日別アーカイブ: 2012年2月8日

アウトドア用品のこととか

ああ。あそこねってものです。

うっすらと家に道具があったからか、父親が、僕の生まれる遥か前に都立公園でレンジャーをしていたせいか、僕は10代の頃からアウトドアに触れていた。
スポーツも延々と続けている。その関係でかなりの機材は使ってきた。。。。のだが、ここ15年ぐらいは、もうほとんど買い替えをしていない。壊れなくなったんです。だから最近では写真を見ても、今イチ時期が特定できない。常に同じカッコをしている。

このブログで特定の企業名を扱うのはマズいので、某社にしときます。まぁ見ればピンと来ますでしょうけどね。
そして某社の製品を最初に買ったのが25年前。写真事務所に勤めていた頃に、ぷらりと立ち寄った目白の住宅街のど真ん中の直営店で、何故かこのベルトを買った。
アウトドア用品の直営店は当時は無く。「珍しいなぁ〜」と思ったものだ。

僕の当時の職業カメラマンは、とにかく腰に色々なものをぶら下げる。ウエストバックにガムテープに機材バックに。そうするとベルトも擦れるし重いしで、長くは持たない。だいたい1年チョイで壊れるのだ。壊れては買い替えを続けていた10代後半〜20代序盤。ところがこのベルトは若い頃はほぼ毎日使ってました。そして、そのまま延々です。

そこからは僕の持っていた山用機材は、寿命がくると某社の製品に置き換わっていった。とにかく壊れないのです。
壊れないから長く使う。長く使えるのがわかってきたから、買う時も普段より奮発して高いものが買える。買い替える必要がないので、ゴミも無駄も出ない。フリースなんか毎年買う必要ないですしね。別に宣伝する気は毛頭無いけど、僕の買ってた山用機材が「いいもの持ってるね」と言われるようになる。
いいえ、いいものを買ったんじゃなくて、大事なのは捨てないようになっただけなんです。

延々そんなことをしていると、某社の思想にもかぶれてくるのです。
その会社は、創業当時から純利益の1%を環境団体に寄付していました。製品カタログにも環境のことが延々と書き記されていて、僕も会社を離れてフリーになった時から、その思想を引き継ぎました。。。ただ、僕の場合は環境よりは、父親でもあるし、社会的に一番弱い立場の子供たちに使って欲しいと思って、ユニセフや赤十字に募金し続けましたけどね。

そうしたら、某社がこんなことを始めた。
1% for planet

僕は子供たちに募金を続けてきたから。。。う〜ん登録しようか迷って、そのまま自分の道を突き進むことにしました。登録すれば1%のロゴマークとかを使えるらしいのだけれど、言ってしまえば僕は、このプロジェクト以前からのメンバーですからね。

古いものばっかり。。。

25年前のリュックに、15年前に買ったグローブ。インナーウエアも15年前のフリース。雪山用パンツは10年ぐらいかな?ここまでくると、2〜3年はもういい加減忘れた。ジャケットだけ去年買い替えたけど、それは持ってたジャケットが分厚くてオーバークオリティーだったから古いのを売って、ほぼ売値のまま買い直しました。使い続けることはエコなんですよ。

そして話は例のベルトに戻りますが去年のこと、25年の使用にとうとう悲鳴をあげてしまって、ウエビングの曲がっている力のかかる部分、穴に引っ掛ける部分が毛羽立って、伸びてしまいました。だけどメーカーに戻すと修理もできるようで。。。やっぱり直して使おう。

これを直すと、次に壊れるのは僕がいくつの時なんだろうか?
買ってから半世紀が経ってしまっても、僕はこのベルトを使っているのだろうか?

こんな小さいベルトだけど。貧乏だった若い頃。僕が一人旅したオーストラリアや、レースで出かけた砂漠にヨーロッパに。あちこち。どこにでも一緒だった戦友なんです。

カテゴリー: 日々の話, たまきさんブログ | コメントする