投稿者「たまきさん」のアーカイブ

今日も暑いねぇ〜。七北田公園で新緑祭!

GWウィークが近づくと、仙台は急に各所でイベントが開催されるようになって、だいたい年内いっぱいどこかでお祭りがやっているだなぁという印象ですね。
昨日〜今日と開催のアースデイに引き続き、みどりの月間にちなんだ緑のイベントです。「新緑祭」が七北田公園で本日3時まで開催です。


郡市長の開会の挨拶にて、青葉城址のすぐ下。青葉山公園に(仮称)公園センターができるんだって。それは驚き。


続いて、昨年度1年間に仙台市の緑化に貢献された方への「緑の功労賞」の授与式もありました。


では会場見物。われらがE-Action実行委員会は、お庭の緑化に使える肥料と花の種の無料配布を行っています。


数に限りがあるから、早めにもらいに来てね。
ゆるーりゆるりとお配りしています。


日産サティオ宮城さんがE-Action号持って来て、EVのデモンストレーションしてますよ。


メロンさんとこは木工細工の体験などですね。


この仕掛けは、積み重ねた木の端っこをビー玉が落っこちるんだって。これは面白いね。


ねこのバスの記念撮影会。なんかちょっとこわいんだって。


松ぼっくり釣り。これがなかなか引っかからなくって苦労してました。


お花の販売コーナーに。


木工コーナーですね。
これはいま巣箱を作っているんですよ。出来た巣箱は持ち帰ることができるので、庭先で野鳥見物ができるようになるね。


こっちはお部屋の飾りとか作っているのかな?


まだまだ工作コーナーに、写真の展示に体験コーナー。いろいろあるし、さらに飲食の屋台も来ているから、是非とも遊びに来てね。
本日(22日)3時まで開催です。

カテゴリー: 取材, 日々の話, 環境, E-Action, イベント, たまきさんブログ | コメントする

速報板。今週の土日は錦町公園でアースデイ東北 2018だよ。

今週末は、すっごく天気が良いのだよ。
新緑も綺麗だし、環境のことちょっと考えつつ、街へ繰り出してみよう。
速報板で、錦町公園で開催されてるアースデイ東北 2018です。なので、ちょい雑だけどガマンしてね。


こちら入り口にあった、食器洗い機って。。。


ロケットストーブでお湯作って、熱交換器は10メートルの金属パイプだって。すっごいな。


丸森の南、筆甫からへそ大根のPRに来てました。大根抜きに行ったなぁ。


こちらの職人さんは、陶器のバスタブ職人さんだって。でも今日は足湯です。


暑いので〜、かき氷が食べたい。


尚絅学院大学環境活動サークルFROGSと東北工業大学環境サークルたんぽぽの皆さんです。ご苦労様です。


ひつじだねぇ。
羊だ。


ライブもやってます。


この電気は、ソーラーパネルで作ってます。すごいですね。


工房零さんとこは、ピザ焼いてました。あとで食べたけどウマかった。


今日のイベントの飲食ブールの電気は、食用油から発電しているんだって。


ちょっと気が向いて取った写真1


ちょっと気が向いて取った写真2


もう18代目の農家さん。
どれぐらい前からなんですかって聞いたら、江戸初期だって。
え?じゃあ、政宗さんとあんまり変わんないじゃん。


暑いのでビール。やっほーい。


これ。宮城に味噌蔵って、こんなにあったのだなぁの図。


味噌汁の試飲もやってましたよ。


ってことで、アースデイ東北2018は明日の日曜日まで。土曜の晩(つまり今日)は、キャンドル灯してライブもやっているって。時間を見つけて遊びに行こう!とってもピースフルです。

カテゴリー: 取材, 日々の話, アウトドア, 環境, イベント, たまきさんブログ | コメントする

落語から環境問題を考える!たまきさんサロンかんきょう寄席

6月17日(日)13時30分~15時30分
落語から環境問題を考える!たまきさんサロンかんきょう寄席
東方落語プロジェクト 今野家がめら氏
思わず笑ってしまう東北弁の落語をとおして、現代の私たちの生活を見直すきっかけにしてみませんか。




■開催日時
6月17日(日)13時30分~15時30分

■講座タイトル
落語から環境問題を考える!たまきさんサロンかんきょう寄席

■講師
東方落語プロジェクト 今野家がめら氏

■講座概要
電気がない江戸時代、人々は梅雨の時期や暑い夏をどのようにして過ごしていたのでしょうか。思わず笑ってしまう東北弁の落語をとおして、現代の私たちの生活を見直すきっかけにしてみませんか。

■募集人数/対象
140人(小学生は保護者同伴) ※抽選(当選者にのみご連絡)

■申込締切
6月5日(火)

■会場
東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館 大講義室

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

八木山動物園に来たゾゥ

こんにちは〜。
ヒマな日曜日に、急に思い立ちまして八木山動物園に〜遊びに行ったもので、カメラがない。スマホで撮った画像でガマンしてケロ。
前々からリニューアル工事していたと知ってはいたんだけど、なんだか超綺麗になってましたね。
カバです。寝てます。いきなりカバ見てびっくりしました。「デカいな」と。
想像よりはるかにデカかったです。


キリンの広場も広くなってたのは知ってたけど、工事が終わるとサイの肩越しに見えたりするんですよね。アフリカってこんななのかな?


ゾウです〜。安定の人気者です。


バナナをもらってましたね。
ついでに健康診断したりするって。ふ〜ん。


コロンブスの帽子のような飾りのあるお猿さん。寝てるなぁ。


新しく開園したエリアでは、ヤギやヒツジに触れるよ。
ウサギも裏の建物にいたんだけど、なんせ人気者で行列ができてて。。。


トラ。もうこの様子はネコですね。
ゴロゴロ〜っと。
でも横っちょの掲示板を読んだら、いっぱいお子さん産んだ、おっかさんだそうです。


最後はラクダ。
ちょうど毛の抜け変わりの時期なので、ボロボロと絨毯がハガレ落ちるように抜けてます。
ちなみにメスラクダにちょっかい出しすぎて、怒られたあとのオスラクダ(左)です。



まぁ、そんなこんなで楽しかったんだけど、クルマで来た人が大渋滞起こしていた。
みんな〜。電車で出かけようね。
「どうしてもクルマじゃなきゃ。家の前には電車がないんだ」って人は、街中で車停めて、電車で移動すると早いよ。
じゃね。

カテゴリー: さもない話, 日々の話, たまきさんブログ | コメントする

平成30年度環境学習プログラムの体験を希望する学校等を募集します

 FEEL Sendai「杜々かんきょうレスキュー隊」事業により作成された環境学習プログラムの体験を希望する学校、保育所等を募集します。
 当プログラムは、杜の都仙台の特色ある自然環境や生活環境を活用して環境NPO等が作成したもので、環境教育導入のきっかけづくりや発展学習等に幅広くご活用いただけます。


1.募集・実施決定について

(1)募集締切
平成30年5月18日(金)

(2)募集対象
市内の小中学校、保育所等

(3)募集件数
70件程度

(4)対象プログラム
下記「杜々かんきょうレスキュー隊体験可能プログラム一覧」のとおり
※プログラムによっては、各学校等の状況等に応じて、内容を調整できる場合がありますのでご相談下さい。

(5)優先プログラム
プログラム一覧で「優先」の記載があるプログラムは、応募者多数の際に実施が優先されるプログラムですので、ご活用ください。

(6)応募可能件数
同一の対象者(児童生徒、幼児)につき1回限り
※学年やクラス等が異なれば、1校(園・所)から複数の応募も可能です。
※プログラムによって1回に対応可能な人数が異なります。
人数が多い場合(100名を超える場合等)はご相談の上、必要に応じて学年単位・クラス単位等に分けてお申し込みください。

(7)実施決定
応募者多数の場合は以下の基準により実施校を決定します。
①優先プログラム希望校、②過年度の実施件数が少ない応募校、③抽選

(8)決定通知
平成30年5月末頃に、応募校に対して結果を通知します。実施決定後は講師を務める団体と直接詳しい日程や内容について打ち合わせをしていただきます。




2.実施概要

(1)プログラム概要
体験的な学習が中心となっており、実践時間は1時間~半日程度で、授業やPTA行事等で活用できます。

(2)対象人数
10名~100名程度(プログラムにより異なります)

(3)実施日時
平成30年6月中旬~平成31年2月末までの期間で希望する日時
※講師の都合や自然条件により、日時を調整していただく場合があります。

(4)実施場所
教室、校庭、近隣の山・川等(プログラムにより異なります)

(5)費用
講師謝礼を含む実施費用は原則FEEL Sendaiが負担します。
※一部プログラムで費用徴収や材料等を準備いただく場合があります(詳しくは同封のプログラム集でご確認ください)。
※校外学習の場合の現地までの交通手段、会場使用料が発生する場合の使用料、傷害保険を掛ける場合の保険料は応募者でご用意ください。

(6)その他
本事業は、仙台市の講師謝礼金支援事業等、他の事業との併用はできません。




3.ご応募・お問い合わせ      
申込書により、下記まで郵送・FAX等でお申し込みください。

FEEL Sendai事務局(仙台市環境局環境共生課内)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12 MSビル二日町5階
電話 022-214-0007 FAX 022-214-0580

募集要項(PDF)
体験可能プログラム一覧(PDF)
申込書(Word)

カテゴリー: 杜々かんきょうレスキュー隊 | コメントする

この音、知ってる?~生きものの音をつかまえよう~

6月9日(土)9時30分~12時30分 ※雨天決行
この音、知ってる?~生きものの音をつかまえよう~
福島大学共生システム理工学類 永幡幸司 准教授
耳をすまして、身近な生きものの音を録音してみませんか。たくさんの生きものの音を探して生物多様性を感じましょう。




■開催日時
6月9日(土)9時30分~12時30分 ※雨天決行

■講座タイトル
この音、知ってる?~生きものの音をつかまえよう~

■講師
福島大学共生システム理工学類 永幡幸司 准教授

■共催
仙台市・わぉ!わぉ!生物多様性プロジェクト(ソニー(株)、(公財)日本自然保護協会)

■講座概要
耳をすまして、身近な生きものの音を録音してみませんか。たくさんの生きものの音を探して生物多様性を感じましょう。

■募集人数/対象
25人(小学3年生以上、小学生は保護者同伴) ※抽選(当選者にのみご連絡)

■申込締切
5月29日(火)

■会場
たまきさんサロン(東北大学青葉山新キャンパス環境科学研究科本館)

■お申し込み方法
メールまたはハガキ、FAXでお申し込みください
必要事項:必要事項:講座名、参加者氏名、年齢、住所、電話番号

■問い合わせ・申し込み先
せんだい環境学習館たまきさんサロン
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1
メール:tamaki3salon@city.sendai.jp
電話 022-214-1233 FAX 022-393-5038

カテゴリー: サロン講座 | コメントする

ヨシ燃料ができました!

ウグイスやヒバリがさえずり始め、春らしくなってきましたね!せんだい農業園芸センターでは、梅が見頃を迎えているようです♪

さて、今回は、「ヨシ燃料」の配布のご案内です!平成30年2月3日に開催した「ヨシ原をめぐる生きもの達とあなたの物語」では、多様な生きもの達が生息するヨシ原を維持するため、市民の皆さんと一緒にヨシの刈り取りをしました。


刈り取ったヨシも大切な資源、ただ焼却してしまうのではもったいない!ということで、薪ストーブや野外の炊き出し等に使用可能なヨシ燃料(東北工業大学 山田研究室 技術監修)を作成しました。ちなみに、燃料の右にあるのは、ヨシ原で子育てするオオヨシキリの巣、燃料の上に乗っているは、そのオオヨシキリに托卵するカッコウ(の人形)。


暖炉で実際に使っている様子がこちら!薪に比べると、燃焼時間はずっと短いけれど、ちゃんと燃える燃える!


使ってみたい!という方に、配布しますので、詳しくはチラシをご覧ください!

チラシダウンロード>>ヨシ燃料、使ってみませんか?

カテゴリー: 生きものこぼればなし | コメントする

平成30年度せんだい環境ユースカレッジ参加者を募集します

若い世代が集まって、自然や地域の中でも活動や環境イベントへ参加する「せんだい環境ユースカレッジ」では、今年も参加者を募集します。
環境について楽しく学び、体験しながら、いろいろな方とのつながりも広がります。
同じ関心を持った仲間たちと一緒に活動できるこの場を、ぜひご活用ください。

対象:仙台市内に在住または通勤・通学している、おおむね18歳~30歳代の方
定員:20名程度
申込み方法:「参加申込書」または同内容を記載したEメール等でお申込みください。
(郵送、Eメール、FAX、持参、いずれでも可)

申込み〆切:平成30年6月8日(金)
※定員に満たない場合は募集を延長します(延長のお知らせはホームページに掲載します)

※詳しくは募集案内(PDF)をご覧ください

募集案内(PDF)
申込書(Word)

○参加の際の注意事項
・主な活動期間は6月~12月(月に1回程度を予定)です。
・活動には原則として毎回参加していただきます(1年目のみ)。
・1年目の活動終了時に、修了証を交付します(参加回数が著しく少ない場合には、修了証を交付できない場合があります)。
・修了後は、辞退される場合を除いて2年目以降も活動にご参加いただけます。
・体験にかかる参加費、食費、交通費などは原則自己負担となります。ただし、リスク回避を目的としたボランティア保険などについてはFEEL Sendaiが負担します。
・活動の内容、日程は変更になることがありますのでご了承ください。

お申込み・お問い合わせ先
FEEL Sendai事務局(仙台市環境局環境共生課内)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12MSビル二日町5階
電話 022-214-0007 FAX 022-214-0580
E-Mail  feel_sendai@city.sendai.jp

カテゴリー: ユースカレッジ, 未分類 | コメントする

未来プロジェクトin仙台 企画・実施団体を募集します


環境に配慮した行動を広げる取り組みを企画し、実施する団体を募集します。

○募集部門
・環境の芽部門…環境に関する小さな活動を行う企画(委託額上限1件5万円)
・環境の樹部門…市民・NPO団体・行政などが協働で広げていくことができるような、環境に関わる取り組みを行う企画(委託額上限1件30万円)

○対象
平成31年2月末までに企画を実施できる、市内を中心に活動する団体
※政治・宗教・営利活動を目的としたものは対象外です。
※その他の要件等、詳細は募集要項をご覧ください。

○募集数
各部門1~2団体

○事業説明会
未来プロジェクトin仙台の事業趣旨・概要・応募方法等に関する説明会を実施します。応募をお考えの方は必ずご出席ください。事業に興味のある方もぜひお越しください。
日時:平成30年4月26日(木)18:30~19:30
場所:仙台市環境局4階会議室(青葉区二日町6-12MSビル二日町4階)
※当日の出席が難しい場合は事務局で個別に説明しますので、応募をご検討の場合はお早めにご連絡ください。
○応募方法
応募用紙に記入のうえ、必要書類を添えて、杜の都の市民環境教育・学習推進会議事務局(仙台市環境共生課)あて、持参または郵送でご提出ください。
応募締切:平成30年5月21日(月)(必着)

ダウンロードはこちらから
未来プロジェクトin仙台募集要項
未来プロジェクトin仙台応募用紙

カテゴリー: 未来プロジェクトin仙台 | コメントする

FEEL Sendai 第8期委員を募集します

現在の環境問題は、私たちの生活スタイルや社会のあり方と深く関わっており、私たち一人ひとりが生活のあらゆる場面で環境に配慮し、行動していかなければ解決することができません。
FEEL Sendaiは、持続可能な社会を作っていくために、市民が環境に配慮した行動をとる人となることを目指し、家庭・地域・学校・NPO・事業者・行政等あらゆる主体とのパートナーシップを構築し、環境教育・学習を推進している団体です。
今回、第8期(平成30年5月24日~平成32年5月23日)の委員を募集いたします。環境教育・学習に関心・意欲のある方、みなさまのご応募をお待ちしています。

○募集概要(詳しくは下記の募集要項をご覧ください)
1.応募資格
〈団体委員〉
・FEEL Sendaiの趣旨に賛同し、環境教育・学習の普及・推進に携わる団体で、原則として夜間(18:30~、仙台市環境局内会議室等)に開催する会議に出席できる方。
〈個人委員〉
①FEEL Sendaiの趣旨に賛同し、環境教育・学習の普及・推進に意欲のある20歳以上の方。
②仙台市内に居住しているか、または通勤・通学・主な活動地域が仙台市内である方。
③原則として夜間(18:30~、仙台市環境局内会議室等)に開催する会議に出席できる方。

2.任期
平成30年5月24日から平成32年5月23日(2年間)

3.応募締切・応募方法
平成30年4月13日(金)(必着)までに応募用紙を下記応募先までご提出ください。

募集要項(PDF)
応募用紙(Word)

ご応募・お問い合わせ先
仙台市環境局環境共生課(FEEL Sendai事務局)
〒980-8671仙台市青葉区二日町6-12MSビル二日町5階
電話 022-214-0007/FAX 022-214-0580

 

カテゴリー: FEEL Sendai | コメントする