たまきさんブログ」カテゴリーアーカイブ

川には魅力がたくさん!~川に棲む生きものを通して川の環境を知ろう~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。
8月9日(休・月)は宮城教育大学 棟方 有宗准教授を講師にお迎えして、「川には魅力がたくさん!~川に棲む生きものを通して川の環境を知ろう~」と題したサロン講座を開催しました。

東京都多摩地域出身の棟方先生は8歳の頃、父親に連れられ多摩川にオイカワを釣りに行ったことをきっかけに釣り好きとなり、その後中学生・高校生と成長するにつれ川だけでは飽き足らず、休日には釣りのために遠出をするほど、ひたすら釣りにのめりこむ生活を送っていたそうです。

そんな中、17歳の時に「回遊魚の生物学」という本に図書館で出会います。 釣りのことばかりを考え生活していたために、周囲からも心配をされていたそうですが、学問として勉強することで心置きなく釣りもできるようになるのでは、との思いから18歳の時に魚の研究者を志したとのことでした。

その後大学院へと進み、日光にある研究所で大型のマスの研究を始められ、先生ご自身の釣る魚も巨大化していきます。アメリカのオレゴン州立大学へと留学されていた際、初めてキングサーモンを釣りあげた時は、現地の日本人の仲間たちとパーティーを開いてもなお、有り余るほどのいくら三昧の日々を経験されたそうです。

30歳で仙台へと来られてからは宮城教育大学にて、サケ・マスの生態調査や研究をはじめ、それらの魚のすみかでもある河川保全に関する取り組みなどでも、ご活躍され続けています。

今回は、そんな棟方先生に川に棲む生きものや、川釣りなどについて教えていただきました。

仙台を流れる広瀬川は全長45km。途中で名取川と合流し、閖上から海へと流れ出ています。通常、川が海に流れ出るまでは、いくつもの市町村を跨いでいることが多いそうですが、広瀬川のように川の水源から河口までがほぼ同じ市内で完結するといったような川はあまりないそうです。 そんな広瀬川ですが、数え方や季節によって違いはあるものの、少なくとも50種類の魚が生息し、上流・中流・下流と場所によって棲む魚の種類も異なります。

上流域ではイワナが生息しています。小魚などを食べる肉食で神経質な性格、サケの仲間だそうです。
霊屋橋付近を流れる中流域ではアユ、アブラハヤやウグイが生息しています。

アユは背びれの他にアブラヒレを一つ持っています。これはサケの仲間の特徴で、サケの仲間であると同時に、イワナの仲間でもあるということにもなります。また、アユは唇で川底の藻をガリガリと食べるので、藻の匂いが身体へとうつり、実際に手に取ってみるとスイカやキュウリの匂いがするそうです。
その一方で、アブラハヤやウグイは雑食で背びれのみなので、こちらはコイの仲間になるそうです。

名取川と合流する下流域にはナマズやフナ、オイカワなどが生息しています。

オイカワについては、元々仙台に生息していたわけではなく、仙台以外の地域から入ってきたため、国内外来種と言われているそうです。考えられる要因の一つとしては、過去、琵琶湖からアユが仙台にやってきた際、その中にオイカワもまぎれて一緒にやってきたのでは・・というお話でした。

後半は実際の釣りの仕方や釣り竿のお話、仕掛けの作り方などについてです。
仙台で出来る釣りには「餌釣り」「擬餌針釣り」「おとり釣り」などがありますが、それぞれ使う道具も異なります。

今回は、その中でも比較的簡単にはじめることの出来る「のべ竿釣り」の仕掛けの作り方について教わりました。 
竿に針を繋ぐための基本的な結び方を二つ、実際の釣り糸を使って練習してみました。どちらも少々難しそうではありましたが、一度覚えてしまえば簡単に出来るようになるそうです。

棟方先生の研究室では、魚を守るための取り組みについても活動しておられ、植松 康成さんと伊藤 峻さんからもそれぞれお話をしていただきました。

植松さんからは「減った魚を増やすには」というお話で、魚を増やすためには、①環境をよくする(魚道を作る)②魚を捕る量を減らす(ルールを作る)③魚を放すなどがあり、サケの放流自体は100年前から行われているにも関わらず、実はほとんど増えていないのだそうです。

なぜ放流しているにも関わらず、増えていないのか?その原因としては様々考えられるものの、餌や棲みかの問題、交配によって泳ぐ力が弱まってしまうことがあるということでした。
放流は魚の数を増やすために必要なことである一方、むやみに行ってしまうと魚に悪い影響を与えてしまう。放流をするときは、棟方先生のような専門家に相談してほしいということでした。

伊藤さんからは「サケにやさしい川づくりについて」というお話で、今の広瀬川はサケにとってやさしい川とも、そうでないとも言えない環境にあるといいます。その要因としては、サケのような通し回遊魚は河川横断工作物と言われるダムや堰があることによって、川と海との行き来がしづらくなってしまうからとのことでした。

人々の生活には恩恵のあるものですが、魚たちにとっては障害物以外の何物でもありません。
魚道があれば、河川横断工作物があっても、乗り越えていきやすくなるため、サケなどの魚に限らず、ヤマメの稚魚や成魚にとっても海と川の行き来がしやすくなり、大きな魚も来やすくなります。広瀬川にもいくつか設置されてはいるものの、その設置には様々な課題があり、まだまだ難しいということでした。

最後に、棟方先生から「釣り人は川の環境の番人である」というお話もありましたが、豊かな川があってこそ「釣り」を楽しむことができる。その豊かな川や魚たちを守るためには、放流や魚道の必要性、魚たちにとっても良い環境になるように人も努力しなければいけないなと改めて感じました。

今回の講座を通して、広瀬川に限らず、身近な川について知るきっかけとなれば、嬉しい限りです。
棟方先生、植松さん、伊藤さん、参加してくださった皆さんありがとうございました。

紹介しきれなかった講座の様子です。※クリックすると拡大されます。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*


カテゴリー: 過去の講座, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | 川には魅力がたくさん!~川に棲む生きものを通して川の環境を知ろう~【サロン講座】 はコメントを受け付けていません

新着図書のご案内です。

たまきさんサロンスタッフです。

スタッフの家の庭では、ただいま茗荷(みょうが)が収穫の時期を迎えました。
小さなスペースなので少しずつですが、毎日収穫できています。
土の中から顔を出した茗荷(みょうが)には、かわいらしさと力強さが感じられます。

「茗荷(みょうが)を食べると忘れっぽくなる」って聞いたことありませんか?

「日本昔ばなし」でも「みょうが宿」というお話しがあります。
『昔、欲深い夫婦が宿屋を営んでいて、久しぶりに景気のよさそうな宿泊客が来たことから「茗荷(みょうが)づくしの料理」を出して、物忘れをさせ、財布を忘れていかせよう、という計画を立てたものの、忘れものは何もありません。
がっかりした夫婦でしたが、財布に気を取られて宿賃をもらい忘れてしまいました。
がっくりと気落ちした夫婦でしたが、その宿泊客が茗荷(みょうが)料理の旨さをあちこちで吹聴してくれたことで、それからその宿屋は「茗荷(みょうが)の宿」と呼ばれ、たいそう繁盛したということです。』

忘れっぽくなるのではなく、むしろ茗荷(みょうが)に含まれる辛味成分などの働きによって、脳が活性化するという実験結果があるそうで、記憶や集中力に関係する部分を、普段よりも活発に活動させるそうです。

それでは、新着図書のご案内です。

・「バナナのかわをのっけたら ランプル・バターカップのおはなし」(光文社 マシュー・グレイ・ギュブラー/久保陽子)
・「ぢべたぐらし(春夏編) あひるの生活」(リブレ マツダユカ)
・「罠ガール 6」(KADOKAWA 緑山のぶひろ)
・「あるものでまかなう生活」(日経BP日本経済新聞出版本部 井出留美)
・「日本の野生メダカを守る 正しく知って正しく守る」(生物研究社 棟方有宗/北川忠生/小林牧人)
・「ツキノワグマのすべて 森と生きる。」(文一総合出版 小池伸介/澤井俊彦)
・「ぼくらの地球の治し方」(三五館シンシャ 藤原ひろのぶ)
・「葉っぱ切り絵コレクション いつでも君のそばにいる 小さなちいさな優しい世界」(講談社 リト@葉っぱ切り絵)
・「食べられる庭図鑑」(KTC中央出版 良原リエ)
・「禍いの科学 正義が愚行に変わるとき」(日経ナショナルジオグラフィック社 ポール・A・オフィット/大沢基保)
・「昆虫学者の目のツケドコロ 身近な虫を深く楽しむ」(ベレ出版 井出竜也)
・「数字でわかる!こどもSDGs 地球がいまどんな状態かわかる本」(カンゼン 秋山宏次郎/バウンド)
・「雨のことば辞典(文庫本)」(講談社 倉嶋厚/原田稔)
・「みやぎ 木の花 散歩みち」(河北新報出版センター 辺見徳郎)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。
○館内での飲食はお控えください。水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
〇換気のため出入口ドアと窓を開放しております。
○サロンスペースの机・椅子は当面の間利用休止とさせていただきます。
〇施設内ではたまきさんサロン以外のエリアへの立ち入りはご遠慮ください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:00(8月20日(金)から9月12日(日)まで)
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
令和3年8月29日(日)は臨時休館です
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 新着図書, 環境, たまきさんブログ | 新着図書のご案内です。 はコメントを受け付けていません

8/28サロン講座「虫の声を楽しむ会」の開催中止について

8月28日(土)開催予定のサロン講座「虫の声を楽しむ会」について、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い,参加者の安心・安全を確保するため開催を中止することといたします。
お申し込みいただいたみなさまにはご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
(※まん延防止等重点措置期間8/20(金)~9/12(日)は、10:00~20:00に短縮)
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
※8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 769a007ec7d717303e64accf11b2c8c6.jpg
カテゴリー: サロンの休館案内, サロン講座, たまきさんブログ | 8/28サロン講座「虫の声を楽しむ会」の開催中止について はコメントを受け付けていません

せんだい環境学習館 たまきさんサロンの開館時間の短縮について

せんだい環境学習館たまきさんサロンでは,まん延防止等重点措置を実施すべき期間の平日は、下記のとおり開館時間を短縮いたします。

期間    令和3年8月20日(金) から 令和3年9月12日(日) まで
開館時間  平 日/10:00~20:00(変更前 10:00~20:30)
      土日祝/10:00~17:00
〇上記期間中は,セミナースペースの利用及び新規予約受付を休止します 。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

*今後の状況により,内容を変更する場合があります。

-お問い合わせ- 
せんだい環境学習館たまきさんサロン
Tel 022-214-1233
平 日 10:00~20:00
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始
    ※8月29日(日)は臨時休館です。

カテゴリー: サロンの休館案内, 環境, たまきさんブログ | せんだい環境学習館 たまきさんサロンの開館時間の短縮について はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その11

真夏日が続くこの時期は、特に水枯れに注意が必要です。

地植えされた緑のカーテンならまだしも、プランター栽培の場合は、真夏の水不足と肥料不足は深刻なダメージとなります。葉の状態は、毎日チェックしましょう!

水やりは、プランターの中でお湯にならないように、朝早くか日が暮れてからたっぷりとあげるようにしましょう。

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その12へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
     ※8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その11 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その10

種を植えて80日、定植から7週目を迎えました。 梅雨が明けて暑い日が続き、ゴーヤも朝顔も順調に成長中です。すでに背丈2mを越えたものもあります。

ゴーヤの花が咲き始めました。

朝顔の花も咲き始めました。

今日は、ゴーヤの「摘心」を行いました。
摘心とは、あえて親づるの先端の芽をカットする作業のことです。
こうして芯止めすることで、脇芽を伸ばして葉をたくさん茂らせ、花芽を多くつけさせることができます。結果的にたくさんの実が生ることにもなります。

すでに子づるがたくさん出ている場合は、その先端の芽も摘心してしまってだいじょうぶです。実が生るまで、1シーズンに親づると子づるを2,3回摘心してあげると、良いでしょう。

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その11へつづく・・・。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
     ※8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その10 はコメントを受け付けていません

「夏休みエナジーカフェ 太陽光発電システムを作ってみよう!」【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。
NPO法人環境エネルギー技術研究所の早川昌子さんをお迎えして、7月31日に「夏休みエナジーカフェ 太陽光発電システムを作ってみよう!」と題したサロン講座を開催しました。
実際にミニ太陽光発電システムのキットを組み立て、太陽光が電気エネルギーに変換されることを体験しました。
また、再生可能エネルギーの高効率利用の重要性や、SDGsとの関わりについて学びました。

まず、早川さんから「電気のしくみ」について、簡単に教えていただきました。

電気には直流と交流があり、発電所から家庭のコンセントまで送られて来ているのが交流電気(AC)です。
スマートフォンなどは直流電気(DC)を使っています。
家庭のコンセントとパソコンやスマートフォンとの間に、ACアダプターという機器をつないで充電などを行っているはずですが、これはこの機器を通すことによって電線で送られてくる交流電気を直流電気に変換しているわけです。
ただ、交流から直流に変換する時には、「変換ロス」というものが生じます。これは、熱などの形で逃げてしまいます。

そこで、太陽光発電などの再生可能エネルギーで作った直流電気を、そのまま使えるようにするエネルギーの高効率利用ということが注目されています。

それでは、早速「太陽光発電パネル」キットを使って組み立て開始です!

普段、私たちが当たり前のように使っている電気ですが、世界全体では電力を使えない暮らしをしている人が、まだ7億8900万人もいて、太陽光や風力などの再生可能エネルギーが占める割合は、まだ17.5%程度なのです。
SDGsの中でとりあげられている「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」という目標は、これからみんなで考えていかなければならない大きな環境問題のひとつであることがわかりました。
今回の講座で、規模は小さいながら家庭でも太陽光から電気をつくれるということを学んだことで、身近なところから地球全体のことを考えていく一つのきっかけになったのではないでしょうか。

講師の早川さん、ご参加いただいた皆さん、本日はありがとうございました。

紹介しきれなかった講座の様子です。
※クリックすると拡大されます。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月8日(日)及び8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*


カテゴリー: 過去の講座, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | 「夏休みエナジーカフェ 太陽光発電システムを作ってみよう!」【サロン講座】 はコメントを受け付けていません

「森へいこう♪自然っておもしろい!」【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。
7月24日(土)は、たまきさんサロンのご近所の【青葉の森緑地】を会場に、レンジャーの鈴木さんと高松さんに引率をしていただきサロン講座「森へいこう♪自然っておもしろい!」を開催しました。

森の中を散策して、「みて」「きいて」「かいで」「さわって」自然と戯れてきました。
散策中の注意事項や望遠鏡やミルビン(観察カップ)、虫メガネの使い方などを教えてもらい、出発です。

晴天、気温は27℃、湿度が約80%とこれから暑くなってきそうです。
集合した部屋の前には森が広がり、目の前にはクルミの実がたわわになっています。

おっ!リスが!
お食事中でした。

食事中のリスに出会えることは、とても珍しいことだそうです。幸運でした。

暑い日差しは森の木々がさえぎってくれます。
上の方で風が木々を揺らして葉擦れの音がします。
せせらぎの水音が聞こえてきます。
ウグイスやセミも鳴いています。

せせらぎにはアメンボやカエルもいました。
セミの抜け殻もたくさん見つけました。
いろいろな虫にも出会えました。

【青葉の森緑地】のモミの葉の香り、森の香りもお土産です。

参加された保護者の方からも、大変気持ちよかった。
自然と触れ合うとても良い機会だった。
自然最高です。
とのご感想をいただきました。

自然っておもしろいです。

紹介しきれなかった講座の様子です。
※クリックすると拡大されます。

【青葉の森緑地】レンジャーの鈴木さん高松さん、ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月8日(日)及び8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*


カテゴリー: 過去の講座, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | 「森へいこう♪自然っておもしろい!」【サロン講座】 はコメントを受け付けていません

せんだいE-Actionエネルギー実験室 参加者募集中!!

たまきさんサロンで夏休みの自由研究にもぴったりな、楽しいワークショップを開催!
太陽光で発電した電気を使って、ガラスコップに絵を描いてみよう♪(事前予約制)

■日時
8月6日(金)10時30分~16時00分(30分入れ替え制)
(空き状況:11:30~2名、13:00~4名、14:30~4名、15:00~2名)

■内容
・太陽光で発電した電気を使って、ガラスコップに絵を描いてみよう(※コップはご持参ください)
・手回し発電機で電車を走らせよう
・エネルギーのカバンを持ってみよう(日本、中国、アメリカで消費しているエネルギーの違いを重さで体験)

■申込など
事務局(仙台市環境共生課)までお電話でお問い合わせください。

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■問い合わせ
事務局(仙台市環境共生課)
電話 022-214-0007

カテゴリー: E-Action, イベント, たまきさんブログ | せんだいE-Actionエネルギー実験室 参加者募集中!! はコメントを受け付けていません

新着図書のご案内です。

たまきさんサロンスタッフです。
16日、梅雨が明けました。昨年より17日早かったそうです。
年の夏は、全国的に暑い夏になるそうで・・・
・・・ってことは、早めに梅雨が明けたので暑い期間が長くなるんですよねー。

昨今、『汗トレ』という言葉があるそうです。

「良い汗」と「悪い汗」があるそうで、さらっとした汗が「良い汗」、ベタッとした汗は「悪い汗」とのこと。
汗に含まれている尿素や乳酸は天然の保湿成分なので、汗として分泌された後、角質に浸透して肌の乾燥を防いでくれる作用があるのだそうです。
ろ過機能が正常に働けばミネラル成分濃度が低くなり、サラサラとさわやかで効率よく熱放散する「良い汗」になり、逆に機能が働かない場合は、ミネラルの濃度が高いため、ベタベタしたにおいを発生させやすい汗になるのだそうです。
「悪い汗」をたくさんかくとミネラルが大量に失われて、夏バテや熱中症の原因になるので要注意なのだそうです。

汗って大事なんですね!
お風呂に入ってカラダを温めたり、食べ物では「めかぶ」や「もずく」、「ヨーグルト」、「根菜類」などが良いそうです。「大豆」に含まれるイソフラボンやレシチンには、「良い汗」を作る働きもあるそうです。

しっかりと「良い汗」をかいて暑くて長い夏となかよく暮らしましょう。

それでは、新着図書のご案内です。

・「ハシビロコウのはっちゃん (ひまわりえほんシリーズ)」(鈴木出版 よしだあつこ/マツダユカ)
・「ぢべたぐらし シナガとコーチン」(リブレ マツダユカ)
・「おもしろ生き物研究 カラスのジョーシキってなんだ?」(子どもの未来社 柴田佳秀/マツダユカ)
・「猫と東大。 猫を愛し、猫に学ぶ」(ミネルヴァ書房 東京大学広報室)
・「ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎますます」(高橋書店 今泉忠明/下間文恵/森永ピザ)
・「わいるどらいふっ!2 身近な生きもの観察図鑑」(山と溪谷社 一日一種)
・「NHK「香川照之の昆虫すごいぜ!」図鑑 Volume1」(NHK出版 カマキリ先生/NHK「昆虫すごいぜ!」制作班)
・「ハナバチがつくった美味しい食卓 食と生命を支えるハチの進化と現在」(白揚社 ソーア・ハンソン/黒沢令子)
・「ハーブを楽しむ暮らしのレシピ ココロとカラダを癒す」(朝日新聞出版 朝日新聞出版/メグミ・フローレンス)
・「グレタのねがい 地球をまもり未来に生きる」(西村書店 ヴァレンティナ・キャメリニ/杉田七重)
・「未来からの伝言 SDGsガイドブック(おはなしSDGs)」(講談社 那須田淳/梶山直美/脇田明日香)
・「ゴミはボクらのたからもの」(幻冬舎 326/マガジンズ滝沢)
・「ドラえもん科学ワールド 乗り物と交通」(小学館 藤子・F・不二雄/藤子プロ)
・「教師のための防災学習帳」(朝倉書店 小田隆史)
・「かたおか気象予報士の毎朝10秒! 楽しく「お天気ストレッチ」(幻冬舎 片岡 信和/テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。
○館内での飲食はお控えください。水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
〇換気のため出入口ドアと窓を開放しております。
○サロンスペースの机・椅子は当面の間利用休止とさせていただきます。
〇施設内ではたまきさんサロン以外のエリアへの立ち入りはご遠慮ください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:30
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
令和3年8月8日(日)及び8月29日(日)は臨時休館です
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 新着図書, 環境, たまきさんブログ | 新着図書のご案内です。 はコメントを受け付けていません