月別アーカイブ: 2012年8月

宮城野区にできる、新しいコンサートホールの試演奏を取材しました。

宮城野市民センター複合施設
僕の家族は僕を除いて音楽一家でして、音痴で筋肉系の僕以外は、ジイさんバアさんに至るまで楽器が弾けて、息子や娘にいたっては絶対音感まである始末。。。むかし川で拾ってきた子だと言われましたが、僕は本当にこの家の子なのだろうか?と、常々思うのです。

その音楽一家の住む宮城野区ですが、今まで音楽ホールが唯一無かったんですよね。
区内の吹奏楽部の学生さんたちは、大会前になるとバスに乗って他区まで最終チェックに出かけていました。
ですが、とうとう秋に待望のコンサートホールがオープンします。

宮城野図書館の幸町からの移転と、原町児童館、宮城野区中央市民センター新設と、様々な機能をひとつに集約した宮城野区文化センターが建設され、新しいコンサートホールも10月1日に開館します。
そこでホールの状態が設計どおりの性能を発揮するか?など、オープン前の試演奏の依頼が近隣の宮城野中学校の吹奏楽部にありまして、その情報を聞きつけた僕もお願いして、ちょっとだけ様子を取材させてもらいました。


音だし中
建物1階の、正面玄関を入ったすぐ奥に、コンサートホールはあります。
このホールの設置は、地元の方との協議の中から生まれたとか。発言をなさった市民の方に感謝です。


コンサートホール
僕が到着した時には、宮城野中学校吹奏楽部の試演が始まってました。
この吹奏楽部は市内では実力派でして、吹奏楽コンクールの地区大会を勝ち抜き、8月4日の県大会で銀賞を受賞しました。


コンサートホール座席

こちらのコンサートホール、座席数は384あり、車椅子専用のブースも3人分用意されています。


練習中

この緊張感は。。。自転車レースのスタートラインにも似てますね。
空気が張りつめてます。



真剣ですね。
楽器が輝いてます。
コンサートだけを専門にしているフォトグラファーもいますが、判る気がします。楽器って形も綺麗で、輝きがいいですね。


コンサートホール
あとあと試演奏の状態を聞いてみましたが、とても音が響いて気持よかったとか。
でも、プロの耳からは、どうだったんでしょうね?当日は多くの計測機器が持ち込まれ、午後中をかけて音響チェックを行っていました。


音だし中

続いて、隣接するシアターホールにもお邪魔しました。
ただいま小編成やソロが練習しています。


シアターホール
座席数は224席。
だけど、この座席は電動で全て格納することができるそうで、床に直接座れるようにしたりと、様々なレイアウトができます。


練習中
光が!綺麗ですね。
僕は音痴ですが、職業柄、光線の具合はよく見えるんですよ。


座席が近い

演者からは、観客がこんなに近くに見えるんでしょうね。


シアターホール座席

こちらのシアターホールは、音がまったく反響しないそうです。
用途の違うホールなんでしょうね。


宮城野市民センター複合施設
宮城野区文化センター。
JR原町駅を下車して、徒歩30秒。とてつもなく便利で、とてつもなく素敵な施設が、この秋に全館オープンします。
市民センターは8月28日に先行してオープン。
コンサートホールは12月から一般貸出です。お楽しみに。

カテゴリー: 取材, 日々の話, 告知, たまきさんブログ | コメントする

七夕2日目。今日はお気に入りの場所を散策。

青色のLEDが綺麗です。
仙台七夕の2日目ですね。
ここ仙台では、暦の七夕では梅雨の真っ最中なので一ヶ月ずらしてあるということを、つい先日知りました。だけど毎年のように七夕というと、どこかで一日は雨が降る。今年は初日にとんでもない豪雨が降りましたが、いつものシトシト雨よりはマシですか。。。

そして仙台の七夕。以前は定禅寺通りでパレードなどもやってましたが、震災があった昨年以来、かわりに開催されているのがこの「願いの道」
もともと短冊に願い事を書いて竹に飾ると願いが叶うといった伝承も、すっかり街中の吹き流しに押され気味だったので、僕はこの短冊が飾ってある通りを散策するのが大好きです。
市民広場付近からメディアテークのちょっと手前まで。のんびりと散策してみましょう。っということで、少々写真多めで進行します。


願いの道
願いの道には、全国〜全世界から短冊に様々な思いが記され、寄せられています。
未曾有の大災害にであったこの地ですから。復興と幸せへの願いもあふれています。今なら願いも日本で一番良く叶うのでは?っと勝手に思ってしまいます。


願い短冊コーナー

そして散策中にも、現地で願いを書くこともできます。
お祭りもいいですが、やっぱり基本を思い出した気がしますね。


みんな元気で。
みんなが元気でいられるのが一番ですね。切実な願いです。


佐賀から来た方
佐賀県からいらっしゃったという方の願いです。
僕もけっこう全国転々としました。そして住んでいると解りにくいですが、仙台は日本の中でも、とてもいい街です。


有名なあの方ですね。
アノ方からの、願いも来てますね。
隣人を幸せにするためには自己犠牲が必要だと、道を説いてきたアノ方です。
ぼくは、やなせ先生の本が大好きでして。モノ作りの人種としては、とても勇気づけられるんですよ。
絶版だけど。。。とても良い本です。図書館にありますよ。


静かな空間です。

平和への願いで満たされた空間です。
短冊をひとつずつ読むと、時間がとてもゆっくり流れるんですよね。


ノーモア
6日は広島、8日は長崎に原爆が投下された日です。
福島も。。。二度とこんなことは起こしたくないですね。


イスカンダル!!
この手があったか!
僕はドラゴンボールを7個集めるしかないかと思ってた。


陽が落ちるといい風が吹きます。
陽が沈むと、風が吹き始めます。
仙台は海に面しているので、冷えた空気が名取川〜広瀬川を経由して、都市にまで入ってきます。


切実な願いですね。
本当に切実な願いです。
一去年までは100年に一回の経済ショックなどと言っていたのに、もう1000年に一回の悲しみを僕らは超えてきてしまったのです。


神戸から
神戸からの応援メッセージです。
僕たちは越えたから、あなたたちも大丈夫。なんて力強い応援でしょう。
忘れられていない。その言葉がとても嬉しいです。
レタリングも、独特で素敵ですね。


みんな希望を持ってます。

文字を見ながら、ブラブラ散歩です。
短冊を書かれた方の、様々なイメージが沸きますね。


千羽鶴ありがとうございます。
たくさんの千羽鶴も、送られています。
金色が、迫りくる夕闇にとても映えます。


元気ビーム
元気ビームも、しっかり受けとめました。


だんだん日が暮れていきます。
日は完全に落ちて、定禅寺の遊歩道の街路灯の明かりに、短冊が反射します。


ブラジルから

ブラジルからの応援メッセージです。
実際に日本から一歩踏み出ると解るのですが、日本という国は、世界各地でとても人気があります。
努力と誠実さの象徴で、新旧ユニークな文化も併せ持つ美しい国だというイメージでしたよ。


!!!
ウッ!
大丈夫。君の夢も叶うよ。きっと。。。


また元の道に戻ってきました。

ひと通り歩いて、またもとの場所に戻ってきました。

このLEDのトンネルは『希望への道』と命名されており、各界の著名人のメッセージが展示されています。


最後にボスから。
ということで、最後は我らがボスからのメッセージです。(ボスでありながら、アイドルなんじゃないかと僕なんか勝手に思ってますが。)
そうですね〜。ベガルタも頑張ってますし、オリンピックではサッカーの代表チームがメダルをかけて死闘を繰り広げています。
彼らを見ていると、まだまだ出来ることがあるんじゃないかと、勇気づけられます。

カテゴリー: 取材, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

七夕が始まりましたね。

花火を見に行ったのだが。。。
僕はお祭りやイベントが大好きなので、七夕まつりも可能な限り見に行くことにしています。
ですが。。。先日の近所の花火の時は、とても綺麗に撮れた花火の写真も。。。


樹々の向こう。。。

木の向こうでした。。。
西公園側から見る前夜祭の花火は、下の方がほとんど見えないことを忘れていました。。。樹々の上にチョコチョコと顔を出す花火を写真に撮るのは難しい。。。さすがに失敗でしたね。


お!セミだ。

花火を見ていたら、足元からヒョッコリ、セミが出てきました。
7年間土の中で暮らしてきた生き物が、こうやって目の前から出てくるなんてビックリです。
確かに今日は夏らしく、そこら中の木でセミが鳴いています。






気をとり直して、七夕。

ということで、気分をとり直して、七夕見物にやってきました。
仙台の七夕まつりは6日から8日まで。今年は土日にまったく絡まないという、これまた珍しい年ですね。
まずは仙台駅の改札口から。さすが東北の玄関口です。行き交う人も多いし、七夕飾りも大きい。


PARCO前

仙台に引っ越してきて、初めて七夕を見た時は、それまでテレビなどで見ていた、記憶の中の光景との違いで驚いたものです。
なによりその華やかさに驚きました。どこまでも続く、煌びやかな色の吹き流しをかき分けるように歩く体験は、普段の少し地味な仙台暮らしとはかけ離れた別世界のものでした。
僕が引っ越してきた当時の仙台は、まだまだ発展途上で、街もこんなに整備されていませんでしたからね。


ここは某社の。
さて、仙台駅のコンコースの外側、ペデストリアンデッキに変わったブースを見つけました。日本各地のお祭りで、ごみを拾おうというプロジェクトです。


ごみ掃除用の火ばさみですね。
夏休みでヒマそうにしていた娘がくっついてきているので、ごみ拾いを手伝ってもらうことにしました。


相変わらず綺麗です。

一番町の飾りは、商店が競い合って飾りをつくるので華やかですね。


でも足元には。

その足元に、ちょびっとゴミが。
ですが、そんなに多くないのは感心感心。


この光景は好きです。

先日開催されたフジロックも、参加者自身が分別するので、ゴミの少ないイベントとして有名ですね。
これが海外のお祭りだと、確かに足元がゴミだらけで。。。。日本人の綺麗好きが、こんなところにも光っています。


北米からも応援メッセージですね。

お!どうやら北米から、日本の再生を願ってのメッセージです。


そうですね。優勝ですよ。
さらに、こんなものも発見。
まさかお盆に、J1の優勝を願えるポジションにいられるなんて。
嬉しい年です。


七夕です。
やっぱり僕は、イベントの多い仙台の街が大好きなんですよね。
だいたい5月の青葉まつりからお正月まで、毎週どこかで何かをやっている。楽しい街です。


これぐらい集まりました。
さてさて、肝心なゴミはこれぐらいでした。
植え込みで見つけたタバコの空き箱が一番大きなゴミだったのは、ちょっと皮肉でしたが。。。


回収ステーションで分別してもらいました。
帰りがけに回収ステーションで分別してもらいました。
掃除って気持いいですね。

カテゴリー: 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

近所のお祭りのはなしですが。。。

ヘリコプター

近所のお祭りを掲載するというのも。。。環境には関係がないんですが。。。っと思いつつ。
迫力だけは、もの凄いいお祭りなので、ちょこっとだけ場所をお借りしてます。。。僕の家から自転車で5分。なんと、自衛隊仙台駐屯地夏まつりです。

正門をくぐって入ると、いきなり子供がヘリコプターに乗ってみたりしています。もちろん飛びませんが。

高射砲

仙台市って、地区ごとに住む人の性格が違うなぁと、常々思っていました。
特に僕の住む宮城野区は、やはり卸町のような大きな工業地帯があるので、職人の街なんですよね。それが理由で引っ越しちゃった家族を数軒知ってる。。。僕は居心地いいけど。

子供が高射砲に跨がってますね〜。普通、こんな光景を観たら大問題になりそうだが、親は〜写真撮ってます。宮城野区だなぁ。


戦車

戦車も当然ある。
このお祭りの時だけ、僕ら一般人も基地内を色々見て歩ける訳でして、迷彩柄が流行った一昨年ぐらいは、購買部で扱っている商品を女の子が買いあさってました。。。なんせポーチもバッグもタオルも、全部迷彩柄なもんで。


花火を観にきました

このお祭りは、去年は震災復興支援で、開催されませんでした。
ここの基地には日本中から人員が集結して、東北沿岸の復旧と行方不明者の捜索に全力を尽くされていたんですね。

そしてクライマックスは、花火なんです。しかも芝生に寝転がって、地面から打ち上げる様子も見えるほどの花火です。
そして。。。。今日は七夕前夜祭の花火ですね!
仙台市でも、最も大きなお祭りがいよいよ始まります。なので、無理矢理、花火ネタを入れたくて、自衛隊祭りを扱ってみました。
———でも、本当にここのお祭りは面白いんですよ。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

たまきさん クルマガイド!?

フィットシャトル ハイブリット

この1週間は、個人的なこととはいえ、大変色々なことがありました。
クルマに興味の無い男の自動車ショー巡りなんて、因果な取材をしてしまった僕ですが、それでも自動車は持っていた。なんせカヤックを漕ぐのに、さすがに家の前から漕いではいけない。そして登山に行くのに、家から自転車で登りにいくなんて、さすがに過酷すぎないか?っという理由だけでクルマを持っていたのだが、なんとそのクルマが、まぁ相手もいることだし詳しくは書けないけど、止まった状態のままで大破。しばらくのあいだ、これ乗ってて寄越されたのが、コレでした。
はぁ〜。本田技研謹製のフィットシャトルですね。


ハイブリットだなぁ〜

なんだか妙に新しい車で、後ろにまわって見たら、ハイブリットでした。こりゃ面白い。
僕はハイブリット車って、ずいぶん前にちょびっと乗ったことがあるけど、あとはあんまり縁がなかったなぁ。


エコスイッチ

ってことで、クルマに興味の無い男の、ハイブリットカーの試乗会です。運転しながら写真は撮れないんで、助手席に行ったり、後部座席に行ったり、それでもシートベルトはしっかり締めてますよ。今回の事故でも重要さは良く解りました。

ってことで、お!ハンドル脇にECONスイッチがあります。
このスイッチで、ECO運転を教えてくれるそうです。
当然ON。



運転開始

運転開始!
ハイブリット車って、有名どこの某数車種しか思いつきませんでしたが、本当はこんなに巾広い車種にまで広がっていたんですね。
特にホンダのハイブリット車は“ほぼ”常時、モーターとエンジンの両方で走るタイプです。

ハイブリット車といっても色々ありまして、

1)エンジンの力をモーターで常時サポートするタイプ。
2)一定距離内ならモーターだけでも動けるタイプ。
3)バッテリーにも充分余裕があって、充電が充分ならモーターだけで動くタイプ。エンジンはバッテリーが減ってから。
なんてあります。

そこで問題、一番効率が良いのはどれでしょう?


メーター周り

ま〜。様々な意見があるでしょうが、この観点ではどうでしょう?

クルマが動くだけの充分な「バッテリーとモーター、一式」「エンジンと燃料系統と吸気系、一式」を最少にしたものが、重量が一番小さい。

移動のエネルギーは、2つしか無い科学の絶対法則、位置エネルギーの保存の法則に則ってますから、重量の軽いものは、当然ながらエネルギー消費量も小さいので必要充分なモーターとエンジンを搭載した1番が一番効率がいいんです。(ついでに。。。もう一個の絶対法則はエントロピーの増大。)
年がら年中、クルマが一台動く分のモーターとエンジンを両方積んでいるのは、効率の面からは良くないんですね〜。


ここで切り替わるのか〜。

メーターの脇に、見慣れないメーターもありますね。
自動車は走行中には大きなエネルギーを貯えます。この運動エネルギーを、ブレーキをかけた時などにバッテリーに逆に流してあげる。回生ブレーキが付いているんですね。モーターと発電機は、構造は全く同じものですから。


広々しているな〜。

広々してますね〜。運転の感覚は、ほとんどガソリン車と違いません。


アイドリングストップ

そして、信号などでブレーキを踏んでいると、勝手にエンジンが止まります。
このあいだのエコ診断では、クルマは5秒間の停止状態があれば、エンジンを切った方がいいと教わりました。
そういえば、この自動車はエンジンをかける時のスターターモーターを廻す独特の間が無かった。全て自動でコントロールしているから、あの鍵をひねる行為はスイッチONだったんですね。


さて問題。

さてさて。交差点にやってきました。
僕はクルマは好きではないけど、免許だけは府中の試験場で大型自動二輪を2回の試験でとったと言う強者でして、安全運転には厳しいですよ〜。
この交差点。我がフィットは右折しようとしています。対向車も右折。たぶん前のクルマが曲がりきるのを待っているのでしょうね。
そして右手の横断歩道には歩行者がいません。
そこで問題!
この状況で、次に起こりえる危険はどこにあるでしょう?


結果も教えてくれるのだね。

答え。
右折しようとしているクルマの屋根越し、窓越しに何か見えませんか?後続車がいるんです。
この場合に後続車の進行を妨げての右折は、優先車への進路妨害になります。右折車が抜けると、直進車が加速を始めます。典型的な右直事故ですね〜。
オートバイ乗りは、この手の事故の危険性には、優先時でも常に注意を払ってます。
そして、直進車が見えているからって急いで右折しようとすると、自分の右後方のミラーの死角から逆走自転車がやってくる危険性もありますね。この場合は自転車が法令に違反してますけど。

なので、くれぐれも安全運転で。
道路はサーキットではないので、安全は守られていません。
みんな不思議に思うけど、サーキットは単一の方向へ、近いスペックの乗り物が走るので大変に安全なんです。

ちなみに今回の事故は、僕が運転中でもなかったんで、いつの間にか僕の大切な自動車が目の前から消えてしまったのです。。。。大変な働き者だったので、哀しいです。みなさん、運転には気をつけましょうね。

カテゴリー: 自転車, 省エネ, 環境, たまきさんブログ | コメントする