日別アーカイブ: 2014年7月2日

宮城学生ボランティアユニオンの活動にくっついて行きました。


6月もそろそろ終りの土曜日です。考えてみれば1年のちょうど真ん中だなぁ〜の土曜日です。ここは西公園の脇にある交番の脇ですね〜。さてさて若い学生さんが集まって、とても爽やかに見えるけど、朝方の雨がついさっき止んで、あたりはムンムンとんでもない湿度です。そんな中の本日の取材は、なんでしょうね〜?



はいはい。今日の道具はこれだよ〜。
「火ばさみ!?」
配っているのはせんだいE-Action実行委員会のメンバーでもある宮城学生ボランティアユニオンの代表 高橋さんです。


本日の取材は学生が市内を歩いて、道路脇に落ちているゴミ拾いをしようというボランティアイベントの取材でした。参加してくれているのは東北大や宮城教育大学など、仙台市近隣の大学の学生さんで、一年生が多いとか。仙台市にやってきたばっかりだと、どこに何があるのか?道順も解らなかったりなど不案内なこともあるだろうから、先輩が道案内をしつつ、みんなでゴミ拾いをしようという「サザエさん+道路清掃」みたいなものですかね。


ここ西公園で4グループに分かれ、瑞鳳殿コース、青葉神社コース、東照宮コース、榴岡コースを歩きます。
ちなみに僕は4コースの中から西公園〜国分町〜青葉神社〜勾当台公園コースに参加しました。理由は、ゴミが一番多そうだから。
でも、この距離って普通に歩いても60分以上かかるような気がするけど。。。


ではでは「出発するよ〜。」の前に記念写真だそうで。。。オッサンにはこのポーズがいまいち解らない。漫画ワンピースでも似たようなカットがあったような。。。やっぱり解らん。


ということで歩き出したら、まぁ〜あるわあるわ。吸い殻がゴロゴロ落ちている。とくに駐車場には吸い殻が点々とあって、端から拾っていくとキリが無い。でも駐車場清掃になってないかい?


実際のところ、たばこの吸い殻は大量にありました。しかも当日の朝に雨が降ったから道路に貼り付いて回収が大変。
こちらはポイって側溝に捨てようとしたのだね。でもねぇ。。。。そんなところに捨ててもフィルターは無くなるわけでなし。なんか良いアイデアはないのかなぁ。
「吸い殻10本持って行けば、一本もらえるってのがいいんじゃない?」


こちらはお菓子の袋。食べながらポイってことでしょうかね。
プラスチックゴミは環境にずっと残って地球を汚すってんで、大問題ですぜ。
海に流れると、ドンドン細かくなって海水中にプランクトンみたいに漂うんだよね。

環境に放出されるプラスチックを考えよう!の団体ね。


傑作(ダメダメのね)だったのはこれ。道路に落ちてた揚げ物の串。その少し先にオニギリの袋が落ちていて、その少し先にコンビニ袋が落ちてました。朝食を食べながら順番にポイポイ捨てたのですね。だったらせめてプラスチックの袋もらわなきゃいいのに。。。



お!サザエさんツアーよろしく、仙台の名所にやってきましたね。
江戸まで六十九次。日本橋までは九十三里の。。。


芭蕉の辻にゴミ。。。。これはオサレで有名な某コーヒーチェーンの紙コップ用のカバーだな。


どうせ飲むなら、店でソファーに座りながら、のんびりマグカップで飲めばいいのにね。
あそこのコーヒー代が高いのは、料金のほとんどが雰囲気を楽しむためなのだそうだ。だけど、店を出たらゴミ。


とうとう国分町が見えてきたよ〜。果たしてどうなることか。


そうしたら。。。国分町に入る手前の中央分離帯の上がゴミだらけ。
「なんだこの量は!?」
たばこに空き缶、雑誌にペットボトル。あっけにとられましたね。


そうなんですね。この分離帯は右折の時に、車が止まって信号の変わり目を待つ場所なんですね。
窓からポイポイゴミ捨てポイポイ。場所が場所だけに掃除も出来ない。
そこでの気付きですが、ゴミが落ちていると、人はさらにゴミをポイ捨てするようです。



これはブルームバーグ ニューヨーク市長が就任直後に「市内の割れているガラスを直せ」と指示したのに似てますね。どこか小さな不備があると、それを切っ掛けにどんどん治安が悪くなるそうで。小さなことから善行を積み重ねようとのことです。
そして国分町の入口があの調子だから、夜の街、国分町のなかは凄いことになっているのではぁ〜。いやいや商店主さんは朝に道路の掃除をしているようです。綺麗でしたね。
夜勤明けのお嬢さんが、ハイヒールでホウキもって掃除してるのかなぁ〜?黒服のお兄さんが??とにかく交通量の多さや混雑具合を考えても、道路脇のゴミは少なかったですね。


こちらは定禅寺通りに黄昏れる紙くず。
「僕も回収して〜」


火バサミよ。あれが青葉神社の森だ。
どうみても集合時間に間に合わないのと。。。。手元のごみ袋が既に満タンです。作並街道で右折し、ショートカット決定です。


こちら。構造的欠陥ってやつですね。
バス停の脇にゴミ捨て場。バスに乗る前にポイ捨て。ポイッと捨てて、バスで逃げる。


こちらはポイ捨てではありません。。。これは指定の日じゃない時に出しちゃった家電ゴミの類だなぁ。これは回収できず。


なんて歩いていたら、市役所が見えてきました。
みんな片手にごみ袋。ところがこの袋には、たばこの吸い殻がたくさん入っているから、もの凄く臭う。立ち上がる空気が鼻が曲がる程臭いのだ。大変だ。


勾当台公園は。。。。これはたぶん宴会のあとだろうな。。。飲んで騒いで、バイバ〜イ。おいおいゴミはどうした!?


僕ら青葉神社コースの回収したゴミ。
大量のたばこの吸い殻と、ジュースやお酒の空き缶。雑誌が3冊。その他もろもろだけど、ほとんど全てがポイ捨てによるものです。
「こうやって見ると、仙台はマナーがなっていないなぁ」とは参加者の声。
いやいや。僕の生まれた街の方は、人が多いせいかもっと凄いけどなぁ。


企画をたてた高橋くん達も帰ってきました。瑞鳳殿方面を歩いてきても、やっぱりゴミは沢山あったようですね。


榴岡、東照宮方面も帰ってきましたが、さすがにみんな時間切れでショートカットだそうです。
次回は距離をとらなくても、公園とか、場所を限って実施してもいいのかもなぁ〜なんて意見もチラホラ。でも街並清掃は意義があると思うよ。



では、みんなそろったので、オシマイの記念写真。でもなんでそのポーズなの?オッサンには理解不能だ。


集めたゴミは、地域清掃用の袋にまとめました。
仙台市は道路清掃などで出るゴミは無料で回収してくれる仕組みがあるんですよね。でも一番はゴミをポイポイ捨てないことだよなぁ〜。ナンで捨てるんだろう?捨てる人の気持がわからん。
ということで、ボランティアユニオンの皆さん。ご苦労さまでした!

ってことで、仙台市からの案内の一部抜粋
———————————————————————-

□■ 地域清掃やボランティア清掃 ■□

地域清掃やボランティア清掃をするときに、地域清掃ごみ袋(無料)の配布、清掃用具(火ばさみ)の貸し出しを行っています。
—–自主的にごみ拾い活動をする人を「アレマ隊」と名付けて応援しているのですね。
http://www.city.sendai.jp/sumiyoi/gomi/kankyo/0350.html

カテゴリー: 取材, 環境, E-Action, たまきさんブログ | コメントする