取材」カテゴリーアーカイブ

クマ・イノシシ対策講座~生態を正しく学び被害を未然に防ごう~

8月24日(土)に『クマ・イノシシ対策講座~生態を正しく学び被害を未然に防ごう~』と題したサロン講座を開催しました。

野生鳥獣の生態や対策などについて、県内外で指導や講演をされている「㈱地域環境計画 小野 晋氏」と「(一社)サスティナビリティセンター 相澤 あゆみ氏」の2人を講師にお迎えして、ツキノワグマとイノシシの生態と出遭ってしまった場合の対処法などについて教えて頂きました。

まずはツキノワグマについてのお話からスタートです。

初めに、今年の8月以降、泉区の水の森公園周辺で出没が相次いでいたクマについての説明がありました。
夏は山中にクマのエサとなる食べ物が少なくなるとともに、クマが繁殖期を迎えるため、エサとパートナーを探して歩き回るうちに、高速道路沿いの細い樹林帯などを通って、水の森公園や住宅地の周辺まで入り込んでしまったと考えられるとのことです。

ニュースなどでも取り上げられている話題とあって、参加者の皆さんも集中して耳を傾けます。

時折、身振り手振りを交えながら、小野さんよりクマの生態や、クマに出遭ってしまった場合の対処法などの説明が続きます。

《クマの生態について》
クマは植物食中心の雑食性で、春は山菜、夏はヤマザクラの実やアリなどの昆虫、秋は栗やドングリなどを食べています。
野外でクマが残す痕跡は、足跡やクマ棚、クマのフンなどがありますが、中でも、クマのフンは、クマの消化器官が肉食獣に近いため、食べた物がうまく消化されずに、食べた物のにおいがそのままするそうです。

《仙台市内における近年の出没状況》
クマの出没は通常であれば、山中のエサが少なくなり、クマの繁殖期である夏に多くなりますが、秋のクマの主要なエサであるドングリなどの堅果類が不作になると、エサを求めたクマが人里近くに出没を繰り返すことがあるそうです。
過去には、平成28年度にドングリなどの堅果類が不作になり、秋以降もクマの出没が相次ぎ、5件の人身事故が発生しています。

《出没の要因と対策》
クマが人里に出てきてしまう要因として、クマの生息域と人間の生活域の境界線があいまいであることが挙げられました。
対策としては、藪地の下草を刈って見通しを良くすることや、果樹の幹にトタンを巻いたり、畑全体を電気柵で囲うなどの防除策が重要とのことです。

《クマに出遭ったらどうするか?》
万が一、クマに出遭ってしまった場合には、、、
・大声を出さない(クマを興奮させない)
・走らない、背中を向けない
・ゆっくりと後ずさりしてその場を離れる
以上の対処法をとると良いそうです。
とはいえ、まずはクマに出遭わないようにすることが重要なので、仙台市のホームページで出没状況を確認したり、クマ鈴やラジオを携帯するといった対策をしっかりとしましょう!

質疑応答と休憩を挟んで、イノシシについてのお話が続きます。

イノシシもクマ同様、近年、里山だけでなく住宅地周辺にも出没することが増えていて、農業被害も年々深刻化してきています。

講師の相澤さんから、イノシシの生態や対策などについて学びます。

《イノシシの生態》
イノシシもクマと同じで、植物食中心の雑食性です。
クマとは異なり、冬も冬眠せず活動するため、冬の間は土を掘って根茎を食べているのだそうです。
性格はとても臆病なため、人間が活動していない時間帯に行動する習性があるようです。
また、イノシシの対策として、ワイヤーを使ったメッシュ柵がありますが、強靭な鼻を持つイノシシは少しの隙間があると、そこから鼻先を突っ込んで柵を持ち上げてしまうため、柵を設置する際は注意するようにアドバイスがありました。

《対策の基本的な考え方》
イノシシの被害への対策として、「環境整備」と「被害防除」、「個体数管理」の3点を挙げた相澤さん。中でも、「環境整備」と「被害防除」にもっと目を向けて力を入れてほしいと話します。
個体数管理に力を入れて、イノシシをたくさん捕獲しても、イノシシが再び出没しないように、下草刈りやメッシュ柵・電気柵の設置と適切な管理を並行して実施しないと意味がなくなってしまうのです。

《万が一イノシシに遭遇してしまったら》
こちらもクマと同様に、出遭わないようにすることが1番だとしたうえで、、、
・刺激しない、近づかない(ウリボウにも!)
・騒がずにゆっくりと後ずさりして距離をとる
・車の場合はクラクションを鳴らして様子を見る
以上の対策を挙げられました。

クマとイノシシの講座はここまでですが、同会場でクマの生態等に関する企画展「仙台とクマ展」が同時開催されていて、参加者の方々は実物大のクマのパネル等の展示物を見ていかれました。
※企画展は8月29日までで終了しています

講座で学んだ知識を活かしてクイズに挑戦する参加者の姿も見られました。

私たちも、野外で突然クマやイノシシに出遭ったら、、、と想像すると怖いですが、それはきっとクマやイノシシにとっても同じで、突然人間に出遭って怖い思いをしているはず!

彼らの生態や行動、出遭ってしまった場合の対処法などを正しく学んで、お互いが適切な距離を保ち、「共生」していけるといいですね。

講師の小野さん、相澤さん、スタッフの皆さん、参加者の皆さんありがとうございました。

カテゴリー: 取材, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

勾当台市民広場でエコフェスタ2019がやってるよ!

熱いですね〜でももう9月。気持ちのいい日曜日!勾当台市民広場でエこフェすタが開催中だよ。

街の剪定した木や給食の残滓でつくった肥料も配ってるよ。

ここがシャレにならん。マニアックなコミックもあるし、宝の山!掘ってると仕事にならないので逃げてきました。

E-Actionブースもあるよ。

e-NV200もきてるよ。

これ何やってんの?

プラスチックのリサイクル工場のVR映像だって。

ステージもあるよ〜。15時まで!

カテゴリー: 取材, 環境, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

長町南小学校の緑のカーテンの育った姿を見にきたよ。

のっけから伊達武将隊の芭蕉さんと茂庭綱元さん登場!
前回の「長町南グリーンカーテンプロジェクト」は夏休み前のことですね~、タネから育てたゴーヤをプランターに定植しました。いっしょにアサガオやヘチマも植えましたね。その緑のカーテンが夏の間にどのくらい伸びたのだろう?
総合学習の時間におじゃましてます。

ただですね。。。残念なことに、少し天気が悪い。
始業の少し前には雨がパラついてたし。今も少し曇っているね。。。そこで屋外で機器を使って温度を計測しながら環境授業を進める予定を急遽変更。屋内にてパソコン画面で生育後の緑のカーテンのことを勉強してもらい、校庭での計測は日を改めてとなりました。<<<これもモチロン、取材させてもらいます。
ってことで、柳沼さんも登場。

では。最初に観察について、お話です。
芭蕉さん。観察って何をします?
「え~目を使います。私はよく、見るようにします。俳句を作るときも良くものを見て、季節や事象などを感じるようにします。」

他に何が大切だろう?みんなわかる?
「写真」「匂い」「さわる」「口(くち)」
いいですね。例えば、ゴーヤの葉っぱはゴーヤと同じ味がします。全身が同じ味なんですね。
「耳」
すごいですね。

用意していた答えがぜんぶ出ました。
「見る」「触る」「匂う」「聞く」「味わう」
観察するときは、五感を使います。みんなの体で感じたことでメモを取ったり、写真に記録したりします。
でも、もっと大切なことがあります。

それは「観察しながら、いろんなことを、ひとつひとつ思いを巡らせて考えること」が大切です。
俳句を作るときも、感じで、思いを巡らせて創作します。理科だけでなく、国語とか、ぜんぶの教科で、五感は大切です。

では、皆さんは成長した緑のカーテンを見てきたと思います。
「ゴーヤ」「ヘチマ」「アサガオ」
どれがどれだか解りますか?

左上の写真は手が一緒に写ってますね。比較のために手が写っているぐらいなので左上の葉っぱが一番大きいです。

下の葉っぱは、ちょっと形が違うね。この葉っぱには、毛が生えています。触ってみるとわかるよ。下の葉っぱ2つは、アサガオ。

そうすると、上の二つのうちの、どっちがどっちでしょう?
左がヘチマで、右がゴーヤです。
ヘチマは葉っぱが大きく。ゴーヤは葉っぱがギザギザして柔らかいのです。
そして、ゴーヤやヘチマは伸び方に特徴があります。ツルはどんな感じでした?

アサガオはツルが直接巻き付いていました。
ゴーヤはどんな感じ?イメージして手でやってみて
「こんな感じ」


できれば、両手でやってみて!
「こ~んなでした」

こんなふうに、ゴーヤやヘチマには親ヅルと子ヅルが出てきます。アサガオは本体が直接巻きつくけど、ゴーヤは子ヅルで巻き付きます。
こういうのを「巻きひげ」とも呼びます。

この巻きひげを見て何か思いませんか?
捻れているんだけど、捻れが一回休んで、反対のねじれになってます。
どうしてですか?
「水を吸うから?」
「のびるから?」

柳沼さんが調べたとこだと、こんなふうに逆向きに伸びるとツルが強くなって、どんな方向にでも「伸びていけるからだよ~」ってことでした。
~~~でも。ぼく解っちゃった。巻きの方向が途中から逆転していると、左右から力一杯引っ張った時に真ん中からクルクルほぐれていって、一本の紐になるまで我慢することができるんです。(糸の輪っかの真ん中にボタンとか通して左右から引っ張って回転させて遊んだじゃん!あれと同じ)これが単純な一方向の巻きのバネだと、引っ張られた時に一本になるまで伸びないし、伸び切っちゃったときはツルにネジレが残る(応力が残る)からツルが切れちゃうんだね。
さすが!生物は進化の中で、最良のバネ構造を生み出すのだなぁ~<<科学オタク論。

次の見るポイントは「花」です。
ゴーヤには「雄花」「雌花」があります。聞いたことある?4年生の授業ではまだ出てこないそうです。聞いたことある?
「あるある~」
実をつけることができるのが「雌花」。赤ちゃんができる花ですね。

違いわかります?これ。近くで見ると。。。
「雄花は真ん中が黄色く、雌花には、根元に小さな実がついています。」
よく見つけたね。
「花の形が違う」
そうだね。雌花の方が、少し開いているね。

「雄花」には花粉ができる雄しべがあるんですね。
「雌花」は、蜂や蝶がとまり易くなるように、花弁が開いて脚がかかるようになっているんですね。虫に受粉させるんですね。

では、今日はまだ使わないけど、ワークシートを使って調べる時の機器、放射温度計を紹介します。

上に赤い点があるね。この点の温度を離れたところから測ります。28.5度ですね。

黒板は27度。だけどこの赤い点はレーザー光線で照らしているので、目の黒いところにあたると目が見えなくなってしまいます。なので絶対に人に向けて使わないこと。約束だよ。

では、芭蕉さんが一列にひとつずつ配ります。

すげ~。

茂庭さんの甲冑の鉄の部分は
「少し冷たい!」

この放射温度計で、こんどワークシートにあるように「葉」「土」「コンクリート」とか、素材の違いを調べてみましょう。
「自動車のボンネットも!」
それは熱いだろうね。

緑のカーテンの一番の効果は、強い日差しを和らげることができることです。
じつに太陽の光を80%も遮ることができます。
すだれは50~60%。
高性能ガラスが55%だから、すごい効果ですね。

芭蕉さんの頃はどうしてたのですか?
土壁の家に住み、障子の扉でした。
そして熱いときは、すげの傘ですね。

これは平成19年に様々な環境の違いを測った時の記録です。
ヘチマの緑のカーテンでは、葉の表側と裏側で、気温が2度も違います。

皆さんも、次回の実験では計測してみてくださいね。

これは実際の写真。
サーモグラフィーで測った緑のカーテンと、参加者みんなの記念写真です。
人は熱いので、赤く写りますね。植物は青です。

緑のカーテンには蒸散作用があります。みんな雨に当たったまんまでいると、お母さんから「着替えなさいよ~」って言われるでしょ。乾燥する時に体温を奪われて冷えちゃうからだね。緑のカーテンにも、周りに水分を出す働きがあるんで冷えるのです。

そして、みんなにはなかなか難しいことなんだけど。「生産者」「消費者」「分解者」ってわかる?
生産者は樹々で、二酸化炭素と水と光から、酸素(と糖)を作り出すことができます。分解者は、地面に落ちた葉っぱなどを分解して、栄養に戻してくれる生き物です。分解者がいないと、地表は葉っぱだらけになってしまいます。
そして、人間や他の生き物は、それら自然のシステムを利用して生きる消費者です。
~ちょっと面白い話。水の極端に少ないオーストラリアの砂漠ではミミズがいないから。。。シロアリが分解者なんだよ。

たとえば、幹の幅30センチほどの桜の木一本で、人の出す呼吸の2人分を賄うことができます。そうやって考えると、みどりは大切ですね。
だけど、いまアマゾンで、大火事が起こっています。
「ニュースで見た!」
地球の肺と呼ばれている森が燃えて、大変なことになってます。かなり心配です。

では、校舎脇の緑のカーテンを見にいってみましょう!
おや。。。大きくなったけど、2階までやっとという感じ。。。そうなんです。柳沼さんも緑のカーテンプロジェクトだけで5年間も活動してますが、こんなに暑い夏は初めてだそうです。やっぱり気候が変わってきてしまっているのかな?

では、最後に記念写真!

パチ!!

はい!次回は、実際に計測機を使って緑のカーテンの効果を計測してみようと思います。じゃね~。

カテゴリー: 緑のカーテン, 取材, 環境, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

お盆だね〜。そして暑い。こんな時は打ち水だ!せんだいE-Action実行委員会企画の打ち水イベントだよ。

暑いですね〜。暑い上に、なんだか台風まで来ていて、もう日本列島は大変なことになっている。。。ってのは関東から西の方の話で、まだ仙台は雨は降ってきてません。(明日は雨だって。ひょえ〜あぶない)なので、今年も恒例!お盆の前の「せんだいE-Action 打ち水だ!」in一番町四丁目商店街の様子をお届けします。

はい。松尾芭蕉さんです。マイクを握るとそりゃ〜もう。よく通る声で商店街を通るみなさんにお声がけ。「2時になりましたら伊達武将隊と打ち水を実施します。お子さんも、通りがかりのみなさんも集まって〜。
では政宗さま。打ち水の効果のほどをお教えください。」


皆の者。この暑さというものが何処からくるかわかるか?ひとつは日差しの強さ。二つ目は空気の気温。そして三つ目は、暖められた地面の熱によって、暑さを感じるのだ。それを下げることができるのが、打ち水だ。
朝と晩、あらかじめ打ち水をすることで、熱の上昇を防ぐことができ、故に、涼しく過ごすことができるのだ。

せんだいE-Action実行委員会からは、小林委員長からご挨拶。
「みなさん。本日はお集まりいただきましてありがとうございます。打ち水の効果は、科学的にも立証されています。賢く暮らして省エネを実現しましょう!」

せんだい・杜の都親善大使のお嬢さん。日比野愛さんと俵谷理瑶さんです。浴衣姿がかわいいなぁ〜。

日々祭りも続き、七夕も終わって、楽しんでいる間に疲れもたまっている。暑さにも弱くなっている。いまだからこそ、熱中症にも気をつけねばならん。
なぜ我ら武将が打ち水を実践しているのか?あの震災後、われらは3E推進武将隊として活動しておる。3Eとは、省エネ、創エネ、蓄エネ。この地球が生み出す力、人間が生み出すエネルギーだ。震災から8年がたった。改めてエネルギーの大切さを実感する時だ。

エネルギーの大切さを感じ、この杜の都から伝えていこうではないか!
みなみな、打ち水をする心の準備はできているか!

オ〜!!!

では行くぞ!いざ!出陣。

じゃね。重綱様。子供達に水の入ったバケツを配ってください。

では、せんだいE-Actionの掛け声で水を撒くぞ。
せんだい。E-Action!

もう一回やるぞ。E-Action!

ではこのまま広瀬通まで行くぞ!

祭りの準備もあるから、椅子にはかけぬようにな。E-Action!

今日はね。テレビ局もいっぱいきたよ〜。夕方のニュースだ!

E-Action!

高いとこから。E-Action!

いざ。出陣だ!

E-Action!

E-Action!

は〜い。ここまで来たら、給水です。

すでにヒンヤリしてきているね〜。

さて、芭蕉さん。何かを取り出したと思ったら、GoProじゃないですか!

進化してますね〜。ハイテク歌人です。

さ。打ち水だ!

E-Action!

そして一周して帰ってきました。
昔からの打ち水で暑い夏をのりこえよう!

続いて、集まってくださった皆様に、感謝の演舞。

カッコ良いです。

ありゃりゃ。芭蕉さんは筆で踊ってました。場内には笑いが。。

そしてお館様が、センターで、

ポーズを決め、終了!

赤いシャツの外国の人は大感激。楽しんでましたよ〜。

はい。演舞の後は、みんなで、仙台・宮城にございん音頭を踊って、楽しみましょう。

お嬢さんたちも「ございんございん」

〜〜ってことで今年も、せんだいE-Action実行委員会企画「打ち水」は、滞りなく終わりました。なにより雨が降らなくてよかった〜。
成功を祝して、勝どきだ!
エイエイオ〜!

カテゴリー: 未分類, 取材, 省エネ, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

お盆の初日。迎え火だね。せんだい竹灯り。スタートしたよ。


お盆の迎え火ですね。七夕の竹を再利用した、竹灯り。一番町四丁目商店街で始まりました。

なんか、いつもの年と写真違うでしょ。
50mm f1.4 planarって、特殊レンズ持ってきたんだよ。50mmってのはカメラを勉強するときの、一番最初に触るレンズ。だけど今日のこれは、ボケみがすごいよく出るレンズなのだ。

ではでは。

カテゴリー: 取材, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

東京スリバチ学会×仙台ふららん 仙台鉄道跡を探索するぞ!

なんだか、暑い日が。。。続くね。
さすがにこ〜んなに暑くては、な〜んにも考えられない!なので、ちょっとだけ涼しくなるように。雨の日のレポートです。ほんとは先月にあった講座だったんだけどね。ちょっと忙しすぎてアップが遅れました。ゴメンナサイ。。。
仙台ふららんって旅の企画がありまして。仙台の街をぷらっと歩いて、街の魅力を再発見しましょう!ってプチ旅なんですね。

そしてこの方が、旅の案内人としてやってくるってことなので、喜び勇んでやってきたわけなんです。おなじみ!東京スリバチ学会から皆川先生です。

地下鉄南北線の駅から出発しまして、もうなんだか謎の方向を指差す先生。なんでしょう?


池だ!池がある!!<<これ正確には貯水池。
真美沢って、黒松駅から北に伸びる谷間に降りていくそうです。

もうみんな、大冒険の始まりでワクワクです。

ちなみに、この日は雨です。
皆川先生のイベントは雨です。

なぜなら皆川先生は雨男だから。でも。。。いままで集中豪雨に大雪に、そして今回は台風でした。キビシすぎる。

おお〜。こんなところに池がある。

そしてこの池。地下鉄南北線からチラッて見えていたのね。

そして真美沢には、田んぼがあった。

あぜ道のお散歩。用水路には水が流れていますね〜。

いったいどこに流れていくのだろう?わからないことばっか。

でも、なんとなく気になるってことで、団地脇の階段を登ってみました。登らなくても出るとこは一緒なんだけどね。

そしてら、あれれ?ここの擁壁って、花壇になってない??


なんか。こういう工夫って良いよねぇ。
擁壁そのものがコンクリートのブロックで積まれていて、そこに草花を植える工夫。つまり水も根っこも通すってことなのだね。

ちっちゃな工夫ってのは、国土の小さい日本ならではなのだなぁって。最近思いました。

さてさて。真美沢を出まして七北田駅方面へ向かいます。

と。なんか怪しい道路が左手に。なんで道の真ん中に植栽があるの?

これが今回の旅のもうひとつの目的。旧仙台鉄道の痕跡探しでした。
大正〜昭和初期に、仙台の通町から古川まで延びていた軽便鉄道だそうです。

で、記念写真を撮ったのは、ここが高架の下で雨が当たらなかったから。

そしたら!「これ、野生のアスパラでない?」ほんとだ。

仙台川も、水量が多いようで。

そうこうしているうちに、七北田駅に着きました。
ここってかつて、地下鉄南北線が七北田止まりだった頃にパークタウンに向かうバスが発着していたそうな。だからこんなに広いのか。

はい休憩ね〜。雨なので、ちょっと助かりますな。
昔はここに、おいしい立ち食いそば屋さんがあったんだって。

さて出発。かつての七北田駅の北側は、田んぼの広がる風景だったので、いまは「農家さんだったのかな?」ってお宅とマンションが立ち並ぶ。不思議な光景。

この記事を書いている灼熱地獄からは考えられない、7月の雨続きでありました。

そして皆川先生の発見。この水路は、仙台川に続く支流ではないかい?

近隣にはこんな支流がたくさんあったそうな。
そして、七北田橋から下流側を望むと、そこには。。。軽便鉄道が渡った橋があったのだけど、もう遺構とかはないのかな?

「そこの土手の感じがおかしい」「あそこの家の立ち並び方は怪しい」

言われてみますと。右の擁壁が変なところで途切れていますね。。。その反対側の土手のコンクリも怪しい。

そして、七北田橋の下にも怪しい水路が。ほんとうに支流は、南北からたくさん流れ込んでいたようです。

橋を渡ると、居酒屋いっぱい。ボクハココデナラ、イキテイケル。

そして二柱神社に着きました。

茅の輪がある!今日は茅輪神事の日なんだね。なんとタイミングの良い。

せっかくだから、休憩ついでに潜っていきましょう。
で、中略。さすがに今日は神事の境内では写真が撮れなかったなぁ。ひとが願い事しているしね。

さ。ワイワイ歩こう。七北田川。

石留神社。志波彦の神様が馬で川を渡るときに、石でつまずき冠を落とし「ええい。ここより下流に石を置いてはならん!」としたというけど。

皆川先生曰く、山からジグザグに流れてきた七北田川はここから平野部に入り、緩やかに直線的になるので、岩が目立って少なくなるそうです。なるほどね〜。
そして敷地は河川で登記されていることを見て、ますますココの土地が線路跡ではないのかと怪しく思うのであった。

そしてまた、線路跡を探して歩く。
「ん?なんだか怪しい土地の境界だ!」

見ると、向かいのマンションも、この一棟だけ角度が違う。。。こういう目線で線路跡が見つかってしまうのですね〜。

そして泉中央の駅前通りの、ちょっと北側、裏の隣の道に、曲がりくねった線路の跡が。

こんな空き地も怪しい。仙台鉄道は廃線になってからずいぶん経つので、線路とか枕木とか現物は残ってないのですが、土地区画割りや道路に痕跡が残るんですね。

そして日本酒の一の蔵の泉本店の敷地「ここには七北田駅があり、旧奥州街道七北田宿との人の往来がありました」

じゃ、休憩。皆川先生は休憩の時に必ずパルムを食べる。

ありゃリャ!ヘンテコな信号!!
この信号。もう近隣ではほとんど残っていない珍しいものだそうな

さて、さらに軽便鉄道は北へ続く。道路がね。良い感じにうねっていて、たまに土手が切られていて、明らかに人の手で作った切り通しなんですよ。味わい深いなぁ。

地層に関心!だけど専門でないから、いまいちわからないそうです。でも、土砂が階層状に積み上がっているのは、わかるなぁ。

泉町の道標発見!いつの頃のだろう?

線路跡は、ちょうど東北学院大学の真下あたりで、国道4号に出る。
「だからこの交差点に、みょうに緩やかな道が、変な角度で合流していたのか!」物事にはちゃ〜んと理由があったんですね。

そして、その近隣にあった。。。ここを毎日通るひと曰く「説明できない施設」

なんだろう?山のように神様が祀られていて。

誰か理由を説明してくれ〜。<<さっきエラそーなこと言ってたのに

こんなにたくさんの神様インストールしたら、機能障害起きないのかな。。。

そして七北田中学校の前で記念写真。特に意味はありません。たんに看板目立ってたから。

ここ一帯は、奥州街道の旧七北田宿です。なので、各戸のあいだには、こんな排水路があるのです。ただ、それが近代でも生きているのが素晴らしいなぁ。

そして間口で税がかかるので、こ〜んなうなぎの寝床のような敷地ができちゃうんですね。

ここには養豚場があったそうな。なので、この横丁の名前は「とんとん横丁」けっこうリーズナブルに酔えるそうですよ。

そのお向かいのお宅の庭に、明治天皇が東北を巡幸されたときの休息地の碑が立っているそうな。奥の黒いのだね。あんまり顔突っ込むとSECOMに引っかかりそうだな。。。

さてさて、そんなこんなで雨の中歩いてきました。よい道だなぁ〜ここ。でも自転車は通っちゃダメだよ。

今日の最終目的地。泉中央が見えてきた!

ん?逆ピラミッド??それはルーブルだ。

ってことで、到着しました泉中央駅。
今回はねぇ〜。台風じゃさすがにデジイチ持ってくるわけにはいかず、コンパクトデジカメ(防水)で撮りました。だからアングル微妙だったんです。ゴメンね。

仙台ふららんでは、こ〜んな楽しい企画をたくさん用意しているそうな。
もともとは、街をよく知ろうって市民講座から生まれたグループだそうです。
今後の予定もサイトに掲載されているので、是非ともチェックしてみてね。
ではでは。皆川先生ありがとうございました!
次回は晴れにしようね。またね。

カテゴリー: 取材, 日々の話, アウトドア, 環境, たまきさんブログ | コメントする

長町南小に、ヘチマはかせ登場!緑のカーテンの定植もね。

本日のブログは長町南小学校の環境の授業にお邪魔です。今日はこれから「へちま博士」の緑のカーテン講座と、続く二時間目の授業では、3週間前に植えた緑のカーテンのタネが育ってきたので、もっと大きなプランターに定植させます。

講師の先生は、シンプル&スローライフの会の柳沼さんと。。。左の男性がヘチマを調べてウン10年。ヘチマ博士の金井さんです。東京から駆けつけてくれました。

こんにちは。今日は長町南グリーンカーテンプロジェクトの応援に来ました、金井です。私はずっと長いことヘチマを研究していまして、ヘチマ博士に変身できるのです。変身していい?」

こうやって、手ぬぐいを頭に巻くと、
「じゃじゃ〜ん。ヘチマ博士です。」

ま。バカ話も大概にってことで。
まずはゴーヤとヘチマの違いの話。ゴーヤって正式名は蔓茘枝(ツルレイシ)っていうんですね。

授業では、ヘチマを絵に描いたりしてますか?ゴーヤの苗をよく見ると、最初に出てくる子葉は、こんなにちっちゃいんですよ。

ちなみにヘチマの子葉はこんなに大きいです。一番下の細長い葉っぱのことね。

そしてゴーヤの子葉の次に生えてくる葉っぱは、まん丸ですね。それ以降に生えてくる葉はギザギザになるんだけどね。ヘチマとの違いをよく観察してね。

では、ヘチマって、どこまで大きく育つかわかりますか?
だいたい芽を出して3ヶ月でこの天井は越えちゃいます。
「え〜!!!」
ここの校舎は3階?だったら越えちゃいます。
では、どれぐらいの高さになるでしょう?
はいは〜い。
「4階」
まだまだ
「15階」
さすがに高すぎ。
7階まで育ちます。


そこまで育つには、理由があります。
これは、ヘチマの巻きひげを真似したもの。
これが、ぐるぐると回って捕まるところを探します。

そして、捕まるところが見つかると、もう離しません。
巻きひげは、バネみたいになっているので台風とかがきても伸び縮みして離さないんです。

ゴーヤも建物に登ることができるんだけど、のびて3階ぐらいです。
ヘチマは壁登りが得意なんですね。
では、こうやって建物の壁に育った緑のカーテンは何の役に立ちますか?

「太陽の光を遮ります」
「影ができて電気代が安くなります」
よく勉強していますね。はっぱが太陽の力を遮ってくれると、部屋の温度が(東京だと)5度ぐらい下がります。そうすると、使う電気の量が少なく、省エネ節電になります。

さっきのヘチマは、大きく育った秋頃には、こんな実が成ります。
頑丈なんだよ。バンバン叩いても壊れない。
そして、これを輪切りにして体を洗うのに使ったりできるんだよ。

中には溝があって、タネがギッシリ詰まっています。

こんな実が、7階の高さに成ってしまうのはなぜでしょう?

こ〜んな感じに、建物の外壁に成っています。そして、実の下のハッチが開くと
「バラバラバラ!」
っと、ヘチマのタネが遠くへとばら撒かれるんですね。
みんな。いま拾ったタネは、理科の授業で蒔いて育ててみてね。
では、時間となりました。

2時間目の授業です。
外に出ると、柳沼さんが校舎の3階のベランダから紐を下げています。

シンプル&スローライフの会の田村さんも一緒ですね。
これから4年生の教室の前に緑のカーテンを作ります。

4年生のみんな集合です。
このゴーヤは、長町南グリーンカーテンプロジェクト用に伊達武将隊から贈られたものですね。前回の取材の時に小さな器に植え付けたタネが、3週間でここまで大きく育ちました。

そして4年生のみんなも手際がいい。
植え付け(定植)をしますよ〜。と先生が声をかけますと、もう穴を掘って。

器の底に開いた穴から苗を押し出して。

はい。定植完了。

柳沼さん曰く
「プランターでも大きく育つように、肥料たっぷりの土を用意しました」
とのことです。

さらに、植え付けたばかりなので、水をコップであげます。

こちらのグループは?
元気が余っていたので、雑草取りに協力してもらいました。
これからここに、ヘチマを植えるそうです。

さ。今日の定植作業の仕上げです。みんなで窓辺にプランターを移動して。

校舎の3階から垂らした紐を、プランターに結びつけます。
大きく育つのが楽しみですね。これからも定点観測をしますので、お楽しみに!

カテゴリー: 未分類, 取材, 省エネ, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

海のゴミを無くそう!海ごみゼロウィークで、七ヶ浜町表浜(外人浜)の清掃をしたよ。

今日は海洋ゴミの話だよ。
ここのところ話題になっているよね。海岸に打ち上げられたクジラの胃袋の中から大量のプラスチックが出てきたとか。目に見えないマイクロプラスチックとか。砂浜にもゴミゴミゴミ。ビニールとかペットボトルとか全部まとめて「プラスチックゴミ」なんて呼ばれてます。

子供の頃に「プラスチックは散らかしたら、ず〜〜〜〜っと消えないからポイ捨てはダメ」って言われてたはずなのに、なんだか海岸に打ち上がるゴミを見てると虚しくなる。。。ということで、みんなで汚れてしまった海岸を「綺麗に掃除するぞ!」って集まってきましたのは、仙台を拠点にSUP(スタンドアップパドルボート)のレースなど主催しているNorth Shore SUP CLUBの皆さん。
「近年はマイクロプラスチックも深刻な問題となってます。環境省主体の「海ごみゼロウィーク」が5月27日から実施されるのに合わせて皆さんと海岸清掃を行おうと思います。」と、代表白土さん。

ドッと一直線に海岸へ向かう行動力はシーマンシップだねぇ〜。
海の人たちはちょっとの迷いが転覆につながるんで、グズグズしません。ゴミ袋を片手に拾うひろう。

この「海ごみゼロウィーク」では、日本中で1300の団体が清掃活動を行なっています。実際のところ、海岸に打ち寄せられるゴミってのは海に直接捨てたものではなく、陸の上の人がその辺にポイって捨てたものが、風に乗って側溝に落ちて川に入って、延々と流れてここにやって来るそうな。

こんな小さなヒモでも、ぷかぷか浮くと紫外線で分解されマイクロプラスチックになる。
海上の汚染物質は大半は石油由来だから石油製品と親和性が良く、その汚染されたプラスチックを魚が食べ、それを人間が食べ。。。冗談では無いんですよ。世界中で作られた海水由来の食塩を詳細に調べたら、プラスチックの入っていないものがなかったそうな。。。

なので、環境に散らかったゴミは、人の手で丁寧に取り除くしか無いんですよ。
でも、新品のタイヤまであったのは、なぜ???

こうやって集められたプラスチックは、いろんなものが付着しているからリサイクルが出来ないんです。きちんと分ければ資源だというのに。。。ちなみに七ヶ浜町ではあらかじめ町役場に相談すると、清掃したゴミは後日に回収してくれるのです。なので、思い立ったらまず役場に相談!

さて、清掃が終わったら、遊ぶに決まってるじゃ〜ん♬
大好きな海だから、綺麗に気持ちよく遊べるようにしたいんだよね。
じゃね〜。

カテゴリー: 未分類, 取材, 役立つ話, アウトドア, 環境, たまきさんブログ | コメントする

年度が変わったので、E-Action実行委員会で新年度の方針を話し合ったよ

年度が変わって、まぁ、使い古されてきた言い回しだけど元号も変わったし、外はポカポカと季節も変わったしね。春だねぇ〜。今年度のE-Action実行委員会では新しいことに挑戦できないか!ってことで、実行委員会を開催しました。


陽気も良くなりまして、皆様お集まりいただきまして有難うございます。
会議の中でもおいおい出てきますが、この実行委員会は仙台市の地球温暖化防止協議会の地域協議会という位置付けはあるんですが、あんまり固く考えることなくみんなで一緒に活動できる場にしていきたいと考えています。参加している皆さんにはこの場を良い意味で活用してもらえればと思います。


まずは年度が変わったということで、昨年度の事業報告について、報告です。(記載はざっくりですが)平成30年度の環境普及活動のイベント総参加者数は5422人(前年度5208人)と、前年度を上回りました!新たに実施したイベントとしては事業者セミナーがあり、企業向けの環境活動の啓発ができたのではとのことでした。


3E啓発活動としては、シンプルアンドスローライフの会の皆さんの協力のもと、小学校へ大規模な緑のカーテンの設置をしまして環境教育を実施しました。
平成30年度は大沢小学校と小松島小学校の2校に設置しました。
また、家庭向けには緑のカーテンの種子を5000袋ほど配布を行いました。


できれば皆さんに、このようなイベントに負担にならない範囲で参加してもらえればと思います。自分たちにできることがあればとか、イベントはパネル一枚でも参加ができますので「どうしたら協力できるかな?」と思いましたら事務局に相談していただければと思います。
日産サティオさんなんか、かなりの数を参加されましたけど、どうでしたか?


はい。電気自動車からの給電などのディスプレイは、いままでは持ち寄りの扇風機を回したりとか、テレビやビデオを点けて流していたのですが、イオンの植樹祭ではメンバーの日本デザイナー芸術学院の学生さんの下絵でガラスエッジング講座をしたりとか「こういう使い方もあったか!」と、人が集まる場でのアピールができたと思います。


地球温暖化防止センターでも荒町商店街の子供達の打ち水イベントの前に事前学習を行ったりと、イベント当日の子供達の言動を見ていると効果が出るのだなと感じてます。


株式会社北洲では毎回実施しているのが3種類のサッシガラスの違いでどれぐらい熱が伝わるのが変わるかを比較体験してもらっています。皆さん漠然と「自宅は寒いし光熱費がかかるのでどうしたら良いのだろう」と考えていらっしゃったのですが、会場で直接市民の方と関わって、弊社の提案も聞いていただける良い機会だと、考えています。


そして新年度の計画です。省エネ節電行動の促進。グリーン購入の促進。緑のカーテンの促進を三本の柱として、事業を進めていこうと計画しています。


節電所など、市民参加イベントをヒントとして活用し、節電行動を普及させようと考えています。ひとつ新たな取り組みとして、交通局と連携しまして節電行動で当選することで、さらに環境負荷の低い行動に結びつける意味で、公共交通機関で使えるicscaポイントをプレゼントで提供することにしました。


他に何かありますか?
全国地球温暖化防止センターで、環境学習ツールとしてパネルを開発していまして、それをどこかで活用できないかと考えていたので、今年度はイベントなどの会場へ持ち込みたいなと考えています。
それとうちエコ診断を実施していますが、宮城県はどうしても寒いので給湯費が高くなるという相談が多いです。そこに断熱をキーワードで話ができればと思うのですが。


そこなんか、北洲さんがお手の物とは思いますので、いかがです?
「何がどの規模か?っていうことが判断に悩みますが、実際にリフォーム施工した例を見ていただくとか展示場を見ていただくなどはあります。実際に改修した現場を見ていただくと驚かれると思います」
〜〜断熱は、中田先生の講座でもありましたね。産学官で提携できるといいですね。


そして最後の最後ですが、E-Action実行委員会の紹介ページが今までなかったんですよね。それをこれから整備します。


ロゴマークも新規に作成しまして、名刺に、パンフレットに活用してもらおうと思います。では、新年度のE-Action実行委員会の活動にご期待を!

カテゴリー: 緑のカーテン, 取材, 省エネ, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

勾当台公園で、自転車まつり2019が開催してるよ〜。

暑いっすね〜。ついひと月とチョット前に雪が降った仙台とは思えない、30度近い暑さ!これで気象がおかしくないなんて、ありえないよね〜。
で、地球温暖化対策に抜群なのが、自転車での移動。自動車って象を1頭連れてるようなもんだもんね。その自転車を「安全に乗ろう!」って啓発イベントが、勾当台市民広場で開催されてるよ〜。今日(25日)の夕方まで。
….芭蕉さんご機嫌すぎじゃない?


なになに。今年は自転車で長距離を狙っているって?
奥の細道で散々歩いたから、今度はチャリで疾走ですか!


イベントにはいっぱいブースが出展してまして。E-Action号も来ているよ〜。


E-Action号はEV(電気自動車)だから、蓄えた電気で


ガラスエッジングもできるんですよね。


電気といえば、電動アシストのDATE BIKE!
ここのところ待ちtでよく見かけます。働き者だよね〜。


ん?サドルの高さ調整しているのは。


安全運転の勉強ですね。


さらに自転車運転シュミレーターとか。これは宮城県警の体験ブース。

すると。。。


お〜。パトカー乗車体験だね!でもハンドルは隣の椅子についてるけど。。。ま、いいか。


宮城県警の音楽隊も来ているよ。


ステージショーといったら、武将隊。そしてかわいいお嬢さんたちは仙台クリアーズのおふたかた。ライブもあるよ。


お館さまのポスターは。


仙台では4月から、自転車の保険と乗車時のヘルメットが義務化になったんだね。



なので、ヘルメット被って安全運転。芭蕉さん、それ、電動アシストバイクの最新型!Eバイクじゃないですか。


そのほかにも、いっぱい自転車の展示をしてるよ。


こんな自転車もいいなぁ。って感じかな?


日本デザイナー芸術学院の学生さんの作った、自転車安全運転啓発ポスターもあるよ。


ってことで、自転車まつりは夕方まで開催してるよ!遊びに来てね〜。

カテゴリー: 自転車, 取材, 省エネ, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする