月別アーカイブ: 2016年1月

地下鉄東西線 国際センター駅でイベント「地下鉄に乗って、星空と武将隊に会いに行こう」を開催したよ。

20160116星空を見る会01

地下鉄東西線が開業して、ひと月(チョット)経ちましたね。せんだいE-Action実行委員会では、東西線の開業に合わせて何かイベントができないものかと、せんだいE-Action×WE WEEKSライトダウンキャンペーン・イベント「地下鉄に乗って、星空と武将隊に会いに行こう」を、地下鉄東西線の国際センター駅2階の多目的広場で開催することにしました。


20160116星空を見る会04

冬は星空を。。。。。曇ってますね。なんせこの日は、朝から雪。まだ曇っているだけマシかぁ。


20160116星空を見る会05

お空晴れないかなぁ〜。国際センター駅って2階のテラスから広瀬川を渡ってきた地下鉄車両が見られるんですよね。う〜ん。晴れて欲しい(いつもの晴れろ念力)。


20160116星空を見る会06

では、場所を変えまして二階多目的広場。支倉常長様の案内で、伊達成実様、片倉小十郎重長様の登場です。


20160116星空を見る会44

しかし。。。すごいお客さんで満席。今回は夜のイベントなんだけど。


20160116星空を見る会07

今日は皆に、普段どれだけ電気を使っているかを学んでもらおうと思う。あわせて宇宙のこと、光害についても学んでもらおうと思うので、講師を呼んでおる。


20160116星空を見る会08

天文ボランティア「うちゅうせん」船長の永井さん。どうぞ!


20160116星空を見る会09

やぁ。みなさんこんにちは。天文ボランテイアで、星空のことなどを紹介しています。
——永井さん。もう何回もブログでは登場してくださってますけど。やはり光害のお話は大切です。


20160116星空を見る会10

まずはお空を見上げて、国際宇宙ステーションのお話です。地表から400kmの距離で地球を回っていますが、それを30センチの地球儀で例えるなら、どれぐらいの高さになるでしょうか?


20160116星空を見る会11

「7〜8センチ?」
「ぶぶー」
「3〜2センチ?」
「惜しい!」


20160116星空を見る会13

「1センチ?」
「ほぼ正解。地球が30センチなら、ISSは8mmのところを、地球1周を1時間半で、1日16回、回っています。」


20160116星空を見る会14

では、それより大きな月。こちらはどれぐらいの距離で回っているでしょう?


20160116星空を見る会15
「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」9メートル。
地球からは距離にして平均距離38万キロ。月はこんな遠いところを、29.5日に一周のペースで回っています。


20160116星空を見る会16

今の暦は太陽を基本にしている太陽歴なので違いますが、月の満ち欠けをが基本の太陰暦では「大の月の30日」と「小の月の29日」を組み合わせて29.5日でちょうど勘定を合わせています。そして明日は半月。上弦の月となります。


20160116星空を見る会38

ちなみに月は、同じ時間なら昨日と今日では12度ぐらい位置が動きます。そして星空は15度ぐらい。
その15度って、ちょうど手を伸ばしてゲンコツを握り、親指の先と小指の先の間隔の角度が15度ぐらいだって。ちなみにゲンコツは10度ぐらい。


20160116星空を見る会37

でもその15度って、大人と子供では手の大きさが違うから角度が合わないと思うでしょ!ところが
「身長が違えば手の長さも違うから、だいたい一緒」
だそうです。


20160116星空を見る会17

では、続いて光害のお話をしたいと思います。光の害と書いて「ひかりがい」聞いたことのある人?
ほとんどいらっしゃいませんね。


20160116星空を見る会18

光害とは、人間活動で発生した不要な光が空を明るくする害のことで、天文観測に影響があるのはもちろん、動物や植物などの生態系に混乱をきたします。
特にアメリカやヨーロッパ、日本など工業化した国で顕著です。


20160116星空を見る会24

例えば人工衛星から地球を見てみますと、日本全体が明るいです。日本と韓国のあいだ。そして三陸沖の地面のないところも明るいのは、魚を獲るためのための集魚灯の灯りです。


20160116星空を見る会25

中国と韓国の間が暗いのは、北朝鮮です。首都の平壌以外はエネルギー事情が良くないので、灯りは写っていません。
このように、人間活動の活発なところでは、光が宇宙にまで漏れ出しているのです。

20160116星空を見る会26
では、東日本大震災前後の写真を見比べてみましょう。

20160116星空を見る会27
2011年3月10日の仙台市の写真です。


20160116星空を見る会28
それが、2011年3月11日の夜には、仙台市の大半の地域で明かりが消えています。


20160116星空を見る会29
永井さんは、震災直後はすることもなし。津波が来ているなどの情報もなかったので、ご自宅の前に望遠鏡を出して天体観測をしてみました。すると。。。明かりのない仙台市内からはオリオン大星雲が撮影できました。
———-さて、永井船長のお話もそろそろおしまいです。天体観測も気になってきましたし、ちょっと外に出てみましょうか?

20160116星空を見る会32

あれ?どうですか??お空の具合は。なんだか雲が薄くなってきている気がするのですが。。。
「はい。雲が流れて、星が見えるようになってきました。」


20160116星空を見る会33

なんとなんと。願いと祈りと神通力が通じましたね!イベントというと晴れますね〜。


20160116星空を見る会34

空気が冷えると大気の揺らぎが小さくなる。すると、星空の観察には抜群の条件になるのですよ。
なにが見えていますか?
「月」「オリオン大星雲」「昴」
雲の間に間に星空を見ていたら、あれ?本当に全天の雲が取れてきました。


20160116星空を見る会35

仙台市の特徴ですね。海が近いので、どうしても日没直後や日の出後は霞が出るようで。
そして足元には。。。。光。


20160116星空を見る会36

さてさて。気を取り直してイベントの取材に戻りますか。
みやぎ環境とくらしネットワークメロンさんのブースでは、エッグキャンドル作りをしています。


20160116星空を見る会20

たまごの殻にお気に入りの絵を描いてください。すると、ちょっと良い雰囲気のキャンドルが出来上がるので、お部屋の電気を消して小さな明かりを楽しみましょう。


20160116星空を見る会21

続いてドライビングシミュレータでエコドライブの実践です。
僕も試したことがあるけど、ふんわりアクセルって、ただのんびりアクセル踏んでいればいいのではないんですよね。例えば上り坂では重い車体を持ち上げるためにしっかりアクセルを踏まないと、かえって燃費が落ちてしまったり。要は学ぶってことですよ。


20160116星空を見る会22

宮城学生ボランティアユニオンさんは、正月的当てと称して、割り箸リサイクルのゴム鉄砲作りの講座も開いてました。そうなんです。子供は工夫の天才だから、その辺の物で遊べるんです。なんでゲームばっかになっちゃったんだろうな?


20160116星空を見る会23

「ペコ!」あ。当たった!


20160116星空を見る会39

なんてぐるぐる歩いていたら、なんか後ろの方の雰囲気が。。。あ!小十郎様がエッグキャンドル作りに挑戦。


20160116星空を見る会40

あまりに集中していて、周りの空気が。。。


20160116星空を見る会42

支倉様はうちエコ診断に挑戦中。


20160116星空を見る会41

こちらは盛り上がってます。重実様のエコドライブシュミレータ。
馬だけでなく免許持ってたんですか?


20160116星空を見る会02

なかなか近代の遊びも楽しいとのようです。


20160116星空を見る会43

ってことで、国際センターでのイベントも大盛況のうちに終了です。
帰りには上弦の月が見えました。僕?双眼鏡で見ていたよ。星空は望遠鏡だけではなく、双眼鏡でも十分に楽しめます。
せっかく空気の澄んでいる冬。ちょっと厚着して、外に出て星空観察をしてみてはいかが?(VixenのラジオCMの受け売り)
じゃあ〜またね。

カテゴリー: 取材, 省エネ, アウトドア, E-Action, 環境講座, イベント, たまきさんブログ | コメントする

ブログで毎年恒例の「どんと祭」に行ってきました。今日は大日如来へ

201614どんと祭10

毎年恒例ですね。どんと祭の時期がやってきました。
大崎八幡では凍りつく空気の中を裸参りをする人々。う〜む仙台は凄い街だなと関心しきり。そして昨年は東照宮に行きましたね。
さて、今年はどこに来たでしょう?いつも同じところでは写真的にもね。


201614どんと祭01

ま。まずは出発前に、どんと祭でお焚き上げにくべる松飾りや熊手の準備。え?そんなものいるのかって?


201614どんと祭02

まぁ、気持ちの問題なんだけど。今時の熊手とかって飾りの一部にプラスチックが使われているから、お焚き上げで燃やすとダイオキシンの発生源になっちゃうんだよね。なので外しちゃいました。神様もわかってくれるでしょう!
(そしたら、だいだいも外すんだってね。火の中で爆発してました。。。すみません)


201614どんと祭04

さてさて、やってきましたのは一番町の大日如来!
ここは「ひつじ」と「さる」の守護神です。さよなら未年。こんにちは申年。こりゃ、ちょうどいいですね。


201614どんと祭05

お!さっそく燃えています。街のど真ん中で「どんと祭」煙は大丈夫なのかな?ま。一年に一回だし。


201614どんと祭06

消防団の方が火勢を調整しています。後ろにある防火シートは植木の保護をしているんですね。


201614どんと祭07

さて。僕の松飾りを「ほい!」って投げ入れたら、コロコロコロコロ僕のだるまが出てきました。
そして炎に向き合ったままじっと佇む。かっこいい!


201614どんと祭08

「ふむふむ。頑張るだるまさんだな」
ちょっとイケメンな猿でした。


201614どんと祭13

羊も炎で温まっていますね。ヌクヌクです。


201614どんと祭12

人は途切れなくやってくる。


201614どんと祭09

炎に投げ入れると、あとは温まって。


201614どんと祭11

お参りです。あれれ?ここはお寺さん?神社?
如来は仏教で釈迦のことだそうですが、日本では江戸時代からお寺と神社の境がありませんでした。なんでも取り入れてしまう柔軟さが、日本の面白いとこですよね。


201614どんと祭14

お焚き上げ。後ろは外資系高層ホテル。
こんなところにもゴチャ混ぜ感が。


201614どんと祭03

外に出てみると。。。消防車が待機しています。ありがとうございます。
ではでは。

カテゴリー: 未分類, 取材, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

東北学院大の学生さんが、星空で仙台ロフトの売り場を飾ったよ

201612LOFT産学03

本日の取材先は、仙台駅の真ん前。仙台ロフトです。
仙台ロフトさんでは4階の売場の一角を「産学連携」の事業に提供して、学生さんに商品展示の企画から実際に販売する売場の設置まで作り込んでもらっているそうです。
なになに?「天体観測スタート企画」
冬の寒さも今週に入ってから一気に強まってきましたし、確かに星空観察にはだんだんと向いてきましたね〜。


201612LOFT産学06

学生さんに売場の発案や企画をお願いすると、まさに若い人のリアルな声が聞けるのだそうです。旅行関連の企画をお願いしたら「飛行機」でもなく、「新幹線や電車旅行」でもなく、長距離バスのアイデアが出てきたそうです。
こういうアイデアは社会人になるとなかなか出てこないそうで、連携の良さが光ったそうです。
ちなみにPOPのイラストも学生さんが用意してくれています。
「ブルブル星人」
星空スープ、あったかグッズで体がポカポカしてきたよ!一緒に星を観に行こう(^ ^)


201612LOFT産学05

こちらは今回の売場を制作したグループのメンバーで、東北学院大学 地域構想学科の阿保さんと新川さんです。たまたま現場に現れたのを良いことに、ちょっといろいろと聞いてみることにしました。
この企画は、いつから始めたのですか?
「昨年の6月から。だいたい1〜2ヶ月に一回の展示換えのために、平日とか週末に集まってワークショップでアイデア出しをしたり、企画会議を開いたりして展示の内容を詰めています。」


201612LOFT産学04

今回の星空の展示は昨年の12月に入ってからアイデア出しを行ったそうで、年末年始を挟んだので、かなり超特急で仕上げたそうです。
「地域構想学科という学部は、社会に出てからモノを作ったり提案したりなどの仕事が待っていると思いますが、今回の産学連携の取り組みを体験されてどう感じましたか?」
「最初は手探りでしたが、やり甲斐がありますね!実際に設置の交渉や、スケジュール管理など。仕事に直結する内容を実地で体験できてとてもいいです。売り方をイチから考えるということが、ただものを並べて売る物販の仕事より格段に考えることが多くて楽しいです」
「けっこう大変なこともありましたが、そこは仙台ロフトの担当の方に助けてもらってなんとか頑張ってます。“陳列でモノを語る”と教わった言葉が、とても印象的でした」
なるほどですね〜。これからの小売業は、商品との付き合いかたやライフスタイルからも積極的にアピールするものなのですね。


201612LOFT産学02

ってことで。。。お!ここに節電所のポスターが!
今週末16日に開催の、〜せんだいE-Action×WE WEEKS ライトダウンイベント〜「地下鉄に乗って星空と武将隊に会いに行こう」も宣伝してもらってますね。感謝です。(イベントの詳細は下の方にね)


201612LOFT産学01

まぁ。バタバタの取材でしたが、外に出るとますます深々と冷え込んできました。冬ですね〜。
冬は大気の揺らぎが少なくなるから、星空観測にはもってこい。ぜひとも16日(土)は地下鉄に乗って国際センター駅のイベントに遊びに来てね。その前には仙台ロフトに立ち寄って、寒さ対策もお忘れなく。ではでは。


せんだいE-Action×WE WEEKSライトダウンイベント
「地下鉄に乗って、星空と武将隊に会いに行こう」

日時:1月16日(土)17時〜21時
会場:地下鉄東西線国際センター駅2階
内容:天文ボランティアうちゅうせんによるスライドショーや天体観測
   宮城学生ボランティアユニオンの的当てゲームづくり
   MELONの省エネ体験コーナー など
詳細:http://www.city.sendai.jp/report/2015/1220794_1417.html

カテゴリー: 取材, 告知, 環境, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

新年第一弾の山は、刈田岳

yama02

新年第一弾の山は、どこ行こうかな。。。さいきんこのブログで山登りの記事書いていないし。。。(けっこう登ってるんですけどね)では、雪不足と言われている刈田岳に行ってみよう!


yama01

なんでいきなり山ブログ再開かというと、どうやら実家で姉がよくブログ読んでて「ヤマの記事は特に面白い」という微妙なお褒めの言葉をいただき、姉命令でよけいアップしなきゃならん。
「なかなか雪あるじゃないですか?」
駐車場係さんは「週末に降ったんですよね〜」だって。スキー場としては良かった良かった。


yama03

サァ登るか。完全装備だね。


yama04

何故なら、本日爆風。
「危険だったら、降りてきてくださいね〜。」
はい。今日は無理しません。


yama05
雪が新雪で、踏ん張りが利かない。なので早速スノーシューの登場。


yama06

えぼしスキー場から見る烏帽子岳。雲の中だね。


yama07

横に生えてた松の木に松ぼっくり。凍っています。
今日は山頂の気温がマイナス9度。さらに風速20メートルだから、体感温度はマイナス30度!


yama08

凍っているなぁ〜。指先もかじかんできました。


yama09

スノーモンスターは、徐々に大きく育っています。


yama10

お!先行者!!
「いやぁ〜。雪の状態が悪くて、林道伝いできました」
そうだね。無理は禁物です。僕らは藪を超えてきたけど。


yama11

じゃ〜ん。アイゼンに交換。
雪の状態悪し。そして稜線沿いは強風で雪が飛ばされて、岩が露出している。
ってことは、稜線の風下側の凍ってるあたりを詰めていけばいいんでないかい?


yama12

またもや別のチーム発見!
「雪がなくて、進めなくて」
そうですね。僕らはアイゼン装備にGPSで居場所確認していますので、グイグイ登ってます。


yama13

追いついちゃった。こちら本当はソロとグループがくっついたものでした。グループはここから直登は諦め、ソロは僕らの踏み跡をついてきた。


yama14

海老の尻尾です〜。


yama15

もう。完璧にホワイトアウト。
なんだけど、崖のすぐそばを登っていたので、かえって道に迷わない。崖に落ちないように、離れないように慎重に登ればいいんだね。


yama16

あれれ。いつの間にか山頂直下の避難小屋に着いちゃった。


yama17

スコップで入口の雪を掘り起こして、こんなところでもボランティア。


yama18

刈田神社は、もうほとんど見えませ〜ん。


yama19

こちら。山頂詰めるのに手間取ったり、雪掘ってたりしている間に先行していたソロの人。
「踏み跡残っていて助かりました」
そりゃ、一人で登るのは怖いだろうなぁ。


yama20

さ。帰ろうか。なんにも見えないし。
だけど、一応登りきったということで、満足満足。


yama21

凍ってます。早く風呂入って解凍しなきゃ。


yama22

ありゃりゃ?さっき山体の登り口で別れたグループは、ジープ道を詰めて山頂へ向かったのだね。
危ない時は、実力に合わせて行動しましょうってことで。


yama23

無事下山。
雪上車もいっぱい待機していて、樹氷ツアーは好評なようですね。


yama24

僕ら、ツアーの雪上車に会うと手を振って「お〜い」とかやって、パンダみたいだけどね。
でも山は実力に合わせて、楽しみましょう。
本日は苦労したけど無事完了。

カテゴリー: 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする