日別アーカイブ: 2012年5月21日

仙台では部分日蝕でしたが、感動しましたね!

日食ゴーグル越しにのぞく
今朝は部分日食を見に榴岡公園に行ってきました。
本当は金環日食を見に北関東辺りまで出かけてもいいかなって思っていたのですが、日本列島南岸に早くも梅雨前線がかかり始めたので、南に行くほど雲に阻まれる可能性が高い!っということで、地元仙台で見ることにしました。
朝5時起きして、朝ごはんのお弁当作ってベガ号の来ている榴ヶ岡公園に出かけます。

日食グラスで太陽観測です。こればかりは早め早めに家族全員分を用意しておきました。



デジカメにフィルターをつけてみた

そしたら、上の兄貴がグラスをバラして、デジカメで撮影を始めました。エラい!
学校で色々と勉強していると、機転も利くようになるんですね。
(ただ。。。データはまだダウンロードできていないんです。これだから専用規格は困るのだ。ちょっと夕方まで待っててね。)



ベガ号が来ていた

そしてベガ号。20センチの屈折式望遠鏡を搭載し、太陽の移動を自動追尾で観測します。
車内ではどうなっているかというと。。。。



ベガ号の望遠鏡から

太陽は明るすぎるので、ホワイトボードに投影しての観測です。

太陽を隠す月の輪郭が凸凹しています。
これは何ですか?って聞いたら、「大気の揺らぎでしょう。でも。。。」
よーく見ると揺らぎの中に不動の出っ張りもあるんですね。それが月のクレーターだとすぐにわかりました。感動です。
この出っ張りは、皆既日食等の際には最初にボコボコとはみ出して光が漏れてくる切っ掛けになるものなんですよね。
そういえば、日本のどこまで金環が見えるかで、正確な太陽の大きさを測ろうというプロジェクトもありました。天文の世界って直接測れないものも、そんな切っ掛けで調べようとするんです。奥が深いですね。

そして車内には、このテープから中に入らないでくださいって書いてあるから、何でだろう?って思ったら、ふだんは接眼レンズのついているあたりから、望遠レンズが集めてきた、とんでもない出力の光が出ているのですね。



お姉さんが望遠鏡の光に紙をあててみた

お姉さんが光の束に紙をかざすと、すぐに煙が上がります。太陽光の力の強さを肌で感じますね。



食が最大の時間は薄暗くなった

そしてとうとう食が最大の7時40分が来ました。
太陽はほとんど隠れてしまっているのに、まだこの明るさ。
太陽のエネルギーを、しみじみと感じます。



ゴーグルのふちにあった穴から

なんと、ゴーグルのふちから漏れる光も地面に三日月型を光が照らしています。
「ト」の字のちょっと上に見えます。



食が最大に近づくと、木陰も三日月型の部品で出来上がっています。
とても不思議ですね〜。



紙のピンホールからも

紙に開けたピンホールからも、三日月型の光が。



光が三日月の形をしている

小さな光が見えます。

次回、地球上で日食が観測されるのは11月14日のオーストラリア、ケアンズ〜もうチョイ北のポートダグラス周辺です。
ポートダグラスはとても小さな街なので、入域の制限もあるそうですよ。

そして。。。僕はちょっと疑問に思っていたことがあったんですよね。
ケアンズの友だちとメールしていた時に、日食がちょうど半年後。地球の公転の反対側で地球の反対側の南半球で起きるって偶然なのか?
そこで、ベガ号の職員さんに聞いたところ、地球の公転面に対して月の軌道は僅かに傾いているそうです。その関係で、月の公転周期(27日とちょっと)と太陽の公転周期(だいたい365日)がうまく組み合わさった時に日食が起きるそうで、年に2回しかそのタイミングは来ません。(傾きが無ければ、しょっちゅう起きるそうです)

さぁ、こんな天文イベントを冷静に観ずにいるのか?
楽しんでしまうか?
それはその人次第。
オーストラリア人はsolar eclipse marathon(日食マラソン)なんてイベントも組むそうです。
僕も今日の日食を充分に堪能しました。なんだかさらにケアンズまで、皆既日食も観に行きたくなるなぁ。

カテゴリー: 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする