自転車」カテゴリーアーカイブ

っで、いったいどこに来たんだ??ふらふら旅

っで、どこに行ったんだと言われると返答に困る。やぁ。太平洋を飛び越えて、やって来たよ他所の国

でも。これは経由地1なのだ。


パック旅行時代には考えられない荒技なのだが、乗り継ぎ飛行機を普通は早めに設定する。
空港に2時間とかね。
ところが、なんおここで乗り継ぎを20時間とかにしてしまう!


するとね。例えば昼日中が1日空いちゃったりするのだ。


そのあいだに、もう一カ国見物できてしまう。


今回は、バンクーバーで乗り継ぎでした。


だけど、日中の気温が5度!
ダウンジャケット着ていてもしんしんと冷え込んで着ます。


でも、ランニングにパンツで
走っている人多いんだよなぁ。なんなんだこの差は。





カテゴリー: 自転車, 役立つ話, さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

たまきふらふら旅。どこへ行く!?

たまきふらふら旅どこにいくのだ?


川。。。


公園??


横を向いた、水戸黄門???


空港???


成田に向かっていたのか


チャリを持っくのか?二台。


さぁ。どこに行くのだこいつ(二台だから、ら)は?さて、出発だよ〜。

カテゴリー: 未分類, 自転車, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

「そうだ。ひっぽへ行こう!」地域住民が電気をつくり始めた。筆甫より。

20160712ひっぽ16

今日は仙台市からは遠〜い遠〜い県南の筆甫のお話。切っ掛けは新聞で見かけました「宮城県県南の筆甫で、市民が資金を出し合ってソーラーパネルの設置を始めました」って記事。
んんん???筆甫には知り合いがいるなぁ。電話してみよう。
「ね〜。筆甫でのソーラーパネルの話って、なにか関わってない?」
「あ。いま現場で資材運んでマス」


20160712ひっぽ01

な〜んだ、なんだ。だったら取材に行くよ!
そして朝からチャリで出動!(忙しいのに。。。)そりゃ〜再生可能エネルギー作る施設の取材に車で行くなんてOUTでしょ〜。(だから、やることいっぱいあるんだって)ってことで、サロンのサイトの調整ちょっと待っててね。しっかし良い天気だなぁ。(大事なこと忘れたことにしてる 注釈/カッコ内は心の言葉)


20160712ひっぽ03

チャリチャリ〜。今日は遠いぞ〜。なんと片道62キロ。
写真の場所は、岩沼からちょっと南に行った阿武隈川の護岸です。ここまで30キロ。ふぅ〜走り出して1時間だよ。


20160712ひっぽ02

まぁ〜僕らみたいに自転車変人は1時間ぐらい漕ぐと、ようやく体が良い感じにあったまってくるもんで。。。で、周りを見渡すと。。。阿武隈川って綺麗だなぁ。宮城県はデカイ!


20160712ひっぽ04

筆甫地区を具体的に説明しますと。仙台市内を出て国道4号でひたすら南下。岩沼のちょい先で6号と分かれて4号をさらに南下。5キロほど走ったら国道349号を角田方面に進路をとって、さらに南下。このあたりから阿武隈川の西岸が自転車、歩行者専用になるので岸辺をひたすら南下。丸森に出たら県道を。。。登って登ってヒルクライムで10キロ。さすがに遠いなぁ。


20160712ひっぽ06

そしてやってきました、旧筆甫中学校跡地。出迎えてくれた青年は。。。おお!たまきさんサロンのオープニング座談会で熱心に質問してた彼だ!
やぁやぁ筆甫まできたよ。良いところだね〜。
「ほんとですか!」
ふむ。緑の綺麗な谷を抜けて、小さな平地に出ると家々が現れるじゃない!ちょっと新鮮です。


20160712ひっぽ08

じゃ〜ん。筆甫のソーラーパネル設置メンバー登場!
こちらの施設の正式名称は「ひっぽ復興太陽光発電1号機」です。
何回も言おう!
「ひっぽ復興太陽光発電1号機」
「ひっぽ復興太陽光発電1号機」
「ひっぽ復興太陽光発電1号機」
なんで1号機かというと、今回の設置を契機に創エネ施設の設置の仕組みを作り上げ、2号機3号機と発展させていこうという計画です。


20160712ひっぽ07

では、この発電施設について詳しくお話を聞いてみましょう。
ひっぽ電力株式会社の代表 目黒忠七さん、そして技術者の木皿且人さんです。
こちら、市民の方の出資で作られていると聞いたんですけど。。。
「あ。出資ってのは会社の設立資金なんです。いわば資本金だけ。ここの資材とかは他に地域の人から借り入れてまして、8年がかりで返済するんです」


20160712ひっぽ09

え!なんか新聞よりも背景が深い!
「なんせ、施設を作っている私たち完全にボランティアで、これから8年間は無給です。無給無報酬で8年かけて働いて設備代を償却します。ここで作った電気を8年かけて電力会社に売電して、9年目から次の発電施設を考えることができるんです。」


20160712ひっぽ10

みんなボランティアで集まっているから、すべて手探り。パネルの設置も試しながら作っていて、技術者はいるんだけど電気工事の資格者はいないから、電柱の設置とかプロを頼まないといけないんです。とにかくそうやって、地区の住民の手で発電を目指すのが、まずは目的です。


20160712ひっぽ11

まぁ。きっかけは震災があったそうです。ここに書くとまぁ〜いろいろありますが、アレがア〜なって地区のみんな意気消沈しているので、それをなんとかするには自力で電気を起こすことだ!って思いなんですよね。
そこでまず調べ始めたのがバイオマス発電。筆甫は豊かな自然に囲まれているので樹々を使って発電したらよかろうと。そしたらなんとバイオマス発電は市民がおいそれと取り掛かれる金額ではなかったとか。
「例えば、そこにある木材を10万円で売ってって話が出来上がっていても、11万円で買うって人が出てしまうともう敵わないんです。そうすると、供給の安定性がなくなってしまう。おなじく小水力発電とか、風力発電とかも検討したのだけど、どうにも市民の発電としては上手くいかない。」<<<こちら、個々の家とか地区で使う分には問題ないそうなんだけど、売電となると難しい。


20160712ひっぽ14

さらに発電する電力は50kWhに抑えないといけない。なんでって、それを超える高圧では電力会社に接続する責任が出てしまい、6000ボルトへの変圧施設と、さらにここから一番近い丸森の変電所に直接繋ぐ必要がある。自分たちで架設するなんて何億かかるんだ!ってことで、それらを具合よく達成できるのが太陽光発電だということになりました。
なら、住民が気持ちの乗っている意識の高いうちにGO!だ!!


20160712ひっぽ13

ちなみに木皿さんは、もとJAXAの研究者だったそうで、角田が近いと凄い人が地元にいますね。
「筆甫地区は、来られた時に気がついたでしょうけど山の上にあります。
昔から買い物に行くにも丸森まで出なければいけない。実際に町にはお店が無かったでしょう。遠い町から谷を登った先に集落があるから不便だ感じられ、もうすっかり過疎化している。
ところがここは、あとちょっと登ると標高700メートルで、直接海が見える。ということは風が吹くんです。ここは風力発電には適地なんです。
さらに谷の斜度がそこそこ急なので、良い具合に谷川が流れている。これは川で発電するのにもってこいです。」


20160712ひっぽ12

過去には筆甫の下流に、宮城県内では三居沢についで二番目に古い発電所が設置された場所。位置エネルギーの観点からも大変い高いポテンシャルを秘めているんです。
(エネルギー保存法則ですね。じゃ、高いところに水を持ち上げるのは。。。お天道様です)
———そういえば、県南は晴れの日が多いですしね。


20160712ひっぽ15

その隠れたポテンシャルに気がつくと、エネルギーを作ることで自立できるんです。カッコイイことはしなくて良い。ただ、地道にエネルギーを作ることで、地区に活気をもたらすことができます。だから、売電で収益が出るようになったら、資金は地区に購買所を整備したり地区のために使おうと計画しています。さらに今回の計画が上手く回ると事業としても投資〜回収の枠組みの成功事例として、融資を受ける条件も達成できます。すると発電施設の設置にも拍車がかかるというわけです。


20160712ひっぽ16

素晴らしいアイデアだなぁ〜。
学校跡地に設置したソーラーパネル。本当はパネルの下の空間もヨーロッパの発電施設みたいに農業とかで活用したいのだが、ちょっと資金が足りない。でもパネルの温度が熱くなりすぎりと発電効率が落ちちゃうから、下には芝草でも生やそうかなぁ。だったらヤギも離して、草刈りをさせよう。
夢はどんどん広がっていきますね。
——–っとお話をいっぱい伺いましたが、お仕事の邪魔になっては申し訳ないので、これにて!


20160712ひっぽ17

さてさて。そんなこんなで町中をチャリで下ってくると。。。伐採した木々。
林業が回っているのですね。バイオマスのポテンシャルですね。


20160712ひっぽ18

神社もありました。
Wikiを読むと、歴史のある地域だということがわかるんですよ。まぁ〜コピペですが、伊達政宗が寮内検地した時に、一番最初に記入した、筆のはじめ(甫)だそうです。


20160712ひっぽ19

緑が濃いです。自転車で走ってても気持ちが良いです。


20160712ひっぽ20

道路沿いに流れる川。


20160712ひっぽ21

カエルだったら、この川に住みたいなぁ〜。


20160712ひっぽ22

不動尊公園のちょっと上流の堤防。
こんな感じで発電所が設置されたのかなぁ〜。


20160712ひっぽ05

ってことで、ひっぽの発電所は継続して応援していくぞ!お〜!
こちら筆甫小学校の入り口にあった仮面ライダーV3。
そういえば仮面ライダーもベルトの風車を回してたっけ。ではでは。

カテゴリー: 自転車, 取材, 役立つ話, 日々の話, 地産地消, 環境, たまきさんブログ | コメントする

さらに。ふらふら旅だよ。バルセロナ〜モスクワ編。

たまきたび_001

さてさて。ふらふら旅の続きだよ。
GW明けから遊んでばかりいるって??ウググッ。ちゃんと働いてますってば。節電所がそろそろオープンだからね〜、思いのほか忙しい。
ってことで、こちらはセルビアの僕の泊まった宿です。やっす〜い宿だけど、こういうのは最近ではインターネットでチョイチョイって調べると、簡単に予約できるんですよね。
僕がよく使うのはBooking.com
なんでこのサイトを使うかっていうと、まぁ大手で決済機能がしっかりしているのと、宿の比較がしやすいこと。あとは、現地の言葉で宿泊票が印刷できるんですよね。


たまきたび_002

では、外にぶらぶら出てみますか。
お!このバス停の横っちょにある緑の道は。。。


たまきたび_003

自転車道!セビリアの街って小さな路地がうんと込み入っていて、まるで迷路のよう。
なので、自転車が一番便利なんですよ。


たまきたび_044

こ〜んな狭い通りが、いっぱい。


たまきたび_007

だのに。。。なんでクルマで入ってきちゃうかなぁ〜(怒)
クルマ。ジャマ。


たまきたび_006

やっぱり知らない街は、お散歩に限るよ。


たまきたび_005

綺麗なカテドラル(聖堂)を見に行ったよ。


たまきたび_045

そしたら!セグウェイじゃん。
日本では法律の関係で行動を走れないけど、世界中でパートラルトランスポーターは大流行りです。少ないエネルギーで、らくらくムダなく人を運びます。


DSC_0482

セビリア編はここまで。ここからスペイン国営の高速列車AVEでバルセロナに向かいます。
この列車。海外にしては珍しく、本当に定時運転するんです。


DSC_0495

なかなか日本以外の国って、乗り物が時間通りに動かなくって苦労するんです。この細やかさは、なかなか無いんですね。
ちなみに、この列車の切符はレイルヨーロッパってWebサイトで日本から購入できます。
レイルヨーロッパ>>>

一回の発券手数料は1500円と、ちょっと高いけど。。。そのかわりに高速列車の切符って、早く買うと値段が安いんです。だから海外旅行とか予定が立った段階で注文すると割安でオーダーできるんですよね。ちなみにオーダーは一回の注文につき1500円だから、複数回乗るときはまとめて発券すると、もっとも割安なんだよね。(ボク、これに気がつかないで二回買ってしまった。。)


DSC_0490

列車は走るよ。時速300キロ!新幹線と変わんないじゃん!!
そして、飛行機との価格競争が激しいから、なんとサービスてんこ盛り。
映画が見られる。車内販売が来る。高い値段の座席だと、食事のサービスもあるよ。



たまきたび_046だけどビンボーな僕は、食堂車へ。
新幹線ではとうの昔に無くなっちゃったビュッフェが、AVEにはあるんですよね。
ビールも飲めます。軽食もできます。優雅だなぁ。
ちなみに、もっと綺麗に写真撮りたかったんだけど、大きな人が前に入っちゃって。。。


DSC_0492

さて。こちらはナニかというと。お隣の女性「ねこあつめ」やってました。
僕のネコも見せて、大騒ぎ。彼女英語が話せないし、ぼくスペイン語がしゃべれないのに。


DSC_0497

バルセロナ〜。次はバルセロナ〜。お降りの際はお忘れ物のないように〜♪
嘘だと思うでしょ。本当にこんな感じのアナウンスが流れるので、駅名確認しなくても大丈夫。
1000キロ移動して、なんと8000円。安いよなぁ。


DSC_0500

バルセロナサントス駅です。高速列車が到着する、一番大きな駅だな。


DSC_0503

バルセロナは。。。う〜ん。綺麗な街なんだけど。ちょっと治安はよく無いかな。
街じゅうで一晩中パーティーやってるような感じです。


DSC_0511

「海外の街。よく歩けますね」って言われるけど。ボクも危なそうな時は、警戒しますっていうか、危なそうだなって思ったら、危険な方向にはいきません。
この辺は、本当に感覚の話なんだよね。旅の恥はかき捨てなんて言葉があるけど、それで危ない目にあっちゃう人はかなりいます。ここはヤバイって思ったら、近寄らないが一番。


たまきたび_010

さて。一晩明けて。でも暗いのは、地下鉄だから。


たまきたび_009

日本の地下鉄って、綺麗に距離別で料金が違ったりしますが。僕が今まで行った街は、だいたい「一回幾ら?」って感じです。
長距離はZONE(ゾーン)2で、それ以外はZONE1。この切符はバルセロナ市内の大半を網羅するZONE1を10回乗れる切符です。買うときはなんと、クレジットカード。
世界中。クレジットカード決済がとても発達してます。


DSC_0563

ちなみに。スペインの地下鉄(AVEもね)は、自転車をそのまま載せられます。人に迷惑かけなければ、このあたりは自由なんですよね。自転車を乗せるための、専用の扉もあったりする。


DSC_0562

でも。。。それはいいのかなぁ〜。。。エスカレーターに家族で自転車。さすがラテンの国。


DSC_0514

さてさて。ここ。バルセロナまで来た目的は、こちらです。
ガウディが設計した、未完の教会。サグラダファミリアです。


たまきたび_012

ここは永いこと資金集めに苦労して、完成まで300年はかかるって言われてたんですよ。
ところが!世界遺産に登録され、さらに先代のローマ法王がここを重要な教会としてミサをおこなったために、訪問客が急増!2026年には完成しそうだとか。ものすごいピッチで工事が進んでいるので、数年前に見た人が驚くぐらい、大きくなっています。
ちなみに横浜駅は年がら年中工事をしているから日本のサグラダファミリアと呼ばれている。。。。どうでもいい知識か。


DSC_0518

中に入ると。。。うわ〜。生命感あふれる内装。
息をのむ美しさだなぁ〜。ボク。ここに来るために遠くポルトガルから自転車で来ちゃったんです。


たまきたび_011

ちなみに。サグラダファミリアのチケットは入り口で買おうとすると、とんでもない行列が待っています。
また、塔に登るとか、解説用のレシーバを借りるなんてするには、インターネットで(またか!)チケットをオーダーしないといけない。
—–ちょっと暗いけど、拡大してみてみてね。スマホの画面がチケットです。赤外線の入場システムが発達してます。

では、自由自在に海外でインターネットをするには!
ふむふむ。宿にWifiがあるから大丈夫。って。。。。う〜ん。悪くは無いけどよくも無い。最近ではホテルの無料インターネット回線を装って情報を抜き取るなんて悪党もいるから、ネットの閲覧でグレーゾーン。カード情報を入力して決済なんて、絶対アウトだからね。


たまきたび_032

では、どうやって海外で安全なインターネットを使うか?
いつも使っているケータイとかの海外ローミングサービスを使うのが、まぁ安全な方法。でも、パケットし放題の設定があっても、なかなかの高額になる。
それよりも安価なのは、SIMフリーのスマートフォンやWifiルーターを持って行って、現地のケータイ屋さんでSIMカードを買っちゃう方法。これだと、1GBの通信で1500円ぐらいで済んじゃう。
I want to get SIM card for my SMARTFONE.
ぐらい言えば、だいたい通じます。技術用語って世界共通だから。さらに詳しくは。。。インターネットで調べてね。
それでもAPN(アクセスポイントネーム)は必須だから、設定法と、こちらのリンクを知ってると便利だよ。
世界各国のAPNのまとめ>>>>


DSC_0570

さ〜て。さて。また移動だ。
今度はどこへ行くのでしょ〜。


DSC_0577

あらら。またもや雰囲気が違うなぁ。


DSC_0584

モスクワ!
帰ってきましたね〜。最後の訪問地。モスクワです。
アエロフロートで移動だから、乗り継ぎ地はモスクワです。
最近の流行りなんだけど、ワザワザめちゃくちゃ乗り継ぎを悪くするんです。今回のボクはモスクワ着が朝の5時。そして成田行きは夕方7時。ってことは、少なくとも10時間はヒマな時間があるんです。だから、そのあいだに市内観光です。ただ〜し。ロシアに入国するには日本人はビザを取らないといけないんです。発行までは4週間で、仙台だと7000円ぐらい。なんと仙台には領事館が無いから郵送で東京の代理店に頼まないといけないんです。それが3日の特急発行だと何倍になるやら?
ロシアに入国するなら、早めにビザを取得したほうがいいよ。


たまきたび_018

さ〜てさて。地下に潜るよ〜。
モスクワの地下鉄になんて、乗れるの?どこ行くかわかんないじゃん???って思うでしょ。
ところ〜が。ここもやっぱり規格化されていて、地下鉄の料金は1回いくら?でして、そして。。。。


DSC_0575

地下鉄の路線は、この路線図に描いてある線の通り、色分けされていてすんごく解りやすい。看板も色分けされている。どこ行く?どっち方向?が、だいたい見ればわかります。


DSC_0586

あとは、さっきの路線図の降りたい駅に丸付けて、そばの人に「ここ?」って聞くと、みんな教えてくれます。ロシアの人って、優しいんだよなぁ。


たまきたび_017

そして、行きたかった場所は、ここ。クレムリン!
ここも、なかなか滅多にこれる場所では無いよなぁ。


たまきたび_013

さてさて。ここで地図見てたら発見!
「アニキ〜!著作読んでますぜ!!」


たまきたび_014

え〜。道路がやたらと幅が広くて、さらに地下道工事中で渡れませんでしたが。。。ドストエフスキーの銅像でした。たまたまこの旅で読んでたもんで。


たまきたび

宮殿から出てきたら。。。あれ?ここってミッションインポッシブルのゴーストプロトコルでトム・クルーズが出てきた門じゃん。こんなこと、誰も気にしないか。


たまきたび_047

なんせ世界の超大国の一つだから。建物一つとっても豪華絢爛。


2016portugal_nikon_548

イコンもたくさん残ってます。
美術品も、こんなに日の当たる場所に置いといていいの?って感じ。


たまきたび_015

モスクワ。面白かったなぁ〜。
旧共産圏って言っても、その前はロシア皇帝の国だから、遺物がいっぱい残っているんです。
最近は日本人が海外に出なくなったっていうけど。。。こわごわだけど、やっぱり好奇心で世界を見て歩くのって楽しい。


DSC_0573

さーてさて。空港への帰りはアエロエクスプレスで30分。行きのタクシー2時間半は、なんだったんだよ。


DSC_0607

さらばモスクワ。また会う日まで。
飛行機ぶ〜んで。


DSC_0618

帰ってきました仙台。
こうやってたま〜に日本を出ると、仙台の良さがあらためて解るよなぁ。
今回もまたまた写真がバラバラでごめんね。
ではまた!

カテゴリー: 未分類, 自転車, 役立つ話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

ふらふら「たまき旅」ロシアを経由してセビリアへ。

201605セビリア12

やいやい、たまき!GW終わり頃に「どっか行く」って言ったきり、姿消してるじゃねえか!
はい。すみませんです。インターネットで繋がった世界とはいえ、これがなかなか曲者でして、海外からのアクセスは相当に大変なんですよ。
っで、いま世界の何処にいるかというと?
「セビリア!!」
スペインにたどり着きました。
ちなみに横っちょに写ってるオネ〜ちゃんは、中国の人だからなに言ってんのかさっぱりわからない。最近の中国人女性は世界中何処でも闊歩してて、元気がいいです。


201605セビリア21

さてさて。時間軸を巻き戻してみよう。僕は移動は公共交通機関。この延長でどこまで行くのやら。


DSC_0366

出発時の光景。今回は仙台空港ではなく、なぜか成田空港から。それはなぜかというと。。。。



DSC_0367

アエロフロートの利用です。
もとソビエト連邦の国家が運営していた航空機キャリア。友人に話したら
「チャレンジャーだね〜」って。


DSC_0371

ところが!いまのアエロフロートは、飛行機は最新式エアバス330。機内エンターテイメントは充実していて、なんとスターウォーズ最新作が見られるよ。。。日本では昨日(May force be with you/5月4日)DVD発売のはずだよな。。。
そして機内食は美味い。CAさん美人。パイロットは元軍人だから、着陸がめちゃくちゃ上手い。ツポレフとか飛ばしてた職人が最新式の飛行機運行しているから、ヒュ〜って降りてきて、パンってタイヤが着くと、キュ〜って着陸って感じ。いままでで一番上手い。機内はいっつも着陸時に拍手。
これでスペイン往復5.2万円!発着地も自由に選べる。ありえない金額。


DSC_0378

さて。モスクワ滞在は10時間。その間に。。。って、ちょっと荷物が大きかったんでタクシーに乗ったのが大間違い。
うわー!!!モスク市内の日中は、大渋滞が頻発。しかも道路がいきなり封鎖されてたり。


201605セビリア22

道の脇に見えたもの。。。スターバックス???
世界中いたるところにあるね。


201605セビリア23

で、このチョコッとしたあいだに僕が立ち寄ったのは。。。モスクワのオペラ劇場。なんとチャイコフスキーのエヴゲーニイ・オネーギンが、超間近の席で三千円ぐらいで見られます。これは日本から直接劇場のサイトにアクセスすると、チケットがオンラインで購入できますよ〜。(その他、インターネットのダフ屋さんサイトで1.5万ぐらいでゴロゴロ売っているので注意)いまはこういう販売サイトは世界中で規格化されているので、オンライン認証ののち、カード決済するとQRコードが発券されます。あとは自宅でプリントするか、スマホでかざしておしまい。


201605セビリア24

ちなみにちょっと環境のこと。
ふ〜むここにもダテバイクならぬ。ロシアバイクですな。これも世界中で人気。


201605セビリア25

帰りは地下鉄にしました。なんと。。行きのサンブンノイチの時間で、値段はハチブンノイチ。泣けてくる。


201605セビリア01

さぁ次はマドリッド。ここから北に向かいます。こんどはちょっと小さいエアバス300です。


201605セビリア26

AVEっていう高速列車に乗るんだけど。このチケットも、いまではレールウェイヨーロッパってサイトで普通に買える。チケットは自分の家でプリントアウトして、現地の改札でかざすだけ。


201605セビリア27

300キロで走るんだよね〜。
距離も300キロ移動して、三千円ぐらい。車内にはモニターが付いていて、アントマンが上映されていた。なぜヨーロッパなのにmaverickの映画?


201605セビリア28

あ!なんか見えてきた。
風車です。ここヨーロッパでは風車はとても普及していて。
1・2・3・4・5・6・7・・・・・・30ぐらいまでは数えていた。


201605セビリア29

そして。。。あぁ。途切れたなって思ったら、川でした。対岸からまた始まって。。。15分ぐらい続いていたなぁ。


201605セビリア02
で、スペイン北部の駅で降りました。
ここからは。。。。ちょっとね。自転車がらみでまた僕の大冒険はあったんだけど、それはちょっと違うとこで発表。


201605セビリア30

そして、あっという間にポルトガル南部です。ここにも風車が多いなぁ〜って思ってて、新聞読んでびっくり。
「ポルトガルが、国全体を自然エネルギーで4日間まかなった」
水力と風力と太陽光だけ。ガスや石炭や、アレヤコレヤのメンドクサイハイキブツの出ない、クリーンエネルギーのみで国をまかなってしまったのですな。これヨーロッパ全体の潮流です。


DSC_0418

そして旅を始める。自転車にトレーラーを連結して、ポルトガルのサグレスからセビリアへ向かいます。
ポルトガル南端のサグレスって大西洋と地中海の出会う街。沢木耕太郎の若き日の自伝。「深夜特急」の最終終着地点だそうな。ぼく、2回読んでインドネシアあたりで2回沈没してますけど。


DSC_0426

ポルトガル南部は、小さな入り江ごとにリゾートが集う、ほとんどバケーションのために用意された地域です。一年中温暖で。空は青い。そして、日本にはその情報がほとんど入ってこない。。。日本人忙しすぎて、こんな片道3日かかる場所には来ないか。


201605セビリア03

ポルトガルの人は言います。
「僕らはバケーションのために働いている。一年に一回。一ヶ月の休暇をとって、家族と過ごすんだ」
これ。生き方だけではなく、新しい産業の在り方でもあるんですよ。なんとポルトガルはホテルがとても多い。キャンピングカーとかのレンタル産業も多い。つまりアウトバウンド(外国人訪問客)だけでなく国民の中でも観光業が大きく一回転しているのです。
ちなみにこの小さな船は。。。ポルトガルから国境を越えて、スペインに渡るための船。クルマは高速道路で越えられるけど、人は船なんです。


201605セビリア31

時間ちゃんと調べて行ったのになぁ〜。早めに着いたら、船が早めに出発した。危ない危ない。
おかげで、船の上では空腹。
みんなスペインを見ている。川を挟んで向こうは時差が-1時間あって、ややこしい。


201605セビリア04

スペインに上陸したら、自転車専用の道を走ったよ。
これ。もともと鉄道が走っていた跡です。線路外して地面をならしてあるから走りやすいです。鉄道の軌道跡ってことは、高低差も激しくない。


201605セビリア05

道中いろいろありましたよ。こちら。ご飯食べに寄ったら。
「日本人か!喰ってけ喰ってけ。お前はタダだ」
スペインって親日家が多い。スペインのアンダルシア地方。んんん?
さてさて、ここで僕は何か大変なことを思い出し始めたぞ!


201605セビリア06

完全に後付けの理由なんですけど。ここアンダルシアって、支倉常長一行が慶長使節にて、サンファンバウティスタ号でたどり着いた地ではないですか?
この土地に、ハポンって姓の人が住んでます。なんと支倉様一行の中で、この地に残った人たちの末裔だとか。
考えてみたら、ポルトガルとスペインって、日本とものすごく縁の深い国なのだな。勝手に伊達藩からチャリで来ました、たまきです。
ちなみに突然目に入ってびっくりしたんだけど。スタジオジブリのアニメに出てくる、アンダルシアの牛看板ですね。何も考えないで出るもんだから、こんなものにもビッックリ。


201605セビリア07

あれれ?なんか向こうの方に光っているものがあるよ。


201605セビリア33

ビルかと思ったら違った。
こちらメガソーラー施設どころか。桁がひとつ上のギガソーラー発電施設です。
巨大な、半径500メートルぐらいの集光設備で塔に光を当てて、ものすごい熱量でタービンを廻して電気に換えているんですね。
未来少年コナンに出てきた太陽塔のようだ。古いか。
光が集まりすぎ。乾燥しきった空気なのに大気中の微細粒子に強烈な光が乱反射して、光跡が見えています。


201605セビリア34

これ。管理施設だね。
塔まで1キロぐらいある。凄い施設。。。


201605セビリア32

周りはこんな感じ。サボテン。暑いのだな。


DSC_0463

都市に近づくと、一般道の脇にも自転車道が増えてきました。
これ。競争するなじゃないよ。
自転車はスピード出してくるから、他は気をつけるようにって看板です。。。。スペインの人は自転車をよく解っている。

201605セビリア08

長い旅だったなぁ。え〜。トレーラー引っ張ってから350キロ。その前のいろいろ合わせると、1275キロ漕いできました。
セビリアの市街に入ります。


201605セビリア09

セビリアでも、レンタルバイクが大流行り。
とくにセビリアは市街がとても込み入っているので、自転車で飛んで回ると気持ちいいんです。クルマだと路地を走れなかったりする。


201605セビリア10

これが借り出し施設。街のいたるところにある。
どうやって利用するのだろう?ちょっと調べていなかったな。。。スペインの人って、英語をほとんど話さないから大変。


201605セビリア11

馬もパカパカいっぱい走っているよ。観光用だけど。


201605セビリア13

ラテンの人たちの1日は、僕らと大違い。
午前中に少し働くと、午後いきなり休んだり。その代わりに5時ぐらいからまた営業再開で、9時ぐらいまで店を開いている。
レストランは12時ぐらいまで開いているから、ディナーも9時頃から。子供も「遊びに行くぞ!」って感じで出歩いていたり。
う〜ん。。。でもサマータイム導入のおかげもあって、夜9時ぐらいまで明るいんですよね。


201605セビリア35

ってことで、バタバタブログを書いているので写真の位置とかが、だいぶ普段よりヘロヘロだけど。まだ僕、セビリアの路上です。
また続編をお楽しみに。

カテゴリー: 自転車, 省エネ, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

やい。やいやいやい!ゴミだらけだぞ!!どうにかしないなら、オレたちが掃除してやる!って話。

20160326ごみ_01

今日の話題は、ちょっとタダごとではないかな?県道118号の話。
名取から樽水ダムの横っちょを抜けて、ぐんぐん山道を登って村田に抜ける県道118号なんだけど、なんだかゴミだらけ。
なんでこんなにゴミが散らかっているんだろう?もうどこに怒りをぶつけていいやら。
いらいらいらいら。。。。。どっか〜んって爆発した某氏が、FBにメッセージをあげたんですよね。
「県道118号ゴミいい加減にしろ!!
誰も何もしないなら、サイクリストが掃除してやる!」
そしたらいいね!がどんどんどんどん伝播して行って、なんと24時間で830いいね!2日間で1090いいね!も集めてしまった。
こりゃ、掃除しない訳いかないなぁ。。。


20160326県道118号のごみ01

っで、集まってきたサイクリスト有志集団。
なんで有志?そりゃ〜サイクリストって、ゴミを持って行けないじゃん。持って行けない人が怒りに任せて「掃除してやる〜」は、なかなか出来るもんじゃないですよね。


20160326県道118号のごみ02

しかも自転車のカッコのまんま大掃除。
今日の掃除は宮城県道路課に相談して、ゴミの片付けの許諾(なんか変だな?)と、搬出の段取りが出来てまして、さらに名取市から地域清掃用のゴミ袋ももらってます。
でもね〜。ストーブだよ。いきなり。。。


20160326県道118号のごみ03

いま藪から引っ張り出しているのは、電線の真ん中の胴の部分だけ取り出した後の被覆。つまり産業廃棄物の不法投棄の後です。なんで捨てるんだろうなぁ。


20160326県道118号のごみ04

でも、大半はこんなの。
コンビニの袋に入ったゴミ。


20160326県道118号のごみ05

斜面に累々とあるのは空き缶にペットボトル。ポイ捨てですね。


20160326県道118号のごみ06

まとまって落っこちてたのは、部屋を掃除した後のゴミかな?
わざわざこんなとこまで持ってきて捨てるより。ゴミ袋に入れてゴミ置場に出せばいいじゃないか。。。



20160326県道118号のごみ08
あ〜あ。タイヤが出てきたよ。



20160326県道118号のごみ07

でも、掃除しているサイクリストは妙に陽気な???
いやいや、ゴミ出ししていると、なんかどんどん幸せ感が増すんですよね。
なんせ僕らが通った後には、ゴミがない!
これからトレーニング中も気分がいいはず!


20160326県道118号のごみ09

環境に優しいってお題目のペットボトルも、ポイ捨てされればタダのゴミ。。。


20160326県道118号のごみ10

自転車でてきたよ!一同大笑い!
こりゃ〜サイクリストのせいかな?
そんなことない。捨てたら帰れないじゃないか!


20160326県道118号のごみ11

ゴミ拾いは、車に轢かれちゃたまらんから、看板立てて行いました。


20160326県道118号のごみ12

すると、急に自動車が止まって何やら持ってきてくれた人。
「あなたたち!なんの団体??」
「いや特に決まってないんですが」
「なんかゴミ掃除してくれている人がいる!」って差し入れ持ってきてくれました。嬉しい!

20160326県道118号のごみ13

けど、ビニールに入ってたのがペットボトル入りのジュース。
僕らが拾っているものと同じもので、ちょっと微妙な気分になる。(いや感謝です)

これ、道路脇から引っ張りだした空き缶を、落ちてたのと同じ場所に並べてみた。こんだけあります。

20160326県道118号のごみ14

もう〜きりがないなぁ〜って思ってたら、道路管理事務所の回収トラックがやってきた!
チャリンコで追っかけて、バンバン荷台に放り込むの図。


20160326県道118号のごみ15

すんごいゴミ。2トン車1台半はありました。
100リットルぐらいの袋で、87袋。


20160326県道118号のごみ16

ばいば〜い。

この流れがなんとなく全国に広がっていて、各地でサイクリストによるゴミ拾いの動きが起こりつつあるのを、彼らはまだ知らない。。。


20160326県道118号のごみ17

っということで、本日の回収は終わり。
まだまだゴミがあるんだよなぁ〜続きはまたやろう!
でもサイクリストは、ゴミに関係ないのに。
なので、協賛してくれた各方面様からお土産の品です。おしまい!

カテゴリー: 自転車, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

マイチャリ自慢始めました記念。マウンテンバイクでGO

20150429自転車01

GWウィークが始まりましたね!世の中おやすみ。長い人で16連休だって!凄いですね〜。え?僕??普段から仕事しているのかしていないのか不思議なお仕事なので〜GWも取材だなんだで飛び回っています。
だけどね、ま、せっかくたまきさんサイトも自転車になったわけだし、ちょっと自転車ネタでも紹介しようかなと。


20150429自転車02

まぁ環境サイトも割と4月は行事が少ないんで、のんびりと。
ほぇ〜。しかし仙台市って凄いですよね。自転車で30分も漕いだらこのロケーション。田んぼも代掻きを始めて、春だね〜。


20150429自転車03

ついでにチャリンコこぎながらシャッター押したら写っちゃった写真。場所は。。。ま。仙台市西部の48号線をず〜っと漕いできたあたりとしといてください。


20150429自転車04

よく「仙台に住んでいる人は、恵まれた環境に気がついていない」なんて言われるそうで。僕もそう思いますね〜。街を出てそろそろ一時間で。。。


20150429自転車05
山道!本当に林道なんです。それが「自転車通るな」とも言われてないし、「立ち入るな」とも言われない。実際に地元の人にも会ったんだけど「猪除けの柵があるから、開けて通ってね」って教えてもらっちゃった。関東圏内では「どうやって登山者と自転車の通行ゾーンを分けるか」が、今問題になっています。


20150429自転車06

そうなんですよね。自転車って生活の乗り物としても使えるけど、健康のためやスポーツのためにも乗ったりするんです。このスポーツライディングがなかなか地位をしっかりと作れないのに、この仙台ではちゃーんと共存できちゃっている。道幅が広いからかな?それとも台数が少ないからかな?


20150429自転車07

ここ!ここ仙台市内から1時間ぐらいの場所。(たまきさん調べ)春だなぁ〜。
遠くに霞んでいるのは、蔵王です。この冬はよく登ったなぁ〜。いまは火山性微動が検出されて河口周辺に入山規制が敷かれているけど。

20150429自転車08

ついでに泉の方を眺めてみると。。。なんだかどこまでも山ですね。
長野県の人に言われたことがありますよ。仙台周辺は高い山がそんなに多くないからマウンテンバイクに向いているって。


20150429自転車09

そしてこんな遊歩道のすぐ脇に。おい民家だよ。
本日のブログ。特に何があるわけでないけど、当たり前のように感じている自然環境も、実際のところ他地域ではあり得ない凄いものだなと時間の写真でした。ではまたね〜。

カテゴリー: 自転車, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

第3回国連防災世界会議の東日本大震災総合フォーラムを、ちょっと覗いてきました。

20150317国連防災会議01

とうとう終了しましたね〜。こちらは、たまきさんサイトの節電所キャンペーンのお話。9万kWh規模の発電所が2基と。。。あとちょいで3基だったか。凄くないですか!
ついでにというのは、あまりにおこがましいですが。第3回国連防災世界会議も本日までです。そんで東日本大震災総合フォーラムなら見学できるけど、行く?ってお声がけ頂いたもので端っこの席を借りてきました。


20150317国連防災会議03

国際会議なので、登壇者の発表は日本語と同時通訳の英語でレシーバー経由で聴けるんですね。
内容は。。。今回は3時間半の長丁場な上に、内容が内容なのでどこに確認の連絡したら良いのやら。。。なので、サラッとね。さらっと。


20150317国連防災会議02

一般社団法人 仙台建設業協会 深松様の事例発表。仙台ではなんと7年分もの震災関連がれきが発生したけど、民間の力で効率よく分別し、素早く片付けを行ったとのこと。後に仙台方式と呼ばれた方法ですね。
地元建築会社は「平時は町の医者。災害時は救急救命医」が納得のお言葉でした。


20150317国連防災会議04

そして環境副大臣 小里様。
阪神淡路大震災でも廃棄物処理で奔走されたそうで、阪神の際の復興に関わる予算。そして東日本大震災で今も継続している復興予算を考えると、今後発生が懸念される南海トラフ巨大地震ははるかに膨大になると予測され、地域の防災拠点にもなりうる発電機能を備えた廃棄物処理設備の設置など、防災と廃棄物処理の仕組み作りにも力を注ぐべきとのことでした。


20150317国連防災会議05

続いてパネルディスカッションなのですが、せっかくなのでパネリストの方に初めに登壇していただき、お話を。
こちらもかい摘んで。。。国連環境計画(UNEP)シニアプログラムオフィサーのスマルクディ様です。
災害瓦礫といっても発生源となる自然災害によって大きく異なり、地震の場合は概ね建物のあった場所にそのまま瓦礫が落ちている。しかも乾いている。ところが津波は全部ミックスされ、よせられている上に濡れている。とても厄介な代物であるという。
また、災害が発生する国によって瓦礫にも特徴があり、日本は畳が多く集まる。(なるほど〜)ところが、北米のハリケーンカトリーナの瓦礫にはGUN(銃)が混じっていて。。。この話はビックリしました。
それだけではなくアスベストや、最近ではハイブリット車の搭載する高圧バッテリーなど、危険物も色々とあるそうです。


20150317国連防災会議06

続いて世界海事大学(WMU)のリンデン教授です。
先生の発表は、時々たまきさんサイトでは扱っていましたね。いま、世界の海洋には大量のプラスチックゴミが漂い、波による破砕。紫外線による分解を経て消えるどころかMicro plastic(超微細プラスチック)となって生態系にも取り込まれ悪影響を与えているとのこと。


20150317国連防災会議07

すみません。。。この話題ってキタキタキタ〜って感じです。
先進国だけではなく、プラスチックは世界中で使われ、海岸から捨てられる。川に落ちて運ばれる。海辺に埋め立てたつもりで流される。風に乗って海に落ちるなどなど。漁業や海洋レジャーで排出されるプラスチックなど霞むほどのプラスチックが海洋に放出されて、結果的に北太平洋上に海流によって集められたゴミベルトが存在しています。なんと1キロ四方に100万以上のゴミ。
この発表は、ここ数年でボクが一番興味を持っていたことを説明してくれたなぁ。


20150317国連防災会議08

ということで、本当にかい摘んだレポートでした。
ちなみにパネルディスカッションではコーディネーターを務めてらっしゃったのは、たまきさんサイトでもお世話になっている東北大学大学院環境科学研究科の吉岡先生でした。


20150317国連防災会議09

まぁ。ざっくりしたレポートでしたが国際会議というのはすごいものだなと。ではでは。


20150317国連防災会議10

ちなみに。。。帰りがけに見かけたダテバイク。なんだか街中で外国からのお客さんもよく乗っているのを見かけますね。
シェアバイクは燃料も使わず小回りが効くって世界中で流行ってますもんね。

カテゴリー: 自転車, 取材, 環境, たまきさんブログ | コメントする

またもや青森だね〜♪ 雪上3時間耐久だよ。

20150201青森雪上3時間06
やぁ〜いつもいつも、思えば遠くへ来たもんだは角館の映画だけど、自転車レースがあるよって誘いがあるとフ〜ラフ〜ラと東西南北海外にも出かけていきます、たまきさんブログ。今回の取材先は。。。


20150201青森雪上3時間04

新幹線!奥津軽今別駅〜北海道新幹線開業ということで、またもや青森にやってきました。
「海辺de雪上3時間耐久エンデューロ」
ん?なんか名前が変わったような。そうなんです。今年はなんか地元で色々あったということで、なんとひと冬の間に2回も開催するということです。
う〜む。さすがに短い期間に二回は辛いなぁ〜。なら、最初の方でってことでやってきたのは青森アスパム。う。。ここってかつて青函連絡船から見た三角の建物。


20150201青森雪上3時間01

そして主催者からもご挨拶。とにかく地元を元気に。地域活性化のためにイベントを開催してくれる若い人に応援メッセージもってことで。


20150201青森雪上3時間03

でもでも。。。本日はスタート前に、ちょいシンミリしたお話。


20150201青森雪上3時間05

民族同士の争いに巻き込まれて、日本人ジャーナリストの命が遠い異国で失われたということで、スタート前の黙祷です。スポーツは平和の祭典なのです。


20150201青森雪上3時間08

ま、いろいろありましたが、スタートラインに揃ってきました。さて。。。これから3時間。


20150201青森雪上3時間07

もう解説はいらないね。今回はもう悩まず細身のタイヤのシクロクロスを持ち込んできました。


20150201青森雪上3時間09

そしたら。あらら。。。昨年は僕一台だけだったのに、今年は随分とたくさんシクロクロスがエントリーしてきてます。う〜ん手強そうだな。っんで。


20150201青森雪上3時間10

スタート〜!
なんか写真に変化がないって?今回の青森には写真班が来てくれなかったんですよね〜。だから写真を撮ったのはその辺にいた小学6年生!その割にはよく写っているなぁ。


20150201青森雪上3時間11

タッタカタッタ〜。なんと1キロ弱のコースなので、2分ちょいで戻ってきてしまった。そしていきなりトップを爆走中です。


20150201青森雪上3時間12

この方、何をされているかというとココの手前に階段を雪で埋めたドロップオフがあるんですよ。それが溶けてきててタイヤが刺さってもう大変。


20150201青森雪上3時間13

笑っているのか引きつっているのか両方なのか判りません。なんせ今日はやけに暖かい。雪がどんどん溶けて、タイヤは埋まり放題。


20150201青森雪上3時間14

はい。新幹線が通過しま〜す。


20150201青森雪上3時間15

こちら、地元選出の議員の先生だとか。
「いかがですか?先生」
「いやぁ〜元気があってよろしいのではないでしょうか。。。」


20150201青森雪上3時間16

新幹線の向こう側に難所を下っているチャリが見えますね。僕、4周目ぐらいでタイヤが刺さって前転して。


20150201青森雪上3時間17

腰が痛い。痛いまま走っている。もう足元はグズグズで、どうやっても走れない。だから担いでもいる。


20150201青森雪上3時間18

あれれ?もう最終周じゃないか?
本当は3時間走ってたんだよ。
雪が30センチ近く沈むところもあったんだよ。
残り10分で3周走ったけど、途中で足もツって大変だったのに全然伝わらないなぁ。


20150201青森雪上3時間19

はい。いきなりお子ちゃまレースです。よーい!


20150201青森雪上3時間20

ドン!
押してるなぁ〜。とにかく今年の青森レースは暑かった。昨年の地吹雪の旅と大違いだ。


20150201青森雪上3時間21

なんせ雪が深くてね。力のない小さな子は大変だよ。


20150201青森雪上3時間22

意味なし。なんか写真が綺麗に撮れてるなぁ〜ってだけでした。青森港を渡る橋が見えますね。


20150201青森雪上3時間23

「ウ〜進まない。」


20150201青森雪上3時間24
「だって〜ペダル回んないもん。」
「いいの。それでも進みなさい。津軽魂見せなさい」


20150201青森雪上3時間25

「こんちくしょ〜。」
こんなことやってるから、本気の自転車乗りが出来上がってしまうのでしょうね。
青森は隠れた自転車王国です。


20150201青森雪上3時間26

あれれ。もう表彰でした。
こちらはスパイクタイヤクラスの表彰式でした。おめでとう〜。


20150201青森雪上3時間27

そしてノーマルタイヤクラス。
あれ?3人しかいない。はい。チームエントリーも多かったんだけど、上位3人はみんなソロでした。そして僕は、呼ばれた順に並んでいるから真ん中にいるけど、ノーマルタイヤクラスの2位でした。なんかいろいろ商品もらったなぁ。
ってことで、本日のブログは写真が微妙だったけど、青森雪上3時間耐久レースの模様でした。

カテゴリー: 自転車, たまきさんブログ | コメントする

超寒い!風強し!だのに楽しい東北シクロクロス最終戦!すっげ〜。

20150118東北シクロクロス最終戦31

まいどまいど。自転車と山登りの記事では気合の入っているブログですが、とうとうシクロクロスも今シーズンの最終戦。モンゴル終わっていきなり初戦。そのまま一気に駆け抜けた4大会だけど、とうとうシーズンもおしまい。ではでは今回は写真もやたらと多いし、ちゃらっと紹介しよう!


20150118東北シクロクロス最終戦01

なにこれ。朝5時。。。。凍ってるよ。
昨日は古川でガマンのマガンの撮影でしたけど、雪がバンバン降ってて「ヤバいんでないかい?」なんて思って寝たら。。。。凍り。


20150118東北シクロクロス最終戦02

こりゃ〜。水たまりの第1戦。酷暑の3戦と雨の4戦に続いて、凍結か?


20150118東北シクロクロス最終戦03

なんて思ってたら村田町は雪もなし。いやぁ〜いい天気だね。寒いけど。
では、オーガナイザー菅田総裁からご挨拶です。ん?誰だお前。


20150118東北シクロクロス最終戦04

おはようございます。昨日の雪では、これはまたスノークロスかと思いましたら、一転ドライです。コース全体はまだまだ凍っていて、ところどころ舗装でも凍結箇所もありますから、気をつけて走りましょう!


20150118東北シクロクロス最終戦05

続いてU23で世界選手権に出場する前田公平選手から一言
「世界の舞台で戦ってきます。皆さんのご期待に応えられるように頑張ります。(スミマセン忘れました。確かこんな感じ)」


20150118東北シクロクロス最終戦06

では始まるよ〜。とにかくレースは大忙しなんで、すたこらさっさ。


20150118東北シクロクロス最終戦07

はい。第一レースはキッズです。ヨ〜イ。


20150118東北シクロクロス最終戦08

スタート!
っと。ここまでね。なんせボク第二レースなもので、準備に忙しいのです。


20150118東北シクロクロス最終戦09

はい。あっという間に順番です。第二レースはカテゴリー3。出走32名。昇格2名という相あわらずの大混戦グループ。会社でいう所の契約社員の大部屋(正社員登用あり)というところでしょうか。
どっか〜ん。


20150118東北シクロクロス最終戦10

もう。ワチャワチャ走るという表現が正しです。
1コーナ−2コーナー抜けて、なんとか6位ぐらいで土手を駆け上がり、ふと後ろの様子を見たら狭いラインを争ってギューギューの大混雑でした。
ヤァ〜逃げる逃げる。


20150118東北シクロクロス最終戦11

割と快調な僕。だいたいスプリントは苦手な割にスタートダッシュだけは得意なんで、最初の難パートを難なく駆け抜けてちょっと上位を狙ってます。


20150118東北シクロクロス最終戦12

あれ?OKBくん久しぶり。なんだかいきなりコケたみたいでタイツの左腿が既に汚れているな。
その先、路面凍結。。。


20150118東北シクロクロス最終戦13

ここ。コーナーの入り口が若干荒れて凍っているからハンドルが暴れるんですよね。
だいぶリア荷重でスリップ覚悟の曲がり方ですな。
ちなみにこのあとチェーンが外れて6人ほどに追い抜かれ、修復後に4人を一気に抜いたら火に油を注いで、カテゴリー3の第二グループは血を見る抗争でした。


20150118東北シクロクロス最終戦14

あれれ?もうゴールだ。
今日は氷点下で激しく冷たい風が吹いているのに、トップの積田選手は半袖ショートタイツでグローブもしていない。。。
若いってすごいなぁ。


20150118東北シクロクロス最終戦15

はい。もういきなりカテゴリー2、マスターズ、L(レディス)1、L2のスタートです。
ここからはレースの終わった僕の写真ね〜。


20150118東北シクロクロス最終戦16

カテゴリー2は出走人数が少ないのもあるけど、走り方も綺麗でいいなぁ〜。いつかはあのレベルで走りたいなぁ〜なんて思うあたりは、先ほどの例えで言うなら正社員ってとこですな。


20150118東北シクロクロス最終戦17

ここ!この斜面は今回のシクロクロスのコース設定の中では絶妙なパートです。乗ったままギリギリ走れそうでいて、コースの最後の壁の部分が凍っていて、残り1メートルが走りきれない。滑るとどこまでも落っこちていちゃうから「奈落に落ちた!」などと言われてました。本当にコース下2メートルに選手がゴロンと。。。


20150118東北シクロクロス最終戦18

そんななか、トップを走る積田選手。
東北シクロクロスカテゴリー2を3連勝中。だのに年齢制限の壁でカテゴリ−1へは昇格できないんです。走り美しいなぁ。


20150118東北シクロクロス最終戦19

こちらマスターズの2位争い。もう接戦接戦で鼻水が出てようがヨダレが垂れようが放っといてくれ!ってな感じです。


20150118東北シクロクロス最終戦20

そんなこんなでL2ゴールですね。走りはちょい短い30分なんです。車体綺麗だなぁ〜。


20150118東北シクロクロス最終戦21
マスターズ一位ゴール!なんとここまでランキングトップで、そのままトップでゴールということは。。。。シリーズチャンピオンおめでとう〜!


20150118東北シクロクロス最終戦22

さて。。。先ほどの契約社員や平社員と違ったこの空気感。しっとりと落ち着いた役員室。取締役の皆様がそろう、落ち着き払った大人のカテゴリ−1です。


20150118東北シクロクロス最終戦23

今日のブログではタメがないですね。いきなりスタート!速い!


20150118東北シクロクロス最終戦24

すみません。もう全然次元の違う速さです。いったいさっきまでのゴチャゴチャは一体何だったのでしょうか?まさにパワーでグイグイ進んでいきます。


20150118東北シクロクロス最終戦25

圧巻はこのキャンバー(斜面)。降りないんです。トップを行く小坂選手は全く降りないで、ス〜と走りきる。素晴らしいバランス能力とパワーあってこういう走りができるのでしょうね。


20150118東北シクロクロス最終戦26

続くカテゴリー1選手。まるで長野の車山高原で、草原をサイクリングしているところをカメラを傾けて撮ったんじゃないかと思うほど、穏やかな展開です。


20150118東北シクロクロス最終戦27

シクロクロスなので、相変わらずのピョンのシケインです。
本日はNHK宇都宮放送局から取材が入っていて、栃木県では6時のニュースで流れるそうです。ここ東北なんだけど放送ないな。。。


20150118東北シクロクロス最終戦28

小坂選手の圧巻の走りです。スタートで逃げ出し、そのままグングンと後続を引き離します。


20150118東北シクロクロス最終戦29

2位の前田選手も十分に速いんですよ。なのに、今回は全く追いつけず。


20150118東北シクロクロス最終戦30

今日のコースはスポーツランド菅生のカートコースに設定されているので、アップダウンが少なく右に左にとにかくターンが多いんですが、コーナーでも全くスピードが落ちずに速いんです。


20150118東北シクロクロス最終戦31

中盤以降は小坂一人劇場となり。僕らはいつもの斜面の上であ〜だこ〜だと話をしているうちに。。。


20150118東北シクロクロス最終戦32

え?終わっちゃったの???
チェッカーフラッグが振られてました。
まぁ圧巻の速さでした。


20150118東北シクロクロス最終戦33

ってことで、表彰式です。
キッズA 赤間くん。おめでとう〜!


20150118東北シクロクロス最終戦34

キッズB いつもの菊地英ちゃん。おめでとう〜!
いつか全日本エリート女子になるかも。その時はこの写真は貴重だぞ〜。
2位は沼田くんね。

20150118東北シクロクロス最終戦35

カデットA 竹内くんおめでと〜。


20150118東北シクロクロス最終戦36
さて、ここからはカテゴリーです。
カテゴリー3は、毎度々々の積田蓮くん。素晴らしい!
素晴らしいけど若すぎて昇格できない!だからまたもや来シーズンは積田くんに席巻されっぱなしになるのかなぁ。
若い子は、故障しちゃいけないんで、長時間レースはNGなんですよ。
なのでカテゴリ−2への昇格は2位浦山さんと3位の中島さんです。


20150118東北シクロクロス最終戦37

カテゴリ−2は織田聖くん。なんと5戦中4勝!
だけどやっぱり若いので昇格できず。カテゴリー1への昇格は2位の長尾さんです。
「やっちゃった?俺やっちゃった??」って聞いてました。そうです最上位カテゴリーへいってらっしゃい。


20150118東北シクロクロス最終戦38

マスターズの優勝は、水竹さんです。おめでとう!


20150118東北シクロクロス最終戦39

女子L2は宮崎さん。これまた優勝が超〜嬉しかったみたい。

20150118東北シクロクロス最終戦40

そしてL1の優勝は、林口さんです。ついでにシーズンチャンピオンおめでとう!


20150118東北シクロクロス最終戦50
最上位カテゴリーのカテゴリー1は宇都宮ブリッツエンシクロクロス 小坂光さん。おめでとう御座います。ってことで、表彰式はここまで。ながい〜。



20150118東北シクロクロス最終戦41

さらにカテゴリーのシーズンチャンピオンへの、特別ジャージ(チャンピオンシステム提供)授与です。スポンサー様に参加者からも感謝。
マスターズのチャンピオン 水竹さん!

20150118東北シクロクロス最終戦42

L1クラスのチャンピオン 林口さん!


20150118東北シクロクロス最終戦43

こちらは年齢制限のために昇格できないのにカテゴリー2で4勝してしまった織田くんに主催者から特別授与!


20150118東北シクロクロス最終戦44

そしてカテゴリー1 最高峰のクラスにプロサイクルチーム/宇都宮ブリッツエンシクロクロスの小坂選手。おめでとう御座います!


20150118東北シクロクロス最終戦49
とういうことで、全特別ジャージの皆様そろって、記念写真!のはずなんですが。。。なんだか中国雑技団みたいになっちゃいましたね。ポーズかな?


20150118東北シクロクロス最終戦45

最後の最後。今月末にチェコの世界選手権に向かう前田公平選手に渡航費の一助になるよう参加者からのカンパが手渡されます。
ぜひとも。是非とも頑張って成績を残してくださいね。


20150118東北シクロクロス最終戦46

そんなこんなで本当に最後。
今年度の東北シクロクロスプロジェクトも無事に終了しました。
来年度の予定はこれから決まるので、ただ一戦のみ。UCI(世界自転車連合)ポイントレースが11月1日に開催されます。他に東北地区では5戦程度の開催を予定しています。次年度は福島、山形宮城とできるだけ広い地域での開催を目指します。


20150118東北シクロクロス最終戦47

ということで、次年度もよろしく〜!!


20150118東北シクロクロス最終戦48

いやいや菅田さんお疲れ様〜。
ってことで、今年の大会は終了。楽しかったですね〜。
なんだろうね。ゴールしてみるとカテゴリー3の真ん中よりは上にいる。まだまだ来年もカテゴリーだな。

カテゴリー: 自転車, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする