未分類」カテゴリーアーカイブ

第3回 わぉ!な生きものフォトコンテスト写真展のお知らせ

たまきさんサロンスタッフです。

6月9日のサロン講座との関連企画として、わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト(ソニー(株)/(公財)日本自然保護協会)主催の「第3回わぉ!な生きものフォトコンテスト写真展」を6月2日(土)から6月10日(日)まで開催します。※6月4日(月)は休館日

 

 

 

 

 

写真におさめた皆さんの感動体験を集め、生物多様性を感じることが出来るこのフォトコンテスト!思わず「わぉ!」と声をあげてしまいそうな、生きものや植物の写真をたくさん展示していますよ!

ぜひ、たまきさんサロンで自然のおもしろさや大切さを体感してください。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

※8月26日(日)は設備点検のため臨時休館いたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 未分類, 日々の話, 告知, たまきさんブログ | コメントする

乗り物を通してエネルギー問題を考える【サロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

4月21日(土)東北工業大学の齋藤輝文教授をお迎えして、「乗り物を通してエネルギー問題を考える」と題したサロン講座を開催し、パーソナル・トランスポータの試乗体験を通し、エネルギー問題について学びました。

 

再生可能エネルギーとは、絶えず資源が補充されて枯渇することのないエネルギーのことを言います。

 

 

 

地球上で化石燃料(石炭・石油等)を燃焼し作り出されるエネルギーは、全エネルギーのわずか0.007%にすぎないのに対し、太陽から地球に向けて放射されている光エネルギーは99.97%(約174PW)にも及びます。

つまり、太陽から放射される光エネルギーを利用しないことはとてももったいないことなのです。

 

ソーラーパネルは太陽から地球に放射される光エネルギーを電気エネルギーに変換します。

 

 

日本では、2012年7月の固定価格買取制度開始後、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電が急速に伸びて、主力となっていますが、夜や曇り・雨のときは発電しない問題、部分影による大きな影響(現物を用いた実験も体験できました)などの課題もあります。したがって、他国のように風力や地熱などの割合を今後高めていくことが求められています。

国外の開発途上国などでは、太陽光を集めて高温にし、食物を加熱・調理するソーラー・クッカーというものも使われており、これは燃料の入手が困難な場所でも使用可能なたき火目的の森林伐採を防止することに役立っています。

 

講座後半に体験したパーソナル・トランスポータは、太陽光発電などの独立電源システムで充電することも出来、災害などが発生した際も使用が可能で、排気ガスを出さないというメリットもあります。

 

実際に試乗してみると、重心の移動で進む方向が決まり、コンピューター制御システムが自動的に倒れないようにしてくれます。

 

 

 

ほどよい速さの安定感のある乗り心地で、お子さんからご年配の方まで、スムーズに走らせることが出来ました。

 

 

 

今回の講座では、太陽光をエネルギーに変換して使用することは、環境にとてもやさしく、有限である資源を守ることに繋がるということを学びました。

 

 

齋藤先生、学生スタッフの皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございました。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

※8月26日(日)は設備点検のため臨時休館いたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 省エネ, 役立つ話, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

E-Action実行委員会総会が開催。ちょっと組織が大きくなりました。

こんにちは。
本日も青葉山たまきさんサロンからおとどけです。E-Action実行委員会の総会です。
「あれ?先月も開催しなかったっけ?」先月開催したのはE-Action実行委員会と「仙台市地球温暖化対策推進協議会」の一本化について協議したもので、今回が改めて顔合わせの会になります。


そして序盤の議長はいままでE-Action実行委員会の委員長をしていました仙台市環境共生課でして、まずは挨拶。
「せんだいE-Action実行委員会は震災時のエネルギー不足の課題から生まれた組織で、行政、事業者、市民、学生の協働で3E(省エネ、創エネ、蓄エネ)を進めるため、お互いの交流を深めノウハウを出しあいましょう。」という組織です。


この度、「仙台市地球温暖化対策推進協議会」のメンバーが合流ということとなり初めての方も多いのでまずは自己紹介から。。。が、すみませんとても多いので、ちょっと割愛します。
ただ、今回から国と県の人たちも入ってきた。なんかすごく大きくなった。。。


ただ、今日は日中開催で、しかも新学期が始まったばかりということで、学生さんは来られませんでした。


さて、組織も一新ということで新しい委員長を選ぶということになりましたが、今まで、せんだいE-Action実行委員会は行政から委員長を選んできました。だけどこれからは他の行政機関もメンバーになりましたので、ここは民間から選出してはいかがでしょう?


候補としては、いままで「せんだいE-Action実行委員会」にも「仙台市地球温暖化対策推進協議会」にも加入していて、環境の組織を長く率いてきた「みやぎ・環境とくらし・ネットワーク」の小林さんが適任では?ってことで、一同異議なしとなりました。


では、就任の挨拶をお願いします。
「そうそうたるメンバーの中、私が選ばれるというのは少しおこがましい感がしますが、環境団体として長くやってきた我々としては、意見交換のできるざっくばらんな会として今後運営していきたいと考えています。私たちは進行役として、皆さんを一押ししていければと。そしてメンバー同士の横の連携で、この会を活性化していきたいと考えています。」


では、新年度の事業予定です。
もうすでに開催しましたが4月22日には新緑祭に参加し、EV(日産サティオ宮城さん)の展示と、うちエコ診断。花のタネの配布を行いました。
他には、例年メディアにも多く取り上げられます、打ち水イベントの開催。伊達武将隊も「E-Action推進武将隊」として参加してくれ、注目を集めています。
また市民の皆さんの節電した電力を集めて作る「伊達な節電所キャンペーン」を6月から開催いたします。


今年は遊びのある楽しいポスターデザインで(!)
お!もう出来てる!今年のポスターお披露目です。


昨年まで、メガソーラー19.8基分の節電ができているのです。
6月1日から、またキャンペーンを始めるよ〜。


また5月8日のゴーヤの日には、ゴーヤの種を贈呈するイベントを開催します。
また、シンプル&スローライフの会さんでは、小学校での緑のカーテンの育成を行います。
「昨年の実績では、小学校だけではなく市内の事業者や、市民の方からも作りたいという声が集まってきています」


旧)仙台市地球温暖化対策推進協議会のメンバーさんからは、「事業者向けのセミナーは今年度はどのような企画が立ち上がっていますか?」との質問です。


昨年度は補助制度を紹介するセミナーを開催しましたが、今年度は市内の企業を対象に、自社の事業所や工場等の省エネ対策というテーマで、6月頃に開催しようと計画をしています。


そのほか、会議では活発に意見の交換がありましたが、ちょっと今後の内容もあるので発表は待ってね。
そして大事なのは、E-Action実行委員会を横の繋がりの場として、行政-事業者-市民-学生を繋いで、連携して効果を高めましょうということでした。

ちなみにローソンさんでは、AERにある仙台市の小学生向け学習施設「仙台子ども体験プラザ Elem」にて職業体験とともに節電や省エネの環境学習もしてもらっているそうです。手に取っているのは、参加するともらえるオリジナル学習帳だって。


そして本日配られましたのは、朝顔のタネ。
この品種ヘブンリーブルーは小学校とかで配布される鉢植え用のタネとは違って背丈が10メートル以上伸びるそうです。
この品種は日中の日差しが短くなると花をつけるそうな。つまり街灯とかが点けっぱなしだと、花が咲くのがズレてしまったり咲かなくなってしまう。環境に配慮した暮らしをすると綺麗に咲くアサガオなんですね。<<<これ柳沼さんの受売り。


そんなこんなで、せんだいE-Actionが今までよりもさらに大きくなって出発です。
今年もあちこちで活躍するから楽しみにしててね。

カテゴリー: 未分類, 取材, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

落語から環境問題を考える!たまきさんサロンかんきょう寄席

6月17日(日)13時30分~15時30分
落語から環境問題を考える!たまきさんサロンかんきょう寄席
東方落語プロジェクト 今野家がめら氏
思わず笑ってしまう東北弁の落語をとおして、現代の私たちの生活を見直すきっかけにしてみませんか。




■開催日時
6月17日(日)13時30分~15時30分

■講座タイトル
落語から環境問題を考える!たまきさんサロンかんきょう寄席

■講師
東方落語プロジェクト 今野家がめら氏

■講座概要
電気がない江戸時代、人々は梅雨の時期や暑い夏をどのようにして過ごしていたのでしょうか。思わず笑ってしまう東北弁の落語をとおして、現代の私たちの生活を見直すきっかけにしてみませんか。

■募集人数/対象
140人(小学生は保護者同伴) ※抽選(当選者にのみご連絡)

■申込締切
6月5日(火)

■会場
東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館 大講義室

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: 未分類 | コメントする

この音、知ってる?~生きものの音をつかまえよう~

6月9日(土)9時30分~12時30分 ※雨天決行
この音、知ってる?~生きものの音をつかまえよう~
福島大学共生システム理工学類 永幡幸司 准教授
耳をすまして、身近な生きものの音を録音してみませんか。たくさんの生きものの音を探して生物多様性を感じましょう。




■開催日時
6月9日(土)9時30分~12時30分 ※雨天決行

■講座タイトル
この音、知ってる?~生きものの音をつかまえよう~

■講師
福島大学共生システム理工学類 永幡幸司 准教授

■共催
仙台市・わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト(ソニー(株)、(公財)日本自然保護協会)

■講座概要
耳をすまして、身近な生きものの音を録音してみませんか。たくさんの生きものの音を探して生物多様性を感じましょう。

■募集人数/対象
25人(小学3年生以上、小学生は保護者同伴) ※抽選(当選者にのみご連絡)

■申込締切
5月29日(火)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: 未分類 | コメントする

図書ポイントカードのご案内

たまきさんサロンスタッフです。

たまきさんサロンの図書を1回借りるごとにポイントが貯まる、「図書ポイントカード」が4月から新しくなりました!(有効期限は平成31年3月31日までです。)

 

 

5ポイント目には、「オリジナルしおり」、10ポイント目には、「ステンレスボトル」がもらえますよ。

 

 

 

図書は、おひとり3冊まで、2週間借りることができます。

環境に関して楽しみながら学べる本や、エコ生活を始めるきっかけになる本などを借りてポイントを貯めてみてくださいね。

貸出カードを申し込みの際には、身分証明書が必要です。
二回目以降は貸出カードをご提示のうえ、貸出票に必要事項をご記入ください。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

※8月26日(日)は設備点検のため臨時休館いたします。

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 未分類, 日々の話, 告知, たまきさんブログ | コメントする

秋保の風土とワイン~地域を活かすものづくりの方法~

5月16日(水)18時30分~20時00分
秋保の風土とワイン~地域を活かすものづくりの方法~
株式会社仙台秋保醸造所 代表取締役 毛利親房 氏
宮城県の食・人・文化・風景を活かすプロジェクトを次々と立ち上げ、新たな可能性を創出されている秋保ワイナリーの毛利親房さんをお迎えし、地域の特性や適性に合ったものづくりや人と地域をつなぐ手法をお聞きします。




■開催日時
5月16日(水)18時30分~20時00分

■講座タイトル
秋保の風土とワイン~地域を活かすものづくりの方法~

■講師
株式会社仙台秋保醸造所 代表取締役 毛利親房 氏

■講座概要
宮城県の食・人・文化・風景を活かすプロジェクトを次々と立ち上げ、新たな可能性を創出されている秋保ワイナリーの毛利親房さんをお迎えし、地域の特性や適性に合ったものづくりや人と地域をつなぐ手法をお聞きします。

■募集人数/対象
42人 ※抽選(当選者にのみ5/12までご連絡)

■申込締切
5月8日(火)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: 未分類 | コメントする

乗り物を通してエネルギー問題を考える

4月21日(土)10時00分~12時00分
乗り物を通してエネルギー問題を考える
東北工業大学 齋藤輝文 教授
震災直後、ガソリン入手が困難となり不便を強いられました。乗り物を例にエネルギー問題を考えます。セグウェイの試乗もあります。




■開催日時
4月21日(土)10時00分~12時00分

■講座タイトル
乗り物を通してエネルギー問題を考える

■講師
東北工業大学 齋藤輝文 教授

■講座概要
震災直後、ガソリン入手が困難となり不便を強いられました。乗り物を例にエネルギー問題を考えます。セグウェイの試乗もあります。

■募集人数/対象
30人 ※抽選(当選者にのみ4/14までご連絡)

■申込締切
4月10日(火)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: 未分類 | コメントする

私たちとつながる島国~地球温暖化最前線国・キリバス共和国から考えること~

4月7日(土)13時30分~15時30分
私たちとつながる島国~地球温暖化最前線国・キリバス共和国から考えること~
前キリバス共和国名誉領事館 名誉領事・大使顧問 ケンタロ・オノ 氏
世界で一番早く朝日が昇るサンゴの島国“キリバス共和国”が今、海面の上昇などにより存亡の危機に直面しています。
仙台市出身で、わずか15歳のときに単身でキリバス共和国に移住し、日系人となった方から現地の暮らしや現状を聞き、私たちに出来ることを考えてみませんか。




■開催日時
4月7日(土)13時30分~15時30分

■講座タイトル
私たちとつながる島国~地球温暖化最前線国・キリバス共和国から考えること~

■講師
前キリバス共和国名誉領事館 名誉領事・大使顧問
一般社団法人日本キリバス協会 代表理事
ケンタロ・オノ 氏

■講座概要
世界で一番早く朝日が昇るサンゴの島国“キリバス共和国”が今、海面の上昇などにより存亡の危機に直面しています。
仙台市出身で、わずか15歳のときに単身でキリバス共和国に移住し、日系人となった方から現地の暮らしや現状を聞き、私たちに出来ることを考えてみませんか。

■募集人数/対象
40人 ※抽選、当選者にのみ3/31までにご連絡します

■申込締切
3月27日(火)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ネイチャーテクノロジー&木育ワークショップ 第3回 【オープンサロン講座】

たまきさんサロンスタッフです。

12月26日(火)に東北大学大学院環境科学研究科の古川柳蔵准教授をお迎えして、「ネイチャーテクノロジー&木育ワークショップ」と題したオープンサロン講座を開催しました。「作る」「修繕する」「作り替える」という過程を通して、実際に木と触れ合いながら、最後まで長く使い続けることの大切さを学んでいます。

7月に作ったまな板を10月に修繕しました。第3回目である今回は違う形に作り替えます。

第1回目の様子はこちら

第2回目の様子はこちら

今回は昔からの知恵を使って物を作り替えていきます。

 

先生からは、「まな板を材料として全て使い切るように」とのお話しがありました。

 

 

 

どんな形に作り替えるか、紙に下絵を描きだしながら、考えます。

 

 


形が決まったらまな板に鉛筆で下絵を描き、のこぎりで切っていきます。

 

 


手を切らないように慎重に…

 

 

 

 

上手に切れました!

 

 

 


切り口を紙やすりで削って整えます。

 

 

 


こちらの女の子は、接着剤でくっつけて小物入れを作りました。

 

 

 


他には、

上:ミニまな板

下:物掛け

 


ハンガー

 

 

 

 

他にもコースターや鍋敷きなどに生まれ変わりました。

3回連続の講座で、まな板を作り、使って傷がついたまな板を修繕し、新しい物に作り替えるという作業をしました。

この講座を通して物を繰り返し長く使うことの大切さを学びました。


 

 

 

 


 

 

 

 

 

古川先生、講師補助の三橋さん、参加者の皆さんありがとうございました。

 

 

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

せんだい環境学習館 たまきさんサロン

平 日 10:00~20:30

土日祝 10:00~17:00

休館日 月曜(月曜が休日の場合は、その翌日)祝日の翌日・年末年始

*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*‥*

カテゴリー: 過去の講座, 未分類, 役立つ話, 日々の話, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする