日別アーカイブ: 2012年5月29日

200ボルトのエアコン

エアコン

原発が止まっている今年の夏も、電気の需給バランスは大変厳しいようですね。
そんな時にエアコンの買い替えの話もなんですが、人と話をしていて気がついたので書きますと。。。

僕の家は賃貸で、仕事の事務所兼自宅なんですが隣りが駐車場で陽当たりがいいせいか、あんまり暖房のお世話にはなりません。
そして夏は〜僕は関東の生まれなので、仙台の夏なんかぜんぜんたいしたこと無く、よっぽど暑い夜以外にはエアコンは使いません。特に昨年からゴーヤの日よけを作るようにしてからというもの、日中に外壁に直射日光があたらないので、そんなに苦しくないですね。

ということで我が家のエアコンは、そんなに出番がありません。でも、やはり子供の小さい頃なんかは特に持ってない訳にはいかなかったので、ちょっと前に買いました。今日はその時の話。

我が家のエアコン買い替えの時に、住宅のコンサルタントをしている友人から「リビング用にエアコン買うなら200ボルトがいいよ〜」って、言われました。
なんでも、200ボルトの方が同じ電気使用量ならコンプレッサーの出力が高く効率がいいので、よく暖まるし、よく冷えるそうです。
そしてエアコンを入れようとしている部屋はリビングなので、小型のエアコンでは無理して動く分だけさらに効率が悪い。カタログなんかを見ると20畳向けのエアコンは、5kwとか大きくなると200ボルト用が多いんです。そこで問題発生。

「僕んち賃貸だから、コンセントの電気は100ボルトだけど。」
「それ大丈夫。家庭用の配電盤にはもともと200ボルトが来ていて、100ボルトに直しているんだよ」

え〜!この事実はビックリしました。
といことで、電気屋さんに相談したら、配電盤をチェックしてあっさり解決。どうせエアコン取り付ける時に工事が入るので、まとめてコンセントの200ボルト化をしてもらったら、すんなり導入できました。

それからというもの、寒い冬の朝などは助かっていますね〜。エアコン暖房なので換気の必要がなく、石油と違って燃焼で湿気もでない。もちろん子供にも安心。エアコンの電気代も灯油よりよほど安いし、第一灯油を買いに行く手間もない。

確かに電力の需給が逼迫する時には使えませんが、もともと我が家ではクーラーとしてはほとんど使っていないので、一年の大半は写真のとおりコンセントすらささっていません。
ひょっとすると、次の冬まで出番がまわってこないかもしれない。

カテゴリー: 役立つ話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする