投稿者「たまきさん」のアーカイブ

発酵食とライフスタイル~味噌玉トリュフを作ろう~

11月26日(火)17時30分~20時30分
発酵食とライフスタイル~味噌玉トリュフを作ろう~
発酵食lab 代表 塩田 亜耶子氏
東京都市大学 教授 古川 柳蔵氏
昔から大切に作られてきた暮らしの知恵でもある発酵食について学び、心豊かなライフスタイルを考えます。楽しく簡単にできる味噌玉トリュフを作りましょう!





■開催日時
11月26日(火)17時30分~20時30分

■講座タイトル
発酵食とライフスタイル~味噌玉トリュフを作ろう~

■講師
発酵食lab 代表 塩田 亜耶子氏
東京都市大学 教授 古川 柳蔵氏

■講座概要
昔から大切に作られてきた暮らしの知恵でもある発酵食について学び、心豊かなライフスタイルを考えます。楽しく簡単にできる味噌玉トリュフを作りましょう!

■募集人数/対象
50人(18歳以上・お子様連れ不可)※抽選(当選者にのみ11/19までご連絡)

■申込締切
11月15日(金)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■主催
東北大学大学院環境科学研究科環境研究推進センター、たまきさんサロン

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

星を見る会。なんだけど、雨なんだよなぁ。


こんにちは!夏が終わったと思ったら一気にさむくなり、そんでまた台風が過ぎると暑くなる。今年はなんなんでしょうね?でも台風が強くなっているのは確実に温暖化の影響だとか。南の海水面の温度が上がっちゃうと、台風は強いまんま日本にやってきちゃうのです。とほほ。

今日紹介しますのは、毎年恒例ですね。星空を見て電気の大切さを知りましょう!節電キャンペーンの一環で開催してきました「星を見る会」ですが。。。天気は雨。が降り出しそうな降ってたり止んだりの、グズグズ天気なので、もう望遠鏡は組み立てることすらできないです。無念。

今回も講座を運営してくださるのは天文ボランティア「うちゅうせん」。講師は永井船長。そしてアシスタントのお二人が登場。

まずは地球の説明です。
直径はおよそ1.27万キロ。赤道のあたりが40キロほど大きい、微妙な楕円形をしています。なので、地球の中心から一番高い山を考えるとエベレストではなくボリビアのチンボラソ山が一番高くなってしまうとか。なんともスケールの大きな話。

そしてこの地球を国際宇宙ステーション(ISS)が毎日ぐるぐる周っています。1日に16周。90分で1周っています。

ISSは高度400キロを周っていますが、それってこの地球儀ではどれぐらいの高さでしょう?
「これぐらい?」

だいたいみんな、5センチぐらいの高さを指すのですが、本当は8ミリ。

ほんとうに、丸い地表のすぐ上なんですよ。

そして地球にはさらにお月様も周囲を回っています。
月は27.3日で地球の周りを一周回っています。だけど地球も太陽の周りを回ってます。なので、満月から満月の間は29.5日になります。

さて、お月様は我々の地球から一番近い天体です。平均距離38万キロあります。光の速度は秒速30万キロなので、だいたい1.3秒ぐらいの距離にあります。
その距離を、地球儀からの距離で示してみると、おおよそ9メートル。こんなに遠いんです。

太陽の距離はずっと遠く1億5千万キロあるので、8分30秒かかります。

これを飛球の大きさを30センチ(地球儀の大きさ)にして実際の惑星の位置を考えてみると、太陽と地球の間の距離は、いまいるサロンと藤崎デパートぐらい離れているんですね。

木星は亘理町。土星は山形。海王星なんか郡山で、準惑星になっちゃったけど冥王星は白河だって。考えられないぐらい遠いな。。。

こちらは明後日、9月30日ぐらいの星空です。秋の星座は目立って明るい星があまりないそうな。

天空には21個の一等星があり、我々が仙台で見られる1等星は15個。(北半球だから)春3個。夏4個。秋はたったのひとつで、みなみのうお座のフォーマルハウトです。
そして冬は7個もあるので賑やかですね。ですが、秋の星座は隠れた星座の物語がすごくある。これは後でね。

さて。ここで秋の星座を覚えてもらうために、ビンゴゲームを始めます。

9つの箱の中に秋の星座の名前を書いてね。そして3つ繋がったらビンゴです。

では、自分の運命は自分で決めよう!引いてひいて。

もう。すぐにビンゴの人が登場。賞品は星座カードです。

お。この子もビンゴ。

永井船長は黒板に9つの星座を選びました。
「書くのがめんどくさいので、短い名前だけ選びました」
そして実際に引いて出た星座の名前が右の赤い文字。こんなに引いたのに、2個しか当たってない。。。

さて。これからは秋の星座のお話を始めます(パチパチパチ〜)
くさりに つながれた おひめさま

あれ。これ何回もこの紙面で取り上げてるな〜なんていっちゃダメだよ。いいのいいの。楽しければ良いのです。

むかーし昔。ギリシャのある国に、とても美しいお妃様カシオペア様がいました。カシオペアにはアンドロメダという娘さんがいたのですが、特にアンドロメダは花のように美しいと言われていました
「ねぇアンドロメダ。女神たちがどんなに綺麗でも、私たちにはかなわないわねぇ」

ところがその言葉を海の女神は聞いていたんです。
「なんて生意気なんでしょ」そこで海の神様に懲らしめるようお願いしました。

それからというもの、海が荒れる。船が沈んでしまう。牛や馬がさらわれてしまう。災難ばかりおきます。

「あ〜どうしたらいいのだろう?」
国を治めているケフェウス王は、夜も寝ないで祈り続けました。
すると天の神様からの声が聞こえました。
「海の神に許してもらうには、お前の娘のアンドロメダをおばけクジラに差し出すしかないだろう」

あ〜私があんなことを言ったばかりに。とカシオペア。
「いいえ。私がおばけクジラのもとに行って国が助かればいいのです」

ついに姫は海の中の小さな岩に運ばれることになったのです。

アンドロメダ姫は、岩に鎖で繋がれました。冷たい風が吹き付けます。波の音も寂しいです。

そのときです。ヒラリ。ペガサスに乗った若者が舞い降りました。ペルセウスという若者です。
「一体何があったのですか?」

アンドロメダは今までのことを話しました。
すると、あ。おばけクジラがやってきました!

ガバッと開けた口。メラメラと燃える瞳。
凄まじい戦いが始まりました。
「えい!」ペルセウスは、とうとうおばけクジラの眉間に槍を突き刺しました。

姫。姫。よかった助かったのですね。良かった。
ペルセウス殿。私の娘を助けてくれてありがとう。

ペルセウスは言いました
「よろしければ、美しい娘さんを私の妻に迎えたいのですが。」
「あなたは私の娘を助けてくれた。国も救ってくれた英雄だ。私の娘も国もあげよう。」
国にやっと平和が戻ったのです。

それからなが〜い年月が過ぎました。
ペルセウスとアンドロメダは星になりました。
真ん中の白いところは天の川です。どこに居るのでしょうね?

星座はこんな感じ。これが秋の星座の大きな物語。

ペルセウスとアンドロメダは並んでいます。お妃のカシオペアと、ケフェウス王。ペガサスと、おばけクジラもいますね。ギリシャの人のイメージはこんな感じだったんです。

昔の人は、ちょっと一等星の少ない秋の空を見上げて、こんな素敵なお話を考えてくれたのかもしれません。これでお話は終わりです。

最後にちょっと話です。
宮城大学におられた天文の先生のお言葉です。
人間の知識って球なんです。生まれた時は小さな丸ですが、いろいろ学ぶと大きくなります。

この丸の外は何?知らないことです。
知識がどんどん大きくなると、その接している外側はさらに増えていく。

解ることが多くなると、わからないことが増えていくのが人間です。

質問がないことは恥ずかしいことなんです。知ってることがないってことなんです。みなさんは、今日いっぱい星の話を聞いたので、そんなことは絶対ないのです。何か質問をしてみましょう。

その柄杓についているのはなんですか?
「これは100円ショップで買ってきた柄杓に月の写真を貼りました。これ3本目なんです。」

わたしには、このお月様の顔が女性の横顔に見えるんです。
いっかい見えてしまうと、もう女性の顔にしか見えないんです。

どうしたら、月とか星のこととかに詳しくなれるんですか?
「それはまず、好きになってください」

好きになると、目がそっちにいくんです。知ろうという気持ちが強くなるんです。好きなことに、みなさんいっぱい関心持ってください。覚えようという前に好きになってください。

では、今日はこの悪天候にかかわらず、ほとんどの方が参加してくれました。
来てくださってありがとうございます。また、星を見る機会を作りたいと思いますので、その時はまた参加してください。
パチパチパチ〜。

カテゴリー: 省エネ, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

環境フォーラムせんだい2019 知って得する環境学習~新しい時代!環境をもっと身近に感じよう~を開催します

環境フォーラムせんだいは、市民、NPO、大学、行政などの多彩な仲間で開催するイベントです。環境に関するパネル展示やクイズ、ゲームなどを楽しみながら、地球にも人にもやさしい暮らしについて一緒に考えてみませんか?
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

日時:令和元年12月7日(土)12:00~17:00

場所:せんだいメディアテーク 1階オープンスクエア

内容:環境団体や学生、市民有志による環境について学ぶことができるパネルや作品の展示、手作り体験、ゲームなど(21ブース出展予定)。

主催:杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)

共催:仙台市、仙台市教育委員会

企画・運営:環境フォーラム2019実行委員会
※入場無料(申込不要です。直接会場へお越しください)

ステージイベント(予定)

12:00~ 開会宣言
12:10~ 環境おたのしみ○×ゲーム~パート1~
12:40~ 出張!たまきさんサロン講座
13:30~ 第19回環境甲子園 表彰授与式
14:30~ 環境おたのしみ○×ゲーム~パート2~
15:00~ DVD上映「川村孫孫兵衛と四ツ谷用水」
15:30~ 環境おたのしみ○×ゲーム~パート3~
※「かんきょうおたのしみ○×ゲーム」は景品もあります

イベントチラシのダウンロードはこちら(PDF)

お問い合わせ先
FEEL Sendai事務局(仙台市環境局環境共生課内)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12 MSビル二日町5階
電話 022-214-0007

カテゴリー: 環境フォーラムせんだい | コメントする

第10回気象サイエンスカフェ東北

11月16日(土)14時00分~16時00分(開場 13時30分)
「第10回気象サイエンスカフェ東北」
~わが町の気候変動 どうやって予測する?~
日本気象学会東北支部、日本気象予報士会東北支部
気象サイエンスカフェは、参加者がテーブルを囲み、一つのテーマについてファシリテータを中心に、専門の人を交えて和気あいあいと語り合い、楽しく理解を深めることができるイベントです。今回はファシリテータに東北大学大学院理学研究科の 山崎 剛 教授を迎えて、地球温暖化に関するテーマについて開催します。





■開催日時
11月16日(土)14時00分~16時00分(開場 13時30分)

■講座タイトル
「第10回気象サイエンスカフェ東北」
~わが町の気候変動 どうやって予測する?~

■講師
日本気象学会東北支部、日本気象予報士会東北支部

■講座概要
気象サイエンスカフェは、参加者がテーブルを囲み、一つのテーマについてファシリテータを中心に、専門の人を交えて和気あいあいと語り合い、楽しく理解を深めることができるイベントです。今回はファシリテータに東北大学大学院理学研究科の 山崎 剛 教授を迎えて、地球温暖化に関するテーマについて開催します。
詳しい内容は、チラシをご覧ください。
参加無料です。お茶やお菓子をつまみながら、気軽に語り合いませんか?

■募集人数/対象
30人(中学生以上)※抽選(当選者にのみ11/9までご連絡)

■申込締切
11月6日(水)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

歩くひと~歩くことで見えてくること~

10月27日(日)13時30分~15時30分
歩くひと~歩くことで見えてくること~
東京スリバチ学会 会長 皆川 典久氏
青葉山八木山フットパスの会 内山 隆弘氏
NPO法人みちのくトレイルクラブ 事務局次長 板橋 真美氏
海や山といった自然の中や街なかを歩くことで得られる新たな発見や出会いの魅力を、『歩き』の入門編としてそれぞれの達人たちから教わります。





■開催日時
10月27日(日)13時30分~15時30分

■講座タイトル
歩くひと~歩くことで見えてくること~

■講師
東京スリバチ学会 会長 皆川 典久氏
青葉山八木山フットパスの会 内山 隆弘氏
NPO法人みちのくトレイルクラブ 事務局次長 板橋 真美氏

■講座概要
海や山といった自然の中や街なかを歩くことで得られる新たな発見や出会いの魅力を、『歩き』の入門編としてそれぞれの達人たちから教わります。

■募集人数/対象
140人(小学生以下は保護者同伴)

■申込締切
10月23日(水)

■会場
東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館 大講義室

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

〈三陸世界〉を考える~災害と向き合う暮らし~

10月19日(土)13時30分~15時30分
〈三陸世界〉を考える~災害と向き合う暮らし~
講師 宮城教育大学 准教授 山内明美氏
歌津町払川集落、戸倉地区水戸辺鹿子躍などの事例を参照しながら〈三陸世界〉で暮らす人々が、自然とどのような関係を築いてきたのかについてお聞きします。





■開催日時
10月19日(土)13時30分~15時30分

■講座タイトル
〈三陸世界〉を考える~災害と向き合う暮らし~

■講師
宮城教育大学 准教授 山内明美氏

■講座概要
宮城県南三陸町は、東日本大震災で7割被災した津波多発地域のひとつです。リアス式海岸の漁村や陸で暮らす人々は、どのように繰り返す災害と向きあってきたのでしょう。この〈三陸世界〉が継承してきた「生きる技術」とはどのようなものでしょう。歌津町払川集落、戸倉地区水戸辺鹿子躍などの事例を参照しながら〈三陸世界〉で暮らす人々が、自然とどのような関係を築いてきたのかについてお聞きします。

■募集人数/対象
42人(小学生以下は保護者同伴)

■申込締切
10月16日(水)※申込締切を延長しました。

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

TALK Bio-diversity~アート×生物多様性~

10月13日(日)14時00分~16時00分
TALK Bio-diversity~アート×生物多様性~
講師 美術家 佐々瞬氏
秋田公立美術大学 准教授 石倉敏明氏
せんだいメディアテークの「TALK」シリーズとのコラボ企画。
生きものを食べるという行為から、生きもの同士の繋がりや生きものとの関わり方について考えます。





■開催日時
10月13日(日)14時00分~16時00分

■講座タイトル
TALK Bio-diversity~アート×生物多様性~

■講師
講師 美術家 佐々瞬氏
秋田公立美術大学 准教授 石倉敏明氏

■講座概要
せんだいメディアテークの「TALK」シリーズとのコラボ企画。
生きものを食べるという行為から、生きもの同士の繋がりや生きものとの関わり方について考えます。

■募集人数/対象
40人(小学生以下は保護者同伴)

■申込締切
10月12日(土)※申込締切を延長しました。

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

クマ・イノシシ対策講座~生態を正しく学び被害を未然に防ごう~

8月24日(土)に『クマ・イノシシ対策講座~生態を正しく学び被害を未然に防ごう~』と題したサロン講座を開催しました。

野生鳥獣の生態や対策などについて、県内外で指導や講演をされている「㈱地域環境計画 小野 晋氏」と「(一社)サスティナビリティセンター 相澤 あゆみ氏」の2人を講師にお迎えして、ツキノワグマとイノシシの生態と出遭ってしまった場合の対処法などについて教えて頂きました。

まずはツキノワグマについてのお話からスタートです。

初めに、今年の8月以降、泉区の水の森公園周辺で出没が相次いでいたクマについての説明がありました。
夏は山中にクマのエサとなる食べ物が少なくなるとともに、クマが繁殖期を迎えるため、エサとパートナーを探して歩き回るうちに、高速道路沿いの細い樹林帯などを通って、水の森公園や住宅地の周辺まで入り込んでしまったと考えられるとのことです。

ニュースなどでも取り上げられている話題とあって、参加者の皆さんも集中して耳を傾けます。

時折、身振り手振りを交えながら、小野さんよりクマの生態や、クマに出遭ってしまった場合の対処法などの説明が続きます。

《クマの生態について》
クマは植物食中心の雑食性で、春は山菜、夏はヤマザクラの実やアリなどの昆虫、秋は栗やドングリなどを食べています。
野外でクマが残す痕跡は、足跡やクマ棚、クマのフンなどがありますが、中でも、クマのフンは、クマの消化器官が肉食獣に近いため、食べた物がうまく消化されずに、食べた物のにおいがそのままするそうです。

《仙台市内における近年の出没状況》
クマの出没は通常であれば、山中のエサが少なくなり、クマの繁殖期である夏に多くなりますが、秋のクマの主要なエサであるドングリなどの堅果類が不作になると、エサを求めたクマが人里近くに出没を繰り返すことがあるそうです。
過去には、平成28年度にドングリなどの堅果類が不作になり、秋以降もクマの出没が相次ぎ、5件の人身事故が発生しています。

《出没の要因と対策》
クマが人里に出てきてしまう要因として、クマの生息域と人間の生活域の境界線があいまいであることが挙げられました。
対策としては、藪地の下草を刈って見通しを良くすることや、果樹の幹にトタンを巻いたり、畑全体を電気柵で囲うなどの防除策が重要とのことです。

《クマに出遭ったらどうするか?》
万が一、クマに出遭ってしまった場合には、、、
・大声を出さない(クマを興奮させない)
・走らない、背中を向けない
・ゆっくりと後ずさりしてその場を離れる
以上の対処法をとると良いそうです。
とはいえ、まずはクマに出遭わないようにすることが重要なので、仙台市のホームページで出没状況を確認したり、クマ鈴やラジオを携帯するといった対策をしっかりとしましょう!

質疑応答と休憩を挟んで、イノシシについてのお話が続きます。

イノシシもクマ同様、近年、里山だけでなく住宅地周辺にも出没することが増えていて、農業被害も年々深刻化してきています。

講師の相澤さんから、イノシシの生態や対策などについて学びます。

《イノシシの生態》
イノシシもクマと同じで、植物食中心の雑食性です。
クマとは異なり、冬も冬眠せず活動するため、冬の間は土を掘って根茎を食べているのだそうです。
性格はとても臆病なため、人間が活動していない時間帯に行動する習性があるようです。
また、イノシシの対策として、ワイヤーを使ったメッシュ柵がありますが、強靭な鼻を持つイノシシは少しの隙間があると、そこから鼻先を突っ込んで柵を持ち上げてしまうため、柵を設置する際は注意するようにアドバイスがありました。

《対策の基本的な考え方》
イノシシの被害への対策として、「環境整備」と「被害防除」、「個体数管理」の3点を挙げた相澤さん。中でも、「環境整備」と「被害防除」にもっと目を向けて力を入れてほしいと話します。
個体数管理に力を入れて、イノシシをたくさん捕獲しても、イノシシが再び出没しないように、下草刈りやメッシュ柵・電気柵の設置と適切な管理を並行して実施しないと意味がなくなってしまうのです。

《万が一イノシシに遭遇してしまったら》
こちらもクマと同様に、出遭わないようにすることが1番だとしたうえで、、、
・刺激しない、近づかない(ウリボウにも!)
・騒がずにゆっくりと後ずさりして距離をとる
・車の場合はクラクションを鳴らして様子を見る
以上の対策を挙げられました。

クマとイノシシの講座はここまでですが、同会場でクマの生態等に関する企画展「仙台とクマ展」が同時開催されていて、参加者の方々は実物大のクマのパネル等の展示物を見ていかれました。
※企画展は8月29日までで終了しています

講座で学んだ知識を活かしてクイズに挑戦する参加者の姿も見られました。

私たちも、野外で突然クマやイノシシに出遭ったら、、、と想像すると怖いですが、それはきっとクマやイノシシにとっても同じで、突然人間に出遭って怖い思いをしているはず!

彼らの生態や行動、出遭ってしまった場合の対処法などを正しく学んで、お互いが適切な距離を保ち、「共生」していけるといいですね。

講師の小野さん、相澤さん、スタッフの皆さん、参加者の皆さんありがとうございました。

カテゴリー: 取材, 環境, 環境講座, たまきさんブログ | コメントする

勾当台市民広場でエコフェスタ2019がやってるよ!

熱いですね〜でももう9月。気持ちのいい日曜日!勾当台市民広場でエこフェすタが開催中だよ。

街の剪定した木や給食の残滓でつくった肥料も配ってるよ。

ここがシャレにならん。マニアックなコミックもあるし、宝の山!掘ってると仕事にならないので逃げてきました。

E-Actionブースもあるよ。

e-NV200もきてるよ。

これ何やってんの?

プラスチックのリサイクル工場のVR映像だって。

ステージもあるよ〜。15時まで!

カテゴリー: 取材, 環境, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

秋の星を探してみよう!

9月28日(土)18時00分~19時45分
天文ボランティア うちゅうせん 代表 永井 秀男氏
土星や木星などの星について学んだ後、天体望遠鏡を使って星空を観察します。満天の星空を見ながら普段の電気の使い方について考えてみませんか?





■開催日時
9月28日(土)18時00分~19時45分

■講座タイトル
秋の星を探してみよう!

■講師
天文ボランティア うちゅうせん 代表 永井 秀男氏

■講座概要
土星や木星などの星について学んだ後、天体望遠鏡を使って星空を観察します。満天の星空を見ながら普段の電気の使い方について考えてみませんか?

■募集人数/対象
小学生以上の子どもと保護者 15組 ※抽選(当選者にのみ9/21までご連絡)

■申込締切
9月18日(水)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする