アウトドア」カテゴリーアーカイブ

す〜んごい天気がいい刈田岳。たまにこういう日があるんだよね。


なんだか天気図が、大変なことになってるぞ。
週明けから、大雪の予報。南岸低気圧が日本列島を横断して、嵐が吹き荒れる!


なんて日の、前日は晴れるんだよねぇ。
見てくれこの晴天。
なのでチャンスを逃さず刈田岳に登ります。


刈田岳って、すみかわスノーパークから登っちゃうんですよね。
なかなかスキー場からアプローチしていい山ってのも珍しい。
まぁもともと人が歩いてたところにスキー場作ったのは確かだが。


お。朝イチ番のボーダーが降りて来た。気持ちいいだろうなぁ。


ピッカピッカの晴れです。


こんな日は滅多にない。週末登山者には貴重です。


や。おはようさんです。


すみかわスノーパークは冬山登山者には優しいですね。


青空にどんどん吸い込まれて行く感じ。



本日。ガシガシ登ってる絵が多いです。
先行者発見。



スキー場の除雪車とすれ違います。エコーラインと林道を除雪して、山頂方面へのツアーを開催しているんですよ。



シュカブラ〜。風紋ですな。普段は風が強いということ


お!だんだん樹氷が見えてきたぞ。


まだ、そ〜んなに成長してなくって、1500メートルから上ぐらいからかな。


こんな凍った世界が広がります。


そしてあっという間に山頂。
晴れているとペースが早い!でもなんか山頂に人がいっぱいいるのと。。。なんか装備が甘い。


なんのこたない。みなさん山形側から来ているのです。
あちらはリフトで熊野岳山頂直下まで来れちゃいますからね。


じゃ、僕らも熊野まで行こうか!って思ったけど、このあたりから天候が崩れ出す。


文太郎は、山の端に雲が浮き出すのが見えた気がした。次に見たときはさらに大きくなっている気がした。。。記憶を頼りの孤高の登山家加藤文太郎の最後<<新田次郎/孤高の人よりね。


なんせ、真冬で晴れるのは、低気圧がこっちに向かっている直前とか、まぁ破局の前が多いんですよ。


なので、馬の背でやめて宮城に帰って来たら、どんどん気温が下がっている。こりゃやばいぞ〜。風も出て来た。


さ〜っさと下山しよう。


なんかこの尾根を下ると、地球に降下中って感じがいつもする。


上の方。。。やばそう。
でも登ってく人いるなぁ。



冬の刈田岳って、晴れれば難しくないんだけど、ひとたび荒れると超〜難度の高い登山を強いられるんですよ。低温に強風。風雪の三重苦で。荒れたときは山頂に立つだけで大変。
今日はついてました。


スキー場まで降りて来たら、平和だなぁ。
山頂ツアーの雪上車です。


あ!新型だ。この大きいのは見たことないぞ。


そして遠刈田温泉神の湯まで来たら、あれ?武将隊??お館様?
声かけたら違った。蔵王山麓仙台真田武将隊~縁~というそうな。
冬はイベントたくさんあるよってことでした。花火大会はブログの時点では終わっちゃってるけど。。。山登りだけでなく温泉、スキーと色々あよー遊びに行こうね。

カテゴリー: アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

筆甫でへそ大根作りのための大根掘りボランティアに参加したぞ

宮城県南の丸森よりもさらに南。山越えたら福島ってところにある筆甫。たまきさんサイトでも何回かぶらぶら取材したことがありますね。
その筆甫地区の特産が「ひっぽのへそ大根」一度煮て、寒風で干し上げた大根は、真ん中にヒモを通した穴ぼこが空いていて、まさにヘソなんですよね。


そのへそ大根がピ〜〜〜ンチ。
山にはそろそろ雪も降りだすこの時期に、畑の大根引き抜いて、洗って倉庫に入れる。この作業は重労働なんですよ。そこで我らがボランティア登場!


左にチラって写っているのは仙台駅からやって来た送迎バスね。
もともとFBで見かけたイベントに個人的に申し込んでて記事にする予定ではなかったから写真撮ってなかったんですよ。すまぬ。
そしてコチラが本日の会場。もと田んぼの休耕田です。


いやぁ〜良い天気(12/10)ほかほかの天候で、主催者一同「よかったよかった」と。
ハズレの年だと寒風吹きすさび。手は寒さで痺れ。眉毛は凍る。。。ほどではない。
でも防寒着を着ていないと、体力的に辛いのです。


プックリ太ってますね〜。でもこちら、休耕田ということは水はけが悪く。あまり大きくはないそうな。


筆甫地区振興連絡協議会の吉澤さんからご挨拶。
「ここ筆甫地区は高齢化率が50.08%。住民の約半数が65歳となっており、重労働を伴うへそ大根作りは危機的状況にあります。そこで毎年ボランティアを募り、皆さんには土に親しんでもらいながら地域貢献をお手伝いいただいております」


なるほどねぇ。僕とキューバに行ったMGRくんも働きに地元を離れちゃうし。若い世代が減ってしまって地域の世代バランスが崩れてしまっているのだなぁ。
お!テレビ局も取材に来ていた。


他にもいろいろと代表の方の挨拶とかあったんだけど、なんせノートを持っていなかったもんで。
こちら。田んぼの土ですな。


じゃ、ここで気分を入れ替えて、プロの演技指導といきます。(なんじゃそりゃ)


大根は、かきわけかきわけ、葉っぱの根元をしっかり掴みます。


腰を入れる。


ガガッと全身の力を使って、まっすぐ引き抜きます。


一緒にくっついてきた大きな泥は、ここで手で剥がす。






では久々に、誰も作らないから(たぶん)世界初。無限大根掘りGIFアニメ。


じゃ、やってみよう!
腕だけではなく、全身で、ズボ!


作業が始まると、もう無心になるんですよね。機械のように次々と引っこ抜きます。
松本零士作 銀河鉄道999で、主人公の星野鉄郎は「アンドロメダへ機械の体を手に入れる」ために旅に出ます。
でも決して大根掘りマシンではないよな〜なんて思ったりした。


おお!こんな足のいっぱい生えた大根もできてた!
ちなみに途中で気がついたんだけど、抜けてくるときに大根をクルって半周させると、泥がついてこないんですよね。


やばい。どんどん脳が大根掘りマシンになってる!
ちなみに抜いた大根は、向きを揃えておくと、包丁持ったおかぁさんが、葉っぱを切ってくれる。


その葉っぱも、中の方はふわふわ柔らかいので、漬物や炊き込みご飯に〜女性は大喜びで袋つめする。
男性は「そんなヤギじゃないんだから、いっぱいいるか?」って冷めた目線。


掘ってきた大根が、軽トラの荷台にいっぱい!
帰り際に「いくらでも持って行っていいぞ〜」って。じゃあ、あした軽トラ返しにきますんでってのは、ダメ。


洗う。洗う。泥が落ちるとピカピカ綺麗。
ってことで、午前はここまで。
展開が雑?
だから〜。もともと個人用にとってた写真なんですよ〜。


このイベントは、参加費は500円。
その500円は、心のこもったお昼ご飯代なんですよ。
もちろん地場産米。宮城=東北の食料自給率に刮目せよ!


ホカホカのトン汁様!!!


ほわぁ〜。人間が溶けてきます。
味噌味が疲れた体に沁みるなぁ。
労働は大切だよ。


きたぁ〜〜〜〜!!!!
へそ大根の煮付け様!!!
しかもプロの作った特級品だ!!!
一回煮てから干してるから、歯ごたえがグニャッと独特。でも噛むと大根の甘みが昆布ダシと相まってジュワッと。うまい!
MGRいいもの食べて育ったなぁ。


最後に主催者からご挨拶があったのだが、脳内は全てへそ大根に上書き保存されていて、記録が残ってませんでした。。。
たしか、1月にもへそ大根の製作体験ボランティアがあるような。
調べたらあったよ〜。こちら。
ひっぽのお宝「へそ大根づくり」体験会♪
公式FB(から勝手にコピーしてきた)参加要項は、一番下の方にあるから、(参考程度に〜ちゃんと問い合わせてね)読んでみて。


さて、いきなり帰りですが。こちらは、ひっぽ復興発電所1号。
この1号機の成功で銀行から融資を受けることができるようになり、13号機まで出来るそうだ。


そしてできた電力の売り上げで。。。地域に共同売店を作る!
なんと筆甫地区には今はお店がなく、みんな丸森まで買い出しに行ってるそうな。
だったら電気を売って、その代金で地域整備するぞ!ってのが、ひっぽ電力の志の高さなのだよ。
でんきは、あいコープさんで契約できるよ〜。じゃあね。



——————————————————————

丸森町筆甫地区のお宝「ひっぽのへそ大根」。

今シーズンも地元生産者の指導を受けながら「へそ大根づくり」を体験できるイベントを開催します♪

もちろん筆甫のおばちゃんたちがつくる美味しいお昼つき。

作成し出来上がったへそ大根は、3月はじめ頃に参加された皆さんにお送りいたします。

体験を通して地域住民と筆甫を応援してくれる皆さん・筆甫に来てみたい!という皆さんで交流も楽しめるこのイベント。多くの方の参加をお待ちしています!

☆日時 平成30年1月21日(日)
    午前9時半~午後3時頃まで

☆集合 筆甫まちづくりセンター
    伊具郡丸森町筆甫字和田80-2

☆費用
大人3,500円
(体験代・昼食代・へそ大根送料・お土産 ほか)
子ども(小学生以下) 無料
※参加者には体験で作成したへそ大根(300g程度)を後日お送りします。
※小学生以下は参加費無料(お子さま分のお土産・へそ大根の後日発送はありません。)

☆作業内容
へそ大根づくり体験
(皮むき・切り方・串を通して干す作業)
※途中で「餅つき」や筆甫地区の太陽光発電やお店づくり予定地などを見学も行う場合あり

☆持物
①汚れてもいい格好(長靴・ゴム手袋など)
②包丁(※車でお越しになり持参できる方のみ)

☆定員
20名程度(希望者多数の場合はお断りをすることがあります。)

☆申込
1月19日(金)までにこのFBページにて参加ボタンをお願いします。

☆送迎
仙台駅からの送迎バスあります。
仙台駅発:午前7時半
仙台駅着:午後5時(予定)
乗車を希望される方は参加申込時にコメントまたはメッセージなどでご連絡ください。ただし10名以上の乗車人数があった場合のみ運行。10名に満たない場合はバスの運行は取りやめになります。

カテゴリー: 取材, 日々の話, アウトドア, 地産地消, たまきさんブログ | コメントする

キューバに来たぞ。めちゃくちゃネットが大変!

キューバに来たぞ。でもネットが超〜大変です。
暑い。ボロボロのアメ車に、大騒音の街。
でも人はものすごく優しいんだよ。
なんか物質を欲しがり続けているいまの暮らしって、疑問だ。

カテゴリー: 役立つ話, さもない話, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

たまきふらふら旅。どこへ行く!?

たまきふらふら旅どこにいくのだ?


川。。。


公園??


横を向いた、水戸黄門???


空港???


成田に向かっていたのか


チャリを持っくのか?二台。


さぁ。どこに行くのだこいつ(二台だから、ら)は?さて、出発だよ〜。

カテゴリー: 未分類, 自転車, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

よいこはマネしちゃダメだよ!台風直前の八甲田山

このブログでたびたび取り上げてきた「ぶらぶら旅」最近してないなぁ〜ってんで、じゃ、久々の遠出をしようか!
綺麗な景色だねぇ〜。最近カメラ買い換えたから、これまた気持ちいいねぇ〜。遠くまで行くよ〜。せっかくの連休だから、お山に行こう〜。「え?台風??」


はい。台風前の朝焼け。こんな日に登るのか!?
いやいや意外に、台風前はドドっと強風が押し寄せる前で前線とかあっちこっち行っちゃってて、案外天気がもったりするんですよ。
でもマネしないでね〜。僕らは人工衛星からの雲の流れと1週間前からの天気図の先読みでココまできてます。
それこそ豊富な登山歴と毛の生えた心臓の賜物。しかもダメな時はさっさと中断するつもりだからね。


では旅の写真。
さてさて、これは十和田湖までの道中の写真ですな。
「玉川温泉?」なんか気になるから立ち寄ってみたんだけど、まぁ〜びっくり。


人が。遊歩道脇で寝てます。地面が暖かいのです。



湯温98℃ ph1.2
もう何が何だかわからないものが湧き出してます。
ヨセミテ公園のおんなじような池に年に1人ぐらい観光客が落ちるらしいけど、溶けてなくなっちゃうそうです。


ここら一帯、地熱でホカホカなんですね。僕も寝てみたら、あらら腰痛がすっかり良くなった。ここ玉川温泉は世界的にも珍しいラジウムを含んだ北投石が産出される場所で、微弱な放射線がまた良いとのこと。


でも立ち上がったらすぐに腰が痛くなる。知り合いの医者曰く「まぁ〜病気の症状の緩和ぐらいにはなるかな」だとのこと。とほほ。
でもここの温泉は、箱蒸しありの打たせ湯に寝湯に、温泉ワンダーランドでした。
ボクハキットマタイクダロウ。。。ビールモッテ。


さて、寄り道の話はほっといて。
八甲田山!朝焼けってことは、天気は良くなるはずがない。
しかも登山口で10メートル超えの風が吹いてる。大丈夫か?


台風ってやつは時計回りに回っているから、台風の目の右側は自転の助けもあって、風が強いんですよ。
そして台風は。。。日本海を北上中。ダメじゃん!


でもね〜。こんな感じで樹林帯の中を進んでいるうちは、大丈夫なんですよ。
ここ?なんか新たな火山活動の噴気口から出た硫化水素で、一帯が全部枯れちゃったそうな。
八甲田は生きている山なんですね〜。


おお!とっても綺麗な沢に出たぞ。
この沢も、崩れている。
麓の温泉でも判るとおりに、火山の山なんですな。事前チェックでは新田次郎「八甲田山死の彷徨」の印象強すぎて、なんにも頭に入りませんでした。


こんな日によく登るなぁ〜(お前もだろ)
深田久弥「日本百名山」の影響強すぎ。無理しない方がいいのになぁ。


お。早くも下山してきた人がいる
「も〜この先風が強すぎて。とにかく足下気をつけて!」
はい。そうですか。。。


稜線に出たら、霧だ。風強いぞ。


いきなり頂上かよ!
はい。写真撮る余裕なかったです。
風速30メートル近い風が吹き荒れていまして、周りには看板や柱にしがみついて歩く人も。
で、ボク?
なんせ仙台は強風の街なんで、冷静に風を避けながらヒョイヒョイって山頂広場を渡り終えました。
「みんな!危ないから僕たちのマネをしちゃいけないよ!後楽園ゆうえんちで僕と握手」
懐かしのヒーローもののCMですな。仙台の人知ってるのかな?


そんなこんなで危険な山頂広場をサッサとやり過ごし、下山開始〜。
反対側をよく知る人が「下山路は緩やかで歩きやすいですよ」って教えてくれたんだよね。
紅葉も始まってるし。確かに平和だなぁ〜。


そして、みてこの絶景。
真ん中の階段は、高低差100メートルぐらいを真っ直ぐ毛無岱湿原まで下るんだよ。


こ〜んな雄大な景色が、ホイってその辺にあるのが、東北の実力の高さなんだよな。
インバウンドもいいけど、有名にならないでほしいなぁ〜。


ってことで、あっという間に下山。でも台風に追っかけられてたからね。
僕らが下山した頃には、八甲田山は雲の流れの中にありました。大荒れだろうな。


さて。夜で〜す。
衛星からの情報だと深夜〜早朝に台風は青森を直撃するそうな。スマホのアプリには便利なものが多いよ。僕はウェザーニュースの天気図と台風情報、気象庁発表の高解像度降水ナウキャストをフル活用してます。
なので風向きを考え、直接風が当たらない十和田湖の半島の裏側にテントを張り、出してあった荷物はぜんぶ車の中。早々に避難です。


夜のあいだは、頭上の樹々がワサワサ揺れているのが聞こえました。時折テントもガサガサって揺れる。でも直撃は無し。危ないねぇ〜。
そして表が明るくなり、恐る々々テントのチャックを開けてみると。。。お〜穏やか。


これ。湖だから湖畔の側にテント張っているのだよ。川や海は水位が変化するからダメだよ〜。じゃぁ〜もっと森の奥に張ればいいじゃんって?それじゃ面白くないでしょ。


なんと台風の目の中。
目の前の雲は壁を作ってグルグル回ってます。
この直前に風が止んで、この直後に雨が降り出したんだよね〜。まさに教科書通りの展開。


ってことで、バカなことばっかりやってるけど、思いの外高度なキャンプでした。
テントをたたんで半島を出たら、強風で木々は倒れるほどにしなり、道路には折れた枝が散乱。近所から飛んできた看板やらゴミやら、もうしっちゃかめっちゃかでした。
「ナニコレ?」って??
とある町で売ってる、やたらとうまい団子だよ。帰りがけにヒョイって立ち寄った団子屋のラーメンがまたうまい。東北って不思議な土地だなぁ〜。ではまた!

カテゴリー: さもない話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

仙台で釣りをはじめよう!【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

5月28日(日)は、宮城教育大学 棟方有宗准教授をお迎えして「はじめての釣り~魚と道具と川のおはなし~」を開催いたしました。

はじめに、棟方先生のこれまでのキャリアについてお伺いしました。棟方先生は現在、サケの回遊行動のメカニズムや希少淡水魚類、河川保全に関する研究をされておられますが、幼いころに東京の多摩川でよく釣りをした経験から釣りの魅力を知ったそうです。

 

 

仙台は魚が生息している場所が多く、ハゼやアイナメが釣れる海釣りや、川や湖でフナやヤマメを釣れる内水面釣り、マスやコイが釣れる釣り堀などがあり、釣りをするにはとても恵まれた環境にあるそうです。

また、釣る場所や狙う魚によって、道具や釣り方を変える必要があることを教わりました。

 

しかし、仙台も高度経済成長期には川が汚れ、魚も減ったようですが、市民の方々の取組みで徐々に魚が戻ってきたそうです。

棟方先生の経験から、釣りをすることで、川で起こっている環境の変化にいち早く気づくことはもちろん、人とのつながりや、海外へ行くきっかけにもなり、将来の目標も見つけることができると教えていただきました。

棟方先生からお話を聞いた後は、基本的な釣り糸と針を結ぶ方法を学び、参加者の皆さんに実際に釣り道具にふれていただきました。長さが8.5メートルもある釣り竿に皆さん驚かれながらも、興味津々で楽しまれていました。すぐにでも釣りへ出かけたくなる講座となりました。

棟方先生、参加者の皆さまありがとうございました。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

※8月27日(日)は設備点検のため臨時休館です。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

 

 

 

カテゴリー: 過去の講座, アウトドア, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

カジカガエル探しています!たまきさんサロンに壁新聞展示中

たまきさんサロンスタッフです。

5月に入り、服装が軽やかになり新緑の美しい季節になりました。

生きものたちも季節の変化を感じとって、さまざまに活動しています。

そんな中、カジカガエルも鳴き始めました。

カジカガエルを知っていますか?

日本一美しい声で鳴くカエルです。

どんな鳴き声を想像しますか。

ゲロゲロでしょうか?

グワッグワッでしょうか?

答えはどちらでもありません!

鳥のような澄んだ声で鳴きます。

仙台市では広瀬川や名取川などで鳴き声を聞くことができます。

カジカガエルのことをもっと知ってもらおうと、たまきさんサロンでは

 

じゃーーーん!!

カジカガエルの壁新聞を作成しました!!!

見に来てね!

カジカガエルの声もお試しでちょこっときけますよ!

 

また、カジカガエルがすんでいる場所の調査も現在進行中です!

仙台市全域を調査していますが、なかなか全ての場所を調べるのは大変…なので、皆さんからの情報も募集しています。

カジカガエルの鳴き声を聞いたら、場所(くわしくお願いします)・日にち・時間を教えてください。

情報は、仙台市環境局環境共生課へお願いします。

電話番号:022-214-0013

メールアドレス:kan007130@city.sendai.jp

たまきさんサロンで壁新聞をみたら、カジカガエルを知っていたか教えてくださいね。

 

 

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

※8月27日(日)は設備点検のため臨時休館です。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 日々の話, アウトドア, 告知, 環境, たまきさんブログ | コメントする

今季最後の冬山かなぁ〜。冬の南屏風岳を(わざわざ)水引入道から

IMGP6932

今年はぜんぜん雪がないんだよね〜。山の中はもうすっかり春の雰囲気。だけど、昨日一昨日は猛烈に冷え込んだ。
東北って春一番がないの知ってました?強烈な南風が吹いても、またすぐに寒気が入っちゃうから春一番の定義が合わないんだって。
なるほどね〜。っで、本日は白石のすぐそばの、水引入道。。。雪ないなぁ。


IMGP6933

って言ってたら、あれれ?50メートルでもう雪。
こりゃ、昨日少し降っていたな。


IMGP6937

春の小川だね。暖かいなぁ。
雪面はカリカリに凍ってます。


IMGP6939

伐採した木で〜す。
以前は「あ〜あ。山を裸にして」って思ってたけど、本当は切らないと森は再生しないでした。二酸化炭素も吸収しないんだよね。


IMGP6940

お。もう水引入道の上り坂ですな。やけに展開が早い。
ここは僕が「陽のあたる回廊」と呼んでるあたり。登山口から一気に高度を上げると、綺麗に木の生えていない、歩きやすい尾根道に出るんです。下山の時は、ここから谷に入らないように注意する地点。


IMGP6942

おお〜。遠くの山々が見えてきた。
今日はひそかに作戦を持ってまして。。。あの光る峰を歩くつもりできました。
あの光る場所は。。。。南屏風岳。


IMGP6948

おお〜ガチガチに凍った谷を詰めます。
足元はもうアイゼン。手にはピッケル。


IMGP6949

そして標高をぐんぐん上げる。
今日は雪面が凍っているから、スノーシューよりアイゼンの方が移動速度が速いだろうと踏んでました。(大当たり!)


IMGP6953

あっちは、烏帽子岳方面かな?もう下に見えてる。


IMGP6956

あっという間に、水引入道山頂です。
でもここには用はない。
ここでも冬に登っただけで、ドヤ顔する人がいる山なのですが。


IMGP6959

目的は水引平から続くこの尾根。
特に名前がある尾根ではない。あえて言うなら南蔵王縦走路に出る道というのやら。
ところが!この尾根は斜度が45度近くあり、さら〜に雪の付きがイマイチ。
雪が深いなら、ラッセルラッセルで登れない。全くなけりゃ岩登り。
だから降雪後は雪面がしっかり凍らないとアイゼンがかからないのです。


IMGP6968

お!先行者がいた。よくぞこの日に。


IMGP6970

さぁ〜尾根に取り付くよ。
アイゼンとピッケルで、ガンガン高度を稼ぐ。僕の読みは大当たり!
シーズン通して、ここ登るのって本当にチャンスが少ない。降雪もあるし、天気もあるし。だいたい水引入道までも一苦労の登山があるから、その先登ろうなんて滅多にしない。
危ないから写真はあんまないよ〜。


IMGP6971

これ。核心部分通過後ね。
屏風岳〜南屏風岳のあいだの縦走路に出る直前。


IMGP6972

雲の移動に合わせて、光が次々変わり、表情を変える山々。


IMGP6973

これ。今まで登ってきた山。今のところ、蔵王山系では冬のこの尾根が最大の難易度かなぁ。


IMGP6975

はい。凍った看板。南蔵王縦走路に到着しました。


IMGP6977

そして、ここからしか見えられない光景。輝く道です。
遠〜くに見えるのは、先行者ですね。


IMGP6978

縦走路から、雪庇ぞいの隙間に出てきました。左に寄りすぎると、雪の塊ごと落っこちます。


IMGP6982

そして南屏風から不忘山へ。この区間は痩せ尾根に雪が付いているから、場合によっては通り抜けることができない危険箇所です。でも今回は雪が全くない。今回の登山は事前にここが通過できそうだとの情報もあったからのチャレンジだったんですよね。


IMGP6983

はい。無事通過。
むしろ雪が無さ過ぎて、この時点でアイゼンは外してました。


IMGP6988

さてさて。平和な不坊山に出ました。お家に帰ろうかな。
ここからの下山だけで、普通の人の1日分の行程なんだけどね。
じゃ、またね。

カテゴリー: アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

地下鉄東西線 国際センター駅でイベント「地下鉄に乗って、星空と武将隊に会いに行こう」を開催したよ。

20160116星空を見る会01

地下鉄東西線が開業して、ひと月(チョット)経ちましたね。せんだいE-Action実行委員会では、東西線の開業に合わせて何かイベントができないものかと、せんだいE-Action×WE WEEKSライトダウンキャンペーン・イベント「地下鉄に乗って、星空と武将隊に会いに行こう」を、地下鉄東西線の国際センター駅2階の多目的広場で開催することにしました。


20160116星空を見る会04

冬は星空を。。。。。曇ってますね。なんせこの日は、朝から雪。まだ曇っているだけマシかぁ。


20160116星空を見る会05

お空晴れないかなぁ〜。国際センター駅って2階のテラスから広瀬川を渡ってきた地下鉄車両が見られるんですよね。う〜ん。晴れて欲しい(いつもの晴れろ念力)。


20160116星空を見る会06

では、場所を変えまして二階多目的広場。支倉常長様の案内で、伊達成実様、片倉小十郎重長様の登場です。


20160116星空を見る会44

しかし。。。すごいお客さんで満席。今回は夜のイベントなんだけど。


20160116星空を見る会07

今日は皆に、普段どれだけ電気を使っているかを学んでもらおうと思う。あわせて宇宙のこと、光害についても学んでもらおうと思うので、講師を呼んでおる。


20160116星空を見る会08

天文ボランティア「うちゅうせん」船長の永井さん。どうぞ!


20160116星空を見る会09

やぁ。みなさんこんにちは。天文ボランテイアで、星空のことなどを紹介しています。
——永井さん。もう何回もブログでは登場してくださってますけど。やはり光害のお話は大切です。


20160116星空を見る会10

まずはお空を見上げて、国際宇宙ステーションのお話です。地表から400kmの距離で地球を回っていますが、それを30センチの地球儀で例えるなら、どれぐらいの高さになるでしょうか?


20160116星空を見る会11

「7〜8センチ?」
「ぶぶー」
「3〜2センチ?」
「惜しい!」


20160116星空を見る会13

「1センチ?」
「ほぼ正解。地球が30センチなら、ISSは8mmのところを、地球1周を1時間半で、1日16回、回っています。」


20160116星空を見る会14

では、それより大きな月。こちらはどれぐらいの距離で回っているでしょう?


20160116星空を見る会15
「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」9メートル。
地球からは距離にして平均距離38万キロ。月はこんな遠いところを、29.5日に一周のペースで回っています。


20160116星空を見る会16

今の暦は太陽を基本にしている太陽歴なので違いますが、月の満ち欠けをが基本の太陰暦では「大の月の30日」と「小の月の29日」を組み合わせて29.5日でちょうど勘定を合わせています。そして明日は半月。上弦の月となります。


20160116星空を見る会38

ちなみに月は、同じ時間なら昨日と今日では12度ぐらい位置が動きます。そして星空は15度ぐらい。
その15度って、ちょうど手を伸ばしてゲンコツを握り、親指の先と小指の先の間隔の角度が15度ぐらいだって。ちなみにゲンコツは10度ぐらい。


20160116星空を見る会37

でもその15度って、大人と子供では手の大きさが違うから角度が合わないと思うでしょ!ところが
「身長が違えば手の長さも違うから、だいたい一緒」
だそうです。


20160116星空を見る会17

では、続いて光害のお話をしたいと思います。光の害と書いて「ひかりがい」聞いたことのある人?
ほとんどいらっしゃいませんね。


20160116星空を見る会18

光害とは、人間活動で発生した不要な光が空を明るくする害のことで、天文観測に影響があるのはもちろん、動物や植物などの生態系に混乱をきたします。
特にアメリカやヨーロッパ、日本など工業化した国で顕著です。


20160116星空を見る会24

例えば人工衛星から地球を見てみますと、日本全体が明るいです。日本と韓国のあいだ。そして三陸沖の地面のないところも明るいのは、魚を獲るためのための集魚灯の灯りです。


20160116星空を見る会25

中国と韓国の間が暗いのは、北朝鮮です。首都の平壌以外はエネルギー事情が良くないので、灯りは写っていません。
このように、人間活動の活発なところでは、光が宇宙にまで漏れ出しているのです。

20160116星空を見る会26
では、東日本大震災前後の写真を見比べてみましょう。

20160116星空を見る会27
2011年3月10日の仙台市の写真です。


20160116星空を見る会28
それが、2011年3月11日の夜には、仙台市の大半の地域で明かりが消えています。


20160116星空を見る会29
永井さんは、震災直後はすることもなし。津波が来ているなどの情報もなかったので、ご自宅の前に望遠鏡を出して天体観測をしてみました。すると。。。明かりのない仙台市内からはオリオン大星雲が撮影できました。
———-さて、永井船長のお話もそろそろおしまいです。天体観測も気になってきましたし、ちょっと外に出てみましょうか?

20160116星空を見る会32

あれ?どうですか??お空の具合は。なんだか雲が薄くなってきている気がするのですが。。。
「はい。雲が流れて、星が見えるようになってきました。」


20160116星空を見る会33

なんとなんと。願いと祈りと神通力が通じましたね!イベントというと晴れますね〜。


20160116星空を見る会34

空気が冷えると大気の揺らぎが小さくなる。すると、星空の観察には抜群の条件になるのですよ。
なにが見えていますか?
「月」「オリオン大星雲」「昴」
雲の間に間に星空を見ていたら、あれ?本当に全天の雲が取れてきました。


20160116星空を見る会35

仙台市の特徴ですね。海が近いので、どうしても日没直後や日の出後は霞が出るようで。
そして足元には。。。。光。


20160116星空を見る会36

さてさて。気を取り直してイベントの取材に戻りますか。
みやぎ環境とくらしネットワークメロンさんのブースでは、エッグキャンドル作りをしています。


20160116星空を見る会20

たまごの殻にお気に入りの絵を描いてください。すると、ちょっと良い雰囲気のキャンドルが出来上がるので、お部屋の電気を消して小さな明かりを楽しみましょう。


20160116星空を見る会21

続いてドライビングシミュレータでエコドライブの実践です。
僕も試したことがあるけど、ふんわりアクセルって、ただのんびりアクセル踏んでいればいいのではないんですよね。例えば上り坂では重い車体を持ち上げるためにしっかりアクセルを踏まないと、かえって燃費が落ちてしまったり。要は学ぶってことですよ。


20160116星空を見る会22

宮城学生ボランティアユニオンさんは、正月的当てと称して、割り箸リサイクルのゴム鉄砲作りの講座も開いてました。そうなんです。子供は工夫の天才だから、その辺の物で遊べるんです。なんでゲームばっかになっちゃったんだろうな?


20160116星空を見る会23

「ペコ!」あ。当たった!


20160116星空を見る会39

なんてぐるぐる歩いていたら、なんか後ろの方の雰囲気が。。。あ!小十郎様がエッグキャンドル作りに挑戦。


20160116星空を見る会40

あまりに集中していて、周りの空気が。。。


20160116星空を見る会42

支倉様はうちエコ診断に挑戦中。


20160116星空を見る会41

こちらは盛り上がってます。重実様のエコドライブシュミレータ。
馬だけでなく免許持ってたんですか?


20160116星空を見る会02

なかなか近代の遊びも楽しいとのようです。


20160116星空を見る会43

ってことで、国際センターでのイベントも大盛況のうちに終了です。
帰りには上弦の月が見えました。僕?双眼鏡で見ていたよ。星空は望遠鏡だけではなく、双眼鏡でも十分に楽しめます。
せっかく空気の澄んでいる冬。ちょっと厚着して、外に出て星空観察をしてみてはいかが?(VixenのラジオCMの受け売り)
じゃあ〜またね。

カテゴリー: 取材, 省エネ, アウトドア, E-Action, 環境講座, イベント, たまきさんブログ | コメントする

新年第一弾の山は、刈田岳

yama02

新年第一弾の山は、どこ行こうかな。。。さいきんこのブログで山登りの記事書いていないし。。。(けっこう登ってるんですけどね)では、雪不足と言われている刈田岳に行ってみよう!


yama01

なんでいきなり山ブログ再開かというと、どうやら実家で姉がよくブログ読んでて「ヤマの記事は特に面白い」という微妙なお褒めの言葉をいただき、姉命令でよけいアップしなきゃならん。
「なかなか雪あるじゃないですか?」
駐車場係さんは「週末に降ったんですよね〜」だって。スキー場としては良かった良かった。


yama03

サァ登るか。完全装備だね。


yama04

何故なら、本日爆風。
「危険だったら、降りてきてくださいね〜。」
はい。今日は無理しません。


yama05
雪が新雪で、踏ん張りが利かない。なので早速スノーシューの登場。


yama06

えぼしスキー場から見る烏帽子岳。雲の中だね。


yama07

横に生えてた松の木に松ぼっくり。凍っています。
今日は山頂の気温がマイナス9度。さらに風速20メートルだから、体感温度はマイナス30度!


yama08

凍っているなぁ〜。指先もかじかんできました。


yama09

スノーモンスターは、徐々に大きく育っています。


yama10

お!先行者!!
「いやぁ〜。雪の状態が悪くて、林道伝いできました」
そうだね。無理は禁物です。僕らは藪を超えてきたけど。


yama11

じゃ〜ん。アイゼンに交換。
雪の状態悪し。そして稜線沿いは強風で雪が飛ばされて、岩が露出している。
ってことは、稜線の風下側の凍ってるあたりを詰めていけばいいんでないかい?


yama12

またもや別のチーム発見!
「雪がなくて、進めなくて」
そうですね。僕らはアイゼン装備にGPSで居場所確認していますので、グイグイ登ってます。


yama13

追いついちゃった。こちら本当はソロとグループがくっついたものでした。グループはここから直登は諦め、ソロは僕らの踏み跡をついてきた。


yama14

海老の尻尾です〜。


yama15

もう。完璧にホワイトアウト。
なんだけど、崖のすぐそばを登っていたので、かえって道に迷わない。崖に落ちないように、離れないように慎重に登ればいいんだね。


yama16

あれれ。いつの間にか山頂直下の避難小屋に着いちゃった。


yama17

スコップで入口の雪を掘り起こして、こんなところでもボランティア。


yama18

刈田神社は、もうほとんど見えませ〜ん。


yama19

こちら。山頂詰めるのに手間取ったり、雪掘ってたりしている間に先行していたソロの人。
「踏み跡残っていて助かりました」
そりゃ、一人で登るのは怖いだろうなぁ。


yama20

さ。帰ろうか。なんにも見えないし。
だけど、一応登りきったということで、満足満足。


yama21

凍ってます。早く風呂入って解凍しなきゃ。


yama22

ありゃりゃ?さっき山体の登り口で別れたグループは、ジープ道を詰めて山頂へ向かったのだね。
危ない時は、実力に合わせて行動しましょうってことで。


yama23

無事下山。
雪上車もいっぱい待機していて、樹氷ツアーは好評なようですね。


yama24

僕ら、ツアーの雪上車に会うと手を振って「お〜い」とかやって、パンダみたいだけどね。
でも山は実力に合わせて、楽しみましょう。
本日は苦労したけど無事完了。

カテゴリー: 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする