていないので、たまきさんサイトや6月号の市政だよりなどで確認してね〜。


20150529E-Action07

続きまして、いままで2年間続けてきました「伊達な節電所」も、とうとう今年はバージョンアップで開催します。
いままで省エネに的を絞ってきましたが、さらに家庭や事業所などで発電した電気もカウントして昨年の実績2.7基を上回る3基の完成を目指そう!
「伊達な節電所プラス」を開催します。こちらは事務局で誠心誠意節電所のデザイン作成中。6月の中頃には正式発表できると思います。


20150529E-Action02

ということで、スケジュール発表終わり。
あとはE-Action実行委員の皆さんから感想など。
どうでしょう?米谷さん。
「荒町商店街では、地元の「荒町毘沙門天王祭」に節電武将隊が連動して水打ちイベントを開催していましたが、今年は出来れば子供達への環境学習なども組み合わせられればと思います。」


20150529E-Action08

宮町商店街でも、今年は緑のカーテン作りに取り組んでくれる商店を募って、出来れば七夕飾りも商店街に飾りつけて盛り上げていきたいと考えています。
宮町さんにはいつも天文ボランティアうちゅうせんさんの「星空観察会」でお世話になっていますしね。
今年も旧暦の七夕頃にE-Action実行委員会にて開催予定です。


20150529E-Action04

アイリスオーヤマさん。節電キャンペーンではコカ・コーライーストさんとならんで景品の提供に協力してもらっています。昨年は市民の方にLEDを導入して省エネを体験してもらうモニターキャンペーンも開催しましたね。
まずはイベント「3Eをはじめよう!」にてLED関連の省エネ機器の展示をしてくれます。


20150529E-Action06

そして宮城学生ボランティアユニオン。高橋君も参加していますが、代替わりで服部くんですね。
手作り楽器で好評でした。


20150529E-Action10

ということで、E-Action実行委員会。今年度もよろしくお願いします。

カテゴリー: 省エネ, E-Action, たまきさんブログ | コメントする