月別アーカイブ: 2014年11月

昨日に引き続き、kuraxで「楽しくecoな3days!」宮城学生ボランティアユニオンです。

20141124エコな3日間02_03

世の中3連休だって。へぇ〜でも今日でおしまいだよ。ってことで、殊勝に働いております。
ん?今日はなんでしょうねこのお嬢さん達はチラシを持っていて。。


20141124エコな3日間02_02

お!kuraxでの楽しくecoな3days!本日は、宮城学生ボランティアユニオンの「エコ楽器を作ろう♪」です。
勤労感謝の日から3日間開催された環境イベントの最終日ですね。


20141124エコな3日間02_01

そして先ほどのお嬢さんは、道行く親子連れに「ここの6階で手作り楽器を作っていますよ〜」ってチラシを配って、お知らせしていたのでした。でも、みんなバーゲンに夢中みたい。手強いですね。


20141124エコな3日間02_04

なんでかというと。。。。昨日今日と少々冷え込んじゃったので、人の出足がイマイチよくなかったんですよね。
やっぱり冷え込んで人通りが少ないと。。。ビルの6階まで登ってくれる人も少なくって。。。。


20141124エコな3日間02_05

ちなみに作っていたのは、瓶の王冠とプルタブ、牛乳パックで作った。。。


20141124エコな3日間02_06

タンバリンです。
何がいいかなぁ〜ってユニオンのメンバーが調べたら、おあつらえ向きの楽器が見つかったそうです。


20141124エコな3日間02_07

そしてペットボトルマラカス。中にはビーズやプラスチックパイプを切った飾りが入っているんだよ。


20141124エコな3日間02_12

そして、牛乳パックで作った笛。なかなかいい音鳴らすのに角度が難しいんだって。


20141124エコな3日間02_08

なんて、のんびり構えていたら「すみませ〜ん。お願いしま〜す。」
あらら、参加者がやってきた!


20141124エコな3日間02_09

ね〜何か呼び込みで工夫したんですか?
「チラシ配るときに、タンバリンも見せて鳴らしたんですよ。そうしたらお子さんが興味を持ってくれて。」
お!素晴らしい工夫。現物見ると、イメージがわくのかな?


20141124エコな3日間02_10

なるほどね〜。
お。こちらタンバリンの飾りに、ぷっくりしたシールを使っています。
ユニオンの学生さんに聞きました。今日はどこの学校からきているんですか?
「今日は、宮城学院大学と、東北大学、そして宮城教育大学です。だいたい最近では市内の学生さんは、あちこちどこの学校からも参加してくれています」
人の輪がボランティアを通じて広がるっていいことだね〜。


20141124エコな3日間02_11

「はい。実際にボランティアに参加した学生がその後に教育実習に行って、事前に子供の相手をしていたから、ずいぶん楽だったって聞いています」
なんて話をしているうちに、あれれ、どんどん子供たちがやってくる。


20141124エコな3日間02_13

「今後教育系の道を選ぶにしても、早いうちから慣れることができて、いいですしね」
それに、教育系の仕事を選ぶっていうことが、実際に自分に適性があるのか?も、早めにわかるしね。
「そうそう」


20141124エコな3日間02_14

なんて話をしながらカメラを向けていると、またまた申し込みが来た。
もう、席が足りないのでは?


20141124エコな3日間02_15

笛。できたようだね。
小さな子って、基本的に工作が大好きなんですよね。


20141124エコな3日間02_16

タンバリンも完成!くるくる回して遊んでいます。
「いやいや、それ叩くものだし。」ま。いいか。
幼稚園で教わったのかな?タンバリンの歌を歌いながら、ご機嫌で帰る子供もいました。


20141124エコな3日間02_17

ペットボトルマスカラも出来上がった?
シャカシャカ。よかったね〜。


20141124エコな3日間02_18

表でチラシを配っていた学生さんも戻ってきました。
「仕事って、なかなか上手く運ばなくって苦労するときもあるけど、こうやって人が集まったり、やり遂げた感があるときは何より気持ちいいよね〜」
学生ボランティアさんたちも、いずれは社会人になるわけで、こうやって街に出て、実地で工夫して、頑張ってみる体験も、とても大切なんだろうね。

カテゴリー: 取材, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

連休中はkuraxで、楽しくecoな3days!!

20141123エコな3日間14

連休の中日ですね〜。街は少々休みの中だるみなのかな?人出があるようで、それほど多くないかなの午前中です。
今日の取材はkuraxの6階で開催のE-Actionイベント「楽しくecoな3days!!」に来たよ。
本当は昨日も来たかったんだけど、う〜む。夢メッセで別の取材に行ってました。
さてさて、では会場を見てみましょう。


20141123エコな3日間01

お!看板あった。今日はみやぎ環境とくらしネットワークMELONさんが主体で開催の日ですね。っといっても。。。ちょっと早く着きすぎたかな。外には人が歩いていないしなぁ。


20141123エコな3日間03
お!うちエコ診断の今野さんです。
こんにちは〜。どうですか今日は。あ。。まだまだ始まったばっかでやっぱりお客さんが来てないかぁ。
うちエコ診断は、家庭でのいつもの電気やガスの使用量を質問事項に合わせて入力していくと、自分の家のエネルギー消費と、さらに「ここを改善するともっといいよ」と暮らしのヒントを教えてくれるんですよ。


20141123エコな3日間04

ちなみに、診断を受けると、これ、クリアファイルかトイレットペーパーをくれるそうです。


20141123エコな3日間05

お。会場奥には積み木がありました。って、遊んでいるのはMELON職員さんじゃないですか。
ま、お客さんが来るまでの、ちょい時間つぶしでした(笑)


20141123エコな3日間06

続いて紹介してもらったのは、ドライブシミュレーター。
画面を見ながら、本物の自動車と同じ感触のハンドル、アクセル、ブレーキを使って運転すると、

20141123エコな3日間12
こんな感じで、運転の総合評価してくれるんだよ。
例えば「アクセルペダルは時速20キロに到達するまで5秒ぐらいかける、ふんわりアクセルで発信しようね」とか。
って、145人中6位って凄いじゃないですか!


20141123エコな3日間07

登り坂でアクセルを一定にしてスピードを維持するなんて、結構難しかったなぁ。
自動車ってアクセルの踏み方一つで燃費が変わってくるから、丁寧に運転する習慣をつけたいね。



20141123エコな3日間02

ちなみに、自動車の運転以外にも暮らしのヒントを掲載したパネルも展示されているよ。


20141123エコな3日間08

これなんでしょう?あ!最近子供たちの間で流行ってる「妖怪⚪︎ォッチ」のイラストじゃないですか?
ま。絵の方は関係ないとして、こちらはマイタンブラー作り講座でした。
一人200円で、思い々々のタンブラーが作れるよ。


20141123エコな3日間10

こちらは早速の参加者ですね。デコシールを使って飾り付けです。


20141123エコな3日間09

そうしましたら、いつの間にか積み木で遊んでいる子もいました。
「これ、保育園にもある〜。」
自然の木の感触はいいものですよね。


20141123エコな3日間11

そうこうしているうちに、うちエコ診断にも参加者が。


20141123エコな3日間13

さらにエコドラシミュレーターにも。。。君は無理じゃないかい?アクセルにも足が届いていないし。
明日は宮城学生ボランティアユニオンの「エコ楽器を作ろう!」だよ。皆さんkuraxに遊びに来てね!

エコ楽器を作ろう♪
– 宮城学生ボランティアユニオン –
11/24(月)
AM 10:00〜12:00 
PM 14:00〜16:00

カテゴリー: 取材, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

買い物奇譚2 リュックを買うお金を捻出しよう!

20141121買い物奇譚弐013え〜僕には決して近寄らないようにしている場所がありまして、普段近くを通るときも、ちょっと隣の路地を歩いたり、自転車だったら遠回りをしたりして、出来るかぎり見えないようにしている場所。。。正確に言うと店舗があります。
なんせ、そこの恐ろしさといったら、僕のお財布から掃除機のような強烈な吸引力でお金をギューって吸い込んで行ってしまうのです。なので、ここに行くのは年に2回あるかなぁ〜。常に警戒を怠らないようにしていたはずなのに。。。。モンゴルから帰った数日後に「ま、いいか」ってんで、ぶらりと入ってしまったんです。そう。恐怖の館に。。。



恐怖の館の地図>>

20141121買い物奇譚弐012ここの製品は、ウエアはいいけどザックに関しては僕の評価が低かったんですよね〜。だから油断していた。。。なんと新作で、今まで見たこともないような雨蓋の作りをしているザックを発見。色も僕好みだ。いやいや!これは絶対使いやすそうだ。
第一、作りが超〜簡素で、超〜軽量。なのになんだこの収納力は!ピッケルも簡単に収納できて、両側のスリングにはスノシューも簡単に取り付け可能だ!だのに雨蓋構造が自由だから、脱いだウェアだってアイゼンだって挟んで置ける。ずばりここ数年こういうリュックを探していた。なんだこの革新的なリュックは!

まぁ〜僕も、人の自分の含めて、散々山用品使ってきたけど、これには驚いた。ここ数年探してきた(しかも流行りの)超軽量リュックの流れを汲みつつ、さらに先を行くような製品でした。ってんで、それからというものリュックのことが忘れられない。だいたいどうやったら買えるんだ?18600円もするリュックを。。。だいたい思いつきで欲しくなるのはいい兆候じゃないぞ。ここは慎重に、慎重に考えてだな。。。。うう。。あのリュックは出来がいい。。。悩んだ悩んだ。そして山仲間と飲んでた(もちろん酒)時に「やっぱオレ買う」宣言をしたのが1か月後。フツーはそれではだいぶ遅いらしい。
でもどうやって買う?ムダ使いはせんぞ。

そこで思いついたのは「使ったことにする貯金」
知ってます?財布を開けてお金を払おうとした時に、いちいち立ち止まって考え直して、使わなかったら貯金する。これが意外にスンナリ貯まってくんだよね。仕事で使う道具も貯金。昼飯も帰って食べたから貯金。。。。だけどなんか。。。どんどん切なくなってきた。貧乏は仕方がないが、ビンボ臭いのはダメだ!



20141102_シクロ2-3戦33そこでですね。妙案が急展開。
たまきさんモービル3号を作ったじゃないですか。その時に取り外した余った部品が部屋にあったなぁ〜。ニヤリ。
そういえば。。。昨年のマウンテンバイクレースでもらった賞品があったなぁ〜。ニヤリ。
あ!そういえば、使うからって頼まれて買った機械があったなぁ〜。ニヤリ。

あれとこれとこれ。売るか!



20141121買い物奇譚弐011
さぁ〜仕事のあいまに写真を撮って、綺麗に見えるようにチョコチョコ準備です。
売るのは、まぁ〜みなさんご存知だろうけどインターネット上の某オークション。新品でも中古品でも、個人でものを売却しようとすると、どうしても買い取り店持ち込みが主体になって、金額も手数料とか考えると、あんまり有利とは言えないんだよね。

20141121買い物奇譚弐014
その点オークションだと、自分の売りたい値段の最低の金額さえ設定すれば、あとは欲しい人が自由に値段をつけてくれる。手数料も売却価格の5%だから、ほとんどが自分の手元に来るわけだしね。ってことで、丁寧に説明文と写真を掲載していきます。この説明文が大切なんだよね。あんまり書きすぎてうるさくないように、それでいて「ちょっといい品」に見えるように正直に記載しておきます。

あとは。ね。僕の商品を見た人が興味を持ってくれて、入札してくれるのを待つだけ。この時間(だいたい一週間ぐらい)が、一番楽しみだけど心配でもある。売れるのかなぁ。
ところが!今回は出足が良いんですよね。僕の自転車部品とか、ちょいちょい入札が増えていくよ!

20130128泉ヶ岳06なんだか入札が順調だから、この調子だと無事に新リュックが買えることが確定。だったら、使わなくなる古いリュックも売っちゃっていいんでないかい?



20141121買い物奇譚弐08
このリュックね〜。僕が大学卒業して社会人になってすぐの時に、高田の馬場の山用品店でポンコツ市やってて、大喜びで買ってきた思い入れのある逸品。それから20うん年。どんだけ物持ちいいんだ!
へっへ〜それでも綺麗にして売ってやる。

そうしたら。。。なんか色味と古さが「気に入った!」って人が現れて、是非ともたっても3500円で売って欲しいって。
そりゃあモチロン!大喜びで決めてしまいました。「どーぞ、どーぞ、買ってやってください」
でもね〜流石に長いこと使ってきたリュックだから。。。20年以上使ったリュックだし。。。少々送り出す時は悲しかったけど、ええい!新オーナーの元に行ってこい。

な〜んてことをやっていたら、いつの間にか出品期間が終わりに近づいて、次々に落札されていく商品。落札金額がメールで届くんですよね。



20141121買い物奇譚弐06壊れたホイール。1円。
レース用では壊れているけど、実用品としてはまだ健在。普通のホイールとしては優秀な品なんだよ。
「ま。捨てる手間を考えたら使ってくれる人がいて良かったか〜♫」


20141121買い物奇譚弐04
部屋に転がっていた自転車レースの賞品のジャージ。ビール一本240円から始めたら。。。2700円チャリ〜ン「え?」



20141121買い物奇譚弐05同じくレースの賞品でもらってきた、シートにつけるサドルバック。
僕は使わないから、長いこと家の窓辺に置いてあった。
チャリーン。3200円「え・え??」


20141121買い物奇譚弐09
山用に11000円で買ったけど、結局テストしただけで使わなかった機械が、11000円「え?え?え?」


20141121買い物奇譚弐03

20141121買い物奇譚弐02

部分的に、チビっと欠けていた自転車のシフトレバー。同じくセットのリアの変速器とふたつ合わせて22450円。「え〜〜〜!」


⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎
ジャラジャラジャラ〜。
合計42851円也
⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎★⭐︎


20141121買い物奇譚弐01
どうすんだ!18600円で買おうとしていたリュックが。。。手数料抜いても収益が出てしまった。
こりゃ〜えらいことになった、えらいことになったと狼狽してしまい。とりあえずリュックは買ってきたけどまだ余る。使わなかった機械はそのまま貯金に返したけどまだ余る。。。これじゃ目的を通り越してしまった!
これ、新リュックを買って大喜びの図



20141121買い物奇譚弐010
ってんで、お金は天下の回りものだよ。余ったのも凄い金額ではなかったんで、そのままエボラ出血熱の支援で募金へ〜。これでちょうど良かったんでないの?っていう、リュックを買おうとしたら、どういうわけか国際貢献を買ってしまった買い物奇譚(2)でした。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

環境ビジネスアライアンス マッチングセミナーin仙台って???

20141121環境ビジネスマッチ01

え〜。。。本日はまとことに場違いなところにやってきまして、なんと説明したらよいのやら。。。
「環境ビジネスアライアンス マッチングセミナー」に取材で来てみませんか?って誘われまして。。。まぁ、学校を卒業してからというもの、ちゃんとした服装の定義が穴の空いていないズボンレベルの僕としては、まずだいたいにビジネスという言葉にびっくりで。。。アライアンスっていうと、飛行機に乗るときに「スターアライアンスのメンバー」ってアナウンスを聞くか、スタートレックぐらいでしか聞いたこともない。。。連合って意味だよなぁ。恐る恐る。。。Navisにやってきました。


20141121環境ビジネスマッチ02

看板出てますね。扉も輝いております。本当は朝からセミナーを開催しているそうなんですけど。。。


20141121環境ビジネスマッチ03

わ!スーツ。
僕が前にスーツ着たのは確か。。。そうだ、環境Gooで表彰式に行った時だ!


20141121環境ビジネスマッチ06

そして講演されていたのは、はぁ〜安心。イートスの猪狩さんでした。
このセミナーは、いわゆるBtoBと言われるもので、環境系のノウハウを持った企業同士が集まって、自社の製品や能力を紹介しあい、お互いに協力関係を築きながら、新しいビジネスチャンスを作り出そう!っというものなんですね。


20141121環境ビジネスマッチ04

イートスさんは以前に取材に行ったことがありますね。
システム会社が何故に環境技術を???ってことで、今は空調設備などを一時停止してしまう「デマンド監視」に「照明の調光」と「空調設備」のコントローラを全部まとめてecoCloud(エコクラウド)と呼んでいるそうです。


20141121環境ビジネスマッチ05

そこでもやっぱり主役になっているのが「各種センサー類」
これがないとデマンドコントロールひとつとっても、通常は電気を使いすぎちゃいそうになっても警報が「ピーピー」って鳴って、人がとんで行ってスイッチを切るしかなかったものが、いまではコントローラーから信号を送ってあげると、自然にコンプレッサーを止めたりできるというそうだ。(最近では停止のための入力端子も初めから機械についているんだって)
なんで電気使用量が大きくなると、電気を切るかって?事業用の電気の基本料は、最大電力に合わせて設定されるからなんだよね。


20141121環境ビジネスマッチ07

なんてことをセミナーで話しつつも、「初期投資0円で、電気の見える化!」なんてキーワードも出てくる。やっぱりビジネスだなぁ。
でも、こんな感じに電気使用量の最適化を指導したり、実際に設備を導入したりでノウハウを販売するビジネスって、実際にあるからね。


20141121環境ビジネスマッチ08

ま〜本当にビジネスの世界なので、隣の会場では質問&相談コーナーで、パネル展示と商談です。


20141121環境ビジネスマッチ09

お!イートス増子社長がいらっしゃいました。
先ほどのセミナーに興味を持たれていたお客様と、実際にどのように施設に導入され、どんな事例があったのかなど、説明の真っ最中でした。


20141121環境ビジネスマッチ10

そして、コンプレッサーの間欠運転の説明ですね。
「機械に悪くないのですか?」など、いろいろと質問が出ていました。
「いやいや。実際にメーカーが推奨する方法なんで大丈夫ですよ」だそうです。


20141121環境ビジネスマッチ11

まぁ。本当にビジネスの世界なので。。。なんて部屋の片隅を見ると、おお!こちらにはカーボンオフセット証明書がありました。
このイベントは福島県の事業者さんが節約した二酸化炭素でまかなわれているそうです。
今日はなんだかよくわからない内容でしたが、環境技術って事業用にも知らないことがいっぱいあるのだなぁと。ではでは。

カテゴリー: 取材, 省エネ, 環境, たまきさんブログ | コメントする

三連休にはKurax Salonで環境イベントが満載だよ。

20141119クラックス告知

11月22日(土)・23日(日)・24日(月)は一番町kuraxで環境イベントが毎日開催されているよ。

——————————————-
楽しくecoな3days!みんなで「E-Action」
親子でエコを楽しく体験出来る3日間!
——————————————-

イベントの詳細はこちら>>


● 「紙すき」を体験!クリスマスカードを作っちゃおう

11/22(土)
AM 10:00〜12:00 
PM 14:00〜16:00
(開催時間中、お好きなタイミングで参加できます。カード作りに必要な時間はおよそ30分程度です。)
紙ってどうやって作るのかな?身近にある牛乳パックを材料に「紙すき」して紙づくりにチャレンジしよう。シールやスタンプで飾れば、素敵なクリスマスカードが完成!

● うちエコ診断+マイタンブラー作り!

11/23(日)
10時~15時

家庭の省エネをサポートする「うちエコ診断」受診会で、自宅のエコ度や家庭のライフスタイルに合わせた省エネ対策をアドバイス!

● エコ楽器を作ろう♪

11/24(月)
AM 10:00〜12:00 
PM 14:00〜16:00
(開催時間中、お好きなタイミングで参加できます。楽器作りに必要な時間はおよそ30分程度です。)
身近にある牛乳パックやペットボトルなどを使ってエコな楽器をつくろう!! 音がちゃんと出るエコな楽器を自分で作ってみよう。

カテゴリー: 告知, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

毎年恒例!「高校生地産地消お弁当コンテスト」に取材だよ

20141115_高校生お弁当コンテスト01

毎年毎年ですね。
秋も深まり、木枯らし吹くこの時期になるとやってくるのが。。。!


20141115_高校生お弁当コンテスト02

宮城大学食産業学部の調理実習室で開催されます「高校生地産地消お弁当コンテスト」です。


20141115_高校生お弁当コンテスト03

今日はずいぶんコメント短いのにひっぱるな?って??そりゃぁ〜本日、写真セレクトしたら68枚になっちゃったもんで、全部にコメント書いていたら、とんでもない量になっちゃうんですよ。ま、たぶん書くけどね。
このイベント、みやぎ県内に通う高校生が3人もしくは2人一組になりまして、地元や地域でとれるおいしい食材を使っておいしいお弁当を作ろうというもの。材料費はなんと300円以内!そして素晴らしいのは、コンテストの最終候補者のうち優秀な作品は、実際にコンビニエンスストアで販売される商品にされる可能性があるんです。かつて取材した仙台二高の皆さんも、その後は実地での商品化への取組みを体験されて、たまきさんサイトでは店頭に並ぶまでを追っかけましたね。


20141115_高校生お弁当コンテスト04
それでは、開会のあいさつです。
宮城県農林水産部次長の渥美様です。
「本日のこのイベント、県としては若者が地域の食材への理解を強める素晴らしい機会と捉えています。また協力していただいたコンビニ各社の皆様にも感謝をします。
今回は県内から27校137もの応募があり、一次審査を経て、10のお弁当が今回の最終選考へと進みました。
個性ある旬の食材や地域の食材が、どのようなお弁当に生まれ変われるのか、本日の出来映えを楽しみにしております。」


20141115_高校生お弁当コンテスト05

続いて審査員を代表して、宮城大学食産業学部の石田様です。
「こちらの施設は普段は加工品の実習にて使われている部屋なので、いつもの家庭科室などとは少々勝手が違うでしょうが、頑張ってみて下さい。
特に、誰かのために食べ物を作るという意識が強ければ、良いものが出来上がると信じております。今日はどのようなお弁当が仕上がるか、審査員一同、楽しみにしています。」


20141115_高校生お弁当コンテスト06

それでは、本日は60分間でお弁当を作作っていただきます。存分に腕を振るって下さい。
それでは、よ〜い。


20141115_高校生お弁当コンテスト07
ドン!


20141115_高校生お弁当コンテスト08

ワラワラっと飛び出していきます。皆さん下ごしらえを終えた食材を取り出します。


20141115_高校生お弁当コンテスト09

はい。ここでCMじゃなくて、序盤はあんまり動きはないんですよね。だからネコの箸置き。


20141115_高校生お弁当コンテスト10

今回のエントリーは、さすが地産地消で値段もお手頃なサンマの登場が多い!
三枚に下ろしていますね。


20141115_高校生お弁当コンテスト11

下味つけて、下ごしらえ下ごしらえ。


20141115_高校生お弁当コンテスト12

その間に菜っ葉をゆでます。
こちらは何に化けるのだろう?


20141115_高校生お弁当コンテスト13

あれ?サンマのお腹に何か挟んでますね。鮮やかなピンク色は。。。


20141115_高校生お弁当コンテスト14

先生。このオーブンが空を飛ぶんです。
うそでしょ?
ウソです。

何を焼いているのでしょうね?


20141115_高校生お弁当コンテスト15

なんて馬鹿なこと言ってるうちに、コンビニ各社の皆さんがチェックに来ましたよ。


20141115_高校生お弁当コンテスト16

皆さんの視点はまた特別です。
お弁当の製造過程だけでなく、材料のレシピを確認して、原価と工数のチェックともちろん仕上りと。プロの目は厳しいです。


20141115_高校生お弁当コンテスト64

この頃になると、会場中にいい香りがしてくるんですよ。
クンクン。これは。。。炊き込みご飯だな。


20141115_高校生お弁当コンテスト17

お。こちらはサンマをトントンと刻んでツミレにするのでしょうか?
最近は日本酒づいている僕としては、このまま熱燗なんて最高なんですが。


20141115_高校生お弁当コンテスト18

カセットコンロの火加減チェック。フライパン相手だと覗き込まないとわからないようで。

20141115_高校生お弁当コンテスト65
ぐるんとな。
玉子焼きを返すのは、けっこう難しい。


20141115_高校生お弁当コンテスト19

真剣な顔をしてます。油の温度をチェックしてます。
右手の女子が持っているのは。。。あ〜さっきのサンマ!明太とジャガイモのペーストが挟んであるそうですよ。


20141115_高校生お弁当コンテスト20

会場歩いていて、振り向き様に「あっ!」て撮った一枚。
「ふ〜む。県内産味噌かぁ。」

20141115_高校生お弁当コンテスト68

連続写真ね。
混ぜまぜ。


20141115_高校生お弁当コンテスト67

ゴクリ。


20141115_高校生お弁当コンテスト66
ヨシヨシ。まぜまぜ。


20141115_高校生お弁当コンテスト21
焼き上がった?
ね?何焼いているの??
鮭のフィッシュボール。

20141115_高校生お弁当コンテスト22

こちらも胡麻をまぶして。「ヨ」ってね。

20141115_高校生お弁当コンテスト63
うわぁ〜。僕の大好物のそばだ!
あ〜この取材辛い。胃袋に辛い。


20141115_高校生お弁当コンテスト23

お釜を明けますと。ボワァ〜って。


20141115_高校生お弁当コンテスト62
これは美味しそうです。イヤぜったい美味しいでしょう。ショウガがホワ〜ンって香ります。


20141115_高校生お弁当コンテスト24

お。さっきの鮭。揚がったの?旨そうだぁ〜。


20141115_高校生お弁当コンテスト25

その間にも、そろそろ審査員の皆さんは中間の結果をメモにまとめます。


20141115_高校生お弁当コンテスト26

すんごいデッカイ体で、小ちゃなお弁当箱におかずを並べます。


20141115_高校生お弁当コンテスト27

これはフィッシュボール。


20141115_高校生お弁当コンテスト61
仕上り。三等分だよ三等分。


20141115_高校生お弁当コンテスト28

徐々に大詰めに迫ってきました。この時点で残り10分です。


20141115_高校生お弁当コンテスト29

仕上。仕上。
イクラをちりばめていますね。


20141115_高校生お弁当コンテスト30
審査員の先生は、仕上の時間もチェック。

20141115_高校生お弁当コンテスト31
食欲には、見た目も大切ですからね。

20141115_高校生お弁当コンテスト32
あ!ピーマンの包み焼き。美味しそうだ!これはぜったいに旨い。

20141115_高校生お弁当コンテスト60
詰めて詰めて。並べて並べて。


20141115_高校生お弁当コンテスト52
では、各校の完成したお弁当を見てみましょうか?

「colorful!bellyful!!wonderful!!弁当♡」
宮城県仙台二華高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト41
で、お弁当ついでにプレゼンテーションタイム。
量は少なくても贅沢なお弁当!
各素材には、某有名なキャラクター(千葉県浦安のね)の施設の名前がついていて、ダンスとともに紹介です。
薫りのよい仙台味噌を利用した具沢山炊き込み御飯!
「美味しく召し上がれ〜♬」
審査員、おくちポッカ〜ン。破壊力抜群でした。


20141115_高校生お弁当コンテスト40

「宮城の幸たっぷり☆秋御膳」
宮城県仙台二華高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト42
キーワードは「菌活」体の免疫力を高めるキノコをふんだんに、ビタミンと繊維たっぷり。
はらこメシを主体に仙台味噌豆腐グラタンにずんだコロッケ。。。さすが秋の味覚!美味しそうです!


20141115_高校生お弁当コンテスト34

「MIYAGI’S WAFFLE BURGER」
宮城県泉館山高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト43

日本人の心でもある米。コメをなんとワッフルにしてしまった泉館山高校のアイデア料理です。
さらにサンマのつみれ、里芋とレンコンのハンバーグ。
素材を大切に体にも心にも良いお弁当を作りました。



20141115_高校生お弁当コンテスト38

「石巻×北高」最強コラボ弁当!」
宮城県石巻北高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト44

石巻の地産地消美味しい食材から作ったお弁当は、なんとお米は北高生徒が収穫したキタアカリ。
ピーマンが苦手なお子さんでも美味しく食べられるように肉詰めを。サンマのタモフライ(あ!あれだ!)など地元産90%のお弁当です。


20141115_高校生お弁当コンテスト33

「鮭と秋刀魚で楽しく魚魚っと弁当♪」
宮城県気仙沼西高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト45

気仙沼を代表する食材、わかめ、鮭、さんま、ふのりなどなど。
ぎょぎょぎょな驚く美味しさです!


20141115_高校生お弁当コンテスト35

「産地直送ショウガの混ぜ込み稲荷弁当
~海から里までの恵みたっぷり~」
宮城県気仙沼西高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト46

こちらも気仙沼の美味しい食材、さらに味の基本にしょうがを選びました。
サケのミートボールはこれからブームがやってくるでしょう!
魚や野菜が簡単に食べられる、美味しいお弁当です。
お弁当男子万歳!!


20141115_高校生お弁当コンテスト39

「海かおる響のうまいもん弁当」
宮城県本吉響高等学校

20141115_高校生お弁当コンテスト47

震災から3年8ヶ月。でも被災地の元気を届けたい。
鮭、笹かまぼこ、オキアミ、三陸のおいしさを届けたい!
愛情たっぷりのお弁当です。


20141115_高校生お弁当コンテスト51

「はらくっついべんとだっちゃ!!!」
宮城県石巻西高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト48

白・黄・赤・緑・黒・茶彩りとバランスのお弁当。
リコピンとコラーゲンがたっぷりで一品一品食材そのもの味にもこだわっています。


20141115_高校生お弁当コンテスト36

「*大和撫子弁当*」
宮城県柴田農林高等学校川崎校


20141115_高校生お弁当コンテスト49

川崎町には美味しい食材がたくさん!
オメガ3系の脂肪酸にこだわり、地元産のニジマスを使いました。新そば海苔巻きもついて、川崎町の美味しさ詰まったお弁当です。


20141115_高校生お弁当コンテスト37

「ごちそうの ボリュームたっぷり
うまみギューっと弁当」
宮城県加美農業高等学校


20141115_高校生お弁当コンテスト50

ゴボウは捨てる部分がない。免疫力も強くなるし、ゴボウらしからぬ柔らかさと食感を楽しんで下さい。
地元の伝統野菜プレミアムな高城ごぼう!


20141115_高校生お弁当コンテスト54

ではでは、審査員の皆さま。試食でございます。
う〜ん。これはどうなっているの?
なんて小さな疑問にもお答えします。


20141115_高校生お弁当コンテスト55

そして試食用の小皿のトレーが!


20141115_高校生お弁当コンテスト56

トレーが!!


20141115_高校生お弁当コンテスト58

トレーが旨そうなんだ!!!!
あ〜お銚子運んでくれないかなぁ。


20141115_高校生お弁当コンテスト57

はい。食べて下さい。試食なんて言わずにもっともっと(ヤケ)


20141115_高校生お弁当コンテスト59

もう。。。毎年ですがこの取材はお腹がグ〜グ〜。大変なことになります。


20141115_高校生お弁当コンテスト53

とくに僕の総評ではありますが、今年は香りがたまりませんね。
そのことを会場でお会いしたローソンの木村さんに話したら、
「いやぁ、学生さんは凄く研究してきてますよ」だって。
ではでは、たまきさんサイトとしてはここまで。だって、表彰式を取材したら、速報し過ぎでしょう。だから僕のところはここまでだよ〜。またね!

カテゴリー: 取材, 地産地消, イベント, たまきさんブログ | コメントする

事業者向け省エネ・節電勉強会と見学会に参加してきたよ

本日のたまきさんブログ。黒いですね。
それもそのはず、今回取材しますのは「事業者向け省エネ・節電勉強会、同見学会」というものでして、ひとことで申しますと会社を経営されている方、管理部門の方向け、省エネの勧めと事業所の改修の提案でして、セミナーの他に補助金のお話しとか、色々ある訳です。なので、皆さんスーツでいらっしゃっていて、こういう色合いなのです。
ちなみに主催は仙台市地球温暖化対策推進協議会です。


始めにセミナーです。
講演タイトルは「省エネの進め方と無料省エネ診断事例」講師をして下さいますのは、一般財団法人 省エネルギーセンターのエネルギー使用合理化専門員で赤井仁志様です。
総合設備エンジニアリング企業のユアテックの技術開発センターにも所属されていて、北海道大学の客員教授の方でもあるのですね。


ちなみに内容をずっと追っていってしまいますと長くなるので、かいつまんで。
このグラフは1973年からほぼ現代までのエネルギー消費の動向でして、日本全体のGDP(国内総生産)は2.4倍にふくれあがっているけど、最終エネルギーの消費は1.3倍に留まり、産業部門でのエネルギー使用量は0.9倍と、逆に減っていますと。業務部門と家庭部門はグンと増えているので、一般の人がより沢山のエネルギーを使用するようになったことを示しているそうです。


特に特徴的なのは、業務部門のエネルギー使用が1990年代の後半からグンと増えているという。。これはIT化の波がやってきて、職場でもパソコンが普及しはじめたからなのだそうです。
それが近年になって傾斜が下向きになったのは、職場で使われるパソコンの性能が向上して、あまり熱を出さなくなったのがあるとか。確かに昔のパソコンって、巨大なファンから熱風をブーブー吹き出していましたね。


そこで面白いお話しが出ました。
職場のエネルギー使用改善の組織を、職場の構造のまま作り上げると、どうやらあまりうまく働かなかったそうです。いつもの職員さんがいつもの職場環境で、いつもの顔ぶれで改善案を討議しても、せっかくの案を上手に実行できないんですね。
そこで、職場の構造とは関係ない組織を作り、実行した改善案を部署の代表が交流する場を設けて、情報を共有することで、なんと既存の施設のままで32%ものエネルギーを減らせてしまった事業所もあったとか。
「こんなことがあったら良いですね」のように気付きを共有する仕組みを構築すると、小さな工夫の積み重ねができるようになるそうです。



ちなみに、先生のいる省エネルギーセンターでは事業所ごとに、無料の節電診断と省エネルギー診断の相談を受け付けているそうで、こちらはとある自治体のとある庁舎だということで。。。。なんだか僕らのよ〜っく知っている自治体だそうですよ。ど〜こ〜か〜なぁ〜。
夏季、冬季、そして暑くも寒くもない中間期に分けてエネルギーの分布をチェックしまして。特に12時から13時ですね。凹んでいるのが解ります?ここはお昼の消灯の効果が出ているそうです。
事業所の電気代の基本料は、この最大電力使用時を基準に決定されるので、飛び出している山を削ってあげたり、その飛び出した山を作る原因(例えば融雪ヒーターとか)を別の系統に切り離してしまったりするとかで、経済効果を上げられるそうです。
そして、省エネは会社の経営にとってもプラスになるということで、何が凄いかというと例えば30万円の利益をあげたいと考えると、純利益率が売上げの2%と仮定したら、1500万円の売上げを伸ばさないと達成できない。だけど、電気代はダイレクトに丸ごと純益になるのです。

ということで、では省エネ機器を導入するにはどのようにすれば国とか県から補助が出るのだろう〜の時間なので、これは僕には関係ないな。


ではでは午後の施設見学会の会場へ移動しよう〜ここまでエルパークでした。


あれ。。。25分で着いちゃった。みやぎ生協桜ヶ丘店です。
自転車は究極のエコカーだなぁ。今日の燃料は野菜天丼とアイスクリームでした。

午後の施設案内を説明して下さるのは、コープ東北サンネット事業連合 環境管理室の佐藤さんです。
ここ、コープ桜ヶ丘店では建物の空調に重油ボイラーを使って一カ所で熱源を作り全館に送るという。。。今ではすっかり時代遅れになってしまった空調だったものを、電気を使ってフロアの部分々々を個別に調整できる仕組みに切り換えている最中だそうです。
また、照明にも全面的にLEDを導入しています。


これは、やはりコープの組合員さんの環境意識が高いのもあり、二酸化炭素の排出量削減もクレジット購入ではなく、もっと積極的にエネルギーを直接減らす改装を行うことにしたそうです。
ちなみにグラフは年ごとの二酸化炭素削減量で、ググって減ってるでしょ。


では、実際に売り場を見てみましょう。
これがLED化した店内です。ジャ〜ン。見た目はあまり変わらない。。。。。


そうです。大きな変化はないけど、それが肝心。
そしてここからがもっと肝心なんですが、せっかく省エネの設備を入れたのに、どうしても工事をされた方は「こんなに明るくなるんだよ〜」って、最強&最高で設定したくなるそうです。ところが、商品を見るには必要な明かりの量というものがありまして、場所場所に分けて細かく調整してあげる必要がある。


LEDには、そんな光量調整の機能が備わっていますから、文字が見えるちょうど良い光量に最終的に落としてあげる。そんなあと一歩が大切なんです。


さらにこちらは冷蔵棚の明かりです。
新しいシステムではオーバーキャノピー型と言われる。。。頭の上から照らしているこのライトですね。これを点けるようにしました。


従来は棚の一段ごとにランプがあったそうで、結果的に発熱もしないから冷却の効率も良くなったんだって。


では、建物の外に出てみましょう。
ここ。この場所には元々は重油のタンクがありました。そして6万1千リットルものA重油を燃やして熱源にしていたんですね。



ま。重油は下から汲み上げて〜。この後ろの建物に入り、ボイラーで燃やされていました。それが今の時代にはランニングコスト的にも、もちろん環境にも良くないということになったのです。そこで電気で個々にエアコンを動かすようにしたということです。


では、さっそく現地を見てみましょう。
左手には、元々はクーリングタワー(冷却塔)があったんですね。集中管理だったから、ダクトを通してここまで空気を循環させて引っぱってきていたんですね。
今は跡地にエアコンの室外機が設置されています。


そしてここが、元ボイラーのあった部屋。
今はがらんと何もないです。写真にならないって?はい。でもいいんじゃないですか?
ちなみにここには室外機から来た冷媒用のパイプがいったん集まります。そして個々のエアコンの室内機へと向う訳ですね。


ゴロンと落ちているのは、熱交換器ですね。
たぶんボイラーで作った熱気を熱交換器に当てて、パイプの中を通る空気を温めたり冷やしたりしたんだろうなぁ〜。なんでそんなこと知ってるんだって?はは。。。学生の時にダクト屋さんでバイトしてました。


っということで、ある意味見るものの少ない現場見学会ですが、空っぽの箱とか、すんなり代わったLEDとかを実地で見る面白さがあったかも。
ちなみに、エアコンは今は冷やしもしないし温めもしない中間期だから、営業中でも工事が出来るとか。
さらに照明などは店舗の開いていない夜間に交換しているので、昼間は普通にお店が開けられるそうです。
そして何よりも、夜間のお仕事が続くので、作業される方も普通の現場より疲労が蓄積するということで、くれぐれも「今日もご安全に」これって、工事現場の朝礼の最後の挨拶ですね。ケガなく作業が終わりますように。


ということで、本日のブログは事業者向け省エネ設備導入施設の見学会でおしまいでした。お疲れ様です〜。
さて僕も自転車で帰ろう。

カテゴリー: 取材, 省エネ, たまきさんブログ | コメントする

サザエさんだよフラフラ旅。会津若松 東北シクロクロス第3戦・第4戦

さてさて。アウトドアにも本気で取り組んでおります、たまきさんブログ。
その割にシクロクロスの投稿なかったって?まぁ〜いろいろあったんです。レース??出てましたよ。
東北シクロクロスはだんだんと開催場所が遠方になってきまして、第3戦と第4戦は猪苗代湖畔近くで開催。となるとね〜さすがにヒョイヒョイ出られないかって去年は思っていたんだけど、あれれ?会津若松が近いんでないかい?だったら街並見物でもするか!
ってんで、サザエさんのように観光ついでにやってきました。
ちなみに写真は、宿代ケチって道の駅で仮眠してたとこね。


おお〜神社だ。猪苗代湖の天神浜には小平潟天満宮があるのだなぁ。
学問の神さまだな。



きりの中から現れる選手。まだ朝の7時です。
試走は1時間。この間に出来るだけコースを把握して、タイヤのエア圧とかポジションの調整とか、けっこう忙しいです。


でもね〜。このコースは割と好みだなぁ。
ちなみにロードバイクとシクロクロスを季節ごとに組み替えていた僕も、とうとうふたつの自転車の季節がダブってきたので、余っているパーツをかき集めて、一台作っちゃいました。っということでじゃじゃ馬お嬢様号は、晴れてたまきさんモービル3号となりました。


ちなみにこれは9月にあった第1戦の様子。この時は車体がなくってマウンテンバイクでした。トホホ。


はい。東北シクロクロスオーガナイザーの菅田さんです。
本日はかつてにないほどの最大のエントリーが来ました。とくに世界戦への選考を兼ねているので、カテゴリー1は全日本選手権のようです。
なるほどなるほど〜。


続いて本日参戦は、元マウンテンバイク全日本プロレーサーの山本和弘選手です。
いやいや、東北のレースをこよなく愛されているようで、今回は第3戦4戦と2日間連続の連続出場となりました。


ではでは。スタート前に神主さんからお祓いをしてもらいましょう。
まずはケガなきことを祈って〜ってところですか。


主催者代表で榊の奉納となります。ま、とにかく危ないことわざわざしにきているので、怪我無きように。


はい。全員で記念写真。ハイチーズ。


ばんざ〜い。なんか真ん中の子ははっちゃけているなぁ〜。


では、第一レース。チャレンジカテゴリーとカデント(お子様)ね。ビューンと。


すみません。今回は写真撮っているの僕でないから、トビトビでいきなり僕のカテゴリー3。ビューンと。


そしてこの2連戦でわかってきたんですけど。。。僕飛び出しだけは速いみたいだ。
スタートで2列名にいんだけど、2つもコーナー曲がると前の方にいる。ただその後はグダグダだけどね。


そして!一周目は、そうだなぁ〜トップ集団の見えるとこに居たいなぁ〜って思っていたのに、なんとバランス崩して右ハンドルが地面に接地。すぐに再スタートを切ったら。。。「変速しない!」なんとシフターのギアに砂がまみれて動作不良を起こしておりました。



おいおい。まだ半周も走っていないのに、オシマイだ。小学生がシャレでビュンビュンペダル廻しているみたいに、グルグル漕いでるのに「スイ〜」って追い抜かれていく。漫画みたいだなぁ〜ってんで、さすがに2周でオシマイにしたら、なんと今日のc3のレースは4周だったんだね。せめてもう一周すりゃ良かったのかな。。。
写真は本日シクロクロス初エントリーで優勝の沢田君。高校生のチャンピオンだってさぁ〜。


ちなみにボーイは昨年の最終戦で優勝してc2にカテゴリーが上がっているんだよね。
なんだか走りも頼もしいです。なかなか。


朝の雨も上がって、この景色。
っと言っても僕ら地面の砂しか見ていなかった。シクロクロスって、あんなロードバイクみたいな車体に乗って、砂の上も走るんだよ。


あれ?れーすは???
う〜これは、たったの2周。現実には半周でレースが終わってふてくされた僕がm、さっさと機材片付けて会津若松見物にやってきた写真でした。


城だねぇ〜。会津若松の城址は小振りだけど、やはり樹々が美しくて良いね〜。
こうやって見ると、人が住める地域って限られていたんだな。この会津若松から喜多方、米沢の動線は、土地が豊かなんだろうな。


こちら。民謡♬会津磐梯山で、おはらしょうすけさんが大好きだった末寛の醸造元です。


朝寝朝風呂朝酒が大好きで、それで身上つぶした〜はぁ〜、もっともだぁ〜、もっともだぁ。
あの曲の朝酒はココで買ってたって。ま、おはらしょうすけさんは架空の人物らしいけど。


そして近所の食堂「ハトヤ」へ。
なんか昭和40年代生まれには、名前だけで気になってしまう名前ですよね。
もっとも仙台ではCMやってなかったか。伊東に行くならハトヤ♬。ってCMが必ずテレビでやってたんですよ。こことは関係ないけど。


そして、会津若松名物のソースカツ丼。旨かったぁ〜。
カツがシャキシャキ!ソースがじんわり。
ジャンクフードに近い味わいなのにね。



そしてさらに酒蔵見物。
お酒は飲みませんよ〜運転手さんだから。
香りは最高でした。なので一升瓶は買ってきたよ。


ま。ちょっとは環境系ということで、会津若松市役所。ここにあるのは〜。


EV用の充電施設ですね。
こんなに雰囲気のある建物に、ハイテクがくっついている。カッコいいなぁ。


これは意味は無いけど、雰囲気のある建物でした。


明けてシクロクロス第4戦。ん?なんだか天気が。。。


雨です。昨日のぽかぽか陽気から、うって変わって一ケタ台。気温7度です。
菅田さ〜ん。寒いよ〜。早く走ろうよ〜。


ってことで、東北シクロクロス第4戦@南ヶ丘牧場。カテゴリー3スタートです。


しかし寒いし泥だし。大変なレースでした。
滑るコケル。だんだん車体は泥だらけになって、ハンドル握る手がズルズルきます。


ここね。なかなかライン取りの難しい石畳。何故か魔女っ子岩って呼ばれています。


ドロドロ〜。登り枕木セクション。でも何とかなる〜。
ヨッコラショっと。


しかし本日のブログはとりとめがないなぁ。
いやいや、写真撮るだけでも大変だったんですよ。とにかく寒い。


でもね。今回はとりあえずメカトラブルもなく、まぁ中段ぐらいでゴールできたんじゃないかな?


はい。グチャグチャコースです。人間はドロドロなので。。。


レース後は水で洗います。
でも高圧水かけても全然綺麗にならない。泥水ってやっかいなんですよ。


あの〜僕も洗って下さい。
ハイハイ。ジャーってね。
息が白くなるほど寒い日でしたが。


お。気がついたらc1のスタートでした。もうほんとうにグダグダになってしまってすみません。


でも走っている皆さんは必死です。必死に自転車に乗りたいんだけど、なんせ泥が制御不能なほどにグチャグチャで。。。しかも木の根っことかも掘れてきて、乗ったままでは曲がれません。


こちらトップを快走中の山本和弘選手。結局のところ昨日と今日の2レース。その後に関東で2連戦と、全て優勝というこの強さは格別です。マウンテンバイク出身というのは、なんか嬉しいなぁ。


一周ごとに車体を交換して高圧水で清掃。シクロクロスだな〜。
ってことで、グダグダなまま終了の本日のブログでした。
まぁ〜それぐらいに南ヶ丘は厳しい日だったと思って下さい。とにかく寒かったぁ〜。

ちなみに。来月12月14日(日)はスポーツランドSUGOモトクロスコースで全日本シクロクロス大会が東北初開催されます。なんとジェットコースターのようなSUGOのコース。日本屈指の難コースですから、観に行くだけでも期待大です。
東北シクロクロスは明けて2月に最終戦ね。それでは!

カテゴリー: 自転車, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする