たまきさんブログ」カテゴリーアーカイブ

川には魅力がたくさん! ~川の環境と川釣りの基本を知ろう~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。
7月26日(日)に、宮城教育大学 棟方有宗准教授をお迎えして「川には魅力がたくさん! ~川の環境と川釣りの基本を知ろう~」と題したサロン講座を開催しました。

川が好き、魚が好き、釣りが好きという先生の原点からお話しが始まりました。

東京都多摩の出身の棟方先生は、小学生(8歳)の頃、近所の多摩川にオイカワを釣りにお父さんに連れられて行ったことがきっかけで釣り好きになり、小・中・高校と通して、ひたすら釣りにのめり込む日々を送ったのだそうです。

17歳の時に図書館で『回遊魚の生物学』という本と出会い、18歳で魚の研究者を志したということでした。

大学院の時には、日光の研究所で大型のマスの研究を始められ、先生が釣る魚も巨大になっていきます。アメリカのオレゴン州に留学されていた時に、初めてキングサーモンを釣り上げ、この時はイクラ三昧の日々を経験したそうです。

30歳で宮城教育大学に奉職し、サケ・マスなどサケ科魚類の研究の第一人者として現在ご活躍の棟方先生ですが、先生の特徴は釣りのエキスパートでもあるということだと思います。生物の生態を調査・研究する上で、実際に現地に足を運んで対象を捕獲観察することは、とても重要な意味を持っています。

今日は、そんな棟方先生に釣りについて教えていただきます。

私たちが住む仙台の広瀬川は、名取川の支流で一級河川です。
源流部から名取川に合流するまで、全長45kmの中規模河川となります。
では、広瀬川には何種類くらいの魚が棲んでいるのでしょうか?

正解は、32科72種類くらいです。

海外の数千kmにも及ぶ流域を持つ大きな川にくらべて、わずか45kmの広瀬川ですが、場所によって棲む魚の種類も違っています。
広瀬川の上流、中流、下流の写真を見ながら考えてみましょう。

上流部にあたる奥新川付近の写真を見ると、「川幅が狭い」「水がきれい」「浅い」「苔がはえている」「木陰を流れている」「大きな岩がある」ことがわかります。

上流域を好むヤマメやイワナの生息域です。

次に、上流から少し下った場所の写真です。「広い河原がある」「大きな岩がなくなる」「丸石が多い」「日当たりがいい」「川底がヌルヌルしている」「水量が多く流れが速い」ことなどがわかります。

中流の「運搬域」と呼ばれる流域で、カジカなどが生息しています。

さらに下った中流域の鹿落坂から霊屋橋を撮影した写真です。

「市街地の中を流れる」「石が少ない」「砂や泥によって中州が形成される」「水際に植物が多い」様子がわかります。このような河川状態は「堆積域」と呼ばれます。

中流域に生息する魚は、アユやウグイやアブラハヤなどです。

アユはサケ科、ウグイやアブラハヤはコイの仲間です。
見分ける方法は、背びれの後ろにもうひとつ「アブラひれ」というひれがある点です。

最後は、名取川との合流点である郡山付近の下流部の写真です。
「川岸に土や泥が堆積している」「水が濁っている」「水深があり底が見えない」「流れがゆるやか」などの特徴が見てとれます。
上流の水にくらべて透明度が低いのは、石が削られ粒子となって水に溶けていることや有機物の量も圧倒的に多いためです。

この流域には、フナやナマズやオイカワなどが生息しています。

広瀬川は流域ごとに川の環境が大きく異なり、そこに生息している魚の種類も違っています。

上流、中流、下流の環境の違いや四季によって、生息する種類の多い広瀬川の魚たちですが、次第に生息数が減ってきている魚もいます。
例えば「アカザ」と「スナヤツメ」です。
「アカザ」は、山形県や岩手県ではまだ見つけられるそうですが、宮城県内にはすでにいないそうです。
「スナヤツメ」は、シーラカンスよりも古くから生息していて、背骨が無く魚とホヤの中間のような生物ですが、まだ広瀬川でも見つけることができるそうです。

そして、仙台市内では数十年前に太白大橋付近で目撃されたのを最後に、姿を消した「アカヒレタビラ」というタナゴがいます。
二枚貝に卵を産みつけるため、貝の減少が「アカヒレタビラ」の減少に影響していると考えられています。 名取川水系には、まだ生息しているようです。

広瀬川には、川と海とを行き来する回遊魚もいます。
「サクラマス(ヤマメのうち、川と海を回遊し再び川に戻って来たものを指す)」です。

「母川(ぼせん)回帰」と呼ばれます。サクラマスはどこまで回遊するかというと、ロシアのオホーツク海を1年かけて回遊し、翌年の春にまた同じ川に戻って来るのです。

 サクラマスは、冬に孵化して川で育ちます。
外敵から身を守るため、稚魚の頃は、川底の砂利に似た模様をしているのが特徴です。

春になり海に下ると、海の外敵から身を守るためにキラキラとした銀化(ギンケ、ヒカリとも呼ばれる体色変化)が始まります。

海鳥から狙われないように、背は海と同化する青色となり、腹は海の底から水面を見上げたときに反射する銀色になります。

1年経つと、秋にはキラキラした銀化からピンク色の婚姻色となり、産卵のために再び広瀬川に戻って来ます。

 このサクラマスも、川の環境変化の影響により、この20年間で数が激減してしまっているということでした。

後半は、実際の釣り講座です。

仙台で出来る釣りには、「エサ釣り」「疑似針釣り」「おとり釣り」があり、それぞれ釣り道具も違ってきます。

その中でも、簡単に始められる「のべ竿釣り」の仕掛けの作り方を教えていただきました。

竿と糸と針をつなげればいいのですが、その基本的な結び方である二つの結び方を実際にやってみました。

「ダブルサージャンスノット」:糸と糸を結ぶ結び方
「ユニノット(フリーノット)」:糸と針を結び結び方。

頭ではなく体で覚えるまでが、たいへんかもしれません。

次にエサですが、単純に生餌や疑似餌を使って魚を呼び寄せるだけではダメで、その川のその時期に、魚がどんなものを食べているのかを知ることが重要だといいます。魚が食べたいエサを投げてやることが、ヒットの秘訣なのだとか。

先生たち研究者は、最初に釣った魚に生態研究のために使う「ストマック・ポンプ」という道具を口から差し込み、胃の内容物を取り出して調べるそうです。

たしかにこれだと、そこの魚が何を食べているのか、はっきりとわかります。それによって、釣りに使う生餌や疑似餌を選ぶわけです。

 棟方研究室の活動では、震災後の野生メダカ保護活動『メダカの里親プロジェクト』が有名ですが、今回は、4年生の伊藤崚さんから『河川横断物と魚について』というテーマで行っている取り組みの報告がありました。

例えば、川に1mの垂直の段差があったとします。
越えられる魚もいますが、越えられない魚がほとんどです。

この段差、つまり「河川横断物」は、自然の「滝」などを除いた人工の「ダム」や「堰」を指します。

サケやサクラマスのように遡上行動をして産卵する魚にとっては、この段差によって産卵に適した上流にまでたどり着けない事態になっているのです。これが個体数の減少を引き起こし、川環境の悪化にまでつながっていくのです。

そこで、打開策のひとつとして取り組まれているのが、魚が遡上しやすい川づくり事業です。低コストで短期間の工期で可能な「魚道」づくりが、全国的に企業や行政との共同プロジェクトとして行われています。

しかしながら、特に小さな河川の場合は、まだほとんど手がつけられていないのが現状なのだそうです。

 棟方研究室での取り組みでは、八木山の竜の口渓谷の堰堤改修プロジェクトによって、広瀬川から魚類をはじめ多くの水生動物や昆虫が上って来ているという調査結果が出ているという報告でした。

川環境の改善や保全につながる素晴らしい取り組みだと思いました。

今回の講座では、私たちの一番身近な場所を流れている広瀬川と、そこに棲む魚を通して、川の環境について学ぶことができました。豊かな川があってこそ「釣り」を楽しむことができるということを教えていただきました。

「釣り人は川の環境の番人である」という言葉の意味がよくわかりました。

棟方先生、伊藤崚さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 過去の講座, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その10

麻縄張りから、4日が経ちました。


今年は寒い日が続いて生育が遅いながらも、少しずつですが、成長中です。

すでに、つるが麻縄に巻き付き、らせんを描きながら上に伸びていっています。


そろそろ太陽が恋しいですね。

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その11へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その9

定植から1週間が経過しました。
今日はいよいよ緑のカーテンを作るために重要な麻縄張りです。


歩道に並べた9台のプランターに、2階から約10mの麻縄を垂らし固定します。
ゴーヤと朝顔は、この麻縄に巻き付きながら上に向かって伸びていきます。

立派なグリーンカーテンができますように!


今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その10へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その8

種植えをしてから約5週間、34日目を迎えました。
いよいよプランターへの苗の植え付け(定植)です。

アサガオはすでにツルが絡み合っています。


ゴーヤはバネのようなツルが伸びてきて絡みたがっています。


プランターには事前に麻縄を巻いておきました。
そこへ肥料と土を入れます。
この日は朝からあいにくの雨降りでしたが、定植開始とともに雨が止みました。
曇りや雨の日が続く今頃が、定植には最適な時季です。


今回は、奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」の茂庭綱元さまと、片倉小十郎重綱さまにもお手伝いいただきました。
この大きなプランターに土を入れる作業が地味に大変・・・

1つのプランターには、アサガオとゴーヤをそれぞれ4~5株ずつ植え付けします。
苗を優しく、丁寧に植えてくださいました。

最後にたっぷり水をあげましょう。
この時、なるべくプランターより離れた位置からあげるのがポイントです!

暑い中ありがとうございました!

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その9へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

新着図書のご案内です。

たまきさんサロンスタッフです。
7月1日からレジ袋有料化がスタートしました。
以前【たまきさんサロン講座】などでも学ばせていただきましたが、 お店のレジで「買い物かご」にかぶせてその上からレジを通した商品を置いてもらい、端と端を結んでひょいっと!レジ袋代わりに・・・
また、肌寒いときには肩掛けやひざ掛けに・・・
まめに洗濯できるし・・・
スタッフの生活の中では「ふろしき」大活躍中です。

それでは、新着図書のご案内です。

・「ホタルのアダムとほしぞらパーティー」(講談社 香川照之/ロマン・トマ)
・「ヒキガエルとんだ大冒険(1) 火曜日のごちそうはヒキガエル」(評論社 ラッセル・E・エリクソン/ローレンス・ディ・フィオリ/佐藤 涼子)
・「図解でわかる14歳からの水と環境問題」(太田出版 インフォビジュアル研究所)
・「図解でわかる14歳からのプラスチックと環境問題」(太田出版 インフォビジュアル研究所)
・「みやぎのアイヌ語地名」(河北新報出版センター 太宰幸子)
・「火山はめざめる」(福音館書店 はぎわらふぐ/早川由紀夫)
・「ねこのずかん(コドモエのえほん)」(白泉社 大森裕子/今泉忠明)
・「サイエンスコナン宇宙と重力の不思議」(小学館 青山剛昌/ガリレオ工房/金井正幸)
・「飛行機のサバイバル2 生き残り作戦」(朝日新聞出版 ゴムドリco./韓賢東)
・「見てびっくり 肉食と草食の動物学 ゲッチョ先生の動物コレクション」(少年写真新聞社 盛口満)
・「よくばりな毎日」(祥伝社 杉浦さやか)
・「おおかみのおなかのなかで」(徳間書店 マック・バーネット /ジョン・クラッセン/なかがわちひろ)
・「ぼくだってトカゲ」(文研出版 内田麟太郎/市居みか)
・「実物大!世界のどうぶつ絵本」(あすなろ書房 ソフィー・ヘン/藤田千枝)
・「プラスチックモンスターをやっつけよう!きみが地球のためにできること」(クレヨンハウス 高田秀重/クリハラタカシ他)
・「なぜ僕らは働くのか 君が幸せになるために考えてほしい大切なこと」(学研プラス 佳奈 /池上彰/モドロカ)
・「カレーライスを一から作る 関野吉晴ゼミ」(ポプラ社 前田亜紀)
・「[新版]くらべる図鑑」(小学館 加藤由子/林一彦/冨田幸光他)
・「ドラえもん科学ワールド未来のくらし」(小学館 藤子・F・不二雄/藤子プロ/大崎章弘他)
・「小学館の図鑑NEO 危険生物」(小学館 塩見一雄/山内健生/森哲他)
・「おもしろい!進化のふしぎ さらにざんねんないきもの事典 」(高橋書店 今泉忠明/下間文恵他)
・「アリエナクナイ科学ノ教科書 1 空想設定を読み解く31講」(ソシム くられ/薬理凶室)
・「かぜの科学 もっと身近な病の生態」(早川書房 ジェニファー・アッカーマン/鍛原多恵子)
・「破船 改版」(新潮社 吉村昭)
・「海洋プラスチック汚染 「プラなし」博士、ごみを語る」(岩波書店 中嶋亮太)
・「脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流 SDGs時代の環境問題最前線」(山と渓谷社 堅達京子/NHK BS1スペシャル取材班)
・津波が来た海辺 よみがえる里浜の自然と暮らし(東北学院大学 岡浩平/平吹喜彦)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。
○館内での飲食はお控えください。熱中症予防ための水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
○サロンスペースの机・椅子は当面の間利用休止とさせていただきます。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 新着図書, 環境, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その7

種を植えてから4週目に入り、もう定植の準備は整いました。


ゴーヤのツルが絡みたがっています。


アサガオはすでに絡み合っています。


今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その8へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その6

種を植えて2週間目の様子です。
ゴーヤは順調に成長中です。


アサガオも、太陽に当たり元気に育っています。


18日目の様子です。
発芽のタイミングがアサガオより遅かったゴーヤですが、あっという間にアサガオに追いつきます。
ツルも出てきました。定植の日が近づいています。


今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その7へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その5

ゴーヤも続々発芽中です。まっすぐ力強く伸びている様子に生命力を感じます。


種皮をつけたままで出てきた芽もありました。
(芽を傷つけないように取ってあげましょう)


アサガオは、発芽は早かったものの少しヒョロヒョロなので、日光浴をさせました。

立派に育ちますように…


今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その6へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その4

アサガオのちょっと面白い写真が撮れました。
朝、サロンに着いてこのお姿。
クスっとしてしまいました。
癒されます。
多くの植物と同様に、アサガオも「向日性」という性質でこのように太陽に向かって葉を伸ばします。


そして、ついにゴーヤが芽を出しました!
種を植えて10日で発芽!
うれしいです♪
ゴーヤは、固い殻(種皮)を土の中で破って出てくるので、発芽までにアサガオより少し時間がかかります。
土から胚軸が出る時に、クの字に曲がって出てくるのは、幼芽が傷つかないようにしているのです。
かわいいです。


なんだかクチバシのようです。
笑っているようにも見えます(^^)

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その5へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その3

晴れている日が続き、アサガオは順調に伸びています!
定植までは、根腐れ防止のため霧吹きでの水やりがオススメです。


種植えして、ちょうど一週間目です。
ゴーヤはまだ芽がでてきません。
アサガオにくらべて十日程発芽が遅れるので、この辺りで皆さん不安になってきますが、もう少し待ってみましょう。


今年もゴーヤだ!緑のカーテン大作戦レポート その4へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始 *‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする