日別アーカイブ: 2012年12月13日

12月ですね。年の瀬が迫ってオマケがつきました。

荒町市民センター
たまきさんサイトで実施している「鍋奉行」企画。今日は荒町商店街まで協賛のお願いに行きました。
ただいまのキャンペーンは、今後仙台市内で節電に取り組んでいるお店や商店を取材して、お店の宣伝を大いにしてもらって、かわりにおいしいお鍋の作り方の紹介とか、ついでにちょっと商品のお願いとかをしますので、楽しみにして下さいね。

ってことで、写真は荒町市民センター。

鮭の卵
はて?近くに立ち寄ったからと荒町市民センター。。。といえば、そうです!そろそろ鮭の孵化の頃なんですよね。
センター職員で、今年から担当になった前田さんにお話を聞きました。


孵化している
こちらの卵は11月の末に名取川の郡山堤近辺で採卵されたものだそうです。
センターにやってきたのは12月1日。それから冷たいお水の中でスクスクと育っていたんですね。前田さんが今朝見た時は10個ほどの卵が孵っていただけだそうですけど、この半日のあいだにどんどん卵を突き破って小ちゃな鮭が出てきています。見ていて飽きないですね〜。
これから数日かけて幼魚が出てきますから、近所の方は見に行ってみたら?1月には鮭の講座が開かれるということなので、日程が決まったら連絡をもらうことにしました。


そしてそして。12月ももう半ば。2012年ももう幕引きも見えてきたかなってこの段階に、ビックリなオマケの話がきました。
たまきさんサイトは、たまきさんが日々思うこと、見つけたことを取材しブログで発表してきたサイトですが、なんと検索ポータルサイト大手のGooが主催しています、環境Goo大賞で、「地球温暖化対策部門 奨励賞」を受賞してしまいました。こんなことってあるのか???
もともと賞そのものがあるとも知らなかったので、たまきさんを含め関係者一同ビックリ。どうやらどなたかが推薦してくださったようです。感謝です。

ここからは、ちょっとヨソの方の言葉を引用。といっても作家の沢木耕太郎が毎年クリスマスの深夜にやっている番組、Midnight Expressのなかで紹介していた登山家の山野井泰史さんの言葉の引用なので、電車で隣りに座った人の知り合いの友達の話みたいですけど。。。
「何かに真剣に向き合って頑張っていると、もちろんそれなりに成果も出るのだろうけど、最後にオマケがつくんですよ。」
僕、この言葉が大好きだったんですよね。記憶を頼りに書いてますけど。

旅とか、登山とか、仕事もだけど必死に頑張っていると、最後のさいごに予想もつかない人と出会ったり、景色を見たり、何かのオマケがついたりする。
このオマケは期待していない分だけいい気分になるし、また頑張ろうって気持になるんです。

環境Goo地球温暖化部門奨励賞

たまきさんサイトも、なんにも期待しないで、とにかく色んな人に会って、ひとつづつコツコツブログで紹介してきたら、最後のさいごに大きなオマケがついちゃったんです。
ちょっと今日は嬉しいですね〜。
それが今日のタイトルの、オマケの話でした。

カテゴリー: 省エネ, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする