環境」カテゴリーアーカイブ

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_番外篇③

毎年、緑色が薄い白いゴーヤが1、2個だけ生ります。
同じ茎に生っている他のゴーヤはすべて緑色なので、不思議ですね??
遺伝的なものなのか、白ゴーヤの花粉を受粉したのか・・・謎です。

ゴーヤの苦みは「モモルデシン」という物質です。
この栄養素には胃腸の調子を整える働きがあり、胃の働きが活発になって食欲の増進につながります。
ゴーヤにはビタミンCも豊富に含まれているので、疲労回復や夏バテの防止に効果的な食材です。

たまきさんサロンの緑のカーテンの朝顔は、『ヘブンリーブルー』という品種を使っています。
とても美しい青色系の品種で目を楽しませてくれていますが、同じ花でもつぼみのときは青紫色、花が咲くと鮮やかな青色、夜になるとしおれて赤紫色に色を変えます。

朝顔の花には「アントシアニン」というpH※によって色を変化させる色素が含まれています。花びらの細胞の一番外側の「液胞」に含まれているアントシアニンは、アルカリ性では青色、中性では紫色、酸性では赤色になります。

花が開くころにはアルカリ性だった液胞が、夕方にかけて酸性になるため、朝顔の花は色が変わるのです。
※【pH(ペーハー)】とは「水素イオン濃度」の略称

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その15へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:00(令和3年9月14日(火)から9月30日(木)まで)
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_番外篇③ はコメントを受け付けていません

たまきさんサロン開館時間のお知らせ

せんだい環境学習館たまきさんサロンでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため9月30日(木)まで平日の開館時間を短縮しておりましたが、10月1日(金)より通常の開館時間といたします。

開館時間
平 日/10:00~20:30
土日祝/10:00~17:00
〇サロンスペースの机・椅子は当面の間、利用を休止します。

ご利用の方は以下をご覧いただき、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 環境, たまきさんブログ | たまきさんサロン開館時間のお知らせ はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_番外篇②

緑のカーテンには多くの昆虫が集まり、採蜜や産卵をする場となっています。

孵化した幼虫(芋虫)は葉を食べ、蛹(さなぎ)となり、蝶や蛾へと羽化しますが、それらを捕食する昆虫もやって来て、わずか三ヶ月ほどの間に小さな生態系の多様な営みを見せてくれます。

特に重要な役割を担っているのが、「ポリネーター(花粉媒介者)」と呼ばれる昆虫たちです。
彼らによって受粉のほとんどが行われ、実が生り種子ができるのです。
ここには、トラマルハナバチが最も多くやって来ています。


●その他の虫たち

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その15へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:00(令和3年9月14日(火)から9月30日(木)まで)
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_番外篇② はコメントを受け付けていません

新着図書のご案内です。

たまきさんサロンスタッフです。

2021年の十五夜は、9月21日(火)だそうです。
夏が過ぎ、涼しくなり始めたこの時期に、満月の夜を見て楽しむのは、日本の秋の風物詩ともいえますね~。

月に見えるのは「餅つきをしているウサギ」。
これは、世界各国で異なる言われ方をしています。「カニ」「女性の横顔」「ロバ」「本を読むおばあさん」「ライオン」「水を担ぐ男女」などなど・・・月は地球に対していつも同じ面を向けて回っているので、同じものを見ているのにそれぞれとらえ方が違うのですね。

晴れると良いですね。何が見えるでしょう。楽しみです。

それでは、新着図書のご案内です。

・「すごすぎる天気の図鑑 空のふしぎがすべてわかる!)」(KADOKAWA 荒木健太郎)
・「大人も知らない?ふしぎ現象事典」(マイクロマガジン社 「ふしぎ現象」研究会/ヨシタケシンスケ)
・「NHK『香川照之の昆虫すごいぜ!』図鑑Volume2(教養・文化シリーズ)」(NHK出版 カマキリ先生/NHK「昆虫すごいぜ!」制作班)
・「プラスチックのうみ」(小学館 ミシェル・ロード/ジュリア・ブラットマン)
・「ステラとカモメとプラスチック うみべのおそうじパーティー」(岩崎書店 ジョージナ・スティーブンス/イジー・バートン)
・「ぢべたぐらし(秋冬編) あひるの生活」(リブレ マツダユカ)
・「悪のいきもの図鑑」(平凡社 竹内久美子/もじゃクッキー)
・「うたの動物記(文庫本)」(朝日新聞出版 小池光)
・「おいしいハーブ暮らし12か月 キッチンガーデン発 元気のレシピ」(世界文化社 北村光世)
・「野菜の花写真館」(敬文舎 植松國雄)
・「こども地政学 なぜ地政学が必要なのかがわかる本」(カンゼン 船橋洋一/バウンド)
・「折り紙建築世界の名建築をつくる」(彰国社 茶谷正洋/木原隆明)
・「折り紙建築世界遺産をつくろう!」(彰国社 茶谷正洋/中沢圭子)
・「折り紙建築世界遺産をつくろう! 続」(彰国社 茶谷正洋/茶谷亜矢)

図書は、おひとり3冊まで2週間借りることが出来ます。
お子さんも楽しく読める本がたくさんあります。
貸出カード作成時には身分証明書が必要となります。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。

【ご利用にあたってのお願い】
○セミナースペースご利用の際は、定員の半数程度でご利用いただき、利用者同士の距離を確保するなど、感染予防対策をとりながらご利用ください。
○館内での飲食はお控えください。水分補給は構いません。
○マスク着用や入り口での手指消毒、咳エチケットなどにご協力をお願いします。
○換気のため出入口ドアと窓を開放しております。
○サロンスペースの机・椅子は当面の間利用休止とさせていただきます。
○施設内ではたまきさんサロン以外のエリアへの立ち入りはご遠慮ください。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:00(令和3年9月14日(火)から9月30日(木)まで)
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 新着図書, 環境, たまきさんブログ | 新着図書のご案内です。 はコメントを受け付けていません

せんだい環境学習館 たまきさんサロンの利用再開及び開館時間の短縮について

せんだい環境学習館たまきさんサロンでは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため8月30日(月)から休館としておりましたが、9月14日(火)より利用を再開します。

期間  令和3年9月14日(火) から 令和3年9月30日(木) まで

開館時間
平 日/10:00~20:00(変更前 10:00~20:30)
土日祝/10:00~17:00

〇上記期間中は,セミナースペースの利用及び新規予約受付を休止します 。
〇サロンスペースの机・椅子は当面の間、利用を休止します。

ご利用の方は以下をごらんいただき、感染防止対策の徹底をお願いいたします。

-お問い合わせ- 
せんだい環境学習館たまきさんサロン
Tel 022-214-1233
平 日 10:00~20:00
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始

カテゴリー: 環境, たまきさんブログ | せんだい環境学習館 たまきさんサロンの利用再開及び開館時間の短縮について はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その14

たまきさんサロンの「緑のカーテン」の効果測定を、8/31㈫の午後に行いました。
この日、青葉山の14時の天気は「晴れ 気温27.5℃ 湿度34% 北西の風4m/s 降水量0mm」でした。

8月末の秋の気配も感じ始めたこの日ですが、直射日光のあたる舗道の表面温度は40℃。ところが緑のカーテンの裏側では、表面温度は27℃でした。
温度差にしてなんと13℃もありました!

気温だけでみると、「緑のカーテン」の裏側1.5mでは27.7℃です。3~4℃の差ですが、日差しが遮られている分、体感温度としてはかなり涼しく感じられます。

陽が当たる葉の表面温度は28.4℃と水分の蒸散による気化熱の作用で低く保たれているのがわかります。

「緑のカーテン」とサロンの間は、少し距離があり日光が差し込むため直接の効果はあまりないのですが、「緑のカーテン」裏側の舗道を歩く方には涼しい日陰を提供できています。

また、ここを通る多くのみなさんが、ゴーヤの成長や朝顔の花を楽しんで行かれて、ちょっとしたリフレッシュ空間にもなっています。
まさに体感できる「緑のカーテン」の効果ですね!

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その15へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
緊急事態措置を実施すべき区域に指定されている期間、9月12日(日)まで休館中です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その14 はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その13

朝顔のツルが、とうとう目標の二階の天井(地面から10m)まで届きました。

種植えから110日、定植から77日。三ヶ月半をかけて、緑のカーテンが完成しました!
ささやかながら、今年も日陰をつくってくれ、多くの人の目を楽しませてくれました。

ゴーヤはたくさんの花と実をつけ、朝顔はこれから本格的な花の時期を迎えます。

秋雨の中で咲くヘブンリーブルーの青が鮮やかです。

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その14へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
緊急事態措置を実施すべき区域に指定されている期間、9月12日(日)まで休館中です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その13 はコメントを受け付けていません

せんだい環境学習館 たまきさんサロンの休館について

せんだい環境学習館たまきさんサロンでは,緊急事態措置を実施すべき区域に指定されている期間,下記のとおり全館休館いたします。

休止期間  令和3年8月29日(日) から 令和3年9月12日(日)まで
      ※8月29日(日)は作業停電のため臨時休館します。

〇上記期間中は,セミナースペースの利用及び新規予約受付を休止します 。
〇現在,貸出し中の図書については,返却期限を利用再開まで延長します。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

*今後の状況により,内容を変更する場合があります。
*小型家電回収ボックスのご利用は,月曜日~金曜日(祝休日除く)の10時から16時30分までとなります。

-お問い合わせ- 
せんだい環境学習館たまきさんサロン
Tel 022-214-1233
平 日 10:00~20:00
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始
※8月29日(日)は臨時休館です。

カテゴリー: サロンの休館案内, 環境, たまきさんブログ | せんだい環境学習館 たまきさんサロンの休館について はコメントを受け付けていません

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その12

ゴーヤは、特徴的な黄色い雄花と雌花をたくさん咲かせます。

受粉後、10日くらいで10cmくらいにまで生長します。大きさは品種や成育環境によっても違いますが、サロンの緑のカーテンでは、最大でも20cmくらいが限度です。

熟すと表皮が黄色く変わり、やがて破裂して種を落とします。
黄色くなったゴーヤも食べることができ、苦みは薄くなり皮も柔らかくなっています。
また、種を包んでいる真っ赤な果肉は、見た目は強烈ですが甘くて美味しいものです。

「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その13へつづく・・・

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平  日 10:00~20:00(8月20日(金)から9月12日(日)まで)
土日祝  10:00~17:00
休館日  月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
     ※8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: サロンの休館案内, 緑のカーテン, 環境, たまきさんブログ | 「楽しく育てよう!緑のカーテン大作戦」レポート_その12 はコメントを受け付けていません

川には魅力がたくさん!~川に棲む生きものを通して川の環境を知ろう~【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。
8月9日(休・月)は宮城教育大学 棟方 有宗准教授を講師にお迎えして、「川には魅力がたくさん!~川に棲む生きものを通して川の環境を知ろう~」と題したサロン講座を開催しました。

東京都多摩地域出身の棟方先生は8歳の頃、父親に連れられ多摩川にオイカワを釣りに行ったことをきっかけに釣り好きとなり、その後中学生・高校生と成長するにつれ川だけでは飽き足らず、休日には釣りのために遠出をするほど、ひたすら釣りにのめりこむ生活を送っていたそうです。

そんな中、17歳の時に「回遊魚の生物学」という本に図書館で出会います。 釣りのことばかりを考え生活していたために、周囲からも心配をされていたそうですが、学問として勉強することで心置きなく釣りもできるようになるのでは、との思いから18歳の時に魚の研究者を志したとのことでした。

その後大学院へと進み、日光にある研究所で大型のマスの研究を始められ、先生ご自身の釣る魚も巨大化していきます。アメリカのオレゴン州立大学へと留学されていた際、初めてキングサーモンを釣りあげた時は、現地の日本人の仲間たちとパーティーを開いてもなお、有り余るほどのいくら三昧の日々を経験されたそうです。

30歳で仙台へと来られてからは宮城教育大学にて、サケ・マスの生態調査や研究をはじめ、それらの魚のすみかでもある河川保全に関する取り組みなどでも、ご活躍され続けています。

今回は、そんな棟方先生に川に棲む生きものや、川釣りなどについて教えていただきました。

仙台を流れる広瀬川は全長45km。途中で名取川と合流し、閖上から海へと流れ出ています。通常、川が海に流れ出るまでは、いくつもの市町村を跨いでいることが多いそうですが、広瀬川のように川の水源から河口までがほぼ同じ市内で完結するといったような川はあまりないそうです。 そんな広瀬川ですが、数え方や季節によって違いはあるものの、少なくとも50種類の魚が生息し、上流・中流・下流と場所によって棲む魚の種類も異なります。

上流域ではイワナが生息しています。小魚などを食べる肉食で神経質な性格、サケの仲間だそうです。
霊屋橋付近を流れる中流域ではアユ、アブラハヤやウグイが生息しています。

アユは背びれの他にアブラヒレを一つ持っています。これはサケの仲間の特徴で、サケの仲間であると同時に、イワナの仲間でもあるということにもなります。また、アユは唇で川底の藻をガリガリと食べるので、藻の匂いが身体へとうつり、実際に手に取ってみるとスイカやキュウリの匂いがするそうです。
その一方で、アブラハヤやウグイは雑食で背びれのみなので、こちらはコイの仲間になるそうです。

名取川と合流する下流域にはナマズやフナ、オイカワなどが生息しています。

オイカワについては、元々仙台に生息していたわけではなく、仙台以外の地域から入ってきたため、国内外来種と言われているそうです。考えられる要因の一つとしては、過去、琵琶湖からアユが仙台にやってきた際、その中にオイカワもまぎれて一緒にやってきたのでは・・というお話でした。

後半は実際の釣りの仕方や釣り竿のお話、仕掛けの作り方などについてです。
仙台で出来る釣りには「餌釣り」「擬餌針釣り」「おとり釣り」などがありますが、それぞれ使う道具も異なります。

今回は、その中でも比較的簡単にはじめることの出来る「のべ竿釣り」の仕掛けの作り方について教わりました。 
竿に針を繋ぐための基本的な結び方を二つ、実際の釣り糸を使って練習してみました。どちらも少々難しそうではありましたが、一度覚えてしまえば簡単に出来るようになるそうです。

棟方先生の研究室では、魚を守るための取り組みについても活動しておられ、植松 康成さんと伊藤 峻さんからもそれぞれお話をしていただきました。

植松さんからは「減った魚を増やすには」というお話で、魚を増やすためには、①環境をよくする(魚道を作る)②魚を捕る量を減らす(ルールを作る)③魚を放すなどがあり、サケの放流自体は100年前から行われているにも関わらず、実はほとんど増えていないのだそうです。

なぜ放流しているにも関わらず、増えていないのか?その原因としては様々考えられるものの、餌や棲みかの問題、交配によって泳ぐ力が弱まってしまうことがあるということでした。
放流は魚の数を増やすために必要なことである一方、むやみに行ってしまうと魚に悪い影響を与えてしまう。放流をするときは、棟方先生のような専門家に相談してほしいということでした。

伊藤さんからは「サケにやさしい川づくりについて」というお話で、今の広瀬川はサケにとってやさしい川とも、そうでないとも言えない環境にあるといいます。その要因としては、サケのような通し回遊魚は河川横断工作物と言われるダムや堰があることによって、川と海との行き来がしづらくなってしまうからとのことでした。

人々の生活には恩恵のあるものですが、魚たちにとっては障害物以外の何物でもありません。
魚道があれば、河川横断工作物があっても、乗り越えていきやすくなるため、サケなどの魚に限らず、ヤマメの稚魚や成魚にとっても海と川の行き来がしやすくなり、大きな魚も来やすくなります。広瀬川にもいくつか設置されてはいるものの、その設置には様々な課題があり、まだまだ難しいということでした。

最後に、棟方先生から「釣り人は川の環境の番人である」というお話もありましたが、豊かな川があってこそ「釣り」を楽しむことができる。その豊かな川や魚たちを守るためには、放流や魚道の必要性、魚たちにとっても良い環境になるように人も努力しなければいけないなと改めて感じました。

今回の講座を通して、広瀬川に限らず、身近な川について知るきっかけとなれば、嬉しい限りです。
棟方先生、植松さん、伊藤さん、参加してくださった皆さんありがとうございました。

紹介しきれなかった講座の様子です。※クリックすると拡大されます。


*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*
せんだい環境学習館 たまきさんサロン
平 日 10:00~20:30
土日祝 10:00~17:00
休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始
8月29日(日)は臨時休館です。
*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*


カテゴリー: 過去の講座, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | 川には魅力がたくさん!~川に棲む生きものを通して川の環境を知ろう~【サロン講座】 はコメントを受け付けていません