月別アーカイブ: 2012年4月

小さな暮らしを考える

笑むCocoにちょっと立ち寄り

もうじき大きなレースを控えているので、仕事の休憩時間や就業後に42キロばかりのトレーニングを続けていますが、今日はロードトレーニングの途中で、長命ヶ丘の笑むCocoに立ち寄ってみました。
相変わらず活躍している川村さん、月曜日(4/16)には講師を呼んでビーズアクセサリー講座を午前午後と2回開くそうです。既に満席なのかな?ハンドクラフトの講座は色々と開催しているようなので、興味のある方は下記リンクから探ってみて下さい。
また、たまきさんサイト主催の重曹エコ家事の講座も5月終盤に開催しますので、そちらの告知も詳細が決まりましたら掲載しますね。

笑むCoco

ということで、今日は川村さんとの会話で少しだけ引っかかっていたことについて。
息子さんが大学に進学されてから、オートバイで通学しようか自転車で通学しようか考えているそうです。
僕はサイクリストですから、当然のように自転車を推す。。。。。かと言えば、僕も若い頃にはオートバイでオーストラリアを転々としたり、旅をしていたんですよね。
オートバイの魅力は何といっても、移動距離の長さとクルマにはない自由さ。そして、運転する楽しさですね。

なかなか一般の方には信じられないでしょうが、オートバイは自動車と違って、いきなりハンドル握って運転できるものではありません。
性格のマイルドな並列4気筒750ccのオートバイは、通常で170キロ以上の重量があり、Uターンひとつするのにもエンジンの力を借りることになります。
では、比較的軽い単気筒600cc(重量120キロぐらい)のオフロードバイクではどうなるか?
ローギアからラフにクラッチを繋ぐと、軽々とウィリーをしてしまいます。
なのでオートバイは、免許を取り立ての頃は性格のおとなしい、4ストローク125ccとか250ccぐらいの扱いやすい大きさから、徐々にステップアップしながら運転技術を磨いていくことになります。

実際にマニュアルのオートバイを乗りこなす人は、エンジンブレーキを体で理解しているのでクルマに乗っても運転がとても丁寧になります。(オートバイはタコメーターはあまり見ないで、耳で運転します。)
下り坂などでも無駄にブレーキを踏むことが少なくなりますし、当然クルマの痛みも減ります。
だけど、それは遠出などをした場合の話。通勤では毎日決まったルートを行ったり来たりするだけなので、乗り物を乗りこなす楽しみはないですね。
しかも、決まった道を行ったり来たりするだけなのに、タイヤはもちろん減る。オイルも早めに痛む(距離の割に相対的にエンジンが温まらないからです)。もちろんガソリンも消費する。オートバイも無駄に距離を走ってしまうので、価値が下がる。機械から見ても財布にもいいことがないですね。

さらに、通学中は運転に時間をとられます。これは体験的に思うのですが、エンジンのついた乗り物を運転するときは、自転車と違って同時に他のことを考える事が出来ないんですよね。
そして、途中で寄り道が簡単に出来ない。駐車場以外の場所にはオートバイは置けないですね。
極めつけなのは、自転車の方が運動ができて体力がつく。

何でしょうね?この差は。
オートバイを旅の道具にすれば世界が広がってとても楽しいのですが、通勤(通学)の道具にするとマイナスの要因ばっかりが増えて行く。なので僕は川村さんに両方持つことを勧めました。なんせ、自転車の値段はオートバイに比べたら格段に安いのですから、1年のガソリン代だけでも自転車は買えてしまいます。

ということで、最後にコペンハーゲンからの環境レポートのリンクです。
自転車に乗ると、社会的な利益は1マイルあたり20セント。車で移動すると社会的な損失は46セント。

オートバイは楽しい乗り物です。若い人にも積極的に旅に出て欲しいと思いますね。
でも、いつもと同じ行動、いつもと同じ道ならば、環境負荷の少ない乗り物で移動するのが、最も賢い生き方だと僕は考えます。

カテゴリー: 自転車, 省エネ, たまきさんブログ | 小さな暮らしを考える はコメントを受け付けていません

春の標準木

榴ヶ岡公園の入口

仙台で暮らすようになって15年ぐらいですか。僕は何となく仙台駅〜榴ヶ岡の宮城野大通り近辺が落ち着くので宮城野区に住んでいます。散歩できる街が好きなんですよね。
今日も少々用事があって仙台駅周辺に出たついでに、ちょっと寄り道をして榴ヶ岡公園を通りました。そうしましたら、もうお花見の準備を始めているんですね。駐車場の区画割を始めたり、時期が来ると商店会が団子やお茶を売る出店を作ります。

今年は特にそうですが、スタッドレスタイヤをいつ履き替えようか?悩みどころです。
だいたい毎年4月には1回ぐらいドカ雪が降るのですが、僕の中では「これ」がやってきたら、もう春だなという、切っ掛けにしているものがあるんです。
それが榴ヶ岡公園の梅の木です。



これは梅

榴ヶ岡の駅側から公園に入って、すぐ左手。噴水広場に上る階段よりずっと入口寄りの土手に梅が植えられています。



梅



入ってすぐ脇の梅



やっとこ咲いた

梅が咲くと2週間後ぐらいに公園全体が桜色になるんです。毎年そうです。植物って正直ですよね。
これが僕の標準木。一昨日は蔵王の山で、すっかり冬景色の中で、季節に取り残された感がありましたが、ようやくいい季節がやって来ました。
お花見が楽しみです。



やっとこ咲いた

優しい色合いですね。毎年思うのだけど、花を写真に撮るのは、意外に難しいです。
欲張りすぎない方が、いい写真が撮れるように思います。



入ってすぐ脇の梅

僕の母親など、仙台に遊びにくる度に、ここは散歩向きのいい街だね〜と言っています。特に春先から秋も寒くなるまでの間は、毎週のように何処かでイベントがやっています。冬は長いし、風も強いけど仙台はいい街ですね。
寒さの厳しい年でしたけど、やっと季節のスイッチが入った気がします。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | 春の標準木 はコメントを受け付けていません

春は遠い〜。南蔵王不忘山。

白石スキー場から

たまきさんブログも、内勤の日々が続くと週末アウトドアぐらいしか、誌面を華やかにするものが無いな〜と、思いつつも。たまきさんはアウトドアが得意なので、変えようも無い実体。本日は不忘山に登りにきました。

白石市には縁があるらしく、ずいぶん昔からここの情報施設『ATENE』に通っていました。
その度に、強烈な西風が街を襲い、その風は街から見上げる位置にそびえる蔵王の山、思えばここからやってきていたのです。
そうです。ず〜っと長いこと課題になっていたけど、なかなか夏季に行ったことの無い山は危険ということで、挑戦しなかった不忘山に、そろそろトレースもしっかりあるようだからと登りにきました。



下部ではそんなに雪は無い。

スタートはスキー場のすぐ脇から。
取り付き地点には駐車場も看板も設置されていると言う、とても登りやすい山だな。
先行者はスノーシューが3名に、山スキー1名、ボーダー君が1名。これだけ人数がいれば迷わないでしょう。



もうスキー場はおやすみ。

今シーズンの営業が終わってしまったスキー場。静かでちょっと寂しい感じもします。
日射しは充分に暖かいけど、風が寒い。だから服装に困る。
太陽が出ているとインナーのフリースだけでも充分なんだけど、風が吹くともの凄く寒い。寒気が強いのですね。



ゲレンデトップから、さらに上へ

ゲレンデトップへ出ました。
コースマーカーは無いので、地形を読んでさらに薮の向こうへ出ると、そこには山頂に至る冬季限定のルートがありました。
スキーヤーが管理区域から迷い込まないように、少し隠してあるのですね。
ところが!この段階で先頭に出てしまい、トレースも消失。先週の爆弾低気圧以来、誰も登っていなかったんですね。


遠いなぁ。

しかも雪面は、新雪が思いのほか深い。
先週の1週間の間に、ずいぶんと降ったようです。まだまだコンディションは冬のままです。



随所に竜巻
10時を過ぎて、上昇気流が発生し始めました。
天気図では今日は高気圧に包まれ、ここ最近無いぐらいに安定するはずだったんですが、強い寒気が押し寄せているせいで、アチコチにつむじ風。。。というより超小型の竜巻が発生を始めました。



雪 深い!
そして急登。雪が思いのほか深いな。
尾根上に逃げてもいいけど、今日はどうやら正午に向けてどんどん気流の状態が悪化しているようだ。
なのであえて稜線に出ずにラッセルラッセル。



隣りに馬ノ神岳

となりに烏馬ノ神岳。あっちは屏風岳が風を遮るので、思いのほか安定している。



良く見ると、すごい斜度だ

しかし、今見るとかなりの斜面ではないか!山頂直下の斜面を登る。



頂上直下の核心部。

稜線に出た。しかし尾根が痩せていて、左右の谷が迫っています。
う〜ん右に落ちると樹々にぶつかりながら200メートルは落ちる。左に落ちると岩にぶつかりながら100メートルだな。落ちるならどっちだ?となった。なので、今日のコンディションではピッケルが必要ですね。
けっこう岩を乗り越える核心部も幾つかあり、あまり経験のない人は無理して行かない方がいいかも。



山頂〜!

そして無事に頂上〜。でも天候が急速に悪化してきたので、5分と経たず下山を開始。直後から谷の右から左から強い風が吹き始めた。いったいどういうこと???



後続の人

後続の登山者が登ってきた。でも、条件が悪いから、もう頂上は目指さない方がいいかも。
挨拶しながら、さりげなく装備とスキルをチェックしてました。



山を背に、街へ下る。

そして山を背に下山。
今年は寒気の入りが強いので、春山とはいえ難しいですね。というより、まだぜんぜん冬山です。あらためて東北の山の難しさを肌で感じました。

カテゴリー: アウトドア, たまきさんブログ | 春は遠い〜。南蔵王不忘山。 はコメントを受け付けていません

変な天気が続きますね。

トカゲも落ち着かないようで。。。

先週の爆弾低気圧以来、変な天気が続いています。
少し晴れたと思ったら、すぐに雪雲に覆われてしまって、一時は吹雪になってしまう。なのにまた、急に晴れて日射しが暑くなったり。どうやら先週以来、北海道の北側に低気圧があって、いつまでたっても寒気が日本に流れ込んでいるようです。

お陰で気温は乱高下し、庭先で作業していても、手がかじかんだり、逆に暑くなったりと。。。
飼育ケースの中のカナヘビも、冬眠からさめてもまだ眠そう、まったく落ち着かないようです。

チューリップはだいぶ芽が伸びてきた。

プランターのチューリップはだいぶ伸びてきました。アネモネは相変わらずのようだけど。いつになったらアネモネは大きくなるのだろう?

空いていた鉢植え

昨年ゴーヤを育てていた鉢が空いていたので、娘が絵画コンクールの景品でもらってきた「ヤグルマソウ」と「ナデシコ」のタネを植えました。

自転車の補助輪

そして、一番下の子の自転車の練習用に、補助輪を取り付け。じつはこの作業をしているときが、最も寒かった。
とにかく、チビ達が元気に外で遊べるぐらい、暖かくなるのはいつになるのだろう?春がこんなに待ち遠しい年は初めてな気がします。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | 変な天気が続きますね。 はコメントを受け付けていません

自転車の力!

Sergio Pinho

暑苦しい顔ですみません。仲のいい友人なんです。Sergio Pinho君です。

僕の友人関連のお話になってしまうのだけれど、ポルトガル人のSergioくんが先週まで、とある自転車レースに出ていました。
自転車の世界には実に多くのカテゴリーがあり、ツールドフランスのマウンテンバイク版ともいうべき長距離レースもあったりします。彼が出ていたレースはその中でも商業的に成功し、1000人近いエントラントが集まる、南アフリカで開催されているCape Epicと呼ばれるレースです。自転車版のパリダカールラリーといった感じでしょうか?
Cape Epic 2012

日本からもプロサイクリストの山本幸平さんもチーム9位に入っていますね。海外ではとても有名なレースなので、9位なんてヒーロー扱いです。

このレースの意義深いところは、スポンサー企業や団体が募金や協賛金を集めて、南アフリカに暮らす子供達にスポーツする楽しさを教えるイベントを定期的に開催していること。レースが開催されることで地元が潤って、集まった人が地域にも貢献して。二重に幸せが広がる構図です。
トップアスリートが、みんなでワイワイと自転車の楽しみ方の基本を広める。こんな柔らかいスタンスがとれるのも、自転車のいいところじゃないかなと思います。
songo.info

また、こんな動画も送られてきました。アフリカでの自転車の活躍を宣伝するCMですね。
自転車は貨物車に、救急車に、水運搬車に、スクールバスに代わるよ、というメッセージです。

日本のママチャリが、アフリカで大活躍しているって知っていました?
日本で放置されたママチャリがアフリカに送られて、第二の人生を歩んでいます。荷物がいっぱい積めるし、頑丈でとても使い易いと好評だそうです。
ママチャリは日本にしかない自転車の形なんですよ。

ポルトガルでのレース

ところで冒頭のSergio君は、念願だったCape Epicは個人では完走できたけど、チームメンバーがリタイアしてしまい、順位が残りませんでした。もうレースも終わったということで、レース後のツアーを楽しんでいるというメッセージが届き。。。ヨーロッパの人は仕事のON/OFFの切り替えが上手です。
その彼と、どこで出会ったかと言うと、ポルトガルの国を縦断するマウンテンバイクレースでした。いつもにこやかに笑って気持のいい男です。
そのポルトガルのレース関連では、近々アナウンスしなければいけないことがありますので。。。また今度!

カテゴリー: 自転車, たまきさんブログ | 自転車の力! はコメントを受け付けていません

エコ家事!公開しました。

嵐がやってきています。

たまきさんサイトでは春以降、僕以外にも多くの方にコラムを書いてもらおうと考えています。
まずはお一人目、笑むStyle主宰の川村康子さん。重曹についてなかなか熱い方で、どれだけ話せるのですか?っと聞きましたところ、重曹だけで2時間は話せますとおっしゃっていました。ぜひとも、僕らには解りにくい環境負荷をかけない家事の話を聞かせてもらえればと思います。
また、5月中旬以降になると思いますが、エコ家事を体験してもらうセミナーの開催を計画しています。参加費も、ほとんど実費での開催を考えていますので、詳細の発表をお楽しみに。

ところで、今日の日本は大荒れですね。台風に匹敵するほどの低気圧だそうです。
昨日までは日本海上にあった2つの低気圧が合体し、さらに前線に添って暖かい空気が入っているとのこと。先ほど東京に電話をしたら、もの凄い雨が降っているそうです。
仙台はそこまでではないので、まだちょっと安心ですが、夜にかけて用心が必要ですね。
僕も駐車場においてあるカヤックを、動かないようにしばっておこう。

カテゴリー: 日々の話, たまきさんブログ | エコ家事!公開しました。 はコメントを受け付けていません

太陽が、すっかり霞んでいますね。

黄砂かな?

今日も夕方から自転車で外出です。
朝のうちは綺麗に晴れていたはずなのに、3時ごろにはすっかり太陽が霞んでいます。太陽の周りにボンヤリと光彩がかかり、輪郭がはっきりとしない。天気が悪くなる証拠です。
明日は天気予報では大荒れの天気。低気圧がふたつ南北にくっついて日本海側を移動する、真冬だったらふたつ目低気圧と呼ばれ、山登りには恐れられている天気図です。

ただ、今日の空模様は、ただ太陽が霞んでいるのではなく、赤黄色く変色している。
これはどうなのだろう?まだ報告は西日本にしか出ていないけれど、黄砂が日本上空に飛んできているのかもしれない。。。と思ったのは、自転車で出がけに見かけた会社の車にも、うっすらと赤黄色い砂が載っていました。

ここ数年の杉花粉の舞うシーズンには、どうやら大量の黄砂も混じっていて、僕は昔から花粉アレルギーもあるのですが、今まで無かった皮膚のカサつきもヒドくなっている。
黄砂は昔からあったはずなのに、何故?ちょっとだけ原因を本で読んだことがあります。

僕らが小学生だった昭和の黄砂は、色がもっと白かった記憶があります。
中国西部のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠のあたりから巻き上がった砂塵が、遠く春の西風に乗って日本にやって来ていました。飛んでくるうちに、大きな粒子は落ちてしまい、サラサラのエアロゾルのような粒が飛んできていたのです。
ところがここ数年の黄砂は、ユーラシア大陸のもっと北の、内モンゴル地域で舞い上がった砂塵が原因となっています。
ーーーーーーーーーーあまり他所のことなどを指摘するよりは、自分の足元を見つめるべきだとは思いますが。。。内モンゴルでの羊の放牧規模が大きくなったのに合わせ、現地では砂漠化が進んでいます。

モンゴルに住む遊牧民の言葉で、「草原には手をつけるな」というのがあるそうです。
降水量が少なく表土の薄い大地では、ちょっとした草原の開墾でも、表土が簡単に失われ元に戻らないそうです。なので、放牧という昔ながらの暮らしを守ってきた遊牧民は、大地を回復できないほど傷つけないように、移動することで家畜の食べる草の量を制限してきたのです。
ですが、今のモンゴルでは計画生産のために羊を柵に入れて飼っているために、大地が局所的に痛んでしまっているのです。なので、最近の黄砂の色は、発生源が違うために赤味を帯びてきているのです。

このブログでも度々触れてきましたが、大地は表土を失うと生産性が大きく減り、大地の反射率も変わるので気候すら変えてしまいます。
この春先に飛んでくる黄砂を見る度、果たして遠くの草原は大丈夫なのだろうか?と、ちょっと憂鬱になるのでした。

カテゴリー: 日々の話, 環境, たまきさんブログ | 太陽が、すっかり霞んでいますね。 はコメントを受け付けていません