月別アーカイブ: 2015年10月

支倉保育所が西公園に秋を探しに行きました。

20151015支倉保育所01

本日のブログは〜まさに時期ですね。紅葉の時期ですね。支倉保育所が西公園にお出かけして、秋のお弁当を作るというので、くっついて行ってみますか!の〜んびりの取材ですね。の〜んびりくっ付いて行ってみようかな〜。


20151015支倉保育所02

さぁ〜出発です。先生とお手伝いさんと、みんなでお出かけ。


20151015支倉保育所03

天気がいいというのは助かるなぁ〜むしろ眠くなるかも。


20151015支倉保育所04

はい。横断歩道です。手をあげて〜ってのは、信号が青になってからのお話だよ。ま、まだ保育所だからいいか。


20151015支倉保育所05

歩いて5分で西公園到着〜。本当にいい天気。
ここのところ週末になると台風がやってきたり大変だったけど。また秋らしくなってきたなぁ。


20151015支倉保育所06

は〜い。皆さん集まってくださ〜い。今日の先生は。


20151015支倉保育所07

冒険遊び場の高橋悦子さんです。
「エッちゃんて呼んでね」
だそうです。っで、手に持っているのは。。。


20151015支倉保育所08

カメラで〜す。チェキです。
今日はみんなに一回、秋を見つけて写真を撮ってもらいます。
これをね。カメラを構えてね。ぱちっと写真を撮ると!


20151015支倉保育所09

「はい。ポラロイドが出てきますよ〜」
違〜う!チェキはフジフィルムです。
そして、みんなの絵が出てきたよ〜。


20151015支倉保育所10

さて、出発。
「わぁ〜!!!」
速い。。。タジタジ。


20151015支倉保育所11

なに探すなに探す。あれ。これ。
子ども元気がいいなぁ。


20151015支倉保育所12

「ここに、こんなのあったよ。」
「ここにもこんなの!」
え?カメラを向けると。。。すぐ移動。


20151015支倉保育所13

石の橋を
「わ〜〜〜〜!!」
って走って行って


20151015支倉保育所14

ジャ〜ンプ。


20151015支倉保育所15

木の実拾ったよ。


20151015支倉保育所16

コッチもあったよ。
——忙しいなぁ。


20151015支倉保育所17

写真撮る〜写真撮る〜。


20151015支倉保育所18

ほぉ。足元の何かを狙ってますね。


20151015支倉保育所19

松ぼっくりの写真を撮りたかったのか。


20151015支倉保育所20

でも写ったのは。。。靴。


20151015支倉保育所21

見て見て拾ったよ〜。


20151015支倉保育所22

こちらは失敗しないように、先生と一緒に〜。


20151015支倉保育所23

木の写真。これなら失敗しないか。


20151015支倉保育所24

そして。集めた木の実や、枝や、葉っぱを詰め込んで〜。


20151015支倉保育所25

お弁当!
「これなぁに?」
「手巻き寿司〜」


20151015支倉保育所26

「こんな感じで、お箸で掴むんだよ。」
ふ〜ん。よく考えるなぁ。


20151015支倉保育所27

見て見て。ご飯がたくさん。
秋色ですね。


20151015支倉保育所28

蓋をして。お箸を添えて出来上がり。


20151015支倉保育所29

お弁当に詰めなかったお菜がこんなにいっぱい。


20151015支倉保育所30

ではでは。みんな保育所に帰るよ〜。は〜い。


20151015支倉保育所31
わ〜って、ほとんど嵐だなぁ。


20151015支倉保育所32

通りがかりの公園剪定ボランティアのおじいさんに
「ほらお弁当!」
おお〜美味しそうだ。


20151015支倉保育所33

先生が帰りがけに何か見つけたよ。


20151015支倉保育所34

松の木の上に、大きな松ぼっくり。


20151015支倉保育所35

落ちた松ぼっくりは、まるでバラのようです。
ヒマラヤスギの松ぼっくりだって。
手芸屋さんは、これを朝に拾いに来るんだって。


20151015支倉保育所36

さて。保育所に帰ってきたよ。


20151015支倉保育所37

所長先生に「見てみて〜お弁当」
「お〜これは美味しそうにできたこと」


20151015支倉保育所38

っということで。本日のブログは子供達に合わせて写真中心でお送りしました。
みんな〜。楽しかった〜?
は〜い!

カテゴリー: 取材, 日々の話, 環境, たまきさんブログ | コメントする

せんだいE-Action実行委員会の後期の予定とか、会議からチラホラ。

20151008E-Action実行委員会09

本日のブログは、せんだいE-Action実行委員会の総会をお届けします。
2015年も半分終わったので、そろそろ後期には「こんな」ことをしますよって話なんですけど、なにぶん相手のあるお話が多くて、この場ではあんまり紹介できないこともあるんですよ。まぁ。そんなところはちょっとだけ、遠回しな内容にしときますんで、何かあるんだなぁ〜って察してもらえますと。いえいえ。悪い相談ではないですよ。いい話でも時期尚早ということで。


20151008E-Action実行委員会01

ではでは。最初の議案なんですが。たまきさんサイトでもよく登場してきました、株式会社ローソンさんから実行委員会メンバーに入りたいというありがたいお話がありました。


20151008E-Action実行委員会02

え〜ローソンさんは、たまきさん企業訪問でも紹介しましたとおり店舗ごとに省エネに取り組んでくださっており、さらに市内数店舗はソーラー発電で創電にも取り組んでくださっています。また、緑の募金活動もされていて積極的に環境活動をしてくださっています。いままで節電所のポスター掲示にも協力してくださいました。
ローソンさんが参加されるのに、参加の方は?
「は〜い!」
ということで、株式会社ローソンさんがE-Action実行委員会に参加の運びとなりました。これからイベントなどでも協力してもらいましょう。おつきあいの程、よろしくお願いします。


20151008E-Action実行委員会03
続いて昨年の話ですが、八乙女小学校の総合的学習の時間に児童さんが企業訪問をしまして、実行委員会のメンバーの企業にも協力してもらいましたが、それが大変に好評であったとのこと。
前回は引地さんの日本エコライフさんの取材をさせてもらいました。
その件で、今年は学校から協力の要請が来ています。ただし、小学生が自力で地下鉄で移動して企業訪問ということで、訪れることができる地域が限られてしまいますが。


20151008E-Action実行委員会14

そうですね。昨年取材をお受けしたあとは、後日、児童さんからお礼の手紙などを受け取りまして、企業側としても嬉しいものがありました。


20151008E-Action実行委員会16

実行委員会としてもメンバーの豊富なネットワークを活かして、大学とか、NPOとか、もっと分野を広く引き受けられるといいですね。


20151008E-Action実行委員会10

12月6日に仙台市では地下鉄東西線が開通になります。それに合わせて年明けぐらいに実行委員会でもイベントをという話が持ち上がってます。伊達武将隊と一緒に冬の星空を楽しめそうですよ。こちらの情報は後日。


20151008E-Action実行委員会08

続いてコチラ。
低炭素杯というものを環境省後援の事業として毎年実施していまして、E-Action実行委員会でもエントリーしてみようかな?なんて話も出ています。そういえば、環境Goo大賞をもらってから早2年。そのあいだにE-Action実行委員会の活動も活発化してきましたしね。ちょっと頑張ってみますか!
さてさて。節電所も後期に移って、現状では節電所が一基完成といったところです。でも今年はプラスと銘打っているだけに、創エネも追加していますので、もうちょっと参加者が伸びるといいですね。


20151008E-Action実行委員会13

エフエム仙台さんは、実際に番組で投稿を試したところ「こんなに簡単なの?」って感じられたそうで。秋冬分もさらに投稿してもらえるように、番組でお願いしてもらえると、いいなぁ。
そのほかにも、各委員さんからいろいろアイデアをもらいました。皆さんよろしくお願いします。


20151008E-Action実行委員会04
ちなみにE-Action実行委員会では、前期にユアテックスタジアムにて開催された「エコチャレンジフェスタ」と、勾当台広場で開催された「エコフェスタ」に参加しました。
「エコチャレンジフェスタ」では、東北工業大学T.E.Mさんのセグウェイの試乗体験会があり、予想以上の参加者で大賑わいだったとか。次回は日産さんのEVから電気をとって動かしてみては?なんて意見も。
また、「エコフェスタ」での宮城学生ボランティアユニオンさんのエコ楽器作りは、これまた大盛況で、最初は子供達が夢中になっていたのに、結果大人も一緒になって牛乳パック笛とか作っていたという。


20151008E-Action実行委員会05

次期イベント用に、メロンの岸さんが何やら持ってきました。


20151008E-Action実行委員会06

こちら。いったん溶けてしまったロウソクのロウを集めて、溶かし直して卵の殻に詰めたエコキャンドルだそうです。冬にイベント開催するなら、こんな手作りの教室も楽しいかもしれませんね。


20151008E-Action実行委員会15

ということで、今年はなんだか暑い9月が一気に寒い10月になってしまって節電が難しいかもしれないけど、なんとか節電所の実績も昨年超えをしたいですね。特に家庭の創エネ部門はまだまだ伸びしろがありそう。実行委員会メンバーも関係先や各団体の中でどんどんアピールしていきましょうということで、本日の総会はお開き。
ではでは。

カテゴリー: 取材, 省エネ, E-Action, たまきさんブログ | コメントする

強風の南蔵王だけど、ものは考えよう。

20151004不忘山〜南屏風01

週末山に行こう!紅葉だよ。どこ行こう!
ん???南蔵王から「木々が色づいて最高だよ!!」ってメッセージが飛び込んできたよ。こりゃ〜登りに行くしかないじゃん!
あとで書くけど、同じ山でも季節ごとの良さとかあるんだよね。なんて思っていたのだが。。。


20151004不忘山〜南屏風02

あ。これドングリね。カンケーないけど。秋だね〜。


20151004不忘山〜南屏風03

なんか天気図を見ると、この週末の土日は、すんごく荒れるみたい。木〜金曜日に北海道を通り過ぎた爆弾低気圧の影響が残っているんだいね。だから超超超〜強風だって。でも天候は土日とも変わらない。選択肢がないな。こんな日に山に行くには〜どうすればいいのか!それは安全第一でしょう。


20151004不忘山〜南屏風04

お。ススキが綺麗。ついのこの間まで、気温30度越えだよ「アチ〜」なんて言ってたんだけど。(そりゃお前がモンゴル行く前の話だ)季節の移り変わりはあっという間だ。


20151004不忘山〜南屏風05

今日の安全。第一の基本はな〜んだ?
1-時間に余裕を持って行動する
2-いつでも撤退できるようにする
3−危険箇所は登りで通過する


20151004不忘山〜南屏風06

ふむふむ。一番は早めに行動開始ということで。。。あとの二つは何が重要かというと。
いつもこのコースは、水引入道から屏風岳に抜けて、不忘山に向かうんだよね。特に水引入道と、となりの烏帽子山の間の紅葉は毎年見事です。でもこの向きでは、水引入道まで登った時点で天候不順だと。。。ただ樹林帯を下ってもつまらない。だから南屏風岳の手前の南蔵王縦走路に出た時に、ついつい欲が出て、前進しがちなんだよね。
さてさて。こちら綺麗な紅葉。

20151004不忘山〜南屏風34
だけどいつもと逆のコースで、不忘山から登っていけば、撤退を決めても一つぐらいは山頂は登っている。しかも危険なのは。。。不忘山から南屏風までの激ヤセ尾根!ここで強風に煽られると非常に危ない。
なので、この危険地帯を登り方向で無事に抜けられる、いつもと逆コースを選択することにしました。


20151004不忘山〜南屏風07
こちら綺麗な小川。


20151004不忘山〜南屏風08

こちら綺麗ではない。。。ゴミ。
ペットボトルが流されてきたのかな?拾って行こうっと。


20151004不忘山〜南屏風09

はい。どこまでも上り坂。ここの右手は、宮城蔵王スキー場だよ。


20151004不忘山〜南屏風10

紅葉。綺麗だな〜。


20151004不忘山〜南屏風11

斜度もなかなか。
南蔵王は、蔵王山塊の一番端っこ。
不忘山は白石から見ると綺麗な三角形なので、一気に高度を稼ぎます。


20151004不忘山〜南屏風12

白石までの眺望が素晴らしいよね。
この巨大斜面が、不忘山の魅力です。冬山でもこの眺めが、たまらないんだよね。


20151004不忘山〜南屏風13

ガレ場。ここが稜線までの最後の凹み。ここでウェアを重ね着したり補給食取らないと、その先の稜線では天候が悪いとチャンスがないんだよ。
だからここがちょっと避難場所になる。


20151004不忘山〜南屏風14

さて。一気に高度を上げて。峰の上に出てきます。


20151004不忘山〜南屏風15

カエル岩!どこがカエルかというと。


20151004不忘山〜南屏風16

山の上の方から見ると「カエルだ!」


20151004不忘山〜南屏風17

さてさて。山頂まであとちょっとかな。
思ったほど風が強くないのは、僕らが風下側の、さらに峰の陰にいるから。


20151004不忘山〜南屏風18
峰の上から顔だして、向こう側を覗いてみると。。。うわ!風が叩きつけている!
この雰囲気は、風速20メートルを超えているな。


20151004不忘山〜南屏風19

不忘山の山頂から、南蔵王縦走路を見る。あそこを越えるの?
ちょっとこの時は、正直なところ僕の中でも五分五分でした。


20151004不忘山〜南屏風20

峰を反対側から越えてきた人がいた。
「どうでした?」
「いや。。ときどき這いつくばって木にしがみつきました」
この情報交換が大切。


20151004不忘山〜南屏風21

風があまりにも強いと。。。逆に光線は綺麗なんだよね。
一瞬の日差しが、谷間の樹々を照らす。


20151004不忘山〜南屏風22
あ!風が一瞬切れた!
そうなんです。強風は、ずっと吹き続けるのではなく、こんな感じでパタって止む時があるんですよね。雲の流れなんかがヒントになるんです。
そこで、一気に進め!バタバタバタ。


ちなみにこの時の強風はFBに動画があるよ〜。


20151004不忘山〜南屏風23

そして、風が再開する前に、安全な避難場所を確保。
強風に耐えて、さらに前進。


20151004不忘山〜南屏風24

こちら。通りがかりの人。
この時の感覚では、もうちょっとで風速25メートル近いって感じだね。
この時の気温は一桁台。さらに風速20メートルを超えているから、体感温度はマイナスなんです。


20151004不忘山〜南屏風25

今日は10月3日。よくこの時期って薄着で山に入って遭難しちゃう人がいるんです。
強風が吹くと体感温度は氷点下になる。だけど装備はまだ夏用。体も寒さに慣れていない。一気に気温が下がってパタって死んでしまう。。なんてことがある。だから、日中の気温に騙されずに、この時期は冬用の装備を持って行ってください。
なんとダウンジャケット持参の女性にもすれ違った。大正解!
あ。ここは南屏風岳。


20151004不忘山〜南屏風26

だんだんと雲は取れてきたかな?
それより面白いのは、いつもと逆に歩いているから、景色が新鮮。


20151004不忘山〜南屏風27

南蔵王縦走路から、水引入道への分岐。


20151004不忘山〜南屏風28

そして急坂を下るんだけど、やっぱり景色が斬新!
そうなんです。いつもは急な上り坂で、後ろを振り返るなんてことはしないからなぁ。


20151004不忘山〜南屏風29

うわ!右手を見ると、雲が渦を巻いている。
あの稜線を歩いてきたのか!
危なかったなぁ。。。。


20151004不忘山〜南屏風30

斜面を登っている集団が見える!
僕。百名山を順番に登っている人って、ちょっと好きじゃないんですよね。
山は登りと下りで景色が変わる。コースが変わっても楽しみ方が変わる。さらに難易度も変わるんですよ。
だから、山は季節やコースを変えて、歩き方を楽しむことが大切なんですよね。


20151004不忘山〜南屏風31

なんて言ってる間に、降ってきちゃった。
ただいま蔵王山塊は御釜周辺の馬の背尾根が、火山活動の影響で立ち入りが制限されています。
だけど同じ蔵王でも、ここは7キロ近く離れているんだよね。
だからまだまだ安心して楽しめます。


20151004不忘山〜南屏風33

超〜簡単に降っちゃったけど。大事なのは安全だよ。
早め早めに下ることは、何かアクシデントがあっても無事に帰るだけの時間的余裕があるってこと。
地味〜なようでいて、一番大切な技術なんですよ。
じゃあね。

カテゴリー: 役立つ話, 日々の話, アウトドア, たまきさんブログ | コメントする

登米市とスーパーマルエツさんのJ-VERオフセットクレジット贈呈式の様子を、ちょっと取材させてもらいました。

20150930登米J-ver04

本日の取材先は、県北の岩手県との境目、登米市です。
「登米市が市有林を管理して生み出したCO2の排出権を、ご存知かどうか。。。関東のスーパーマーケットチェーンのマルエツさんが購入したのですが、取材しますか?」こんな連絡が来たんですよね。


20150930登米J-ver27
え?マルエツさん??普通の人は知らないだろうけど、練馬区界隈に25年も住んでいた僕はよ〜〜〜く知ってますよ。家の近所にありましたもん。スーパーのマルエツさんですよね?
「たまきさん、よくローカルネタ知ってますね!」
東京の西側。武蔵野台地あたりにはマルエツさんの店舗が昔からあったので、僕はお世話になってました。


20150930登米J-ver02
だったら取材させてもらおう!っていうことでやってきました。今日はバスです。
さすがに自転車では仙台から遠くてね〜(片道75キロ)。しかもカーボン・オフセットの取材に、エコカーとはいえ車じゃダメでしょう〜。なので仙台駅前からバスでやってきました。


20150930登米J-ver03

こちら登米市市役所。もともとは9つの町だったんですが、平成の大合併でひとつにまとまって、こちらの建物が代表として市役所の本庁舎になったのだとか。だから地域内に庁舎が点在してたのかぁ。


20150930登米J-ver05

ではでは。市長室の横の応接室に通してもらいました。
みなさん、ネクタイをされていないようですが。。。クールビズですか?
5月から10月ぐらいまで、ネクタイなしの通気の良い服を奨励していますとのこと。そうしましたら、マルエツさんは通年でネクタイ無しだそうで、市長さんもネクタイ無しと聞くと「ではではせっかくなので、普段どおりに外して行きましょう!」礼装は外出するときや来客中のみ着用だそうです。(力の入らない環境意識取り組みですね)


20150930登米J-ver24

そしたら、ちょっと関係ないネタ。
お!!窓辺の机の上には。。。大友克洋先生の直筆サインがあった!(一応。。。著作物だから大きく掲載しないけど。。。)登米市出身の世界的な漫画家の超〜大先生です。仙台空港にも新作のレリーフが設置されましたっけね。


20150930登米J-ver06

そうこうしているうちに、布施市長さん登場。
「やぁ。どうもどうも。遠いところからよくいらっしゃいました。登米市へようこそ」


20150930登米J-ver07

まずは市長さんからご挨拶です。
今回はJ-VERクレジットをご購入くださいまして、心より有難うと伝えさせていただきます。実は東京出張の際には、滞在先の近隣のマルエツさん店舗を良く利用させてもらっていまして、都市部の小型店舗の展開も多く地域密着型で利用者に近いスーパーだと実感してました。店頭で登米市のお米も取り扱っていただいているのも確認していましたよ。本当に有難うございます。
登米市は自然豊かな土地で、今回購入いただきましたJ-VERクレジットの市有林の管理も市民の協力があって成り立っています。今後とも市民共々よろしくお願いします。


20150930登米J-ver08

続いて株式会社マルエツの取締役 青木さんから挨拶を兼ねて、会社として環境への継続的な取り組みのお話しです。
マルエツは創業70周年。今年の10月でちょうど70周年です。東京都を中心におおよそ280店舗。神奈川や埼玉、茨城や栃木や千葉にも店舗があります。そしてマルエツは、お客様と一体となってリサイクル資源の回収など環境活動を継続してきましたが、昨年からカーボン・オフセット購入の取り組みを開始しました。


20150930登米J-ver12

具体的には、マルエツは地域密着型のスーパーということで、お客さんが店舗に持ち寄ってくれたリサイクル資源を売却し、売却益を積み立てて緑化資金としてきました。
例えば、埼玉県飯能にマルエツの森を整備し、年二回の下草刈りなど管理を社員のボランティア活動で行ったりしてきました。

—-ちなみに飯能って。東京都心から西武池袋線で一本。ちょうど東京都民の里山みたいな場所で、僕も夏にはよく川遊びに行ってました。


20150930登米J-ver10

そして東日本大震災の発生をきっかけに、積極的に緑化資金を活用しようということになり、被災地支援の一環で東北被災3県のカーボン・オフセット購入を開始したのです。
購入するカーボン・オフセット量は、10・11・12月の3ヶ月間に店頭で消費されるレジ袋の製造、運送に使用される二酸化炭素量にあてられ。今年は登米市のオフセットを295トン購入することにしました。


20150930登米J-ver09

ちなみにマルエツさんの、お客さんと一体になった二酸化炭素排出抑制の取り組みは、昨年12月にペルーで開催されたCOP20(国連気候変動枠組条約 第20回締約国会議)にて参考資料の一例として紹介されたのだそうです。凄いですね!


20150930登米J-ver14

続いて登米市 農林政策課の千葉さんより、登米市の森林のお話ですが。。。すみません。大変に盛りだくさんなので、こちらはこれでも超〜ダイジェスト版です。
登米市は庁舎から見える一帯には田んぼが多いですが、北上川を越えると岩手県の県境まで広大な森林が広がっていて、林業も大変に盛んな土地です。

20150930登米J-ver15
地域でも木材の利用は積極的に行っていまして、公共施設は木材を多用して建築し、さらに町のガードレールや選挙の掲示板。中学の机など様々な場所に地場産の木材が使用されています。また、地域での製材された木材を使って登米市民が家を建てると登米市から50万円の補助がされ、さらに県の補助50万円を加算すると100万円の補助となります。
「だから登米市は木造の豪邸が多いんです」なんて冗談もチラホラ。


20150930登米J-ver13

ですが森林の管理には、かつては国からの交付金に頼ることが多かったのです。そして従来の森林管理の取り組みを継続していても木材の売価は時代が平成を迎えても下がる一方なので、ならば国の補助に頼るだけではなく森林管理で二酸化炭素の排出権を販売し、売却益で地域の林業を活性化し社会全体で市有林を運用していこうとなりました。


20150930登米J-ver20

ちなみに22〜23年の1年間で164haで3112トンの排出権を生み出したそうです。
写真は市が販売しているカーボン・オフセットステッカー。自動車などに貼り付けて環境意識をアピールすることもできます。こちらも購入することで102円が森林管理に回り、10kgの二酸化炭素がオフセットされたことになるそうです。


20150930登米J-ver16

ではでは。本日はこの写真を撮影するために来ていたんですよね。いよいよカーボン・オフセットの購入証の贈呈式です。
登米市長さんとマルエツさん、双方の契約書です。


20150930登米J-ver17

そしてさらに。。。手渡された、なんだか分厚いものは。


20150930登米J-ver18

せっかく遠くまで来ていただいたのでということで、登米市名産木材で作った購入記念証です。こちら。ぜひとも事務所に飾ってくださいとのことで、展示用の脚もあります。


20150930登米J-ver26

そして、この大きな箱は。。。


20150930登米J-ver25

木製のうちわにマウスパッド。コースターに、切手を貼ればそのままポストに投函できる木のハガキ!
これらが全部で10セット入ってます。


20150930登米J-ver19

っと、いうことで参加者全員で記念写真。一番右側にいるのは今回のマルエツさんとのJ-VERクレジット購入を取り継いだ、カーボンフリーネットワーク株式会社の尾形さんです。ご苦労様です。


20150930登米J-ver21

まぁ〜そういうことで。ボクが記事書くとどうしても長くなってしまいますが、登米市の作り出した二酸化炭素の排出権を、首都圏のスーパーマルエツさんが、お客さんと一緒になって再生品を集めて捻出したお金で購入したという、考えてみると始まりから終わりまで、ぜんぶ省エネルギーにつながる話でした。
こちら。。。贈呈式後の世間話のヒトコマですが。


20150930登米J-ver22

市長さんが見せてくれた板は「フォレストック認定証」というそうで、森林と管理の状態を第三機関にチェックしてもらった証明書だとか。そして
【生物多様性の評価】91点
【森林の管理・経営の評価】88点
この高得点はなかなか取れるものではなく、この高評価に森林面積が掛け算されて登米市の森の二酸化炭素の吸収量が計算されるとのこと。実際に登米市よりも大きな面積の森を持つ地域でも、吸収量は登米市の森に及ばないなんてことがあるそうです。


20150930登米J-ver23

それでは。
ながながとお邪魔したました。できれば次回は登米市の森を取材に来たいですね〜。<<<キャンプ場もあるそうですよ。僕はこっちかな?


20150930登米J-ver01

ってことで、バスで帰ってきました仙台市。
う〜ん何よりも今回の取材旅行は、行きも帰りもバスで森の話もたくさん聞いて、なんだかエネルギーをたくさんもらった気がしました。
ではでは。

カテゴリー: 取材, 省エネ, 環境, たまきさんブログ | コメントする